左足 かかと が 痛い。 左足裏が痛いのは内臓疾患による糖尿なのか?原因を追究してみて分かったこと

足裏チェック!疲れと痛みの真犯人はカカトだ

左足 かかと が 痛い

Contents• 朝起きたらかかとだけが痛かった! 目が覚めたらかかとがとても痛かった、という経験はありませんか? 寝ていただけなのに、と不思議ですし、しかも左右の片方だけが痛むという事も多くあるようです。 この原因と対処法について調べてみたいと思います。 朝にかかとが痛む原因 思い浮かぶケガや夜中に足をぶつけたなどが無く、日中活動をして体が温まってくると痛みがとれるという場合は以下に述べる病気の可能性があります。 足底筋膜炎 足の裏にある足底筋膜という腱が炎症を起こす病気です。 かかと、人により土踏まずのかかと側が痛みます。 原因は「自分の足に合わない靴を履いている」、「マラソンのように長距離を走る人」、「無意識に片方の足に体重をかけながら歩いている」、「偏平足の人」などが多いと言われています。 踵骨棘(しょうこつきょく) 足底筋膜がかかとの方に引っ張られた状態が続くと起こります。 具体的には「かかとの骨に出来るトゲ」のことです。 このトゲが出来る原因として「入院をしていて歩く機会を失われ、退院等でいきなり歩き出した時」、「硬く足の自由度の低い靴(安全靴など)を長時間履き続けた時」、「長時間立ち続けの人」、「無意識でかかとに力を入れながら歩いている人」などに多いと言われジワジワと進行します。 坐骨神経痛 坐骨神経は腰から足にかけて通っている神経で、何らかの原因でこの神経が強く圧迫されると太ももやふくらはぎの他にかかとが痛くなることがあります。 他にもかかとの痛みの原因はありますが、上記は特に多い症例でいずれもケガとは無縁のものばかりです。 寝起きは代謝が戻りつつある状態なので血行も良くなく、そういう状態でかかとに体重がかかり、痛みの因子があると朝起きた時に痛みを生じやすいのです。 特にかかとは体の中で一番体重、つまり負荷がかかるところなので前日までの生活の状況などにより痛みの因子が蓄積されやすいのです。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 しかし無意識に行われている日常の生活にその原因があるのです。 いくつかの理由がありますがおおむね以下のようなものです。 無意識に左右どちらかに力を入れながら歩いている。 普段歩く場所が左右のいずれかに傾いている道路で、自然と傾いている方に体重をかけている。 立ち仕事の場合、やはり無意識にどちらかの足に体重をかける癖がある。 元々左右の足の形状や長さが違う。 などいくつかの原因があります。 「足の長さが違う?」と疑問に思う人もいますが、人間は左右対称の人はいません。 手足の長さはそれぞれ微妙に異なります。 それを補うために無意識に片方の足に体重をかけるような歩き方をしていることがあるのです。 しかも一番体重がかかるのはかかとなのです。 これらの左右の体重のかけ方の違いなどから、炎症を起こしたりしたときに片方の足(かかと)だけが痛いという事が起きます。 もちろん両足同時に痛む人もいますが、左右対称に体重をかけながら歩いている人はいませんから、どうしても片方の足の痛みとなって現れます。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 足底筋膜炎 この症例の場合は正しく対処を行えば比較的短期間に回復することが出来ます。 