トレボン 乳剤。 ヨコバイ・カメムシ・アブラムシの殺虫に!「トレボン乳剤」

「トレボン乳剤」に関するQ&A

トレボン 乳剤

暖かい季節になると木の下に毛虫が落ちてきたり、庭木にビッシリと毛虫がついたりして困りますよね。 チャドクガやアメリカシロヒトリなど、庭の樹木を荒らす毛虫の多くは蛾の幼虫です。 春から秋に発生するので、冬以外は植物が毛虫にやられる危険性があります。 毛虫によっては毒針毛があり、特にサクラ、モミジ、カエデ、ツバキ、サザンカは毛虫がつきやすい植物です。 キャベツや白菜など露地物の野菜にも毛虫がつきます。 毒針毛は一度触ると傷みやかゆみが生じます。 アレルギーを持っている人は症状が悪化してしまうので、毛虫の毒に注意しなくてはいけません。 見るだけで恐ろしい毛虫ですが、どのような殺虫スプレーや農薬で駆除すれば良いのでしょう。 ここでは、毛虫を安全に駆除できる方法をご紹介します。 樹木が建物の1階の高さ程度であれば、樹木用の殺虫スプレーで毛虫を駆除できます。 遠くまで殺虫剤を飛ばせるスプレーは最長で6. 5mから5m先まで狙えるので、ハシゴや高い場所に上るのが苦手な場合は「ジェット噴射」ができる殺虫スプレーを選ぶと良いでしょう。 ふさふさしてカラフルで見方によっては可愛い姿の毛虫ですが、多くの毛虫に毒針毛があります。 手で触れてしまうと傷みやかゆみに襲われるので素手で触らないようにしましょう。 毛虫の本体から抜けた毒針を触っても、殺虫剤で死んだ毛虫を触っても、かぶれたり傷くなるほど強烈な毒があります。 毛虫を見つけたら被害が広まらないうちに、すぐ殺虫スプレーで退治してください。 毒針毛が自分のほうに飛んでこないように、風上からスプレーしましょう。 チャドクガは日本にいる代表的な毒のある毛虫です。 毒のある細い毛を持っており、これに触ると飛び上がるような傷みとかゆみで眠れなくなります。 毛虫だけでなく、繭や成虫も毒毛を持っているので、見つけても絶対に触ってはいけません。 直接触らずに、枝をゆすってチャドクガの毛虫を落とそうとすると、毒毛だけが振ってきて手や腕に刺さってしまいます。 KINCHOの「チャドクガ防除剤」は、チャドクガから20センチから30センチ程度離れた場所から、2秒から10秒ほどスプレーします。 すると薬剤にチャドクガの毒針が固定されて動けなくなり、次第に死んでいきます。 長時間スプレーのボタンを指で押しているのが辛い場合は、別売りのレバーもあります。 死んだ後は枝ごと切り落として、袋に入れて捨ててください。 ゴミ捨て後、誰かが触らないようにビニールに注意書きをしておくと親切です。 アグロカネショウの「デミリン水和剤」は、昆虫の成長をストップさせる農薬です。 農家が果物やお茶、リンドウ、ツバキ、松といった植物を育てる時に、毛虫用殺虫剤として使っています。 毛虫が卵の時に「デミリン水和剤」がかかると、孵化できずに死んでしまいますし、幼虫の時に薬剤がかかると脱皮できなかったりサナギになれなかったりします。 サナギの時にかかると羽化できません。 桑にかかると、その桑の葉を食べる蚕が死んでしまいますので注意してください。 また、魚やエビ、カニなどに影響を及ぼす農薬なので、水槽や池の側での使用は控えましょう。 農薬なので、植物の害虫駆除が目的です。 家の外壁や窓枠などには使用できませんので注意してください。 農薬トレボンシリーズは現在12種類販売されています。 殺虫と殺菌が一度にできるタイプの農薬や、空中散布用の農薬、田んぼ用の農薬、除草剤など、用途にあわせて幅広いラインナップがあります。 その中で一般家庭用に毛虫駆除用として使用できるのが、「トレボン乳剤」「トレボン乳剤EW」「トレボンMC」です。 「トレボン乳剤」はキャベツや白菜、キュウリやお茶、ツツジなどの樹木といった多くの植物につく毛虫や害虫に効く農薬です。 農薬として使用できる殺虫剤の定番なので、家庭菜園につく毛虫に困ったら「トレボン乳剤」から試してみましょう。 水で1000倍から4000倍に薄めて使用しますが、何倍に薄めるかは植物によって違います。 説明書をよく読んでから希釈してください。 「トレボン乳剤EW」は液体の農薬で、2000倍に水で薄めてジョウロや噴霧器で植物に散布します。 サクラに付くアメリカシロヒトリや、ツバキにつくチャドクガ、キャベツにつくアオムシに困っていたら、「トレボン乳剤EW」を選んでください。 「トレボンMC」は液体の農薬で、2000倍に薄めてジョウロや噴霧器で植物にまいてください。 小さなマイクロカプセルになった殺虫剤なので、効き目が長持ちします。 「トレボンMC」は稲や大豆、キュウリ、ナスにつくアブラムシや蛾のための殺虫剤ですが、ツツジやイヌマキに付く毛虫も駆除できます。 アオムシやヨトウムシといった毛虫に困っている場合は「トレボンMC」を使用してください。 マサキ、ツツジ、クチナシ、サンゴジュ、サリスベリの樹木についた毛虫に困っていませんか? 