焼肉 ライク 愛知。 焼肉ライクで利用可能な電子マネーやクレジットカード・クーポンをまるっと紹介

「焼肉ライク」の全メニューまとめ・味・ランキング!業界初の焼肉ファストフード!進撃のグルメ(デカ盛り・メガ盛り・特盛・大盛りetc)世界一のデカ盛り・大盛りグルメサイトを目指しています!!!

焼肉 ライク 愛知

オーダーカットのステーキチェーン『いきなり!ステーキ』が飲食業界にもたらした影響はあまりに大きい。 ステーキをファストフード化したことはもちろんのこと、おひとり様向けの食事の在り方を根本から変えたといって良いだろう。 そんななか、高級焼肉店『KINTAN』などを運営するダイニングイノベーションは、東京・新橋に手軽に焼肉を食べられる『焼肉ライク』を2018年8月にオープンした。 そして新橋店に続いて、11月29日には西新宿に新宿西口店をオープン。 実際に行ってみたところ、これは 焼肉のファストフード化が加速しそうな予感。 ・新宿西口店はあまり知られていない? 新橋店は開店当初、オープン記念価格で焼肉を提供していたこともあり、入店待ちの長い列ができていた。 ひょっとして新宿西口店も行列か? と思いきや、まだまだ知られていないらしく、スムーズに入店することができた。 席に着くと、焼肉に集中できる席のつくりをしている。 1人1台の無煙ロースターだ。 卓上にはタレが6種常備してあり、これを自分好みにアレンジするのだとか。 実はこのお店の席は、新橋店と異なる点が2つある。 1つは、席にウォーターサーバーが設置されていること。 そしてもう1つは、タッチパネルで注文ができることだ。 ちなみにメニューの「サービス」をみると、 網の交換が30円。 無料じゃないんだ……。 箸と紙おしぼりは引き出しに入っている。 ・焼き加減に注意 今回注文したのは、うす切りカルビセット300グラム(1190円)、スープとキムチ付き。 注文時にご飯の量を選ぶことができる。 今回はご飯少なめでお願いした。 それにサイドメニューでミニチョレギサラダ(280円)を付けた。 肉を焼くにあたって、1つ注意点がある。 ロースターは肉が出てくるより前に着火するのだが、焼く段階で火加減を「中」くらいにしておいた方が良さそうだ。 というのも、 火力強めなので、「強」にしていると肉を焼いた時にすぐに焦げ付いてしまう。 中くらいから焼き始めて、様子を見ながら火加減を調整すると良いだろう。 ・仕組みも雰囲気もいい! 実際に利用してみたところ、誰に気兼ねすることもなく、焼肉に没頭できるのが非常に良い! しかも、まるで一蘭の味集中カウンターのように、焼肉に全神経を注ぐことができる。 なおかつ! 無骨な男臭い店舗ではなく、ハンバーガーチェーンやカフェを思わせるようなカジュアルな店構え。 女性が1人で入ってもまったく違和感がない。 とはいえ、焼くのは自分。 食べるのも自分。 うかつに焼き過ぎると、肉が取り皿で渋滞を起こすので、ペース配分に気を付けよう。 シメは当然焼肉丼だ。 なお、肉は50グラム単位でカスタマイズできる。 単品注文も可能なので、慣れてきたら自分好みのセットを開発するのもアリかも。 今後、このお店のようなファスト焼肉のお店が増えそうだ。 2019年はファスト焼肉元年になるのかも? ・今回訪問した店舗の情報 店名 住所 東京都新宿区西新宿7-11-17 ブレステン西新宿1F 営業時間 11:00~23:00 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

