厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 住所。 14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体 (1/2)

東京都|厚生労働省

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 住所

厚生労働省職業安定局雇用保険課から元夫宛に水色の封筒の手紙が届きました。 雇用保険課に関する大切なお知らせです。 開封のうえご確認ください。 と封筒に書いてあります。 元夫は3ヶ月以上前に別住所に住民票をうつ していますし、10年くらい前に個人自営業者になり(夫と私だけで営業してました。 離婚成立後、何かあったのでしょうか? 詐欺の手紙でしょうか? 渡してあげないと大変なことなのでしょうか? DVとお金の問題で別れたので どんな内容の手紙なのかを知ってから連絡を取ろうと思っています。 ご存知の方がいましたら教えてください。 基本的に郵便物を宛てな本人に許可なく開封することは法に触れます。 宛て先があなた宛てではないのであれば速やかにご主人側に渡すなり、郵便局に「個の宛先人はここには住んでいない」旨の通知と共に郵便物を引き渡すべきです。 「DVとお金の問題で別れたので」それはまた別の話ですから郵便物は適切な処理をして下さい。 Q:他人あての郵便物が届きましたが、どうしたらいいのでしょうか? A:万一、他人さまあての郵便物が配達された場合は、郵便物の表面に誤配達である旨記載した付せん等を貼っていただき、郵便差出箱 郵便ポスト に投函していただくか、郵便物の誤配達があったことを最寄りの郵便局、又はお客様サービス相談センターにご連絡ください。 当社が配達した郵便物等でないものについては、郵便差出箱 郵便ポスト へ投函する等、当社にお申出いただくことはできません。 これらの配送物については、その配送物の運送サービスを行った事業者さまにご連絡ください 配送物の表面に連絡先が記載されているものもあります。 参考 郵便法第42条 誤配達郵便物の処理 郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。