花がつく木や庭の木についた毛虫退治の定番スプレーが、ベニカの「ケムシエアゾール」です。 毛虫をすぐに死滅させる速効性と、殺虫剤がついた場所を毛虫が通ることで死ぬ残存性があるスプレーなので、1本あると2通りに使えます。 チャドクガやアメリカシロヒトリの他、毛虫類全般に効果があるほか、アブラムシも退治できます。 毛虫から30センチ以上離れた場所から、数回に渡って断続的にスプレーしてください。 1カ所に連続噴射してしまうと、植物が薬負けして枯れてしまう場合があるので注意しましょう。 1缶で約1分50秒噴射できるので、木が多い場合は何本か購入してください。 「ケムシエアゾール」は農薬ではなく殺虫剤なので、野菜や果物、ハーブなど食べ物には向いていませんので注意してください。 ガーデニングで使う殺虫スプレーの定番が、住友化学園芸の「ベニカXスプレー」です。 名前は覚えていなくても、赤いスプレーボトルで覚えている園芸好きの方も多いのではないでしょうか。 ケムシやアブラムシ、アリ、カメムシを殺虫するほか、うどんこ病やさび病といった病気にも効果がある万能タイプのスプレーです。 成分は「ペルメトリン」と「ミクロブタニル」で、「ペルメトリン」はケムシの神経を破壊して動けなくすることで死滅させる殺虫剤です。 大変ケムシに効果がありますが、ネコと魚への影響が見られるため、ネコや熱帯魚、エビ、カニ、鯉などを買っている場合は気をつけましょう。 「ミクロブタニル」は「ラリー」とも呼ばれている殺菌剤で、ケムシではなく「うどんこ病」や「さび病」といった菌による病気を予防するものです。

次の

「トレボン乳剤」に関するQ&A

トレボン 乳剤

暖かい季節になると木の下に毛虫が落ちてきたり、庭木にビッシリと毛虫がついたりして困りますよね。 チャドクガやアメリカシロヒトリなど、庭の樹木を荒らす毛虫の多くは蛾の幼虫です。 春から秋に発生するので、冬以外は植物が毛虫にやられる危険性があります。 毛虫によっては毒針毛があり、特にサクラ、モミジ、カエデ、ツバキ、サザンカは毛虫がつきやすい植物です。 キャベツや白菜など露地物の野菜にも毛虫がつきます。 毒針毛は一度触ると傷みやかゆみが生じます。 アレルギーを持っている人は症状が悪化してしまうので、毛虫の毒に注意しなくてはいけません。 見るだけで恐ろしい毛虫ですが、どのような殺虫スプレーや農薬で駆除すれば良いのでしょう。 ここでは、毛虫を安全に駆除できる方法をご紹介します。 樹木が建物の1階の高さ程度であれば、樹木用の殺虫スプレーで毛虫を駆除できます。 遠くまで殺虫剤を飛ばせるスプレーは最長で6. 5mから5m先まで狙えるので、ハシゴや高い場所に上るのが苦手な場合は「ジェット噴射」ができる殺虫スプレーを選ぶと良いでしょう。 ふさふさしてカラフルで見方によっては可愛い姿の毛虫ですが、多くの毛虫に毒針毛があります。 手で触れてしまうと傷みやかゆみに襲われるので素手で触らないようにしましょう。 毛虫の本体から抜けた毒針を触っても、殺虫剤で死んだ毛虫を触っても、かぶれたり傷くなるほど強烈な毒があります。 毛虫を見つけたら被害が広まらないうちに、すぐ殺虫スプレーで退治してください。 毒針毛が自分のほうに飛んでこないように、風上からスプレーしましょう。 チャドクガは日本にいる代表的な毒のある毛虫です。 毒のある細い毛を持っており、これに触ると飛び上がるような傷みとかゆみで眠れなくなります。 毛虫だけでなく、繭や成虫も毒毛を持っているので、見つけても絶対に触ってはいけません。 直接触らずに、枝をゆすってチャドクガの毛虫を落とそうとすると、毒毛だけが振ってきて手や腕に刺さってしまいます。 KINCHOの「チャドクガ防除剤」は、チャドクガから20センチから30センチ程度離れた場所から、2秒から10秒ほどスプレーします。 すると薬剤にチャドクガの毒針が固定されて動けなくなり、次第に死んでいきます。 長時間スプレーのボタンを指で押しているのが辛い場合は、別売りのレバーもあります。 死んだ後は枝ごと切り落として、袋に入れて捨ててください。 ゴミ捨て後、誰かが触らないようにビニールに注意書きをしておくと親切です。 アグロカネショウの「デミリン水和剤」は、昆虫の成長をストップさせる農薬です。 農家が果物やお茶、リンドウ、ツバキ、松といった植物を育てる時に、毛虫用殺虫剤として使っています。 毛虫が卵の時に「デミリン水和剤」がかかると、孵化できずに死んでしまいますし、幼虫の時に薬剤がかかると脱皮できなかったりサナギになれなかったりします。 サナギの時にかかると羽化できません。 桑にかかると、その桑の葉を食べる蚕が死んでしまいますので注意してください。 また、魚やエビ、カニなどに影響を及ぼす農薬なので、水槽や池の側での使用は控えましょう。 農薬なので、植物の害虫駆除が目的です。 家の外壁や窓枠などには使用できませんので注意してください。 農薬トレボンシリーズは現在12種類販売されています。 殺虫と殺菌が一度にできるタイプの農薬や、空中散布用の農薬、田んぼ用の農薬、除草剤など、用途にあわせて幅広いラインナップがあります。 