犬鳴 村 ネタバレ。 映画「犬鳴村」のキャストやあらすじネタバレ見所は?主題歌や予告動画も!

映画『犬鳴村』ネタバレあらすじと感想。撮影に実在の最強心霊スポットを使用した“逃げられない存在”とは

犬鳴 村 ネタバレ

出典: こんばんは、猫派だけど犬も大好きうしぞうです!牛も好きです! 今回は2020年2月7日公開の 映画『犬鳴村』の感想&考察です! ん~公開前から話題作だった、都市伝説を元にしたジャパニーズホラー!!• 元の都市伝説ってどんな感じ?• 結構怖い??• 『犬鳴村』あらすじ 昔から霊が見えてしまう臨床心理士、森田奏の周囲で突如奇妙な出来事が起こり始める。 それらの共通点となるのは、日本最凶の心霊スポットと呼ばれる『犬鳴トンネル』だった。 奏は真相を突き止めるべく、犬鳴トンネルへと向かうが、その先には身の毛もよだつ驚きの真相が待ち受けていた・・・ 犬鳴村伝説とは? 都市伝説の舞台&モデルとなっている犬鳴峠 いぬなきとうげ は、福岡県宮若市と糟屋郡久山町との境を跨いで存在している場所です。 そして旧犬鳴トンネル近くに、日本国憲法が通用しないとされる恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったものは生きては戻れない・・・という都市伝説。 日本の行政記録や地図から完全に抹消されている。 村の入り口に『この先日本国憲法は適用しません』という看板がある。 江戸時代以前より激しい差別を受けてきたため、村人は外部との交流を一切拒み、自給自足の生活をしている。 携帯電話は『圏外』となり、使用不能になる。 また、近くのコンビニにある公衆電話は警察に通じない。 などなど、信じるか信じないかはあなた次第な情報が目白押しの有名なスポットでもあります! 作品評価:  ホラー評価:  まぁでもツッコミ所も多かったし、ホラーなのに色々ハッキリ分かり過ぎちゃったのがな・・・もうちょっと有耶無耶でもよかった感はあります。 都市伝説なんだし ゜-゜ ネタバレ注意!感想ダイジェスト それでは ネタバレ全開で感想&ちょい考察してみたいと思います!ご注意を! 映像&CG、カメラワークについて ジャパニーズホラーにありがちですよね。 序盤の画質が粗いホームビデオ風の映像は不気味さが際立って好き。 あと一仕事終えて帰ってく幽霊さんたちがちょっとシュールw 幽霊さんの怖さがピンキリ 団体さんの幽霊がちょっと笑っちゃった以外は、病院の子供のお母さん幽霊とかいつの間にか車内に同乗してる系幽霊さんたちは普通に怖かったです。 っていうか運転中に脅かすんじゃないよ!! 帰りの運転が怖くなるでしょwあんなに後ろにいたら気楽にバックミラーも見れないわwwフロントガラスにいきなりドンッは不意を突かれてビビりました。 ストーリーが親切設計 『色々ハッキリ分かり過ぎちゃった』と書きましたが、例えばストーリー中で• 考察大好きな私には物足りず。 だって今の例3つともお爺ちゃんが真実を教えてくれちゃうんだもん!ww 人に聞いて答えが分かっちゃったらもう推理ものなんだよな・・・演出での怖さがもっと欲しかった ゜-゜ 考え所もあったよ!個人的考察ポイント それでも観ていて疑問に思ったところはいくつかありました。 覚えている範囲で書いていきますw なぜトンネルが封鎖されていないのか 昼の犬鳴トンネルの捜索に家族や警察たちと向かったシーンでお父さんが「なんでトンネルを完全に封鎖していないんだ!」と。 確かに。 なんであんな微妙に人が一人通り抜けられるだけのスペースは空いたままになっていたんだろう? トンネルが封鎖された段階で犬鳴村内の村人は全滅しているだろうし、彼らが物理的にトンネルの完全封鎖を防ぐことはできないんですよね。 だからちょっと抽象的な話になるんですけど、 村の呪いが俗世と隔離されることを拒んだ・・・みたいな? 実際曾祖父さん 名前分かんね が奏をお墓の横でずっと待っていたことから、犬鳴村の血を絶やさないようにする村人の執念は凄まじいものですよね。 その執念が、犬鳴村が完全に歴史から葬られないようにするための必死の抵抗のようなもので、それが形として具現化した比喩=トンネルが少し空いているってことなんじゃないかな? かなりオカルト入ってんな。 要は『当たり前』のことです。 『尾も白い』と『面白い』を、『当然であることを笑う』意味として皮肉めいて歌っているんじゃないかな? つまり・・・ 村を犠牲にダムを建設したってことは事業を行った人たちの生活は豊かになって笑顔が絶えないに対し、村の犠牲に蓋をされて無かったことにされている村人にとったらたまったもんじゃありません。 世間体は自分たちに蓋をしたことを黙っておきながら、普通に生活している血筋の人間を皮肉の笑顔で呪っている歌に聞こえてきませんか?・・・なんてねw 本当に・・・俺たちの子? 曾祖父さんとマヤ 曾祖母 さんから託された赤ちゃん。 まぁマヤさんはギリギリまで拒否って人狼へと覚醒しましたが。 あの時気になったのが曾祖父さんがやたらと「俺たちの子を頼む!」と強調していたところ。 素直に受け取れば全く問題ありません。 でも私はひねくれてるんですwww ホントのホントは・・・ホントに噂通り人間と犬の子供だったり? だって村の凄惨な背景はよく分かったんですけど、赤ちゃん=お婆ちゃんが不思議な能力を持っていた説明にはなっていないんですよね ゜-゜ 人の死に目が分かったり、危険を察知したり、例えるならまさに動物のような鋭い感性・・・もしかしたら村人一丸の呪いが犬と交わって不思議な能力を授けたのかもしれません。 邦画のホラーはやっぱり安心させといて結局解決してないような締め方が大好きですよねww 病院の子供とお婆ちゃんの「あの人は怖くない、怖くない」って嘘やん。

