ミックス ジュース の うた。 『ミックスジュース』手遊びを楽しもう~動画とアレンジ付き~

『ミックスジュース』手遊びを楽しもう~動画とアレンジ付き~

ミックス ジュース の うた

喫茶店でしか飲めないミックスジュースの味を簡単に再現してくれる業務用のベースを発見しました。 これ、めっちゃ業務用の味です。 大阪以外の地域では、「ミックスジュースください」といっても、「何のミックスですか?」と聞き返されるのがオチですが、大阪でミックスジュースといえば、もうあの味なんですね。 店によって微妙に味は異なるものの、ミックスジュースと言えばあの味じゃないですか。 桃缶やパイン缶、みかん缶などのフルーツと、その缶づめの汁。 さらにバナナ、そして牛乳などが加わった、まったりとしたシェイク。 店によって入っているものは若干違いがあるものの、「ミックスジュースといえば、こういう感じのもの」という共通認識が出来上がっています。 そんな、大阪のミックスジュースを超手軽につくれる、すごいものがあります。 コーヒーフレッシュなどで有名な、メロディアンから発売されている、「ミックスフルーツベース」ってやつです。 ジャーン。 パッケージにも業務用と書いてある通り、賞味期限もやたら長い。 約半年ほどもつ感じです。 これをそのまんま使っている店もけっこうあるくらいなのですが、牛乳と混ぜるだけで、びっくりするほど、あの大阪の喫茶店で味わうミックスジュースの味になるんですよ。 しかも、驚くのは味だけじゃないです。 食感や質感までも再現してくれる、なんとも不思議で便利なアイテムです。 牛乳と一緒にまぜているだけなのに、バナナを入れたときの何ともいえないふんわりシェイクっぽい、まったりした質感まで再現してくれるのです。 通常、ミックスジュースをつくろうと思ったら、ミキサーを用意して、フルーツの缶詰に、バナナ、牛乳、氷などをジャバッと入れてミキサーにかけないといけません。 入れるものによって若干の味の違いは出ますが、まぁまぁ似たような味を作れるので、これはこれでいいのですが、面倒なのは、「ちょっとだけ飲みたい」という要望が叶えられないところですよね。 というのは、わざわざミキサーで作るのに、少量だけつくるのもバカバカしいし、かといって、コップ一杯分だけつくるっていうのも、材料が余ってしまって、結局無駄になってしまいます。 ところがこの業務用のミックスフルーツベースは、飲みたい分量だけ作ることができるという点も素晴らしい! つくりかたは、すごくかんたん。 で、実際につくってみると、こんな感じですよ。 フルーツベース1に対して、牛乳が2の割合で混ぜるだけなんですが、みたとおり原液はわりとサラサラしてます。 これに牛乳を加えます。 この段階では、単にミックスジュース味のドリンクができるだけっぽく見えるのですが、混ぜてみます。 さらに混ぜる。 するとですね、不思議なことに、なんともいえないあのとろみが出てきまして、ミキサーにかけたミックスジュースかのような質感に早変わり。 プロテインドリンクなどを飲んでいる方なら、ふたをして古箏のできるシェイカーなんかを持っているかもしれませんが、あれで勢いよく振って作ってもいいかもしれません。 で、出来上がったのがこんな感じ。 気泡がよどよい雰囲気を醸し出しています。 見た目も完全にミックスジュースなんですが、味もなかなか。 匂いも、味も、食感も、完全にあの「大阪の喫茶店のミックスジュースの味」です。 もちろん、原液はペースト状になっているものなので、バナナの種をはじめとするプチプチ感はないですが、この手軽さでここまであの味を再現できるのなら、たいしたもんだと思います。 これはもう、おすすめせざるを得ない逸品です! 牛乳と混ぜて飲む系のドリンクとして紹介していますが、これはすごくおすすめな逸品ですので、セノビックにちょっと飽きたら、こんなのも使ってみるといいと思いますよ~。 ちなみにこのミックスフルーツベースは、生協だと1本ずつバラで購入することができますが、ネット通販だとセット販売しか難しいようです。 まぁ、生ものでもあるし、仮に単品販売されたとしても、送料がかかってしまうので、あまり安く買えることはないかもしれませんが、もしも生協に加入しているなら、ぜひ試してみるといいと思いますよ。