その中で一般家庭用に毛虫駆除用として使用できるのが、「トレボン乳剤」「トレボン乳剤EW」「トレボンMC」です。 「トレボン乳剤」はキャベツや白菜、キュウリやお茶、ツツジなどの樹木といった多くの植物につく毛虫や害虫に効く農薬です。 農薬として使用できる殺虫剤の定番なので、家庭菜園につく毛虫に困ったら「トレボン乳剤」から試してみましょう。 水で1000倍から4000倍に薄めて使用しますが、何倍に薄めるかは植物によって違います。 説明書をよく読んでから希釈してください。 「トレボン乳剤EW」は液体の農薬で、2000倍に水で薄めてジョウロや噴霧器で植物に散布します。 サクラに付くアメリカシロヒトリや、ツバキにつくチャドクガ、キャベツにつくアオムシに困っていたら、「トレボン乳剤EW」を選んでください。 「トレボンMC」は液体の農薬で、2000倍に薄めてジョウロや噴霧器で植物にまいてください。 小さなマイクロカプセルになった殺虫剤なので、効き目が長持ちします。 「トレボンMC」は稲や大豆、キュウリ、ナスにつくアブラムシや蛾のための殺虫剤ですが、ツツジやイヌマキに付く毛虫も駆除できます。 アオムシやヨトウムシといった毛虫に困っている場合は「トレボンMC」を使用してください。 マサキ、ツツジ、クチナシ、サンゴジュ、サリスベリの樹木についた毛虫に困っていませんか? 花がつく木や庭の木についた毛虫退治の定番スプレーが、ベニカの「ケムシエアゾール」です。 毛虫をすぐに死滅させる速効性と、殺虫剤がついた場所を毛虫が通ることで死ぬ残存性があるスプレーなので、1本あると2通りに使えます。 チャドクガやアメリカシロヒトリの他、毛虫類全般に効果があるほか、アブラムシも退治できます。 毛虫から30センチ以上離れた場所から、数回に渡って断続的にスプレーしてください。 1カ所に連続噴射してしまうと、植物が薬負けして枯れてしまう場合があるので注意しましょう。 1缶で約1分50秒噴射できるので、木が多い場合は何本か購入してください。 「ケムシエアゾール」は農薬ではなく殺虫剤なので、野菜や果物、ハーブなど食べ物には向いていませんので注意してください。 ガーデニングで使う殺虫スプレーの定番が、住友化学園芸の「ベニカXスプレー」です。 名前は覚えていなくても、赤いスプレーボトルで覚えている園芸好きの方も多いのではないでしょうか。 ケムシやアブラムシ、アリ、カメムシを殺虫するほか、うどんこ病やさび病といった病気にも効果がある万能タイプのスプレーです。 成分は「ペルメトリン」と「ミクロブタニル」で、「ペルメトリン」はケムシの神経を破壊して動けなくすることで死滅させる殺虫剤です。 大変ケムシに効果がありますが、ネコと魚への影響が見られるため、ネコや熱帯魚、エビ、カニ、鯉などを買っている場合は気をつけましょう。 「ミクロブタニル」は「ラリー」とも呼ばれている殺菌剤で、ケムシではなく「うどんこ病」や「さび病」といった菌による病気を予防するものです。

次の

【農薬通販.jp】トレボン乳剤(500ml) 【10,000円以上購入で送料0円 安心価格】です。

トレボン 乳剤

【スミチオンについて】 【展着剤について】 ANo2です。 補足質問の件ですが、ナスやピーマンに噴霧される恐れがあるなら、1,000倍希釈液が無難です。 但し、1,000倍希釈液は殺虫効果に即効性が見られませんから不安になると思います。 それと、展着剤については必ずしも必要ではありませんが、展着剤 界面活性剤 を添加する事で濡れ性が良くなり毛虫や植物に農薬が付着しやすくなるので殆んどの農薬 殺菌&殺虫剤 及び除草剤にも有効です。 スミチオンは、害虫に直接的に効くのは勿論ですが、スミチオンが付着した葉を害虫が食する事でも殺虫効果があるので、農薬が展着しにくい葉には効果があるという事です。 スミチオンは人間や鳥のような温血動物には毒性は低いですが、昆虫や魚類のような冷血動物には毒性が強いので噴霧する付近に金魚などが生息してる池がある場合は農薬が混入しないような配慮が必要です。 毛虫ならスミチオンの方が効きます。 スミチオンは花や庭木向きで、マラソンは食べる物向きなので、スミチオンの方が効果は高いです。 スミチオンは濃度を変える事で大型の虫にも対応していますが、 過去に人間の死亡事故が発生したケースもありますので、 安全性を重視して1000倍以上で使用した方が良いですよ。 ただ、1000倍だと発生初期のヒモ程度の大きさの時でないと効きませんので、 マラソンと大差ありません。 家庭菜園もやっておられるならBT菌はいかがでしょう。 トアロー水和剤CT ゼンターリ顆粒水和剤 チョウやガの幼虫用の天敵農薬です。 環境はもちろん、人間にも無害で何度でも使用可能です。 (毛虫たちにはとっては有害ですが) 農薬登録はありますが、無農薬と考えて良いものです。 効果が2週間は持続しますので、発生前に予防散布もできます。 