次の

映画【犬鳴村】のあらすじや見どころ、感想を紹介!都市伝説が怖すぎると話題に…(ネタバレなし) | シネパラ

犬鳴 村 ネタバレ

実在する日本最恐の心霊スポットを映画化した犬鳴村。 この記事はホラーを見れない方に向けて文章と写真で『最恐』を 詳しく解説していきます。 映画のゾクっとするシーンもネタバレしていくのでトイレがまだな方は今のうちにどうぞ! また、実在する心霊スポットと犬鳴村の都市伝説もお伝えしていくのでぜひ、最後までお付き合いください。 映画概要 タイトル 犬鳴村 公開日 2020年2月7日 監督 清水崇 出演 三吉彩花 森田奏 坂東龍汰 森田悠真 古川毅 成宮健司 宮野陽名 籠井摩耶 大谷凜香 西田明菜 奥菜恵 優子 須賀貴匡 圭祐 田中健 寺田農 山野辺 石橋蓮司 中村隼人 高嶋政伸 森田晃 高島礼子 森田綾乃 梅津陽 森田健太 笹本旭 遼太郎 解説1. 犬鳴村のあらすじ 監督は 清水崇。 あの呪怨を手掛けている名監督です。 僕はリングよりも断然、呪怨の方が怖いと思っているので、犬鳴村は期待を裏切らないだろうと思っていました。 いざ見ると…やはり期待は裏切りませんでしたわ(笑)。 表現も演出も文句なし! さて、本題に入ります。 物語は犬鳴トンネルの先にある犬鳴村で繰り広げられます。 三吉彩花が演じる臨床心理士の森田奏が本作の主人公。 そして奏の周りでは不可解な出来事が次々と起こります。 あるカップルの女性が突然死してしまうのですが、死ぬ前になんとあの犬鳴村に足を踏み入れていたのでした。 その女性は村であるものを見たと言うのですが、奏は奇妙な出来事の真相を突き止めるべく、犬鳴村に向かいます。 解説2. 明菜の不可解な死 主人公である奏の兄と、その彼女である明菜は犬鳴村に入ってしまいます。 二人は途中はぐれてしまいますが、その間、明菜の身にある恐怖が襲いかかり、気がおかしくなってしまいます。 そしてその後は投身自殺…。 奏の兄の目の前に現れた明菜は無残な姿となっていました。 ですが、どう見ても鉄塔からの投身自殺ですが、死因は投身自殺ではなく、溺死と判断されることに。 どう考えてもこの死には秘密が潜んでいそうですね。 個人的には明菜が天に召される時のシーンは怖かった…。 そして彼女を失った奏の兄はプチンッ! ブチギレた兄は友達3人を連れて犬鳴村に乗り込みます。 が、3人ではありませんでした。 車に隠れてこっそりと着いてきた弟の康太も合流。 とてもかわいいんですよ、弟の康太くん。 しかし、その後はまるでお決まりのように兄と弟が行方不明になってしまいます。 なんかホラー見ていると毎回思うんですが、たいがいグループで明らかにヤバそうなところに突っ込んでいきますよね。 そして一人ずつ消えていく…。 これってもう王道パターンですよね。 解説3. 車のシーンがやばすぎ。 ビビらない人いる? 僕が一番びっくりしたのは車のシーン。 車のフロントにいきなりですよいきなり。 マジで声が出ちゃいましたから笑。 これでビビらない人っているのかな。 映画館では僕と同じように「ウォっ!」となっている人多数!笑 もし、これから映画を見ようとしている方は車のシーンが出てきたら要注意です。 いきなり落ちてくるんで!! 心の準備をしておいてくださいね笑。 解説4. 迫りくる犬の襲撃! 