保存療法 これは足への負担を減らすために運動の制限や靴を最適なものに変えるということをしたり、ストレッチでの治療を行います。 一見一人でも出来そうですが、難易度の低そうな対処法ほど自分流の間違ったことをやりがちなのでやはり医院で指導を受けるべきです。 自己流でやると症状が悪化することがあります。 薬物投与 痛み止めを飲んだり湿布薬などを使います。 市販薬もありますが、症状が重い場合は医師の診断を受けましょう。 薬には副作用などもありますのでこれも自己流は危険です。 手術療法 重症の場合は手術しかありません。 足底筋膜の付着している部分を切除をします。 また症状によってはかかとの骨化した部分の切除も行う事があります。 踵骨棘 初期段階ではマッサージ、電気を患部に流して炎症や痛みを抑える、サポータを付けるなどがあります。 痛みがひどい時はステロイド注射が有効ですが、副作用としてアレルギー反応を起こすことがあるので医師と相談が必要です。 本症例では一般的に進行してもあまり手術は行いませんが、痛みがどうしても取れない時には棘となった部分の骨を削る手術をします。 手術自体は大したことのないものですが、かかとに近い皮膚や筋肉を切開しますので術後しばらくは通常の歩行が困難になります。 入院が必要で退院後もしばらくは松葉杖か車椅子が必要になり、完全に回復するまでにはリハビリを併用しながら1年強かかります。 坐骨神経痛 治療には投薬も行いますが坐骨神経痛を完治させる薬はまだなく、痛み止めの処方が主なものとなります。 よく使われる薬は「非ステロイド性消炎鎮痛薬 NSAIDs」というもので痛み止めとしての効果はありますが副作用として便秘や吐き気を伴う事があります。 しびれや発作的な痛みに対しては「神経障害性疼痛治療薬」が使われ、同じ坐骨神経痛でも症状によって使われる薬がいくつかあります。 いずれも完治させるのではなくて痛みを緩和させるというレベルだという事を覚えておいてください。 また薬ではどうしようもない状況であれば「神経ブロック注射」という注射をします。 これは局所麻酔注射であり、あくまでも痛みの緩和です。 他には手術を行う事もありますが、手術も完治を目指すためではなくて痛みの緩和のためです。 かかとの痛みは何科の医者にかかればよいの? かかとの痛みの治療は個人療法では対処出来ないことが多いので病院に行くことになります。 でもいきなり手術をするわけでもなく何科にかかれば良いのか分からないと思います。 基本は整形外科です。 個人医院や総合病院でも同じですが、総合病院の場合は事前に案内に電話をして確認をした方が良いと思います。 総合病院の場合は必ずしも整形外科が担当とは限らない場合もあるからです。 また整骨院で見てもらうことも選択肢としておススメします。 理由は総合病院などでやっていない整骨やリハビリのノウハウを持っていることがあるからです。 但し手術は出来ないことが殆どですので事前に状況を伝えて相談してみましょう。 整骨院によっては手術以外の治療とリハビリを行い、手術は近隣の病院と連携して対応してくれるところもあります。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 特に片足だけの痛みというのは生活に原因があることが多く、しかも無意識で起きている事ばかりなのでやはり専門家に診てもらい適切な治療と歩き方などの指導を受ける必要があります。 特に踵骨棘の手術を受ける場合は1年以上リハビリをする必要も生じて来ますので痛い、おかしいと思ったら早い段階で受診をしてください。