次の

ミックスジュース

ミックス ジュース の うた

概要 [ ] では、牛乳とさまざまな果物をミキサーで攪拌した飲み物を指すことが多い。 この場合は、や、、、などの果物と牛乳をに入れて混ぜ合わせて作られる。 一方、近畿地方以外では、複数種の果物の果汁を混合したものをミックスジュースと呼ぶことが多い。 このため、牛乳が入ったものを容器に封入して販売する場合にはなどと同様にミックスジュースを名乗ることができない。 一般名称として認識されているため、がに缶入りの「」と称するを商標登録して発売している が、 ミックスジュースを名乗っていないのは、この基準があるためである。 [ ]一方、喫茶店等で提供される飲料はこの基準の適用を受けないため、牛乳を含む場合にもミックスジュースという名称を使用することができる。 なお、果汁に牛乳を加えた飲料としては、 フルーツ・オーレがある。 かつては と呼ばれたものであるが、のを契機に生乳100%でない製品は「牛乳」を名乗れなくなったため、フルーツ・オーレ等と呼ばれるようになった。 明確な定義はないものの、近畿地方のミックスジュースはミキサーに入れる段階で牛乳を混ぜるのに対して、フルーツ・オーレはフルーツ・ジュースを牛乳で割る点で両者は異なる。 歴史 [ ] 近畿地方のミックスジュースは、・のにある創業の果物店が発祥とされる。 この店はに喫茶店に業態を変えて「千成屋珈琲店」となり、フルーツジュース発祥の店として知られるようになった。 しかし、店主の体調不良のため、末から休業し、9月に閉店した。 その後、創業者家族から経営の引継ぎが行われ2017年5月29日に営業を再開することとなった。 ミックスジュースは、にジューサー・ミキサーの家庭普及により日本全国に広まる。 その後の市場普及により廃れていくものの、でも近畿地方を中心に残っており、愛飲されている。 近畿地方のでは定番メニューであり、畿外に引っ越した人はミックスジュースがローカルな飲み物であることを知り、愕然とすることが多いという。 [ ] 鉄道駅におけるミックスジュースの販売 [ ] ミックスジュース(阪神電鉄大阪梅田駅にて) 近畿地方では、主要構内にがあり、定番のミックスジュースをはじめ工夫を凝らした数種類のミックスジュースが販売されている。 における やの改札近く などが特に有名である。 注文を受けると一瞬だけミキサーを動作させてコップに注ぐ。 この動作は「フラッシュ」または「フラッシング」とも呼ばれ、沈殿したの粒をかき混ぜ均一化させるために行われる。 また、冷たさを保ち、どろどろ感をやわらげ飲みやすくするために、をミックスしていることが特徴である。 京阪電気鉄道の駅構内のジューススタンドは「」として化されており、その後にも(JR東日本)と大手私鉄の駅構内に出店されるようになった。 ミックスジュースを題材とした作品 [ ] 楽曲 [ ]• ぼくのミックスジュース• 『』で放送された楽曲。 現在は童謡として多くのCDに収録されている。 作詞:、作曲:。 (ミックスジュース)• のデビュー曲。 3rdアルバム 収録曲。 作詞 作曲: 発売。 脚注 [ ] [].

次の

とてもかわいい手あそび・ミックスジュース|くれよんtown

ミックス ジュース の うた

子どもたちも一緒に手遊びをしてくれている声が聞こえるので、イメージはつきやすいのでは??と思います。 もし 『ミックスジュース』の手遊びをするとしたら、年齢は2歳くらいからがいいかもしれないですね。 『ミックスジュース』の手あそびの元歌は何だったかな…? 曲を聴くとどこかで聴いたことがある…。 でも、どこで??? と思っていたら、わかりました。 手あそびを導入として、つなげられる活動を紹介 くだものが出る手あそびとなっているので、くだものを制作するときに導入としてつなげられるかもしれないと思います。 制作の記事ができましたら、こちらでも紹介したいと思います。 ゆずこがおすすめしたいところ 1番は、くだものと顔の部位を組み合わせた可愛い手あそびになっていますね。 2番は、手をグーにしてグルグルするので、子どもたちのだんだん楽しくなってくるので、スピード感をつけたりすると盛り上がると思います。 子どもたちと一緒にやりたい手あそびになるので、2歳児クラスの子から楽しんでみてはいかがでしょうか? そして、アレンジをしても楽しそうなので、子どもたちと考えてつくってもよさそうですね。 『ミックスジュース』の歌詞を発見しました こちらのHoick様より、歌詞を確認できるので、そちらをご案内したいと思います。

次の