あり ばば。 ねこのばば しゃばけシリーズ 3 (新潮文庫)

あばばいな~~~。

あり ばば

お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。 寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって? すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…… 「茶巾たまご」 、 世の中には取り返せないものがある 「ねこのばば」 、 コワモテ佐助の真実の心 「産土」 ほか全五篇。 若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。 シリーズ第三弾の、始まり始まり! 【シリーズご案内】 お江戸は日本橋。 大店・長崎屋の一人息子である若だんなこと一太郎には秘密があった。 大妖の血を引く彼には、鳴家や猫又といった妖 あやかし が見えるのだ。 しかも若だんなを支える手代、仁吉と佐助も、その正体は人ではなく妖なのである! そんな病弱だけど、心優しく頭のきれる若だんなが、妖たちとともにお江戸の難事件を解決。 読めば気持ちがほっこりすること間違いなし、累計840万部突破の人気シリーズ「しゃばけ」の世界へようこそ! 第1作の「しゃばけ」がとても魅力的なキャラクター構成で、ストーリーの運びも軽妙だったので、本作も読んでみました。 本作もあいかわらず、登場人物がそれぞれの輝きを放っており、しゃばけシリーズの世界観を楽しめます。 読んでいて、上手だなあと思います。 たまたま、コロナウイルスのときに読んだので、暗い世相をいっとき忘れて、心から楽しめました。 5つの話を収めた短編集であり、それぞれ独立した推理劇の話なので、それぞれの話を個別に楽しめます。 また、その中にも登場人物の境遇が少しずつ歩みを進めるのを味わう楽しみもあります。 どの話も楽しめる粒ぞろいの短編集ですが、私の場合は、佐助をメインに据えた、4話目の「産土」がたいへん印象に残り、ぜひ多くの人に読んでいただきたい話と思います。 あと、登場人物の境遇が進むという面では、5話目の「たまやたまや」も読むべき話と思います。 著者の筆力を感じる良い本であり、お薦めできる本と思います。 しゃばけシリーズ第3弾。 殺人事件が続くかなと思ったら、そうでない話もあり、だんだんと話しにも深みが増してきたと思います。 【茶巾たまご】 最近の若旦那はすこぶる体の調子がよく、店は商売繁盛。 茶巾卵を食べれば金の粒が出てくる。 最近変わった事と言えば、金次を拾ったことくらいで… 松之助の縁談話の相手、海苔問屋の大むら屋の娘が殺され、松之助が疑われる… 【花かんざし】 迷子の於りんを拾うが、於りんは家に帰ると殺されると言う。 深川の材木問屋中屋の娘だと分かるが、乳母のおさいの遺体がお堀であがる… 【ねこのばば】 猫又になりかけの小丸が妖封じで有名な広徳寺に預けられてしまった。 助けに行くと、僧が殺されていて、寄進した金が千両消えていた。 小丸の為に、謎解きをする事に。 【産土】 佐助はお店で手代として働いている。 取引のある店がつぶれてお店も何かと苦しいが、若旦那の為に、妖達に頼み川や海に落ちている金を集めてもらう。 だが、金箱に句と一緒に金が入っていた。 【たまやたまや】 幼なじみの栄吉の妹・お春に縁談が来るが、一太郎から貰った煙管を無くしてしまった。 見つけたら嫁に行くという。 一太郎は身体が弱くて、優しいですがちょっと情けない部分もあり、もどかしい時もありますが、事件を通して少しずつ成長していくのも見どころかなと思います。 最後のたまやたまやは、お春の結婚がからみ切なくもいい話だったと思います。 「しゃばけ」シリーズ第三作。 初作に比べ精神的に逞しくなった若旦那と"妖"達の楽しい掛け合いを通して、人生の機微を木目細やかに描いた快作。 短編ミステリ集の趣きが色濃くなった。 「茶巾たまご」は海苔屋の娘の殺人事件を、料理書「卵百珍」、栄吉が用いる分量書からの巧みな連鎖で解決する展開が秀逸。 若旦那が拾って来た金次なる男の正体は、読者にとって自明だが、ご愛嬌か。 「花かんざし」は可愛い迷子を発端にした悲劇だが、結末が安易に過ぎる。 "人は外見よりも内面"と言うサブ・テーマが良いだけに、一捻り欲しかった。 タイトル作「ねこのばば」は若旦那の遊び道具"桃色の雲"の紛失、猫又になりかかった古猫の幽閉、広徳寺での僧侶殺人事件を巧みな構成で一点に収斂させた秀作。 "覆水盆に帰らず"の教訓も舞台に相応しい。 「産土」は犬神こと佐助の生い立ちから始まる問わず語り。 「産土の犬神」とは"その土地で産まれた人間を死ぬまで見守り、守護する神"の意味なので、若旦那の守り役としては"うってつけ"。 話は木偶との悪夢のような闘いだが、落とし所が上手い。 「たまやたまや」はお春の婚礼を背景に、窮地に陥った若旦那が幼い日の思い出を甦らせると言うメルヘンティックな物語。 若旦那と"妖"達もすっかり御馴染みとなって安心して楽しめるシリーズとなった。 ミステリ的技巧が段々巧みになっている気がする。 これからも先が楽しみなシリーズ。 「しゃばけ」シリーズの第3弾。 今回も前作に続き短編集です。 本作は前作に比べ,趣向の異なる点が見られます。 第一に,本格的ミステリーとよべる作品が収録されていることです(『ねこのばば』『たまやたまや』)。 個人的には,このようなテイストの作品は大好きなのですが,従来の「しゃばけ」シリーズの中ではむしろ異彩を放っているといえましょう。 第三に,人の暗部に焦点を当てた重いテーマを扱っていることです(『花かんざし』『ねこのばば』)。 第四に,江戸の風物がかなり描写され出したことです。 もちろん,これらの風物に通じていなくても作品は楽しめますし,畠中さんも文中でさりげなく説明をしてくれています。 しかし,知っているほうがよりイマジネーションが広がることも確かです。 型にはまりきってしまうことなく作品を物する畠中さんに,今後も期待します。

