全 羅 監督 元 ネタ。 借金50億円を返済した「全裸監督」の話術

衝撃の艶ビデオ女優を演じた美女たち(2)今年最高の話題作「全裸監督」を分析!

全 羅 監督 元 ネタ

Netflixは、山田孝之を主演に迎え、80年代を駆け抜けた《放送禁止のパイオニア》村西とおると仲間たちの青春と熱狂を描いたオリジナルシリーズ「全裸監督」を、8月8日 木 から全世界独占配信する。 1980年。 会社は倒産、妻には浮気されて失意のどん底にいた村西とおるは、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出し、仲間とともに業界に殴り込む。 クセは強いが不思議な魅力のある独特なスタイルと、前例のない大胆不敵なアイデアで旋風を巻き起こした村西とおると、彼と強い絆で結ばれた仲間たち。 そして、商売敵や警察の妨害によって窮地に立たされた村西の前に現れる、運命の女性。 配信を控え、印象的なタイトルとともに、時代を変えようとした熱い人間たちの物語が話題になっている本作、このたび、第二弾予告編と新ビジュアルが解禁。 新たな映像で、映し出されているのは、厳格な母親の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美 森田望智。 「本当の自分でいたくなったから、出演させてほしいんです」と強い決意の表情で村西 山田孝之 をみつめ、社会をひっくり返す運命の出会いの瞬間がここに!運命を感じた村西は、「君と新しい時代をつくる」と恵美 のちの女優・黒木香 に答える。 恵美の母・加代(小雪)、村西をしつこく追う刑事・武井 リリー・フランキー)、トシに近づくヤクザ・古谷(國村隼)、妨害を仕掛ける業界最大手の社長・池沢 石橋凌 といった、一癖も二癖もある登場人物が次々と登場。 「エロは金になる」というトシ(満島真之介)のセリフをきっかけにアダルト業界に足を踏み入れ、「いきましょう、作りたいものを作りに」という川田 玉山鉄二 の言葉に促され、止まることなく進み続けるチーム村西と恵美。 また同時に、新ビジュアルも解禁。 こちらを向いて腕組みをする村西と、鏡の前にたたずむ恵美。 一見すると静かな表情だが、そこにはこれから社会をアッと言わせてやろう、という熱い思いが見え隠れしており、一大決心をした恵美がどんな活躍と成長をみせるかにも注目したい。 アダルト業界で真剣に自身の道を切り拓いた若者たちを熱く描いた本格エンターテインメント「全裸監督」は、8月8日 木 から、Netflixにて全世界独占配信する。

次の

山田孝之主演『全裸監督』新星・森田望智がAV女優役に体当たり

全 羅 監督 元 ネタ

8月に配信され、芸能人から一般男女まで日本中をトリコにしたドラマ「全裸監督」(Netflix)。 注目されたのは、監督・村西とおるを演じた山田孝之だけではない。 80年代のいかがわしき艶ビデオ女優を演じた新進女優の魅力を、映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が語る。 生まれたままの姿で浴室に横たわり、ハリのあるみずからの胸と茂みの奥に指をはわせ、熱い息を漏らして体をびくびくと痙攣させる。 また別のシーンでは、思い切り突かれ、「あぁん! あんうぅん!!」と、のアエぐ。 一世を風靡した村西の秘蔵っ子女優・黒木香を演じた森田望智(23)は、その品のある横顔から放たれる下品な匂いで、視聴者の下腹部を熱くさせた。 その一人である有吉弘行も、自身のラジオ番組で「すごいよ。 こういうのが体張って演技するってことなんだなあって思いました」と手放しで絶賛した。 「彼女はオーディションから、他の女優との違いを見せつけていたようです。 参加者で唯一、ワキ毛をサインペンで書いて臨んだといいます」 女優としての意気込みが感じられるが、コトブキ氏が注目するのは、彼女の経歴である。 ベッドシーンの時の彼女の体の柔らかさ、しなやかさがすばらしいなと思っていたというが、 「そのはずで、クラシックバレエやフィギュアスケートの経験者でした。 となると、いい家庭で育ったお嬢さんに間違いありません。 まさに適役だったのだ。 もう一人、村西がデビュー作を撮った新人女優・奈緒子を演じたのが、冨手麻妙(25)だ。 彼女は園子温監督作でもヘアも見せた全脱ぎを披露しているが、「これまでも普通の若い女優がドン引きしてしまうような作品に、みずから『出たい!新しいことをやりたい!』とやる気を見せるような、気概のある女優でした」(コトブキ氏)という。 芸能界入りはAKB48の研究生オーディションに合格したのがキッカケだったが、「奈緒子役に、そんな元アイドルの片鱗は一切なかった」とコトブキ氏は感心する。 冨手演じる奈緒子は、半ば無理やり現場に連れてこられ、村西の話術にやる気を見いだし撮影に挑む。 そして「野球場での野外プレイ」をキメるのだ。 バスの車体に手をつき、後ろから激しくピストンされ、さらにマウンドでは突き上げられ、豊かな胸を揺らしながら嬌声を上げる。 「こんなに肉感的だったのかと驚きました」とするコトブキ氏によれば、まさに、80年代艶ビデオ女優らしい肉質が、彼女に備わっていたという。 「そんなリアリティーあるたたずまいも、オーディションで奈緒子役をゲットした要因ではないでしょうか」(コトブキ氏) 男性の下腹部だけではなく、見る者の人生観すら熱くさせる二人の艶技は要注目だ。

次の

山田孝之が”注意喚起”したドラマ『全裸監督』、過激さ以上に視聴者が驚愕した場面とは?|日刊サイゾー

全 羅 監督 元 ネタ

村西氏は昭和23年生まれ。 その後ビデオ業界に転身し、自ら監督、出演するスタイルを確立。 ドラマ化の経緯を村西氏が話す。 「打診があったのは約2年前。 要望を聞かれ、『村西とおる役は福山雅治さんでお願いします』と(笑)。 失礼ながら山田孝之さんのことは存じあげませんでした。 完成した作品を見て、感動しましたね。 日本にこんな役者がいたのかと」 原作の著者でノンフィクション作家の本橋信宏氏(63)も言う。 「AV監督という役を演じたら今後CMのオファーなどに影響が出るかもしれない。 すると山田さんは『それでも演りたいんです』と言った。 コンプライアンスだらけの現代。 包み隠さず、人間のありのままを描いた作品が求められているのかもしれない」 〈人間まるだし。 〉 こんなキャッチコピーを掲げた同ドラマ。 ドラマ関係者が証言する。

次の