鬼 滅 の 刃 うずい てん げん。 鬼滅の刃 ウエハース 7.宇髄 天元 (うずい てんげん)(単品) 柱カード3 鬼滅の刃カード 食玩 きめつのやいば 鬼滅の刃 グッズ :kmt

宇髄天元(うずいてんげん)の声優情報!鬼滅の刃(アニメ)以外の出演タイトル紹介

鬼 滅 の 刃 うずい てん げん

概要 古より存在する、政府非公認の組織。 構成員は数百名おり、主な構成員は直接と戦うと、バックアップを担当する。 そのほかにを作る、新たなの指導を行うがいる。 の隊士のこと。 標準装備として、とを持ち、直接と対峙する戦闘員である。 刀を持つことから、隊士は、あるいは単に剣士と呼ばれる。 また、を狩ることを生業としていることから、(主にから)と呼ばれることもある。 のうち、優れた実績を残した者は最上位の位であるに昇格する。 多くの剣士がを習得しており、主たる戦闘手段として用いている。 鬼殺隊の隊士の中でも最上位の位に位置する9人の剣士のこと。 が所有する刀。 太陽に一番近い山「陽光山」でとれる、陽の光を吸収する鉄「猩々緋砂鉄」「猩々緋鉱石」を原料とする。 を殺すことのできる唯一の武器。 で頚を斬ることで鬼を殺すことができる。 持ち主の呼吸への適性によって色が変わり、「色変わりの刀」の別名で呼ばれる。 鬼殺隊の隊士の中でも最上位の位に位置する9人の剣士のこと。 戦闘技能 を狩るための基本技能であると同時に、を殺すための必殺の奥義。 大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。 その効果は、人間のままのように強くなれるともいわれる。 止血等を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」とのことで、応用性が高い。 (62話) 四六時中を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。 直接の戦闘技能ではないが、曰く「への第一歩」(62話)と言われるほどに重要な技能。 なお、は「長くやろうとすると死にそうになる」らしく(50話)、平然とを維持できるの基礎体力の高さがうかがい知れる。 優れた聴覚により、周囲の環境や敵の行動などを読み取る能力。