次の

あばばいな~~~。

あり ばば

むらかみ /切手愛がびっしり詰まったご著書の出版、おめでとうございます! さわやかなブルーの装丁がおしゃれで目を惹きますね。 ばばさんは、いつ頃から切手に興味を抱くようになったのですか。 ばばさん/子どもの頃から切手が好きで、お小遣いで買い集めていましたが、本格的に集めはじめるようになったのは10年くらい前からです。 今郵便局で発売されているものだけでなく、切手屋さんや切手市場で昔の切手を購入したり、海外の切手もたくさん集めています。 海外の切手は、日本では(切手としては)使えないわけですが、お国柄があらわれて見ているだけで楽しいですし、デザインが本当に美しくて、ユニークで、眺めていると癒されますね。 きちんと把握していませんが、ストックブックに入れて本棚1つ半くらい(数千枚)、持っていますよ。 むらかみ/数千枚とは、すごい数! ばばさん /いえいえ、昭和の頃からのベテランに比べれば、わたしはまだまだ……(笑)。 ただ、ここ数年でいわゆる「切手女子」、若い女性の切手愛好家がだいぶ増えてきたように思いますね。 むらかみ/今郵便局で販売されている切手だけでなく、過去に発行された日本切手も集めているそうですが、それらの切手はどのように使っているのですか。 ばばさん/日本人同士でもそうですし、海外の人とも文通しているので、普通に使って送っています。 たとえば、海外に送るときには、ポストカードは日本からだと世界中どこへでも1枚70円で送れるので、10円切手を7枚貼って表を切手だらけにしたりして…(笑)。 すごく喜ばれますよ! むらかみ/それは楽しいですね。 わたしもいつも、「せっかく手紙を送るなら、切手に目を向けないのはもったいない」とお話ししているんです。 そのときの季節に合う絵柄や相手の趣味にちなんだものなど、「どんな切手で送ったら喜んでもらえるかな?」と想像しながら切手を選ぶ時間は、手紙の醍醐味のひとつですね。 たとえば、ネコ好きの人にネコの切手で送ってみるとか。 すると、相手は「自分のために、 ばばさん/そうそう、切手と風景印を組み合わせるのもいいですね。 マッチングする切手を持参すれば、さらにこだわり度が高まって、レアな感じになりますね。 *風景印とは「風景入り通信日付印」の略称で、その郵便局に行かなければ捺すことのできない消印のことをいいます。 すべての郵便局で風景印を用意しているわけではなく、日本郵便のホームページ等で確認できます。 その郵便局がある地域の名所、旧跡、名産品などが描かれているので、眺めているだけで「へぇ~!」という驚きがあります。 むらかみ/読者の方でいつもユニークな風景印で送ってくれる方がいるんです。 風景印はその土地に行かないと手に入りませんから、風景印が捺されたポストカードが届くと、「やった!」とうれしくなります。 毎回、風景印で送るのはむずかしい面もありますが、「風景印というものがある」と知ることから、旅先でその土地の郵便局に行ってみたり、自分の出身地の風景印のデザインを調べてみたり、手紙に親しむ機会がぐんと増えていくのだと思います。 ばばさん/本にも書いたのですが、わたしは京都の風景印を集めています。 