【一人焼肉5選@名古屋】実は隠れ名店が多い!?食べ放題のお店から高級店まで

焼肉 ライク 愛知

なかでも代表的なのが「ひとり焼肉」だ。 さまざまな業者が参入し、同時多発的に増えているひとり焼肉業界でも、頭一つ抜ける勢いで店舗数を伸ばしているのが「 焼肉ライク」だ。 2018年に1店舗目を東京・新橋にオープンすると、フランチャイズ展開も加速。 現在は国内24店舗、海外4店舗(2020年1月時点)と、堅調に店舗数を増やしている。 焼肉ライクを運営しているのは、株式会社ダイニングイノベーションから分社化した株式会社焼肉ライク。 同社代表取締役社長の有村壮央(ありむら・もりひさ)氏は自身で飲食業を経営していたが、炭火焼肉チェーン「 牛角」の創業者である西山知義氏に師事し、自らの事業を譲渡してダイニングイノベーションに入社。 西山氏とともに、焼肉ライクの業態開発を始めたという。 「西山さんから、『焼肉のファストフードをやらないか?』とお声がけいただきました。 当時は立ち食いフレンチやステーキなどの勢いがすごくて、外食産業における孤食化も話題になっていた。 だったら、ステーキよりもマーケットの大きい焼肉を孤食化すれば、はやらない理由がないし、必ず世界でトップを獲れるんじゃないかと、感銘を受けました」(有村氏) ひとり焼肉という文化は、関西圏を中心にある程度の広がりを見せていた。 しかし、それはあくまでも「ひとりでお酒を飲みながら焼肉をつまむ」という飲み文化としてのもので、客単価も3000円を超えてくる。 そこで、焼肉ライクでは食事としての利用をメインにしつつ、一番安い「バラカルビセット」100グラムを530円と、牛丼チェーンの定食メニュー並みの価格に設定した。 「普段使いできるような、フラッと気軽に立ち寄れる、定食やファストフード感覚で食べられる焼肉というイメージです。 『好きな外食ランキング』という調査では、ほぼ全世代で1位が『寿司』、2位が『焼肉』なんです。 寿司には高級店と回転寿司店がある。 でも、焼肉にはライトに楽しめる店舗がなかった。 そうした事情は、業態開発のきっかけのひとつですね」(同) 意外に多い複数人での利用 焼肉ライクの店内は木を基調としたスタイリッシュなつくりで、女性ひとりでも入りやすい。 カウンターテーブルには埋め込み式の無煙ロースターと、コップを押し込むと水が出てくるウォーターサーバーが設置されている。 テーブルの下にはお箸やおしぼりが入っている引き出しがあり、注文は席に設置されたタブレットですべて行うことができる。 注文から提供までは3分を目標に掲げており、テーブルの凹みにトレイがハマるようになっているため、メニューの出し下げもスムーズだ。 おひとりさま向けにパーソナルスペースを確保しつつ、店員のオペレーションまで考え抜かれた設計で、そのシステムの完成度は驚異的だ。 「ロースターひとつとっても、七輪を置くのか、ガスがいいのか、煙のダクトを上引きにするか下引きにするかなど試行錯誤を重ね、席の配置や会計システムについても、図面に落とし込んで8カ月間検証を重ねました。 1号店を出してからも、お客様の動きや実際のオペレーションを見ながら改善や微調整を繰り返し、より最適なシステムを構築しています」(同).