次の

【あつ森 マイデザイン14】『鬼滅の刃』宇髄天元風【あつまれどうぶつの森】

鬼 滅 の 刃 うずい てん げん

使用する呼吸:音の呼吸 誕生日:10月31日 年齢:23歳 身長:198cm 体重:95kg 出身地:不明 趣味:嫁と温泉巡り、秘湯探し 好きな物:ふぐ刺し 音の呼吸の使い手であり、音柱。 左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。 遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。 隊員の治療施設)』にいる女の子を無理やり連れて行こうとしていた。 そこを炭治郎たちに見つかり、罵声を浴びせられる。 女性の代わりに炭治郎たちが遊郭に同行することになる。 その先で上弦の陸と遭遇し、戦うことになる。 忍だったが、今は抜け忍となっている。 元忍という経歴を持っているのに、大の派手好き。 炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称した。 その突拍子な発言に、善逸は「アホを司っている」と思っていた。 伊之助と同じようなノリを持っているが、伊之助が「俺は山の王だ。 よろしくな祭りの神。 」と挨拶した時には「何言ってんだお前…気持ち悪いやつだな。 」と引いていた。 それに対し善逸から「どっこいどっこいだろ!」とつっこまれていた。 髪が見えずに判断しづらいが、端正な顔立ちをしており、妻が三人いる。 それを知った善逸からは大きく顰蹙を買った。 特に妻のことが知れた時の反応は凄まじく「三人!?嫁…さ…三!?テメッ…テメェ!!なんで嫁三人もいんだよざっけんなよ!!」と言われ、鉄拳制裁を下した。 妻は全員元くノ一である。 妻である「須磨」「まきを」「雛鶴」のことを大切に思っており、任務よりも自身の命を大事にするように命じている。 忍の一族が衰退していくことに焦った父から過酷な訓練を課される。 その訓練で9人いた姉弟が7人死亡した。 生き残った弟は、部下を駒としか思わず、妻は後継を生むためなら死んでも良いと思っていた。 他人の意思を尊重せず、感情がないその様は、父親そっくりだった。 宇髄は、父や弟のような人間になりたくないという一心で抜け忍となった。 その後、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に拾われる。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。 鎖で繋がれた2本の日輪刀を使って戦闘を行う。 他に強力な爆薬を使用する。 使用する『音の呼吸』は、斬撃時に爆薬を使って爆発を引き起こす。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である。 『譜面』という独自の先頭計算式を持っている。 『譜面』は、敵の攻撃や行動を音に起こす。 時間がかかるが、完成すれば敵の行動や隙を先読みすることができる。 宇髄天元の来歴・活躍 堕姫の頸を一瞬で落とした宇髄 遊郭に先に潜入していた宇髄の妻から連絡が途絶え、宇髄が直々に遊郭へ向かうことになる。 そこで、女性の鬼殺隊員が必要となり、『蝶屋敷』の隊員を無理やり連れ出そうとする。 そこを炭治郎たちに見つかって大きく顰蹙を買う。 炭治郎たちは女の子の代わりに遊郭に行くことを立候補し、宇髄はそれを了承する。 遊郭についた宇髄は、炭治郎たちに女装を施し、鬼が潜んでいると思われる店に送り込んだ。 遊郭には上弦の陸である堕姫が潜んでいた。 堕姫は帯を操る鬼で、宇髄の嫁は堕姫の帯に囚われていた。 伊之助が地中深くでその帯と戦っていると、その戦闘音を聞きつけた宇髄は、『音の呼吸』を使って地面を掘り進んで地下へたどり着く。 帯は逃げてしまったが、囚われていた人間を救った宇髄、伊之助、善逸は堕姫と先に戦っている炭治郎の元へ急ぐ。 宇髄は、伊之助・善逸よりも早く炭治郎の元へたどり着いた。 そこでは炭治郎の命の危機に際し、鬼化が進んで自身を律することができなくなった禰豆子がいた。 宇髄は、堕姫を無視して炭治郎と話をする。 堕姫が口を挟むと、宇髄は「お前上弦の鬼じゃねぇだろ。 弱すぎなんだよ。 俺が探ってたのはお前じゃない。 」と発言する。 次の瞬間、堕姫の頸が落ちた。 炭治郎が苦戦した堕姫の頸を宇髄はあっけなく斬り落とした。 しかし、堕姫の体は崩壊を始めなかった。 宇髄が不思議に思っていると、堕姫の体から新たな鬼が登場する。 上弦の陸は、新たに現れた鬼・妓夫太郎と堕姫の2体で一つの鬼で、倒すには2体の鬼の頸を落とさなければならなかった。 妓夫太郎と対峙した宇髄 妓夫太郎は堕姫よりも格段に強く、宇髄に容易に一太刀を浴びせる。 妓夫太郎が持つ鎌は、妓夫太郎の血で作られており、毒が含まれていた。 宇髄は忍であった故に毒への耐性を持っていたが、徐々に毒に侵されていた。 宇髄は反撃するが、頸を繋げた堕姫が妓夫太郎を守った。 宇髄の戦いぶりを見た妓夫太郎は「お前違うなぁ。 今まで殺した柱たちと違う。 お前は生まれた時から特別な奴だったんだろうなぁ。 選ばれた才能だなぁ。 妬ましいなぁ。 一刻も早く死んでもらいてぇなぁ。 」と言う。 それに対し、宇髄は「才能?ハッ!俺に才能なんてもんがあるように見えるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな。 俺が選ばれてる?ふざけんじゃねぇ!俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ!」と返した。 その時、脳裏には煉獄の姿あり「俺は煉獄のようにはできねぇ」と思っていた。 2対1となるが、宇髄は再び堕姫の頸を落とす。 そこへ炭治郎・善逸・伊之助が合流する。 妓夫太郎を見た炭治郎は、恐れからか手が震えた。 宇髄はそんな炭治郎を励ますかのように「勝つぜ!俺たち鬼殺隊は!」とハッパをかけた。 そして妓夫太郎を宇髄と炭治郎が、堕姫を善逸と伊之助が相手することになった。 妓夫太郎は恐ろしく速く、炭治郎は宇髄に守られてしまう。 炭治郎は妓夫太郎を捌いて宇髄をサポートする。 二人が苦戦していると、宇髄の嫁の一人が藤の花の毒が塗られたクナイを放つ。 その隙をついて宇髄が妓夫太郎の足を切り落とす。 クナイを受けた妓夫太郎はすることが出来なかったが、一瞬で毒を分解する。 炭治郎がその一瞬の隙をついて頸に日輪刀を振り下ろすが、妓夫太郎はノーモーションで両腕から血の斬撃を放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を繰り出す。 炭治郎は宇髄に投げられて窮地を脱した。 炭治郎が投げられた先では、善逸・伊之助が堕姫に苦戦していた。 炭治郎は先に堕姫の頸を狙う。 三人は協力して堕姫の頸を落とすことに成功する。 しかし、その瞬間、妓夫太郎が伊之助の胸部を突き刺す。 炭治郎が宇髄の方へ視線をやると宇髄は左手を斬り落とされて倒れていた。 そして炭治郎と善逸は建物の倒壊に巻き込まれてしまう。 炭治郎をサポートする宇髄 炭治郎以外は動けない絶望的な状況だったが、炭治郎は諦めず、妓夫太郎の虚をついて宇髄の嫁からもらったフジの花の毒がついたクナイを妓夫太郎に刺して頸に迫る。 妓夫太郎がそれに反撃しようとすると、宇髄が間に入って炭治郎をサポートする。 宇髄は筋肉で心臓を圧迫して毒が回るのを止めていた。 宇髄は独自の戦闘計算式『譜面』を完成させており、妓夫太郎が放つ『円斬旋回・飛び血鎌』を片腕で防ぐ。 そして左眼を斬られながらも炭治郎の道を切り開く。 炭治郎は渾身の力を振り絞って妓夫太郎の頸を落とした。 その一方で堕姫の頸を、瓦礫から抜け出した善逸と、内臓の位置をずらして致命傷を避けていた伊之助が斬り落とす。 こうして鬼殺隊が長い間滅することができなかった上弦の鬼を倒した。 宇髄を蝕んでいた妓夫太郎の毒は、禰󠄀豆子の血鬼術によって燃やし飛ばされた。 左眼と片腕を失った宇髄は前線を退き、後進の育成に励むことになる。 無惨が産屋敷邸に攻めて来た時には、産屋敷家の新たな家長である輝利哉の警護に煉獄の父親と共に務めた。