そのときはもちろん京都の切手を貼りますし、京都府内の郵便局でしか買えない限定のフォルムカードで送ったりもします。 まさに、京都づくし(笑)。 工夫しだいでたくさん遊べますから、自分でも楽しいですし、送る相手にも喜ばれます。 二重の喜びがありますね。 むらかみ/海外の切手の魅力はどういったところでしょう? ばばさん/1つには、小さな中に美しいものが凝縮されていること。 また、切手は世界中でオフィシャルに発行されているため、切手からその国の文化に触れたり、知らなかったことを知ったり発見したり、勉強になりますし、非常に奥が深く、興味が尽きません。 たとえば、食べ物の切手だけ集めてみても、世界中にはそれこそいろんな食べ物があるわけです。 切手に描かれている料理を見て、「これはどんな料理なんだろう?」「どんな味がするんだろう?」と興味が湧いて、実際にその国に行ってみたくなったり…。 むらかみ/それは楽しいですね! たしかに、切手には歴史、文化、スポーツ、食べ物、動植物、芸術やアニメ…、それこそ、ありとあらゆるものが描かれていて、切手を通して学ぶことも多いですね。 何千枚もお持ちの中で、いちばん好きな切手はありますか。 海外の切手を日本で購入するのは、ちょっとハードルが高いと感じる人もいると思うのですが、いつもどのように買われていますか。 ばばさん/毎月第1土曜日に行われる切手市場(切手のフリーマーケット)で買うほか、インターネットで海外の切手ショップや外国の郵便公社から買うこともあります。 インターネットは便利ですね。 送料はかかりますが、郵便で届いたときのうれしさはまた格別です。 ほかに、旅行に行ったときや、春と秋、年に2度開かれる切手のイベント(スタンプショウ&全国切手展)でまとめて購入しています。 切手はほとんどが1枚あたり数十円、高くてもせいぜい数百円ですから、手軽に楽しめるのも魅力ですね。 むらかみ/2014年4月から郵便料金がハガキは52円、封書は82円になりましたね。 ばばさん /ここのところ切手ショップで41円切手が人気なんですよ。 41円を2枚組み合わせて82円だから。 62円と20円の組み合わせもできますね。 むらかみ /は! 気づかなかった……。 すごくいいことを聞きました(笑) なでしこ切手倶楽部主宰。 東京都生まれ。 小学生の頃からの切手好き。 SNSを使いはじめた 数年前から切手仲間の刺激を受けて本格的な収集をスタート。 切手の競争展にも出品し、公益財団法人日本郵趣協会が主催する日本最大の切手イベント「2013年スタンプショウ第14回<トロピカル切手展>」銀銅賞受賞。 女性誌、書籍などでフリーライターとしての仕事をしながら、切手女子をもっと増やすべく、かわいい切手、きれいな切手収集の啓蒙活動に励んでいる。 なでしこ切手倶楽部は切手遊びが上手な女子(ときどき男子)が集い、切手を通してコミュニケーションを楽しむ会。 SNSを通してお互いのコレクションを見せ合ったり、風景印や初日カバーを送りあうなどの交流を行い、オフ会では切手の交換をしたり、切手話に花を咲かせている。

次の

網干場 (あばば)