幽霊じゃないんかーいって思うかもしれませんが、犬も襲ってきます。 どちらかといったらこの映画、幽霊とか呪霊というよりはゾンビ系に近いですね。 厳密に言うとゾンビではありませんが。 僕はゾンビ系が平気なのでぶっちゃけそこまで怖いとは思いませんでした。 で、行方不明だった兄と弟を見つけた奏は犬の襲撃をかいくぐり、何とか兄と弟の救出に成功。 すると奥から女性のうめき声が聞こえてくるのです。 仲間の青年が駆けつけるとそこには赤ん坊と女性がいました。 奏が赤ん坊を抱きかかえると兄弟で脱出を図ります。 解説5. 今度は大量の村人の襲撃! 脱出を試みる奏とその兄弟ですが、大量の村人が襲ってきます。 よく見ると赤ん坊と一緒にいた女性はみるみる姿が変わっていきます。 獣というか犬人ですね。 変貌を遂げた犬人の女性は兄にガブリ!! 捕まってしまいました! 奏は無事に逃げ出しますが、兄は後に遺体となって発見されます…。 ここが物語のクライマックスですが、幽霊系じゃないですね、ある意味ゾンビ映画です笑。 解説6. 物語の真相 物語の全容をネタバレすると、赤ん坊は 奏の母方の祖母なのでした。 そして祖母が奏の母を産み、奏と兄弟を産む事になります。 つまり赤ん坊はこの村の子なので、奏ら兄弟はこの村の血を受け継いでいるのです。 どういう意味かというと、3人は犬人。 ラストシーンでは奏の口から牙が生えてくるのでした。 ちょっと複雑に聞こえるかもしれませんが、要約すると、犬鳴村の住人は犬人であった、という事になりますね。 だからゾンビ系という訳です。 正直、驚く場面はいくつかありましたが、ゾゾっとする幽霊系の怖さはあまりありませんでした。 映画としてはまあまあですかね。 解説7. 実在する犬鳴トンネル 映画でも出てくる犬鳴トンネルは福岡に実在する最恐心霊スポット。 かなり有名なので、若者らが肝試しとしてよく訪れるそうですね。 犬鳴村の入り口には「この先、日本国憲法はつうようしません」といった看板があるなど、心霊スポットを盛り上げる要素が盛りだくさん。 ですが、犬鳴村は地図に存在しませんし、その村を見た人は誰ひとりといないようです。 グーグルアースでも調べてみましたが、村らしきものはありません。 都市伝説もいくつか存在しており、村人に見つかったら殺されるといった噂が独り歩きしているようです。 デマだという意見が圧倒的に多いですが、トンネルの雰囲気はいかにもって感じなので、肝試しスポットとしては最恐なのではないでしょうか。 解説8. 問題のシーンは映画のエンドロールで実際の犬鳴トンネルが映し出されるシーン。 見てみると本当に女性の影らしきモノが見えました 汗。 鳥肌が立ちましたね。 早速見ていただきましょう! どうでしょう? 女性の顔がこちらを覗いているように見えませんか? きっとコレを見て鳥肌が立った人がいるはず! 見え方は人それぞれかもしれませんので、女性の顔に見える人もいれば見えない人もいることでしょう。 そしてこのシーンの後に映像のアングルがブロックの頭上を通過していくのですが、よ~く見てみると石が積まれているようにも見えます。 ちなみに映画の撮影スタッフたちもこのシーンを見て驚いたようなので、合成ではなさそうです。 本当に写り込んでしまった女性の霊なのか…。 それともただの石なのか…。 最恐の心霊スポットという事もあり、これは本物なのかもしれませんね。

