ビル メンテナンス 業界。 ビルメンテナンスの仕事内容|楽な仕事って聞くけど、実際はどうなの?

ビルメンテナンス業界の課題

ビル メンテナンス 業界

関連URL 業界分析 ビルメンテナンス業界全体の売上高は引き続き堅調に推移している。 また、オフィスの空室率は低水準で推移し、オフィス賃料は56期連続の上昇を続けている。 この環境はビルメンテナンス業界にも恩恵をもたらしているが、中小ビルメンテナンス企業は依然厳しい状態が続いている。 その要因は、最低賃金の上昇と人手不足にある。 ビルメンテナンス事業は労働集約型産業で、かつ非正規雇用者割合が5割を超えるため、最低賃金の上昇はダイレクトに役務原価の増加につながる。 一方で、人件費増加に伴う受託単価を上げることは難しく、利益が圧迫されてしまう。 それには、大手企業が中小ビルメンテナンス企業に下請けに出しているという元受け下請けの業界構造が背景にある。 中には、ビルの長寿命化や省エネ・コスト削減などを含む付加価値の高い提案を行い、受託額の増額を目指す会社もあるが、そのような提案ができるのは資金力、技術、ノウハウを有する一部の業者に限られている。 人手不足も中小ビルメンテナンス業者を苦しめる要因のひとつである。 同事業の業務内容は清掃から警備まで多岐にわたるが、低い労働条件と3Kのイメージがあるため人材採用が難しく、景気が好転して業務量が増大すると深刻な人手不足に陥る傾向がある。 最後に、海外進出について触れておこう。 国内の建物には限りがあるため、さらなる事業拡大を目指して海外進出する事業者が増えている。 業界最大手のイオンディライト(大阪市中央区)は、中国やASEANの建物需要の拡大に伴うニーズを取り込み、アジア最大の総合ファシリティマネジメント会社になる目標を掲げている。 なお、ファシリティマネジメントとは、ビルメンテナンスを含む不動産管理を総合的に請け負うという新出の手法である。 同社は、歴史ある有力企業を取り込むことで、スケールメリットを生かした経営を追求したいとの意向を表明しており、今回もその戦略に沿ったものと考えられる。 これには、近年の新型インフルエンザやノロウイルス、PM2. 5などの空気環境問題の表面化が背景にある。 イオンディライトは、このような事業環境の変化を成長の機会ととらえ継続的な成長を目指している。 同社は、2016年7月27日に沖縄県内の約120棟のビルを管理する沖縄星光(沖縄県那覇市)を取り込んだ。 日本管財は、沖縄県での市場の浸透を図り、より一層の経営基盤の安定化とより一層の事業拡大を目指している。 最後に、海外進出型の事例に触れておこう。 イオンディライトは、2018年10月30日にPT Sinar Sarana(SJS社、インドネシア)を取り込んだ。 数年前から高い水準を推移しており、市場からの期待の増加を感じさせる。 今後、海外展開などを強化する会社が増え、さらなる事業拡大が実現されれば、この数値はさらに高くなるだろう。

次の

ビルメンランキング2020(旧ビルメン偏差値)