次の

手軽に1人焼肉できる『焼肉ライク』に行ってみた! 焼肉のファストフード化が加速しそうな予感

焼肉 ライク 愛知

未だに飲食店はお一人様に特化した店が極端に少ないのが現状。 これだけ結婚しない若者が増えて未婚率が高いというのに。 平成以降ラーメンが爆発的に流行っているのは「1人でも気軽に入れる店」という要素が大きいと思うのですが、他でここにターゲットを絞った飲食は少ない。 いくらでも開拓の余地はあると思うのですが。 そこで登場した焼肉ライク。 「孤独のグルメ」派としては両手を上げて歓迎しています。 さて、焼肉ライクの肉が安くて美味しいお値段以上であることはある程度分かってきたのですが、焼肉ライクの中で高級な肉はどうでしょうか? 和牛カルビ、国産牛カルビ、牛タン塩etc. など比較的高価なメニューはいくつかあります。 こんな自分にとって理想的なメニューが期間限定で登場しました。 それが10種類のお肉が楽しめる「焼肉ライクオールスターズセット」。 ではこのように説明されています。 焼肉ライクでは「色々な種類のメニューを楽しみたい。 これはすごい。 自分がリクエストした訳ではありませんが、ちょうどそんな感じのメニューです。 【商品名】 焼肉ライクオールスターズセット150g (ごはん・スープ、キムチつき) 【販売期間】 1月10日 金)~ 3月3日 火) 予定) 【価格】1,280円(税別) 【展開店舗】 新橋本店・新宿西口店・渋谷宇田川町店・五反田西口店・秋葉原電気街店・上野店・横浜鶴屋町店・松戸南花島店・赤坂見附店・海老名さがみ野店・池袋東口店・横浜荏田店・天満橋店・神戸三宮店・目黒東口店・町田北口店・静岡呉服町店・相模原若松店・東久留米店・熊本下通店 150gで税別1,280円。 税込みだと1,400円になります。 焼肉ライクは端数切り捨て 少々高いですが、10種類同時に楽しめることを考えれば安いかも?と思い、まだ未訪問だった「焼肉ライク新橋店」に向かいます。 「焼肉ライク新橋店」の外観、メニュー、店内の雰囲気 新橋駅前のSL広場からも近い「焼肉ライク」。 この辺はよく通りかかるのですがいつも少し待つことが多いようです。 日曜日の19時頃でしたが、数名待っている人がいました。 ただ待つのは店から少し離れた通り沿いのスペース。 いきなり店内に入って店員からそこで待つように言われるパターンが散見されたので店頭に紙を一枚くらい貼っておいた方が良いかも。 ちなみに食べログによると席は21。 店から出てくる客はいるけど、すぐには外待ちの客は呼ばれなかったりとオペレーションはスムーズな感じではありません。 焼肉ライクは開店時に他店舗を3軒ほど行きましたが回転が早く、客対応の良さに感心したことがありましたが、今回は結構スローです。 まあ開店時だけベテランスタッフが配置されて、メニューが少ないということもあるのでしょうが。 結局今回は10分ほど店頭で待ちました。 店頭でも焼肉ライクオールスターセットが大々的に宣伝されています。 通常のメニューはこんな感じ。 さて、店内。 テーブル前にプレートを置くスペースがあり、 参考:焼肉ライク 五反田店焼肉 調味料群の下にあるウォーターサーバー 更に紙エプロンもありません。 まあ良いかと思ったのですが、食べている時に水が欲しくなり、「水を下さい」と言うと店の反対側にセフルになっていました。 紙 使い捨て エプロンもここにありました。 なるほど一号店を作った時はウォーターサーバーのアイデアはなかったのか。 その後、焼肉ライク内で標準規格になったのですね。 さて、商品到着が早いのが売りの焼肉ライクですが、さすがに10種類だと準備が面倒なのでしょうか?しっかり5分以上待って焼肉ライクオールスターセットがやって参りました 「焼肉ライク新橋店」で頂いた焼肉ライクオールスターズセット 焼肉ライクオールスターズセット@焼肉ライク 新橋本店 おおっ、やはり多品種ある感じは出ています。 右端のはホルモン味噌かな?これくらい個性があると分かりやすいのですが、他の違いは見た感じでは分かりません。 牛たんとホルモン塩は別皿。 何か意味があるのかな? それとも皿の大きさの都合で適当なんでしょうか? どれがどれだけよく分からないのですが、とりあえず高そうなカルビからスタート。 匠カルビと和牛カルビ 推定。 しかし開始早々ファイヤーな感じになったので火を弱めます。 どちらも高級な感じだけあって美味しい。 脂身が上品です。 ハラミとみすじ おそらく どちらも赤身と霜降りのバランスが良いですね。 バラカルビと国産牛カルビ 多分 特にバラカルビはいつも食べているので自信があります 笑。 こうして食べ比べるとカルビの違いがあるのは分かるのですが、バラカルビでも十分美味しく感じます。 安上がりな自分。。。 ホルモン味噌とホルモン塩 これは自信あり しっかり焼いて下さいと店員さんに言われたのでその通りにしますが、途中で食べたら生ぽいっ感じがして再び焼くと。 ファイヤーな感じに。 まあ火が付きそうな部位ではあります。 美味しいのですが、ホルモンは焼肉ライクがあまり得意な分野ではない?という気もしました。 最後はタン塩とイベリコ豚。 タン塩しか写真がありませんが。 タン塩は特上な感じではありませんが、程よく柔らかく程よく固く噛んで旨味を感じます。 10品食べて1,400円。 まあこんなものでしょうか? このメニューはレギュラー化してもそれなりに頼む人がいそうに思えますがどうでしょうか?ただ準備するのに時間がかかるみたいだし、焼肉ライク的にはそこまで商売的に旨味がない? さっぱり分かりませんが、まあ期間限定での売上を見てレギュラーにするか考えているのかもしれません。

次の