次の

【映画】犬鳴村のあらすじネタバレと感想!予告動画が怖いと話題に!

犬鳴 村 ネタバレ

とある病院に勤める精神科医の森田奏。 彼女の担当患者のひとりに遼太郎という少年がおり、彼は最近悪夢を見る様子。 よくよく話を聞いてみると、彼は「言っちゃいけないって。 ママが悲しむから」「あっちのママ に言われた 」と不思議なことを口にします。 それより少し前、奏の兄・悠真は恋人の明菜とともにある場所を訪れていました。 最初ははしゃいでいた明菜でしたが、悠真と離れた間に錯乱するほどの恐怖を体験します。 それ以降、彼女は奇妙なわらべ唄を口ずさみながら、不気味な絵を描くようになりました。 ネタバレを見る 明菜はトイレに行く、と言って悠真の部屋を出たきり帰ってきません。 きょうだいは全員で明菜を探しますが、彼女は悠真に「もうすぐ行くよ」と電話をかけ、鉄塔から投身自殺。 彼女の身体が悠真の目の前に転がります。 その後、明菜の死の謎を解明するため、悠真は再び犬鳴村へ。 友人3人も連れて行きますが、トンネルを塞ぐブロック塀を登ってなかに入った悠真を置いて、彼らは帰ってしまいます。 そこに現れたのは、車の中に隠れてこっそりついてきた弟の康太。 ブロック塀を登りトンネルの外に出ようとしていた悠真と、彼を助けようと塀に登った康太は、2人ともトンネル内に姿を消してしまいます。 その後、森田家の主治医山野辺が病院に運ばれ、ベッドのうえで溺死。 悠真の友人3人は、トンネル近くの電話ボックスで遺体で発見されました。 ネタバレを見る 祖母の墓参りに行った奏は、そこで幼いころに見かけた謎の青年に出会います。 彼は見せたいものがある、と奏をある場所につれていき、むかしの犬鳴村の様子を撮影したフィルムを見せました。 それは、作物もならない痩せた土地に暮らす村人たちが、山犬を狩ってその肉を食べ、その毛皮で日用品を作って暮らしていた記録でした。 しかし、ある企業が村にやってきて、その様子は様変わりします。 彼らは、犬鳴村について悪評を流し、彼らを周囲のほかの部落との交流を絶たせます。 なかには村の女性たちは犬と交わっているという噂まで。 犬鳴村の住人たちがすっかり周囲の嫌われ者になったころ、企業のトップはその場所にダムを建設することを決定。 映像を見ていた奏は、その社長が自分の父方の祖父であることに気づきます。 青年に「悲劇を止められるのは君しかいない」と言われた奏は、その夜、彼と一緒に犬鳴村へ行くことにしました。 ネタバレを見る 途中、犬に襲われながらも、なんとか兄と弟が檻に閉じ込められているのを発見します。 檻の鍵は別の犬が眠っている場所の奥の柱にぶら下がっており、彼女はなんとかそれを取ることに成功しました。 すると、奥の部屋から女性のうめき声が聞こえます。 一緒に来ていた青年が彼女に駆け寄ると、そこには産まれたばかりの赤ん坊と、ぐったりと横たわる女性がいました。 青年は、奏に赤ん坊を託します。 しかし女性は「赤ちゃんを返して!」と必死に手を伸ばしました。 青年に促され、奏は兄弟とともに村を脱出しようとしますが、トンネルを抜けようとしていたとき、兄が女性に捕まってしまいます。 