かけて殺す薬剤とは違い、効果が出るまでに時間が掛かる問題はあります。 スミチオンはアブラナ科(ダイコン、ハクサイ、コマツナ、ブロッコリーなど)に 使用すると激しく薬害(白枯れ)が出ますので登録がありません。 ナスには1000倍より高濃度で使用してはいけませんし、ピーマンには登録がありません。 何らかの事情(薬害、残留性、効果など)があって登録がないので、 かからないように注意してください。 スミチオンはマラソンより使える植物が多くて便利ですが、 効果が劣っても野菜への使用も考えるとマラソンの方が向きます。 その使用環境ならマラソン+BT菌の方がスミチオンだけより良いと思いますよ。 以前に家庭菜園を趣味にしてた頃にマラソン乳剤やスミチオン乳剤を良く利用してました。 結論から言えば、マラソン乳剤よりスミチオン乳剤のほうが毛虫 蛾 には殺虫効果が高いです。 マラソン乳剤はアブラ虫には良く効きましたが毛虫類にはスミチオン乳剤が効きました。 尚、どちらも普通農薬で劇薬及び毒薬指定農薬ではありませんから印鑑なしで購入出来る乳剤ですが、噴霧の際は吸引しないようマスク着用をお勧めします。 果樹園の消毒オペレーターをしています。 その農薬は使ったことがないのですが、対象害虫に毛虫が書いてあれば、たいした違いはないでしょう。 指定された倍率より濃いめにつくるとよく効きますが、なるべく吸わないようにして下さい。 そして、よく混ぜて下さい。 皮膚や目にもかからないように注意が必要です。 露が乾いてから、なるべく曇りの日にやってください。 殺虫剤が乾くまでに雨がふらないことが条件です。 即死するような殺虫剤はあまりありません。 キンチョールくらいですね。 あれは強力です。 すぐには死にませんが、数時間で、だいたいは死にます。 翌日になっても生きているようなら、効いてませんね。 農薬の作用の仕方も、なかなか複雑で説明まではできませんが…。 庭の広さがわかりませんが、狭いならキンチョールが最高です。 A ベストアンサー 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。 農薬のスミチオンについてだけ解答します。 園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。 スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。 *長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋 *散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから すべての服を着替える。 <濃度について> 1000倍というのは農薬の量(CC *・・・倍ということです。 一滴という適当ではなく計れ!。 スミチオン1ccx1000cc水=1000倍 <体に対する害> 散布日当日はその場所に立ち入らないこと。 散布箇所には素手で触ったりしない。 何らかの作業 をして農薬に触れた場合にはよく水道水で洗う。 <花についての影響> あります。 したがって開花時期や咲いている花には養生する。 (当然) <使用上の注意> *風の強い日にはやらない。 *適正濃度で散布する。 *散布後は他の種類の農薬を使用しない。 *散布したことはあなた個人だけではなく家族に も伝えること。 以上、ちょっと怖くなって使えないような回答していますが、その位注意すれば大丈夫ということです。 よく農薬で被害を蒙る人はよっぽどの素人さんかセミプロです。 ようく注意書きを読みましょうね。 この時期草むしりをすると、晴れた日はすぐ蚊がよってくるので事前に周りの草むらに蚊専用の殺虫剤をまいてから、防虫スプレーを手足にふってから作業しています。 藪蚊はかゆい、痒い。 蚊とスミチオンの関係はわかりませんが、使用用途外と思いますよ。 農薬のスミチオンについてだけ解答します。 園芸用というよりは農業用の殺虫剤です。 昔よく利用しましたが結構きつい薬です。 どちらにしても農薬散布する場合には手袋云々は当然です。 スミチオンに限ったことではありません。 それさえ守ればなんら危険性はありません。 *長袖・長ズボン・防止・メガネ・マスク・手袋 *散布終了後は全て手・顔を荒い、うがいをしてから すべての服を着替える。 <濃度について> 10... A ベストアンサー その毛虫はチャドクガだと思いますよ。 葉の裏に兵隊のように整列していっせいに食べているならそうです。 食べ終わると隊長が移動を始めるといっせいに後を追います。 その統制力は自衛隊以上です。 「チャドクガ」は名前のとおり刺されると病院行きになりますのでそっと調べてから椿にちかづいてください。 防虫剤はオルチオンで結構です。 わたしも四月に散布しました。 毎年発生するのであまり駆除対策は手抜きしていましたが、今年は少し気合を入れてやっています。 一番よろしいのは初期発生時に葉毎取り除いて焼却する事です。 (風通しを良くする為に弱く剪定しましょう。 これは この毛虫たちに薬剤耐性ができ てしまっているのでしょうか。 これは耐性では無く、かけた瞬間に振動や薬に反応して「退避行動」をしています。 これを退治しないと他の木に移動してしばらく様子見されますよ。 また椿に寄ってきます。 説明書をよく読まれて再度時間をおいてから散布してみましょう。 虫の駆除は発生前(又は初期)から始めないといけません。 <次の対策でいきましょう> 今回は退治するのは難しいので葉毎取り除いて焼却しましょう。 その後虫の発生が終了したら弱剪定をして通風を良くしましょう。 さらに木酢液をスプレーで葉、新芽、幹、土の表面全体にかけます。 この木酢液の散布は今のところ我が家では効果があるようです。 まだチャドクガの発生はありません。 >毛虫によく効く殺虫剤をご存知でしたら教えてくださ い。 よろしくお願いいたします。 オルチオンでいいのです。 ただし初期発生時です。 今回のように元気に捕食している状態では効きにくいのはあたりまえです。 これがイチコロにいくような薬では人間のほうも参ってしまいます。 そのことを良く考えなければなりません。 その毛虫はチャドクガだと思いますよ。 葉の裏に兵隊のように整列していっせいに食べているならそうです。 食べ終わると隊長が移動を始めるといっせいに後を追います。 その統制力は自衛隊以上です。 「チャドクガ」は名前のとおり刺されると病院行きになりますのでそっと調べてから椿にちかづいてください。 防虫剤はオルチオンで結構です。 わたしも四月に散布しました。 毎年発生するのであまり駆除対策は手抜きしていましたが、今年は少し気合を入れてやっています。 一番よろしいのは初期... Q オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、 ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。 現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。 根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。 あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。 レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。 少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。 あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。 一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか? あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか? すいません、宜しく、ご教示ください。 オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、 ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。 現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。 根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。 あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。 水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか? あと、スプレーより... A ベストアンサー オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は オルトラン水和剤のみだけです。 粒剤や液剤は使用が出来ません。 粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布 をします。 スプレー容器に入れて薄めるのではありません。 バケツで溶かした 液をスプレー容器に入れて噴霧します。 薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り に薄めて使用して下さい。 スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。 オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし まう事もあります。 薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。 樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が 出来ないと法律で厳しく制限されています。 薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用 します。 ダインは一種の糊です。 散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま すから、気にしないで散布して下さい。 オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム 手袋を着用して作業をして下さい。 原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨 が降る時は延期をします。 散布時間は朝か夕方の何れかに行います。 もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。 葉が全て食われても散布は行って下さい。 ハマキムシの肉眼では見えない幼虫 が潜んでいます。 オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は オルトラン水和剤のみだけです。 粒剤や液剤は使用が出来ません。 粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布 をします。 スプレー容器に入れて薄めるのではありません。 バケツで溶かした 液をスプレー容器に入れて噴霧します。 薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り に薄めて使用して下さい。... Q 関東在住です。 よろしくお願いします。 この4月初旬に庭木の植栽を造園屋さんにしていただきました。 仲介の外構業者さんと本日会う機会があり、「そろそろ、庭木の消毒をした方がいいですよ。 」と言われたので、「庭木は消毒するものなんだ?どこの家でもやっているのかな?」と思いつつも、ホームセンターに出掛け、消毒剤と噴霧器を買いに行きました。 ここで、質問なのですが、消毒剤は多種ありましたが、どれも何とか虫にはこの防虫剤とか、何とか病にはこの薬とか、と書いてあり、予防と言うよりは、虫がついてから、この病気にかかったときには、というように事後対策として使うように思えたのですが、虫、病気等にかかっていない現在、やはり予防として散布する必要があるのでしょうか?また、必要であれば、何を散布したら良いのでしょうか? 庭木の種類(ソヨゴ、シマトネリコ、ヤマボウシ、エゴノキと生垣としてボックスウッド) また、上記樹木の種類により消毒剤は何種類か使い分けて散布するのでしょうか?1種類の消毒剤で済ませることはできないのでしょうか? A ベストアンサー やはり樹木には、消毒は欠かせないと思います。 特に、梅雨のムシムシする雨上がりが散布チャンスですね。 私は、スミチオンとオルトランを使っています。 虫の餌食になった樹木の被害は、悲しいものがあります。 被害に合ったら、ピンセットで、害虫等を一ケづつ取り除きます。 樹高があれば大変ですよ。 その前に予防となる訳です。 混合の薬剤も売られています。 毎年同じ薬剤ではなく、 交互に使用するのも良いと思います。 毎年同じじゃ、態勢ができ効き目が薄くなると思います。 薬剤が飛散しないように、なるべく風のない日を選びます。 私は、女だてらに『槙』ぐらいは自分で剪定します。 楽しいですよ、綺麗になっていく様子は・・・ 身近に良き指導者に恵まれているご様子、 どうか失敗しない為にも先輩の指導に従って、低農薬に努めて下さい。 特に、シマトメリコ等は青虫が好物らしく、 樹木の根っこに黒い糞がおちていたら青虫君到来です。 fujileaf. html A ベストアンサー 確かに説明書などでは、あらゆる害虫に効くようなことが示されていますが、そういう訳にはいきません。 ひとつは、その4種類の農薬も発売以来かなり年月が経っており、害虫にある程度の農薬に対する耐性がついてきたこともあります。 しかしまったく無効という訳ではなく、特に殺虫剤に弱い害虫には依然効果を保ってはいます。 (アブラムシ、青虫、いも虫類は弱い。 ) 専門家ではないですが、私の乏しい経験から私見を述べてみます。 ・マラソン乳剤・・アブラムシ、青虫、いも虫類には効果あり。 毛虫、ハダニ、カイガラムシ(幼虫)には効果不十分。 コガネムシ、カメムシ、カイガラムシなどの硬い羽や殻をもつ成虫、あるいはオンシツコナジラミなど飛翔する害虫には効果期待できず。 (効果が期待できないもの、効果不十分の理由には、あまりにも増殖や世代交代が早く駆除が困難な場合も含みます。 ) 毒性は普通物。 ・スミチオン乳剤・・マラソン乳剤と同じだが、アブラナ科植物に使うと薬害が出るので注意。 アブラナ科植物も野菜、草花とけっこう種類があるので検索して調べておきましょう。 ・ディプテレックス乳剤・・「毛虫駆除の特効薬」の名目で販売されています。 マラソン、スミチオンに効く害虫にも効果があります。 しかし毒性は劇物で、マラソン、スミチオンの普通物と比べると毒性が強く安全性の高い農薬ではありません。 15年ぐらい前、庭木に毛虫が大発生した時、ディプテレックス乳剤を散布したことがありましたが、すぐに中毒を起こしたことがあります。 症状としては、頭や眼球が圧迫され、胸が絞めつけられるように苦しくなり呼吸困難におちいりました。 すぐに散布を止め、大量の牛乳を摂取し、しばらく横たわっていたところ楽になり事なきを得ましたが、劇物など使うものではないと思い知らされた日でもありました。 この薬剤の原液は、車やバイクの塗装も簡単にはがしてしまうほど化学反応の強いものです。 しかしこの薬剤の擁護のために付け加えるならば、原液を1000倍に薄めてハスぐちをつけたジョウロに移し、土壌灌注すればネダニやコガネムシの幼虫駆除に効果があると思います。 量は1m2あたり3Lぐらいです。 必ずゴム手袋をし、薬液の飛沫には注意しましょう。 ・オルトラン液剤(水和剤)・・残念ながらこの農薬は使われ過ぎて(特にオルトラン粒剤)多くの害虫に耐性ができてしまいました。 アブラムシにはまだ効果が期待できても、葉を食べる食害性害虫には効果不十分といったところでしょうか。 そのためかある販売会社ではスミソン乳剤とかアクテリック乳剤との混合を勧めています。 単体では薬効成分が植物組織までゆきわたる浸透移行性を持っており効果は3~4週間持続します。 毒性は普通物。 最後に、予防も大切ですが害虫の全てを殺虫剤でカバーするにはやはり無理があります。 たとえば定期的に植え替えてやったり、風通しの良い処へ置いてやったりして植物が健全に育つようにする。 (カイガラムシの予防。 ) 発生しやすい時期(特に夏場の晴天が続く日)に葉の表裏に水シャワーしてやる。 (ハダニの予防。 ) あるいは捕殺できるものは見回りを強化して、ピンセットや箸で取る。 (ただし椿やサザンカによく付くチャドクガは、刺激すると毒針を飛ばすので殺虫剤を使用します。 ) またクモやテントウムシ、トカゲ、ヤモリ、スズメなどは害虫を捕食してくれるので、大切にしたいものです。 確かに説明書などでは、あらゆる害虫に効くようなことが示されていますが、そういう訳にはいきません。 ひとつは、その4種類の農薬も発売以来かなり年月が経っており、害虫にある程度の農薬に対する耐性がついてきたこともあります。 しかしまったく無効という訳ではなく、特に殺虫剤に弱い害虫には依然効果を保ってはいます。 (アブラムシ、青虫、いも虫類は弱い。 ) 専門家ではないですが、私の乏しい経験から私見を述べてみます。 ・マラソン乳剤・・アブラムシ、青虫、いも虫類には効果あり。 毛虫、ハ... Q 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。 blog114. fc2. html これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。 回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。 Q ご近所トラブル 庭木の消毒について ご教授ください。 今年に入って念願のマイホームを建てました。 庭のある家が夢でしたので、敷地の半分以上を芝生にし、シンボルツリーはヤマボウシを選びました。 他にも、柿やハナミズキ、オリーブ、シマトリネコ、サルスベリ等の植木を植えました。 相談したいのは、この庭木の防虫についてです。 梅雨の時期に一度消毒(スミチオン)を散布いたしました。 ご近所の迷惑にならないよう早朝 5時 にお隣の窓が開いていないか、また洗濯物等も出ていないか確認し作業に取り掛かりました。 すると、ものすごい剣幕でお隣さんが出てきて「誰の許可を得て撒いているんだ!」と怒鳴られました。 こちらとしては、自分の敷地内で且つ風のない日や早朝という条件で迷惑がかからないようにと思っていたので、怒鳴られたことに驚いてしまいました。 すぐに謝り、使っている薬の説明をしましたが、撒く行為自体が気に入らないと聞く耳もたないといった状態でした。 とにかく今後一切薬は使うなとのことでしたので、了解したもののこの秋口になって一段と植木の元気がなくなってきたため、植樹してもらった業者さんに相談したところ、業者の方に任してもらえれば、お隣さんに了解を得て面倒みますと言われました。 素人ではなくプロの方にやっていただくので、責任は業者さんが持つとのことですが、最終的にまた我が家の方に苦情が来るのではないかと心配しております。 ここで質問なんですが、住宅街で薬を撒くと法律で駄目だとかの縛りがあるのでしょうか?当方が使用している薬は市販のもので、購入するときや植木屋さんに相談しながら人体に害がないことを確認しております。 ご近所トラブル 庭木の消毒について ご教授ください。 