あおう み がめ 漢字。 漢字辞典 音訓索引 あ行:漢字辞典ネット

漢字辞典 音訓索引 あ行:漢字辞典ネット

あおう み がめ 漢字

読み方1文字目 あ 読み方2文字目• あいだ• あ(う)• あえ(ぐ)• あ(えて)• あえもの• あ(える)• あお(い)• あおい• あおうなばら• あおがえる• あおぎり• あお(ぐ)• あおぐろ(い)• あおの(く)• あおむし• あおもの• あお(り)• あお(る)• あか(い)• あかいろ• あかがい• あかがね• あかぎれ• あかご• あかざ• あか(し)• あかし• あ(かす)• あがた• あかつき• あかつち• あがな(い)• あがな(う)• あかね• あが(める)• あか(らむ)• あか(らめる)• あから(める)• あ(かり)• あかり• あ(がる)• あか(るい)• あか(るむ)• あきぞら• あきた(りない)• あきた(りる)• あぎと• あきな(い)• あきな(う)• あき(らか)• あきらか• あき(らかにする)• あきら(める)• あ(きる)• あき(れる)• あ(く)• あくた• あくつ• あくび• あぐ(む)• あぐら• あ(くる)• あくるひ• あげつら(う)• あけぼの• あげまき• あ(ける)• あ(げる)• あこう• あこが(れる)• あごひげ• あこめ• あさ(い)• あさがお• あざけ(る)• あざな• あざな(う)• あさぬの• あさひ• あざみ• あざむ(く)• あざ(やか)• あさり• あさ(る)• あざわら(う)• あ(し)• あしあと• あしおと• あじか• あしかせ• あしがなえ• あしげ• あした• あしのうら• あしぶえ• あしぶみ(する)• あじろ• あじろごし• あじ(わう)• あず(かる)• あずか(る)• あずき• あず(ける)• あずさ• あずち• あずま• あずまや• あぜみち• あ(せる)• あせ(る)• あそびめ• あそ(ぶ)• あたい• あた(う)• あた(える)• あたか(も)• あたた(か)• あたた(かい)• あたた(まる)• あたた(める)• あたま• あたら(しい)• あた(り)• あ(たる)• あつ(い)• あつか(う)• あつ(かましい)• あっぱれ• あつ(まる)• あつ(める)• あつもの• あつら(え)• あつら(える)• あてぎ• あてこす(る)• あては(まる)• あで(やか)• あ(てる)• あとかた• あとつぎ• あなぐら• あなど(り)• あなど(る)• あによめ• あねご• あば(く)• あばら• あば(れる)• あ(びせる)• あひる• あ(びる)• あぶく• あぶ(ない)• あぶみ• あぶら• あぶらあか• あぶらな• あぶらむし• あぶ(る)• あふ(れる)• あま(い)• あま(える)• あまがさ• あまかわ• あまざけ• あま(す)• あまた• あまだれ• あまつさ(え)• あまね(く)• あまね(し)• あま(やかす)• あま(り)• あま(る)• あ(む)• あや(うい)• あやか(る)• あやぎぬ• あや(しい)• あや(しむ)• あやつ(る)• あや(ぶむ)• あやま(ち)• あやま(つ)• あやま(り)• あや(まる)• あやま(る)• あや(める)• あゆ(む)• あらあら(しい)• あら(い)• あらいきよ(める)• あら(う)• あらうま• あらが(う)• あらかじ(め)• あらがね• あらき• あらし• あ(らす)• あら(ず)• あらそ(う)• あら(た)• あらた• あらたか• あらたま• あらた(まる)• あらた(める)• あらと• あらどり• あららぎ• あられ• あらわ• あら(わす)• あらわ(す)• あらわ(れる)• ありさま• ありづか• ありのまま• あ(る)• ある(いは)• ある(く)• あるじ• あれち• あ(れる)• あわ(い)• あ(わす)• あわ(す)• あわせ• あ(わせる)• あわ(せる)• あわ(ただしい)• あわただ(しい)• あわ(てる)• あわび• あわ(れ)• あわ(れみ)• あわ(れむ)• あんず• 読み方1文字目 い 