ダブル クロス ホット バー。 【FF14】ダブルクロスホットバーが使いにくいときの対処法【WXHB】

FF14クロスホットバー(XHB)パレットの設定

ダブル クロス ホット バー

わたくし松乃雪、これまでもこれからもゲームパッドで侍を遊んでいく予定です。 そんな私のクロスホットバー配置と意図を大公開にござるァ! 全体図 まずはコンボごとにご紹介。 美しいうえに操作面でも理にかなっているという自画自賛。 範囲コンボの配置も雪月花シンボルに準拠しています。 そうしようかな。 明鏡止水は始点であり、燕飛は前に飛ばすものなのでね。 十字キーには「コンボほど頻度は高くないが、使いたいときにすぐ使いたい技」「移動を考慮しなくていい技」を入れます。 居合術は発動時に移動できない 撃ち終わりに移動を差し込むことで「滑り撃ち」はできる こと、身を屈めるのが十字キー下っぽさがありますから。 ちなみに紅蓮と閃影をよく間違えます。 十字キーは、左アナログスティックとおなじく左親指で操作します。 それでいて、アクセスの良さがありますから、咄嗟に使いたい技も配置していくわけです。 ちなみに、右側にある大きなアイコンはリキャストの確認用。 キーボード用のホットバー設定で拡大率を高くして配置したものです。 ダブルクロスホットバー側 拡張機能であるダブルクロスホットバーは上記。 基本のクロスホットバーと比べ、アクセス性は劣りますが「頻度は低いが決め打ちで使う技」を配置することで、クロスホットバーのレイアウトをすっきりさせられます。 頻度の低い決め打ち技ですから、とりあえず配置してあればよく、タイミングを見計らってぽちっと押す運用。 このうち明確な意図があるのは燕返しと慈眼だけ。 居合術と同じ効果であるため同じボタン、が燕返し配置先の個人的絶対条件でしたのでこのように。 慈顔も同様に内丹と同じ効果であり、星眼よりはアクセスの劣る場所に置くことで暴発を防いでいます。 バーストでの薬、ボス離脱時の黙想、吹き飛ばしへのアームズレングス、確定被弾へのブラッドバスなど、タイミングが決まっているものを適当に配置。 マクロも運用しておらず、スーパーポーションも省けるため、4 枠の余裕がある状態です。 設定記事のご紹介.

次の

ダブルクロスホットバー(WXHB)って何なのさ?

ダブル クロス ホット バー

パッチ3. 4からWXHBを実装 パッチ3. 4から新しいGUIである WXHB ダブルクロスホットバー が導入されました。 このWXHBの導入によってジョブによっては、XHBの切替を頻繁にすることなくプレイできるようになるかもしれません。 とりあえず設定から試してみました。 従来のXHB 私はこれまでXHBを、通常のXHB2枚とホールドによる3枚目を組み合わせて使っていました。 切り替えミスによるスキルやアビリティ発動のタイムラグを極力減らすためには、基本となるXHBを2枚とするのが妥当だと思っていたからです。 どのジョブでも平均して XHB2枚分 30個前後 はスキルやアビリティが用意されているので、XHB2枚を使えば配置は可能です。 しかし重要なスキルやアビリティについては、上図のようにXHB1枚目と2枚目に共通して配置しておかないと、スキルレベルが低い私はミスをしまくることになるので、XHB2枚+ホールド1枚では不足気味で、マクロを駆使しなくてはエンドコンテンツなどでは戦えません。 WXHBを設定してみる WXHBの設定について、まず有効にするには、「 キャラクターコンフィグ」の「 ホットバー設定」から、「 XHBカスタム」で「 WXHBを有効にする」にチェックを入れる必要があります。 有効にすると、 R2かL2を2度押してホールド トン、トン 押したまま するとWXHBが現れるようになり、WXHBには 標準ではXHBのセット8が使われます。 図ではセット4に変更しています。 標準では「 方向キーと4ボタンを有効にする」が有効になります。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ダブル クロス ホット バー