次の

足裏チェック!疲れと痛みの真犯人はカカトだ

左足 かかと が 痛い

原因のわからない足裏の痛み。 その正体は? たとえば、「朝起きて立つと、土踏まずや、かかとが痛い。 」 「歩くと足指の付け根がじんじんする。 」 自分でも原因に心当たりがないためかよけいに気になります。 病院でも、はっきりとした原因が分からないケースもあるようです。 では、あなたの痛みの原因は? あなたの足裏の痛みを診断 痛い場所と、症状でわかるあなたの足トラブル 足裏の痛みを大まかに分類すると• 土踏まずが痛いのは偏平足• 足裏が痛い(土踏まずから踵にかけて)のは足底筋膜炎• 指の付け根に「ジンジン」とした痛みがあるのは中足骨骨頭痛• 指と指の付け根の間に「ビリッ」とした痛みがあるのはモートン病 あなたの痛い箇所はどこ?痛みの原因チェック あなたの痛みの原因がわかったら、4つの症状を詳しく解説していきましょう。 土踏まずが疲れる・痛い 「偏平足」 いわゆる土踏まずが無い状態。 正確にはアーチ形状をした骨格構造の崩れ。 身体を支える基本構造でもありますから、足裏だけでなく腰や膝などにも影響を及ぼすおそれがあります。 中高年以降の偏平足は、さまざまなトラブルの原因となります。 骨格ができあがる成人するまでの間にきちんと予防することが大切です。 偏平足の見分け方 土踏まずが無ければ直ちに偏平足という事ではありません。 日頃からスポーツをやっている人には、足裏の筋肉が発達していて、一見土踏まずが無いように見える場合もあります。 以下の手順で偏平足かどうかを判断することができます。 親指の腹で下からすくうように確認します。 でっぱった骨が舟状骨です。 こんな時に痛い!人も、偏平足の可能性があります。 長く立っていたり、歩いていたりすると土踏まずが痛くなる。 「土踏まずがサポートされた靴」を履いているのに、逆に土踏まずが痛くなる。 原因は筋肉の衰え。 では、その要因は? 運動不足 運動をしない、歩かない、仕事はデスクワークといった人は要注意です。 一般に、社会人になると運動をする機会が減り、さらに中高年になると歩く量も減ってきます。 使わないことで足裏の筋肉が衰えると足の骨格を支える力が弱くなり、アーチが崩れ偏平足になっていきます。 ヒールやパンプスは要注意 ヒールのあるパンプスやサンダル、ブーツをいつも履いている人、スニーカーの紐を緩めて履いている人、内股で歩幅が狭い歩き方をする人。 足裏の筋肉は足指でしっかり蹴る動作によって鍛えられますが、このような人は、足指でしっかり蹴って歩くことができませんので、足裏の筋肉が衰えてきます。 痛みの解消/症状の改善ポイント インソールを使用すると痛みは改善します。 予防対策はをご参考ください。 通勤、通学、仕事の関係で歩く量が増えた パンプスやローファー等の靴は、底が硬く足裏を路面から守るクッションがありません。 歩く時間や距離が長くなると、負担が一気に増し、炎症を起し痛くなります。 フローリングの上を素足で歩いている 新居への引っ越し等で、硬いフローリングの上をスリッパ無しで歩き回ると、痛めることが良くあります。 外反母趾 外反母趾の人のほとんどはこのトラブルを併発しています。 外反母趾による痛みと思っている人が多いと思いますが、別のトラブルです。 外反母趾を完全に治す事ができなくても、中足骨骨頭痛の痛みを緩和することは可能です。 痛みの解消/症状の改善ポイント 予防対策はをご参考ください。 モートン病の見分け方• 靴を履かず、足に何の圧力もかかってない時は痛くない。 歩行中の踏み返し時に(つま先に体重が移動して蹴り出す動作)に痛みやしびれが生じる。 歩いていてしばらくすると痛みやしびれが出る。 足裏の痛みの中には、一定期間、足裏に負担をかけず安静にしていることで、痛みが治まる場合もありますが、モートン病の場合は痛みが継続します。 足裏の図の位置を押すと痛い。 原因は神経の圧迫。 思い当たる要因は? 幅の狭い靴や過度の衝撃によって指の付け根が圧迫され続けることにより、指と指の間の神経がこぶ状に肥大します。 これをさらに圧迫することで痛みが生じてしまいます。 幅の狭い靴、ヒールの高い靴 幅の狭い靴を履くと、足指の骨の間にある神経のこぶが圧迫されて炎症を起しやすくなります。 また、ヒールの高い靴を履く場合、この位置にかかる荷重が大きくなり炎症を起しやすくなります。 開張足 アーチの崩れは、運動不足の人や年配の人に多く見られますが、この足の横アーチが崩れると体重がかかった時に、神経のこぶが押しつぶされるような状態となり痛みを引き起こします。 ランニングや長距離の歩行 ランニングのように常に足指の付け根に衝撃を受けるような運動や、旅行等での歩き過ぎがきっかけとなって足裏に炎症を起こし、炎症により腫れが神経のこぶを圧迫して痛みを引き起こす場合もあります。 痛みの解消/症状の改善ポイント 足のアーチを支えるインソールや、靴にパットを貼付けることで、体重のかかる位置を調整します。 予防対策はをご参考ください。

