武蔵野 線 計画 運休。 JR東、台風による計画運休実施決定 私鉄各社でも検討進む

2019年、台風19号により計画運休となった路線やその背景とは

武蔵野 線 計画 運休

東武線運行情報 現在 本線 日光線特急 平常どおり運転しています。 伊勢崎線特急 平常どおり運転しています。 なお、国内における外出自粛の段階的緩和の状況を踏まえ、7月4日(土)から土休日に運転を再開いたします。 発売にあたり、当面の間、座席数を限定させていただきます。 またDL大樹3号、4号、7号、8号については当面の間、運休いたします。 THライナー 平常どおり運転しています。 東武スカイツリーライン 〜久喜・南栗橋 平常どおり運転しています。 伊勢崎線 久喜 以北エリア 平常どおり運転しています。 日光線 南栗橋 以北エリア 平常どおり運転しています。 亀戸線・大師線 平常どおり運転しています。 東武アーバンパークライン 平常どおり運転しています。 東上線 TJライナー 平常どおり運転しています。 東上本線 平常どおり運転しています。 越生線 平常どおり運転しています。 注1 伊勢崎線 久喜以北エリアは伊勢崎線 久喜〜伊勢崎 、佐野線、桐生線、小泉線となります。 注2 日光線 南栗橋以北エリアは日光線 南栗橋〜東武日光 、宇都宮線、鬼怒川線となります。 あくまでも 目安としてご利用ください。 ただし、この時間外に支障が発生した場合には臨時に情報を更新することがあります。 機械翻訳のため、日本語の原文と異なることがありますのでご注意ください。

次の

武蔵野線に「快速」がない理由とは!? なぜ各停だけなのか?

武蔵野 線 計画 運休

【新型コロナウイルス関連のお知らせ】 お客さまにおかれましては、コロナウイルスの感染予防対策にご協力いただきましてありがとうございます。 JR東日本では、新型コロナウイルスの感染予防を図るため、社員のマスク着用等の予防対策を実施しております。 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ご利用のお客さまにおかれましても、手洗いや咳エチケットの感染予防対策のほか、ラッシュ時間帯のご利用を避けるオフピーク通勤・通学等にご協力をお願い申し上げます。 運転する列車の時刻は下部の運行情報欄をご覧ください。 ・5月1日~6月30日に運転を予定していた臨時列車については、一部を除き運転を取りやめていますが、7月1日からは臨時列車を設定いたします。 詳しくは「ニュースリリース欄」をご覧ください。 ・6月25日~7月 8日運転の列車:6月18日 5:30~ ・7月9日以降の列車:6月24日 5:30~ なお、7月24日分からは通常通り1ヶ月前の10:00からの発売に戻っております。 【各新幹線の運転計画について】• 【特急「成田エクスプレス号」の運転計画について】• 2020年6月26日 本社 駅や列車に関するお知らせ きっぷの予約• 2020年6月25日 本社 観光キャンペーン• 2020年6月25日 本社 駅や列車に関するお知らせ• 2020年6月25日 本社 駅や列車に関するお知らせ ショッピングセンター(駅ビル・駅ナカ)• 2020年6月25日 関東 ショッピングセンター(駅ビル・駅ナカ) 物販事業• 2020年6月25日 関東 ダイヤ改正・臨時列車 駅や列車に関するお知らせ• 2020年6月25日 東北 駅や列車に関するお知らせ 安全・安心への取り組み• 2020年6月25日 東北 駅・エキナカ・列車でのイベント おトクなきっぷ 物販事業 社長会見.

次の

JR武蔵野線 台風に関するリアルタイム情報|ナウティス

武蔵野 線 計画 運休

第4戦が行われる場合は翌13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催される。 あらかじめ予定されていた15日の予備日も正式日程となる。 17:00 全日空、12日の羽田・成田全便を欠航 台風19号の接近に伴い、全日本空輸は10日、12日に成田と羽田の両空港に発着する国内便すべてを欠航すると決めた。 ほかにも11~13日にかけて、国内便を中心に遅れや欠航の可能性があるという。 11日には、八丈島、大阪(伊丹)、関西、神戸を発着する便で終日、羽田、成田、中部では午後に発着する便で遅れが出たり欠航したりする可能性があるとしている。 日本航空も、羽田・成田を12日に発着する便の多くが欠航する可能性があるとしている。 11~13日にも各空港で遅れや欠航を見込んでいる。 スカイマークやエア・ドゥでも11~13日に羽田、中部、神戸などの空港で終日または大部分の時間帯での欠航を決めているほか、多くの航空会社で羽田・成田の11~13日の便を中心に遅れや欠航を見込んでいる。 「ロイヤルホームセンター足立鹿浜店」ではブルーシートが飛ぶように売れ、従業員が補充していた=2019年10月10日午後1時35分、東京都足立区、黒田壮吉撮影 大型で猛烈な台風19号に備えようと、東京都内では10日、慌ただしく防災用品を買い求める人たちがホームセンターで列をつくり、品薄となった。 東京都足立区のホームセンター「ロイヤルホームセンター足立鹿浜店」では、9日ごろからブルーシートが急に売れ始めて品薄に。 10日午後には倉庫に備蓄してあった商品を次々と補充していった。 ブルーシートを購入した同区内の女性(71)は自宅が築50年で、雨漏りを心配する。 「千葉県で屋根が飛ばされているのをみて、怖くなった。 準備だけはしておかないと」 同店ではブルーシートの他に、ガラスの飛散を防ぐガラスフィルムが完売。 懐中電灯やガスボンベ、養生テープなども在庫が少なくなっているという。 発電機についての問い合わせも多いが、千葉県の台風の影響で新たな商品が入荷できない状態が続いているという。 川畑亨介店長(42)は「すでにどこの店舗も防災用品は品薄の状態。 早めの準備をお願いできれば」と話した。

次の