彼女の後ろには、獣のように変貌した村人が大勢押し寄せていました。 女性の容貌もみるみるうちに人間離れしていき、言葉もまともに発することができなくなっていきます。 彼女はその口に生えた牙で兄の腕に噛みつきます。 「俺たちの子供を守ってくれ」と言う青年の制止で奏と弟はなんとかトンネルを脱したものの、ある民家の前で気を失ってしまいました。 家から出てきた少年は、赤ん坊に気が付き、家の中へと連れて行きました。 彼には、奏たちの姿は見えていないようです。 この少年と赤ん坊は、のちの奏の母方の祖父と祖母だったのです。 その後、兄の遺体も発見されましたが、彼の足元には、すでにほぼ骨だけの状態の2人の遺体がしがみついた状態でした。 こうして事件は収束し、奏の患者、遼太郎も退院します。 そして振り返った奏の口元からは、牙が覗いていました。 本作に登場するわらべ唄「ふたしちゃろ」は、清水崇が作詞したオリジナルのものです。 「臭いものに蓋」というように、差別され、ひっそりと暮らしていた犬鳴村の人々が、自らの境遇を自虐的に歌ったものという設定で作られました。 なかでも印象的で、映画内でもよく聞かれるのは「わんこがねぇやに ふたしちゃろ」「赤子は見ずに流しちゃろ」という部分です。 狭い村のなかで外界からも隔たれ、親戚同士での結婚によって血が濃くなるなか、子供の将来を案じてそうした決断に出ることもあったのでしょう。 自分たちの日常生活の苦しみや悲しみ、自分の出自を恨む気持ちをあえて唄にして慰めあった、と清水監督は説明しています。 清水崇監督と脚本を担当した保坂大輔、プロデューサーの紀伊宗之は、本作の脚本執筆のため、福岡県にある実際の犬鳴トンネルに行ったそうです。 そのときに不可思議なことが起こったとか。 彼らは、真夏で汗だくになりながらトンネルを目指していたとき、急に寒くなったと話しています。 それまで木が揺れる音や鳥の鳴き声などが聞こえていたのが急に無音になったり、トンネルの入り口に積んであるブロックの隙間から風が吹き、肌に水滴がつくほどの冷たさだったとも。 当初は一度昼間に見に行ったあと、夜にもう一度行く予定だったそうですが、昼間でも充分に怖かったので夜に行こうという人は1人もいなかったそうです。 ちなみに、撮影は埼玉県や神奈川県、東京都などで行われています。 物心ついた頃から海外ドラマを見つづける、下町生まれグラムロック育ちの猫の小間使い 写真は我が家のおぼっちゃま。 学生時代は演劇をしていました。 趣味は観劇、編み物ほか手芸と酒と夜更かし。 CSではスターチャンネルを流しっぱなしにするのが好きです。 アメコミ映画からミニシアター系までなんでも観ます。 特に好きなジャンルはミステリー、サスペンス、SF、ファンタジー。 ミュージカル映画も大好き。 体内には『ロッキー・ホラー・ショー』の血が流れています。 人生で一番衝撃を受けた映画は『メメント』。 好きな海外ドラマは『ドクター・フー』、『SHERLOCK』、「アメホラ」、『ウエストワールド』など。 今後は解説・考察記事なども書いていきたいと思っています!.

次の