読み方2文字目• いいあらそ(う)• いいつけ• いいつ(ける)• いい(めし)• い(う)• いえがら• いえど(も)• いえばと• い(える)• いおり• い(かす)• いかずち• いかだ• いがた• いか(つい)• いか(で)• いが(む)• いかめ(しい)• いか(らす)• いか(り)• いかり• いか(る)• いかる• いかるが• いかん• いかん(ぞ)• いきお(い)• いきどお(る)• い(きる)• いき(る)• い(く)• いくさ• いぐさ• いくさぶね• いぐるみ• いげた• いけど(り)• いけにえ• い(ける)• いこ(い)• いこ(う)• いさお• いさおし• いさか(い)• いさぎよ(い)• いさご• いささ(か)• いざな(う)• いさ(ましい)• いさま(しい)• いさ(む)• いさ(める)• いさ(り)• いざ(る)• いしうす• いじく(る)• いしころ• いしざか• いしずえ• いしだたみ• いしだん• いしづき• いしばし• いしばり• いしぶみ• いじ(める)• いしやき• いしやま• いしゆみ• いじ(る)• いず(く)• いずく(んぞ)• いずみ• いず(れ)• いせき• いそが(しい)• いそ(ぐ)• いそ(しむ)• いた(い)• いたがこ(い)• いたがね• いた(く)• いだ(く)• いた(す)• いだ(す)• いたずら(に)• いただき• いただ(く)• いたち• いた(ましい)• いた(む)• いた(める)• いた(る)• いた(わしい)• いたわ(る)• いちい• いちご• いちじる(しい)• いちび• い(づ)• いつ(く)• いつく(しむ)• いつ(つ)• いつわ(り)• いつわ(る)• い(てる)• いと(う)• いとぐち• いとけな(い)• いと(しい)• いとすじ• いとな(む)• いとま• いど(む)• いなか• いなかや• いなが(ら)• いなご• いなずま• いなだ• いなな(く)• いにしえ• いぬい• いぬたで• いねたば• いのこ• いのしし• いのち• いのりごと• いの(る)• いばら• いばらだけ• いばり• いびき• いびつ• いぶか(しい)• いぶか(る)• いぶくろ• いぶ(す)• いまし(め)• いまし(める)• いま(す)• いま(だ)• い(まわしい)• いみな• い(む)• いもうと• いもむし• いや(しい)• いやしく(も)• いや(しむ)• いや(しめる)• い(やす)• いよいよ• いら(う)• いらか• いらくさ• いら(だつ)• いらだ(つ)• いりえ• いりま(じる)• いりむこ• いりよね• い(る)• いるか• いれずみ• い(れる)• いろ(う)• いろつち• いろどり• いろど(る)• いろり• いわあな• いわ(う)• いわお• いわ(く)• いわし• いわや• いわ(れ)• いわ(んや)• インチ• 読み方1文字目 う 読み方2文字目• う(い)• うえじに• うえじに(する)• う(える)• うおあみ• うがい• うかがいみ(る)• うかが(う)• うが(つ)• う(かぶ)• う(かべる)• う(かる)• う(かれる)• うきくさ• うきぶくろ• う(く)• うぐい• うぐいす• うけたまわ(る)• うけつ(ぐ)• うけら• う(ける)• うご(かす)• うご(く)• うごめ(く)• うさぎ• うさぎあみ• うさぎうま• うしお• うしとら• うしな(う)• うし(ろ)• うしろ• うすあか(い)• うす(い)• うず(き)• うすぎぬ• うず(く)• うずくま(る)• うすぐら(い)• うずたか(い)• うすづ(く)• うずまき• うす(まる)• うず(まる)• うずみび• うす(める)• うず(める)• うず(もれる)• うずら• うす(らぐ)• うす(れる)• う(せる)• うそぶ(く)• うたい• うた(う)• うたが(う)• うたぐ(る)• うたげ• うた(た)• う(だる)• うちかけ• うちぎ• うちと(ける)• うちひも• うちわも(め)• う(つ)• うつく(しい)• うつ(ける)• うつ(し)• うつ(す)• うった(える)• うつつ• うつばり• うつぶ(す)• うつぼ• うつむ(く)• うつ(る)• うつ(ろ)• うつろ• うつわ• うでぎ• うてな• うでまえ• うでわ• うと(い)• うと(む)• うない• うなが(す)• うなぎ• うな(される)• うなじ• うなず(く)• うな(り)• うな(る)• うば(う)• うべな(う)• うま(い)• うまかい• うまつぎ• うまや• う(まる)• う(まれる)• う(む)• うめ(く)• う(める)• う(もれる)• うやうや(しい)• うやうや(しくする)• うやま(う)• うらがえ(る)• うらな(い)• うらな(う)• うら(み)• うら(む)• うら(めしい)• うらや(ましい)• うらや(む)• うら(ら)• うら(らか)• うりのなかご• うりよね• う(る)• うるう• うるお(い)• うるお(う)• うるお(す)• うるさ(い)• うるし• うるち• うる(む)• うるわ(しい)• うれ(い)• うれ(える)• うれ(しい)• う(れる)• うろこ• うわぎ• うわぐすり• うわごと• うわさ• うわばみ• うわひつぎ• うわべ• う(わる)• 読み方1文字目 え 読み方2文字目• えが(く)• えくぼ• えぐ(る)• えだち• えにし• えのき• えのころぐさ• えびす• えびら• えみし• え(む)• えやみ• えら(い)• えら(ぶ)• えりわ(ける)• え(る)• えんじゅ• 読み方1文字目 お 読み方2文字目• お(いて)• おいぼ(れる)• おいめ• お(いる)• お(う)• おうぎ• おうご• おうし• おうだん• おうち• おうな• お(える)• おおあめ• おお(い)• おお(いに)• おお(う)• おおうなばら• おおうみがめ• おおおび• おおかみ• おお(きい)• おおけたで• おおごと• おおざら• おおじ• おおじか• おおすっぽん• おお(せ)• おお(せる)• おおぞら• おおだて• おおづつ• おおづな• おおどおり• おおとり• おおなみ• おおにら• おおはまぐり• おおぶね• おおみず• おおむ(ね)• おおやけ• おおゆみ• おかげ• おか(す)• おが(む)• おきあ(がる)• おきて• おきな• おぎな(う)• おきにい(り)• お(きる)• お(く)• おくがき• おくぎ• おく(する)• おくび• おくぶか(い)• おくみ• おくゆか(しい)• おく(らす)• おくりな• おくりもの• おく(る)• おく(れる)• おけら• お(ける)• お(こす)• おこ(す)• おごそ(か)• おこた(る)• おこな(い)• おこな(う)• おこり• お(こる)• おこ(る)• おご(る)• おさ(え)• お(さえる)• おさ(える)• おさ(ない)• おさな(い)• おさ(まる)• おさ(める)• おさめる• お(しい)• おし(え)• おし(える)• おじか• おしきうお• お(じける)• おしどり• おしの(ける)• おしはか(る)• お(しむ)• おしろい• お(す)• おそ(い)• おそ(う)• おそれ• おそ(れる)• おそ(ろしい)• おそ(わる)• おそ(われる)• おだ(てる)• おたまじゃくし• おだ(やか)• おちい(る)• おちぶ(れる)• お(ちる)• おっと• おとうと• おとがい• おど(かす)• おど(け)• おど(ける)• おとこ• おとこだて• おどし• おとしあな• おとしい(れる)• おとし(める)• お(とす)• おと(す)• おど(す)• おとず(れる)• おとな(う)• おとり• おど(り)• おと(る)• おど(る)• おどろ• おとろえや(せる)• おとろ(える)• おどろ(かす)• おどろ(く)• おながざる• おな(じ)• おなもみ• おにやらい• おのおの• おのこ• おのずか(ら)• おのの(く)• おのれ• おばしま• おび(える)• おび(く)• おびただ(しい)• おびだま• おひつじ• おびどめ• おびひも• おびや(かす)• お(びる)• おぼ(える)• おぼ(しい)• おぼ(れる)• おぼろ• おも(い)• おもいや(る)• おも(う)• おもがい• おもかげ• おもしろ(い)• おもて• おもてごてん• おもね(る)• おもむき• おもむ(く)• おもむろ• おもゆ• おもり• おも(んじる)• おもんぱか(る)• おやじ• おやゆび• およ(ぐ)• およ(そ)• およ(び)• およ(ぶ)• およ(ぼす)• お(りる)• お(る)• おれいまつ(り)• お(れる)• おろ(か)• おろ(かな)• おろし• お(ろす)• おろ(す)• おろそ(か)• おろち• おわ(す)• お(わり)• お(わる)• おんな•