ビル メンテナンス 業界

賃料や空室率が上向くなど不動産市場の活況が需要を後押し ビル管理業界の過去の推移を見ますと、2007年から09年ごろまでは横ばい傾向にありましたが、09年以降は増加に転じ、18年まで増加基調となっています。 2008年の米国発の金融危機を発端に不動産市場が低迷。 都心オフィス、分譲マンションともに長引く低迷を記録しています。 こうした影響を受け、09年ごろまでビル管理業界は伸び悩み状態となっていました。 一方、2011年ごろから新築マンションの増加に伴い、管理戸数も増加。 さらに、13年にはオフィス賃料や空室率が上向くなど不動産市場は活況を呈しています。 また、中国では大型のオフィスビルや複合施設の受注も好調に増え、業績を拡大する要因となっています。 景気動向と不動産市場に左右されるビル管理業界 ビル管理業界の動向は、不動産市場と取引先の景気動向に左右されると言えます。 ビル管理業界はサービス面での差別化が図りにくく、人材集約型であるため人件費の占める割合が高いことが特色です。 他社との差別化が図りにくい傾向にある業界は、景気が悪くなると価格競争が厳しくなり収益性の低下につながり、景気が良くなると収益が改善される傾向にあります また、サービスの対象であるビルは不動産であるため、やはり不動産市場の影響を受けます。 近年、国内をはじめとした不動産市場が上向きに転じるなど、ビル管理業界にとってはプラス要因が期待されます。 今後の不動産市場や国内の景気動向に注目が集まります。

次の

ビルメンランキング2020(旧ビルメン偏差値)