今年に入って念願のマイホームを建てました。 庭のある家が夢でしたので、敷地の半分以上を芝生にし、シンボルツリーはヤマボウシを選びました。 他にも、柿やハナミズキ、オリーブ、シマトリネコ、サルスベリ等の植木を植えました。 相談したいのは、この庭木の防虫についてです。 梅雨の時期に一度消毒(スミチオン)を散布いたしました。 ご近所の迷惑にならないよう早朝 5時 にお隣の窓が開いていないか、また洗濯物等も出ていないか確認... A ベストアンサー 別に敷地外にプランター置いて邪魔したり、ジャングルのように木を植えたり木が柵から出ているわけでもないですよね。 誰の許可を得て撒いているんだ!といきなり言ってくる時点でクレーマーしか言いようが無いですね、 隣人ならなおさらです、 常識人なら不快に感じてもそれとなくやんわりと言うはずです。 こういう人は了解得ようが、業者に頼もう相手の突ける点があるとトコトン突いて ウサ晴らしをしてきます。 特に年金暮らしの年寄りなどは暇なのでなおさらです。 仕事で土木してますが、こういうクレームをつけてウサ晴らしする人が団地に1,2人はいます。 特徴はまず人の話は聞きません、一方的に攻撃してきます、 クレーマーが隣人なのはどうにも出来ないので、関わらないことです下手に出れば つけあがりますよ。 予断ですが市販の薬のウンチクたれてる人がいますが農家の農薬はどうなるんでしょうね、 田舎だと住宅街の隣に田んぼがあるなんてざらです、 家でも薬を毛虫退治に使いますがそんなことまで言ってたら皆犯罪者ですかね。 毒なのは当たり前、包丁買って凶器だといってるような屁理屈で。 別に敷地外にプランター置いて邪魔したり、ジャングルのように木を植えたり木が柵から出ているわけでもないですよね。 誰の許可を得て撒いているんだ!といきなり言ってくる時点でクレーマーしか言いようが無いですね、 隣人ならなおさらです、 常識人なら不快に感じてもそれとなくやんわりと言うはずです。 こういう人は了解得ようが、業者に頼もう相手の突ける点があるとトコトン突いて ウサ晴らしをしてきます。 特に年金暮らしの年寄りなどは暇なのでなおさらです。 仕事で土木してますが、こういうクレー... A ベストアンサー 薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用 すれば短期間で枯らす事が出来ます。 まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。 電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下 さい。 現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。 この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫 駆除に使用する農薬です。 家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ ば、それを使用されて下さい。 なければホームセンターで一番容器の小 さい物を1つと、スポイトを購入して下さい。 スポイトで農薬の原液を穴に注入し、穴を粘土やガムテープで止めて下 さい。 要は薬剤が気化しないようにするためと、謝って動物がなめない ようにするためです。 このまま1週間から10日放置をし、再び薬剤を 注入します。 2~3回程度繰り返せば、後は薬害により枯れるのを待つ だけです。 一気に枯らす事は出来ませんが、この方法だとシロアリ発生 防止にもなりますし、枯れた時点で根はスカスカになるので、撤去する 時は楽です。 除草剤では液が流れ出て地面に浸透した部分は、除草剤の成分が消える までは何も育たなくなります。 除草剤は使用しない方がいいですね。 農薬は外に流れ出ないようにするのがポイントで、ドリルで穴を開けて から薬剤が流れ出るようなら、その穴は使用しないで別に穴を開けるよ うにします。 薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用 すれば短期間で枯らす事が出来ます。 まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。 電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下 さい。 現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。 この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫 駆除に使用する農薬です。 家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ ば、それを使用されて下さい。 なければホームセンターで一番容器の小...

次の