次の

「おう」の索引 1ページ目

あおう み がめ 漢字

sponsored link 最も複雑な漢字とは? こちらがその漢字です。 画数は驚愕の 84画です。 この漢字一つ書くだけで疲れそうですね笑 実はこの漢字 もう一つ書き方があり、しかもそれは 別の読み方をします。 それがこちら 先ほどとは違い雲3つの下に龍3つを書いています。 読み方は「 たいと」となっています。 画数は先程と同じ84画です。 しかし、 なぜこのような複雑な漢字が2種類あるのでしょう? それにはこの漢字の由来が関係していました。 意味、由来について さて、この文字変換にも出てこない漢字「たいと」ですが、実は この漢字の由来は はっきりとわかっていません。 そもそもこの漢字は 苗字として使われていたものと考えられており、 意味は特にないと思われます。 この漢字が載っている辞典、『実用姓氏辞典』などでは上記の下側の書き方で「たいと」と読むとされていますが、『難読姓氏辞典』だけが上記の上側の書き方で「だいと」「おとど」という読みを載せています。 しかしどれも 出典が不明であり、 形、音、意味などが定まっていない正体不明な漢字となっています。 一説ではかつては 親が自分の子のために造字や難読字を用いてその名としていたことがあり、もともとはで「たいとう」という仮名で呼ばれていたのではという話があります。 ということはそれがくっついて一つの漢字として認識され、「たいと」になった可能性もあるわけですね。 今でも使われている!? 実は現在、この漢字を使った店が存在します。 それが 千葉県松戸市にある「 おとど」というラーメン屋です。 この店は2010年6月に開店したばかりの比較的新しい店になっています。 ちなみにこのお店、2015年10月20日〜25日に開催された全国規模で美味しいラーメンを競う大会である 【大つけ麺博プレゼンツ ラーメンVSつけ麺 本当に美味しいのはどっちだ決定戦】で MVPを獲得している非常に人気なラーメン店なようです。 この店の他にも 浜松市西区にこの漢字を使って「 たいと」と読む四川料理店が、雲雲雲龍龍龍と漢字六文字でマピオン電話帳に登録されているようです。 今 ロシアにある「バイカル湖」という湖は世界一の透明度を誇る非常にきれいな湖でもありますが、この湖に 今夜はしし座流星群があるとのことですが、しし座流星群はどの方角、時間帯に見えるのでしょう? 今 2015年9月28日はスーパームーンと皆既月食が同時に見られる非常に珍しい現象が起こりますが 中国の祝日には「国慶節」というものがありますが、この祝日はなんでも中国の祝日ではかなり多い7連休 10月9日は「プラハの天文時計が建立された日」であります。 Googleのトップ画像に 今年の4月11日は年に一度しか見ることができない「ピンクムーン」を見ることができます。 幸 知っておいて損はない雑学! 雨はどこから落下したかによって名称が異なるのだそうです。

次の

あおうみがめの書き方や読み方 Weblio辞書

あおう み がめ 漢字

分布 プロフィール アオウミガメは、幅広で平坦な甲羅を持つ重量のある大型のウミガメである。 世界各地の熱帯や亜熱帯の沿岸地域に生息し、陸に上がって甲羅干しをすることでも知られている。 アオウミガメの英語名「Green Sea Turtle」は、甲羅の色ではなく、その緑がかった体色に由来している。 現在までに2種類のアオウミガメが発見されており、この2種を亜種と独立種のどちらとして扱うかを巡って議論が展開されている。 その1種は、通常、ヨーロッパから北米の沿岸部に生息するアオウミガメ(大西洋アオウミガメ)で、もう1種がアラスカからチリの沿岸部に生息するクロウミガメ(東太平洋アオウミガメ)である。 体重が最高320キロにもなるアオウミガメは、ウミガメ科の中では世界最大種の1つだ。 小さな頭部を甲羅の中に収めることはできないが、ハート型の甲羅から最長で1. 5メートルまで伸ばすことができる。 オスはメスよりも体がわずかに大きく、長い尾を持っている。 オスもメスもカヌーのパドルに似た足ヒレがついており、これを利用することで、力強く優雅な泳ぎを披露する。 ウミガメの多くは浅瀬の海面付近を泳ぐことで体を暖めるが、クロウミガメは陸に上がって甲羅干しをする。 時にはアザラシやアホウドリの横で甲羅干しをする姿も確認されている。 産卵時以外に陸に上がるウミガメは少ないと言われている。 ウミガメの多くは肉食だが、アオウミガメの成体は草食で海草や藻を主食とする。 しかし、子ガメは、カニやクラゲ、海綿などの無脊椎生物も捕食する。 ウミガメ科の他種と同様に、アオウミガメは捕食地から繁殖地(通常は砂浜)へ向かうために、驚くほど長い距離を移動する。 アオウミガメは2~4年に1回、海岸近くの浅瀬で繁殖する。 産卵が近付くと、メスは生息する海を離れ、産卵場所を選ぶ。 通常は、自分が生まれた浜辺に戻る。 足ヒレで砂浜に穴を掘ると、その中に100~200個の卵を産み落とし、砂で覆う。 メスは卵を残して海へ戻り、卵は約2カ月で孵化する。 アオウミガメにとって一生で最も危険なのは、孵化直後に産卵巣から海に向かうときである。 子ガメがこの短い距離を移動する間に、カニやカモメの群れをはじめとする貪欲な捕食者のエサ食になることが多いのだ。 アオウミガメは絶滅危惧種に指定されており、地中海沿岸に生息する亜種は近絶滅種に指定されている。 にもかかわらず、アオウミガメの肉や卵を目的とした乱獲が絶えることがない。 さらに、船のスクリューに巻き込まれたり魚網にかかったり、人間によって産卵地域が荒らされたりするため、個体数は減少している。

次の