これだと16個までのアクションになります。 それでは、アクションが増え収まらなくなるのでクロスホットバーを拡張する必要があります。 クロスホットバーの拡張は、大きく分けて3つあります。 これを使ってと言う統一されたものはないので、自分に合う拡張を選ぶ必要があります。 ・一つ目 L1を1回押して、SET自体を入れ替えるやり方。 共有無しは、他に職にチェンジした場合、配置した内容が変わります。 共有有りは、他の職にチェンジした場合、配置した内容は変わりません。 例ですので、この通り設定する必要はないので自分に合う設定を摸索してください。 共有ホットバーを活用する 共有設定を活用することで、いちいち「マイキャラクター」を開くことなく他の職などに素早くチェンジすることができます。 下記の画像は100%の大きさですが、更に拡大したり縮小することで邪魔にならなくなります。 ホットバーの表示・非表示の切り替え ホットバーの形を変えたり表示したいホットバーを切り替えます。 チェックを入れたところが有効になります。 クロスホットバーSET1と2を切り替える設定 シンプルにSET1と2を切り替えるだけです。 32個のアクションを配置することができます。 共有の確認 クロスホットバーの1と2にチェックが入っていないことを確認します。 切り替えのできるSETを制限する クロスホットバーの「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効にする」と「ホットバー1と2」にチェックを入れることで、SET1と2のみ選択できるようにします。 好みに合わせ「納刀時」をカスタマイズしてください。 あとは1回押すだけ R1を1回押して直ぐ離すと、SET1とSET2を交互に切り替えられます。 クロスホットバーの同時押しを有効にする設定 初期設定では、L2R2の同時押し設定が無効なので有効にする。 ただこれ、混乱の元なので表示されるSETを統一したほうが混乱しなくていいのかと思います。 一度分けて使用して、ムリポなら統一して使うことをオススメします。 L2R2の押す順関係なく「XHBセット2:右」を表示させる設定です。 クロスホットバーの基本的な配置編 移動しながらアクションを使うものと、一度止まってからアクションを使うものを分ける必要があります。 基本は、 十字キーを使うものは、一度止まってから使うアクション。 ボタンを使うものは、移動時や頻繁に使うアクション。 の、2つに分けられます。 止まって使うものを 十字キーに割り当てます。 移動しながら使うものを ボタンに割り当てます。 SET1に戻す場合も同じ要領です。 両トリガー押し込みでクロスホットバーSET2の右に配置したものが表示されます。 止まって使うものを 十字キーに割り当てます。 移動しながら使うものを ボタンに割り当てます。 「Wクロスホットバー」を有効にする ジョブ毎で、どうしてもアクションの枠が足りなく工夫が必要になります。 トリガーの2回連続押しを有効にすることで補えます。 ただでさえ2回連続押しが「メンドクサイ」ので、使用頻度の少ないアクションを配置するか、他のアビリティやアイテムを使ったり割り込みのない連続したコンボを配置するか用途に合わせ調整してください。 これで、トリガーを2回連続押しでWクロスホットバーを起動することができます。 トリガーの同時押しと設定の要領は同じなので必要に応じてアクションを配置します。 ・WXHBを常時表示する ・WXHBの入力を行うと自動的にXHBへ復帰する ・WXHBの表示位置をXHBと別に設定する ・WXHB起動時の入力受付時間 「4ボタンのみ有効にする」を選択した場合 今回は表示されるWクロスホットバーを統一していません。 メリットとしては、移動しながらアクションを使うことができます。 表示セット:左/LT2回押し XHBセット3:左 表示セット:右/RT2回押し XHBセット3:右 の場合は、L2・R2それぞれ2回連続押しでWクロスホットバーが起動します。 「方向キーと4ボタンを有効にする」を選択した場合 今回は表示されるWクロスホットバーを統一していません。 ここまでくると大混乱間違いなし、Wクロスホットバーではなく、クロスホットバー自体のSETを入れ替えるた方が迷わないかもしれない。 また、LRトリガー同時押しの順を有効にしてもいいかも? 表示セット:左/LT2回押し XHBセット3:左 表示セット:右/RT2回押し XHBセット3:右 の場合は、L2・R2それぞれ2回連続押しでWクロスホットバーが起動します。 工夫編 ホットバーを追加しファンクションキーを割り当て、キーボードやマウスで直接ファンクションキーを押したり、「JoyToKey」やパッドに付属されているソフトでスティック押し込みでアクションなど使用することができます。 物理でできることは「ゲーミングマウス」や「USB:フットペダルスイッチ」を導入することですね。 割り当てたボタンを押すことでアクションなど発動させることができます。 フットペダルにデメリットがあるとしたら、しっかり踏める環境が必要で正しい姿勢でプレイする必要があります。 だらだら姿勢でプレイするのであれば不向きです。 番外編「とあるパソコンのホットバー設定」 パソコンのキーボード・マウス組の戦闘アクションなどは、共有無しのホットバーSET123の使用で足ります。 1SET12個で、3SETで36個の枠を確保でき不便なく配置することができます。 足りなければ、その都度新しく追加すれば問題ありません。 後半のSETは共有にして、ギアセットやエモートなどいろいろな用途に使えます。 クロスホットバーと違い、パソコンのホットバー説明は不要ですね。 ホットバーの豆知識 ホットバーは、アクション以外にも様々な確認用として使えるので活用してください。 リキャストなどの確認 クロスホットバーは切り替えが激しく、リキャストなど把握しづらいと思います。 リキャストなど専用のホットバーを追加し配置することで、一目で把握することができスキルの組み合わせを一瞬で組み立てられる。 所持品の確認 普段このような使い方はしませんが、例えばこんな感じに手持ちのクリスタルや修理に必要なダークマターの所持数を常に確認することができます。 所持品から無くなったものはブラックアウトするので一目で把握することができます。 この例ですと地図を持って無いことがわかりますね。 ロックすることで、アイコンの移動を防止することができます。 ただ、ホットバーからクロスホットバーやホットバー以外から上書きできるので注意です。 このロック機能は、SET1にしかありません。 トリガーを押し込んだ時のヘルプを消す 慣れてきたら、トリガーを押し込んだ時に表示されるヘルプ表示を消す。 不要な情報を消すことで視野を確保することができる。 ホットバーの数字を消す 不要なスロットを透明にすることで、他のホットバーやUIと干渉しなくなります。 マクロで「クロスホットバー」自体を切り替える 複数のクロスホットバーを使用する際には重宝するマクロかと思います。 現状使用は限られていそうですが、こんな使い方もあるということで。 自分でプレイしやすくアレンジしてしてください。 クロスホットバーだけではなく、ホットバーも使うようにすると快適に楽しむことができると思います。 ではでは、またにゃ~.

次の