次の

鬼滅の刃の元柱・宇髄天元は本当に祭りの神?モチーフの神様について考察!

鬼 滅 の 刃 うずい てん げん

俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まずお前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ 引用元:鬼滅の刃10巻 天元が自分の嫁3人に命の優先順位を伝える名言。 まず一番優先すべきは嫁3人、その次に一般人、最後に自分、とハッキリ言う天元はかっこよすぎます。 こんなことを派手に言われたら、そりゃあ嫁3人もできちゃいますよね! 個人的にこの名言の深いところは嫁を最優先にしてる部分よりも自分を一番下にしてるところが凄く格好いいと思います。 ここで二番目に「俺」なんて言われてたら、なんじゃそりゃ!となりますが、自分の命よりも他人の命を優先してることを暗に伝えている天元は顔だけでなく心意気も男前ですね。 俺に才能なんてもんがあるように見えるか? 引用元:鬼滅の刃10巻 イケメン、柱、嫁3人というハイスペックを誇る音柱・宇髄天元。 このハイスペックには上弦の鬼すらも嫉妬を覚えます。 しかし、この名言はそんな鬼の僻みにもそんなことはないと一刀両断で切り返す天元の台詞です。 自他ともに認める超自信家の天元でも自分が最上級ではないということを自覚してるのがいいじゃないですか。 この台詞を笑って言ってるあたりが余裕がある感じ醸し出してて、天元の器の大きさを感じます。 余裕で勝つわボケ雑魚がァ!! 引用元:鬼滅の刃10巻 毒が体に回り、完全劣勢に陥ってる中でも超強気の天元様の名言。 上弦の鬼との戦いで弱気になってる炭治郎、伊之助の士気を上げるためか、それとも自分を鼓舞するためか、絶望的な状況で強敵を前にしても、超強気でいられる天元はかっこよすぎです。 さすが派手を司る神! 音柱・宇髄天元に関する記事 音柱改め派手柱としても人気の高い宇随天元ですが、果たして柱の中でその実力はどの程度のものなのか。 こちらの記事で宇随天元の強さについても触れてます!.

次の