ビル メンテナンス 業界

目次 ビルメンテナンス業界と言えば、【 安定の業界】とよく言われることが多いです。 将来を考え、安定した業界に転職を考えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回の記事では、 「ビルメンテナンスってどんな仕事をするんだろう」 「自分にもできそうな仕事なのか気になる…」 といった疑問を解決するべく、ビルメンテナンスの具体的な仕事内容についてお伝えしていきたいと思います! ビルメンテナンスってどんな仕事? ビルメンテナンスと聞くと、皆さんはどんな作業風景を思い浮かべるでしょうか。 これらは、ビルメンテナンスの作業の中でも、 『 清掃管理・衛生管理』という作業の分類に入ります。 業務内容は多岐にわたりますが、一言で言い表すと、 「 ビルなどの建築物を、いつまでも安全に、快適に、長期的に保てるように管理する」のがビルメンテナンスの役目と言えます。 さまざまな仕事内容がある中で、今回工事士. comでは、 ビルメンテナンスの【 設備管理】という仕事内容についてお伝えしていきたいと思います。 設備管理の具体的な仕事内容 ビルメンテナンスの設備管理の仕事では、主に電気通信設備や空調設備、給排水設備、 消防用設備、昇降機設備などのさまざまな設備が、安全に運転できるように定期的に点検を行ったり、メンテナンスをしたりします。 また、設備に不具合が起きたときに問題の原因究明をしたり、専門の工事業者を手配したりするのも仕事内容の1つ。 場合によっては、可能な範囲で自ら修理をすることもあります。 対応が不可能な場合は専門業者を呼びますが、 その際は工事の立ち会いを行い、工事記録の記入などの作業も発生します。 就職する企業によって働き方が異なる場合もあり、1つのビルに常駐する働き方や 複数のビルをローテーションで管理するという働き方もあり、勤務スタイルは色々です。 ここからは工事士. comに掲載していたビルメンテナンス募集の求人情報を参考に、設備管理とはどんな仕事内容なのか、もう少し詳しく見ていきましょう。 <D社> ホテル・マンション・オフィスビル・商業施設・飲食施設などの設備管理 ~具体的な仕事内容~ 24時間勤務(シフト制で3日に1回の勤務、仮眠時間あり) 電気設備(受変電設備)や空調機、ボイラー設備等の点検・メンテナンス このように、設備管理の仕事内容は色々な種類の業務があります。 後ほど詳しく触れていきますが、会社によっては「 24時間勤務」と いった場合もあり、日中の勤務だけでなく深夜に勤務することもあるんです。 ですので、これからビルメンテナンスの業界で働きたいという方は、仕事内容だけでなく、働き方にも注目してみましょう。 設備管理業務の1日の流れ 続いては1日の仕事の流れを見ていきたいと思います。 緊急のトラブルが発生しない限りは、いつも同じような流れで業務を行うことが多いでしょう。 今回は『 8時30分~17時30分までの勤務形態』と 『 8時30分~翌8時30分までの勤務形態』の2パターンを見ていきたいと思います。 基本的に勤務形態は、会社によって異なる場合がほとんどなので、あくまで1つのケースとしてご参考ください。 場合によってはその場で修理したりすることもあります。 (交代で休憩することもあります) 13時~15時 点検の結果を記入、工事がある場合は専門業者との立ち会い 15時~17時 管理室で待機(トラブルが発生しない限りは待機時間がある場合もあります) 17時~17時30分 宿直担当に仕事の引継ぎをして帰宅 オフィスビルの設備管理は、クレームやトラブルが少なく、待機時間もあるため 数あるビルメンテナンスの中でも比較的楽なほうと言われることが多いようです。 5時30分~8時15分 施設内の巡回、メーターの検針、日報の記入など 8時15分~8時30分 次の勤務者への引継ぎ 引継ぎ後は帰宅 商業施設の設備管理は、テナントからのクレーム対応や設備の緊急トラブルなども発生しがちです。 そのため先ほどのオフィスビルの設備管理と比較すると、1日の仕事の流れは忙しいほうと言えるでしょう。 ビルメンテナンスの残業時間と休日について ビルメンテナンス業界は、基本的に決まった時間内で作業を行ったり、 シフト制で勤務する場合が多いので、「残業が多い」「休みが取りにくい」といったイメージは少ないのではないでしょうか? 実際に工事士. comに掲載していたビルメンテナンス募集の求人情報を見ても、 残業はほとんどなく、休みは週休2日制といった企業の割合が多かったです。 中でも、月平均の残業時間が5h~15hといった企業が多く、残業が全く無いというところもありました。 緊急の対応や引継ぎが伸びない限りはすぐに帰宅される方がほとんどの様ですね。 また夜間勤務や宿直勤務になった場合は、翌日が休日となることがほとんどなので、 肉体的な負担は少ないほうかもしれません。 残業時間や休日についても会社によって異なるので一概にいう事はできませんが、 業界全体を通してならば【 体にムリなく働ける業界】であると言えそうです。 ビルメンテナンスの仕事に向いている人と向いていない人 ここまではビルメンテナンスの設備管理の仕事内容についてお伝えしてきました。 最後は簡単に、ビルメンテナンスの仕事に 向いているタイプと 向いていないタイプについてお伝えしていこうと思います。 仕事内容を読んで、「正直、自分に向いている仕事なのかまだよくわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。 夜間勤務や深夜勤務もありますが、休憩時間や仮眠時間もあるので、 ちょっと体力に自信がないという方でも働きやすい業界であると言えます。 ~資格取得に意欲的な人~ ビルメンテナンスの仕事では、待機時間や仮眠時間を有効活用して、資格を取得するための時間に当てている方が多いようです。 実際に設備管理の仕事に携わっている方で、 「 入社したときは何も資格を持っていなかったけれど、今ではビルメンの4点セットと呼ばれる、 第ニ種電気工事士・2級ボイラー技士・危険物取扱者乙種4類・第三種冷凍機械責任者の資格を全部取りました。 しかもすべて仕事中の待機時間を使って勉強して合格しました。 」 と言っていた方もいます。 担当するビルにもよりますが、点検する設備の数がたくさんある場合は、そのぶんだけ設備の名前や仕組みを頭に入れる必要があります。 ですから働きながらでも、勉強したりスキルを習得することが苦にならない方のほうが、ビルメンテナンスの仕事に向いていると言えるでしょう。 まとめ 今回は、ビルメンテナンスの設備管理の仕事内容についてお伝えしてきました。 現在、ビルメンテナンスの仕事を始めるか迷っているという方は、ぜひこの記事を参考にしていただければ嬉しいです。 また、「どんな仕事内容があるのか、もっと詳しく知りたい」と思ったら、 工事士. comに掲載している『 ビルメンテナンス募集』 『 設備管理スタッフ募集』の求人情報ものぞいてみてください。 この記事があなたのお役に立てることを祈っています。

次の