次の

左足裏が痛いのは内臓疾患による糖尿なのか?原因を追究してみて分かったこと

左足 かかと が 痛い

足の裏は歩いているとき、立っているとき、全体重がかかる負担のかかりやすい場所です。 長年立ち仕事をしていて、最近足の裏が痛くなってきた• 歩くとかかとから足の裏にかけて痛みが出る• 最近ハイヒールを履くと足の裏が痛い このような症状が起こったとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 病気やケガによる足の裏の痛み 足の裏が痛むとき、何らかの病気やケガが原因となっていることがあります。 足底腱膜炎 足の裏はアーチ状の構造(土踏まず)によって地面からの衝撃を吸収できるようになっています。 このアーチを支えているのが足底腱膜と呼ばれる線維の束です。 多くは、この足底腱膜が付着する 踵骨 しょうこつ 側に炎症が起こり、かかとや土踏まずに痛みや腫れがみられます。 長時間の歩行やランニング、立ち仕事などをする人に多いといわれています。 歩行をしようと足を1歩踏み出したときに強い痛みを感じることがあります。 踵骨下滑液包炎 滑液包とは、皮膚や筋肉、腱、靭帯と骨がこすれる部分で衝撃を吸収する役割を担っている部分です。 その滑液包が炎症を起こすことがあり、かかとの足底部に発生したものを踵骨滑液包炎といいます。 スポーツや歩きすぎなどでアキレス腱やかかとを使いすぎたとき、ハイヒールなど足に負担のかかる靴を長時間履いていたときなどに起こりやすいといわれています。 かかとやかかとの底がズキズキと痛み、腫れることもあります。 種子骨障害 足の親指の付け根には、種子骨という小さな骨があり筋肉や腱の動きを助けています。 この種子骨に炎症が起こったものが種子骨障害で、歩く、走る、踏み込むなどの動作をしたとき、親指の付け根のふくらみに痛みを感じます。 指で押したり、足の親指をそらしたりした場合にも痛みが起こります。 陸上選手やバスケットボール選手、踏み込むことの多い剣道や空手などの格闘技をする人に多く見られます。 外 脛骨 けいこつ 障害(有痛性外脛骨) 人によっては、外脛骨という 舟状骨 しゅうじょうこつ に余分な骨を持っている場合があり、この骨が運動などの負荷によって炎症を起こしたものが外脛骨障害です。 内くるぶしの前側で足の裏に近い部分を押すと痛んだり、そこに出っ張りが現れたりします。 外脛骨障害は、サッカーやバスケットボールのように、走っている途中で急に止まる、といった動作が多いスポーツ選手に多いといわれています。 踵骨骨端症(シーバー病) かかとの骨にはアキレス腱や足底筋膜など、足の動きに大切な役割を果たしている腱が付着しています。 運動などの負荷によって腱が過剰に引っ張られ、かかとの骨の骨端線(成長軟骨)が炎症を起こす病気です。 ともいわれ、10歳前後の活動的な子どもに多く見られます。 通常は片側に症状が出ますが、まれに両足に起こることもあります。 急激な痛みというより、ジーンとした痛み方が特徴です。 踵骨 しょうこつ 骨折 強い衝撃などによってかかとの骨が折れてしまうことです。 転落事故や、高齢者の階段の踏み外しなどで起こることがあるケガです。 骨が一部つぶれた、欠けたなどもに含まれます。 痛みが強いような場合には注意が必要です。 受診の目安とポイント 何らかのはっきりしたきっかけで足の裏の痛みが起こり、腫れたり強く痛んだりするような場合には早めの受診が必要です。 また、そこまで強い痛みではないもののよくならない、痛みがひどくなっている、走ったりするとまた痛むなどの症状がある場合にも一度受診しましょう。 受診科目は整形外科が適しています。 受診の際には、いつ頃から痛み始めたか、痛みのきっかけはあるか、スポーツなどの習慣があるか、他に気になる症状などについて伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活の中にも、足の裏の痛みを起こす原因があります。 立ち仕事や運動など足の使いすぎ 立っている時間が多い仕事をしていたり、走る、ジャンプする、急に止まるなどの動きが多い運動を頻繁にしたりするとかかとや足の裏に負担がかかります。 悪化すると足底腱膜炎などになることもあり、注意が必要です。 足を使いすぎたら 対処法としては、足への負担を軽減することです。 インソールなどを利用してアキレス腱やかかとへの負担を減らすとよいでしょう。 靴があっていない 足にあっていない靴を無理に履いていると足裏の痛みにつながることがあります。 足に合う靴を選ぶには 足に合った靴選びのポイントは、つま先に余裕があり足指を自由に動かせる、かかとのカーブがぴったり合っている、靴の幅が足と合っている、くるぶしが履き口にあたっていない、といった点です。 必ず靴は試し履きをして、足にフィットするものを選びましょう。 良くならない時には 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいる可能性があります。 一度整形外科で相談してみましょう。

次の