次の

雇用保険、労災保険等の追加給付について

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 住所

こんにちは~rikoです。 先週「・職業安定局課」から郵便が来ていました。 おや?もしかして、あれかな?! 前にニュースになっていたの追加給付の件かな??と思ったら、その通りでした。 ・追加給付の案内 の各種給付の算定に利用していた「毎月勤労統計調査」 この調査に不適切な取扱いがあったことにより、給付額が低く計算されていた可能性があるということで、対象者に追加給付の案内が順次送付されているようです。 多くの人が対象になっているので、事務作業も膨大!大変そうです… ニュースも前のことだから「詐欺?」なんてなっちゃうのも分かる気がします。 テレビでやっていた時、私も対象かな~と思って、写真を撮っておいたんです。 2019年の1月頃ですね。 「娘の髪が短い~成長したな」って懐かしい感じで和んでしまいました!笑 この時に写真を撮っただけで、特に調べることも、問い合わせもせず、忘れていました… ・追加給付の書類はさっそく返送! 記入は簡単でした。 本人確認のため、当時の状況を確認する質問が3つありましたが (例えば受給時の振込口座)、そのいずれかを回答すれば良し、あとは今回の追加給付の振込先と署名・押印など… 回答票は裏表になっていて、返信用封筒でこの1枚を送るだけです。 追加給付の対象かどうかは返送後の確認となるようですが、私の場合、多くても1000円ちょっと…それでも返送します!笑 私は受給当時と氏名や住所が変わっていたのですが、案内が来ました。 きっと内の情報と戸籍かなにかを照合して、郵送しているんでしょうね。 バーが紐づくと、こういう事務作業は簡単になりそう。 さて今回の追加給付の対象である失業保険()受給期間ですが、私は校に通っていました! 『校(簿記コース)』へ行こうと思った理由 当時、新卒から働いてきた会社を結婚のため、退職。 引継ぎもあるので早めに退職月を決めていたのですが、当初、退職後すぐ予定していた結婚式が、色々な都合で半年ほどずらし、退職から結婚式までに少し時間ができました! そこで、校に行くことに… 前に友達から「校、良かったよ!」という話を聞いていたので、失業保険の手続きの際、ですぐ資料を貰ってきました。 ちょうど受けたい講座があり、すぐ申し込みしました。 「校」とは、の求職者を対象に「就職のための訓練」を実施している学校のことです。 体等の運営や民間委託の学校があり、私は民間の専門学校で実施しているコースを受講しました。 私は人事部の一般事務として働いてきたのですが、学生時代は全く別分野でした。 残業が多い等、色々あって退職しましたが、事務仕事は自分に合っていると思いました。 なので「事務系分野をしっかり勉強してみたい、資格も取りたい」ということが1つです。 そして忙しい職場だったので、「すぐ働くのではなく、少しゆったりと過ごしたい」というのがもう1つの理由。 校は失業保険も受けながら通えますし、結婚式の準備もあった私には、ちょうど良い選択でした! 『校』は応募者多数の場合、試験あり! この「校」ですが、応募者多数の場合、試験があります。 試験はではなく、訓練実施校で行われました。 簿記を学べるコースは人気だそうで、私が申し込んだ時も筆記と面接の試験がありました。 もう校に行ったのは7年前( そんなに経ってたなんて恐ろしい…) 記憶がおぼろげですが、筆記試験は中学校?ぐらいの数学と漢字の読み書きだったと思います。 面接は、応募者5人ほどで一気に行われ、応募動機を聞かれたと思います。 ( 複数の面接だと人の回答が気になったり、待っている時間で余計に緊張しますね…笑) あくまで私の受けた校の場合で、学校ごとに違うと思いますが、ご参考に… 『校(簿記コース)』へ通った感想 簿記・税務を学ぶコースという内容からか、ほとんどの受講者は女性で、男性は数人でした。 年代は様々で、20代もいれば、上の方も!( 50代??孫がいる… ママさんも何人か居ました〜) 1つの教室で、一緒に9時~16時ごろまで授業を受けました。 お昼休みに一緒にお弁当を食べたり、休憩時間にお喋りしたり、学生に戻ったようで楽しかったです。 社会人を経験したことで、知識を得る大切さがわかったからかもしれません。 一番、授業数が多かったのは「簿記」 簿記3級から2級の範囲を3カ月でということで、割と早いペースで進んでいきましたが、要点をまとめて、試験に出るところを重点的に効率よく教えてもらえました! 2級の合格レベルを目指すコースなので、内容多めなのですが、担当の先生の教え方も上手かったです! 税理士の資格を持った先生ばかりで、簿記、、、消費税とパソコン会計など授業ごとに5人ほどの先生に習いました。 教え方に合う、合わないはありましたが、どの先生も熱心で、しっかりと教えて頂きました。 簿記も税法も範囲が広いので、全体的に授業はハイペースでどんどん進んだ印象です。 振り返ってみても、学校環境も授業内容もとても満足でした!校に通って良かったなと思っています。 簿記2級・税法検定(・・消費税)で利用した教科書や電卓 校で勉強した教科書です。 (7年前ですが、ご参考に) これに問題集や過去問集がありましたが、合格した後、引っ越しもあり、捨ててしまいました… 教科書代は自己負担でした。 私は苦手です!! 計算機を間違えず、正確に押すことが大事なので、ボタンや表示画面が大きい方がおすすめです。 そしてこの計算機(電卓)は「早打ち対応」とのことで、時間に限りがある試験では、スピードも必要なので購入して良かったと思います! 「学校用電卓」のためか学校で購入した時より値段が高めです… リンク 『簿記検定2級』『税法検定2級(消費税・・)』を取得! 校では資格取得を目指し、そのレベルまで授業で対策がありましたが、試験は必須ではありません。 もちろん先生達からは検定試験を受けることを勧められますが、受験するかどうかは自己判断です。 私の場合、習ったからには資格を取得したいと思っていたので、すべて受験しました。 税法検定2級は、校修了の翌月というタイミングで検定試験があったので、記憶が新しいうちに受けようと申し込みました。 無事に税法検定2級(消費税・・)は取得できました! 簿記2級は、校が終わってすぐの試験が結婚式と近かったため、申し込まず…その後、バタバタしていたり、派遣で働きだしたりと、受験が後回しになってしまいました! 校が修了して半年後かな?試験を受けたのですが、受からず…時間も空き、勉強も足りませんでした。 消費税が一番易しいです。 (教科書も1番薄かった…笑) 簿記2級は、ある程度、勉強しないと受かる事は難しいと思います!時間内でこなす問題もボリュームがあり、問題を見てすぐ解き方を判断し、始めないと時間が足りません。 7年前で、残念ながら、ほぼ内容を忘れているので、あまり多くを語れないのですが、特に簿記2級は独学では難しかっただろうなと思います! 簿記2級に合格した時は、息子を妊娠中で、それ以降、働いていないので、いつか資格を活かしたい… おすすめな資格は『検定』 取得した中では「簿記2級」が有名ですが、専業主婦の今も役に立っている資格は、「検定」です。 「就職に有利か?」というと、今は働いていないので判断できないのですが、実生活で役に立っているという実感があります。 は給与から徴収される身近な税金ですし、年末調整のしくみ等、家計にも役立つと思います。 問題を解くと、年末調整でが確定する流れがよくわかります! (人事部の時は、システムが計算しているところもあり、理解できてないところもあったなと勉強して気付きました!笑) 生命保険やの控除、住宅ローンの税額控除、や医療費控除など、にかかわる制度は色々あります。 毎年の年末調整や確定申告など、手続きへの理解が深まると思いますので、興味のある方には、おすすめです! 今回は、通っていた『校』の話を書いてみました。 私は校に通って、しっかり学び、資格も取得できたので、行って良かったと思っています。 機会があれば、また行きたいぐらいです!笑 いずれ資格を活かせる仕事に就けるといいなと思っています。 少しでも参考になれば、嬉しいです。 ではでは。 konotokiroku.

次の

雇用保険・追加給付の案内が来た!当時通った「職業訓練校」で簿記2級と税法検定2級を取得した話

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 住所

所掌事務 [ ] 職業安定局は、次に掲げる事務をつかさどる(厚生労働省組織令第8条)。 需給の調整に関すること。 が行う及び職業指導に関すること。 紹介、の募集、及びの監督に関すること。 のの確保及び再就職の促進並びに就業の機会の確保に関すること。 の雇用の促進その他の職業生活における自立の促進に関すること。 地域雇用開発促進法第2条第1項に規定する地域雇用開発に関すること(の所掌に属するものを除く。 対策その他雇用機会の確保に関すること。 雇用管理の改善に関すること。 政府が管掌するに関すること(の所掌に属するものを除く。 上記のほか、職業の安定に関すること。 高齢・障害・求職者雇用支援機構の組織及び運営一般に関すること。 労働保険の雇用勘定の経理に関すること。 労働保険特別会計の雇用勘定に属するの管理及び処分並びに物品の管理に関すること。 主な所管法令 [ ]• 組織 [ ]• 総務課• 公共職業安定所運営企画室• 雇用政策課• 雇用開発課• 農山村雇用対策室• 建設・港湾対策室• 雇用保険課• 労働市場センター業務室• 派遣・有期労働対策部• 企画課• 需給調整事業課• 外国人雇用対策課• 高齢・障害者雇用対策部• 高齢者雇用対策課• 高齢者雇用事業室• 障害者雇用対策課• 地域就労支援室 参考文献 [ ]• 外部リンク [ ]• 「組織・制度の概要案内」より•

次の