あり ばば

2ヶ月ほど前、全国での緊急事態宣言を受けて、の「全国統一オンライン講座」が、緊急で無料開講されました。 小学校・中学校の休校で、子ども達の学びが止まっている中で、オンライン講座の無料開講は、学習に不安な保護者やお子さんに寄り添う、素晴らしい試みだったと思います。 もっともっと、この講座が知られていくといいなと思い、おばばも記事にしました。 我が家も、申し込んで、やってみました。 小学校の教科書に沿った基礎的な学習を、の先生の楽しい授業とテストで、しっかりと身につけていく良い講座だと思いました。 一方で、中学受験塾で学習を進めているお子さんにとっては、既習範囲であり、必要と感じなかった場合もあると思います。 学年の先取りを考えたくなりますが、登録時に、学校名・学年・組の記入もあり、現学年の受講しかできませんでした。 【オンライン小学校】 のHP上で、新たに発表された「オンライン小学校」は、少し内容が違うようです。 学習の進んだお子さんにとって、どのように役に立つ内容の講座であるのか、まとめてみました。 「現学年」で習う全範囲を網羅した「テスト」に合格すれば、上の学年の授業を受けることができます。 開講する授業のレベルは「スタンダード」で、 「学校の教科書レベル」とのこと。 上の学年の基礎的な学習を進めておくと、難しい塾の勉強の理解も深まると思います。 特に、学習の進んでいる低学年のお子さんには、適したプログラムではないでしょうか。 候補の研究者、ビジネス界のトップリーダー、世界的なアーティスト、アスリートなどが、特別講義を行うそうです! 知的好奇心が旺盛さんにとっては、この授業を受けるためだけでも、オンライン小学校に入る価値があるかもしれません。 ・のHPから申し込めます。 ・小6終了まで、最大6年間の受講が可能。 合格すれば、その次の単元から学習を進められます。 ) ==================== 同時に 東進オンライン中学校も開校されます。 こちらも、制度ありの無料のプログラムです。 学年の枠を超えて、数学の学習を進めていきたいお子さんにはぴったりだと思います。 オンライン小学校・オンライン中学校ともに、オンライン講座の受講生や保護者からの、制度の要望を反映して、新規開校されるとのことです。 オンラインの良さを活かして、学年の枠にとらわれず、自分のペースで学習を進めていくのには、とても良い講座だと思います。 「未来発見講座」がとても魅力的なので、我が家は申し込んでみます! 今回は、ここまでです。 goodweatherX 土曜日の朝。 雨が降っています。 ピヨ太とおばばのZoomが、それぞれ1件ずつ入っていました。 9:00から「難関校研究講座」 10:00から「本学校説明会 ・私学のナカミを知る会)」 朝、アラームで起きたら。 リビングでは、早起きのピヨ太が、「 MJ(嵐の松本さん)、若っ!」と言いながら、昨夜録画した「ごくせん」を楽しんでる最中。 早速、朝ごはんの支度です。 そして、「ごくせん」を観終わったピヨ太と朝食。 休む間もなく、片付け、洗濯。 そんな中、「5難関」が始まります。 「あれがない。 これがない。 」と言われて、バタバタしているうちに、洗濯機の終わった音。 Zoomの邪魔にならない場所で、洗濯干しです。 やっと一息で、コーヒーを飲んでいたら、いつの間にか「私学のナカミを知る会」の時間。 我が家初の、Zoom2ルーム同時参加。 しかも、両方とも、マイから入室です。 できるのでしょうか? から参加しているピヨ太から離れた場所で、恐る恐るPCから入ってみると、何の問題もなく入れました。 PCがダメなら、で試してみるつもりでしたが、大丈夫でした。 ピヨ太の気を散らさないために、おばばはヘッドホンをつけます。 もし、コロナ禍がなかったら、ピヨ太は「5難関」校舎へ、おばばは「私学のナカミ」校舎へと、雨の中、それぞれが電車に乗って、2手に分かれて行ったんですね。 「ごくせん」も「お洗濯」も、時間が足りなかったかもしれません。 Zoom、けっこう便利です。 【「難関校レポート」について】 「5難関」では、「難関校レポート」というものを作成する、というお話があったそうです。 男女御三家を含む難関中学12校の中から、一つの学校を選んで、その学校について多角的に調べてレポートにまとめる、というもの。 7月の「5難関」のうちの1日に、レポート展覧会をするそうです。 ピヨ太は、レポートする学校を選んで、早速調べ始めていました。 【「本学校」の説明会】 前半の学校紹介は勿論ですが、後半の質疑応答が充実していました。 その中から、特に印象に残った部分について、書いてみようと思います。 「大人は手を離して、自分で自分の責任をとれる人に育てる」といってました。 中学に入学してすぐは、今まで親がかりで受験勉強に取り組んできたこともあり、自分から勉強することに慣れていないお子さんもいるとのこと。 そこで、15、6年前は、期末試験で成績が達しなかった生徒に対して、補習をしていたそうです。 でも、補習をすることが本当に良いことかどうか。 補習をすれば生徒は単元を理解できますが、逆に補習を当てにするようになって、普段の授業に真剣に取り組まない生徒が出てきたそうです。 また、大人を当てにするようになるのかどうか。 大人(他人)に頼る中で、何かがうまくいかないと、他人に責任転嫁をするようになる。 男の子は、そういう甘えがある一面がある。 試行錯誤した結果、「補習」ではなく「追試」をすることにした、とのお話でした。 おばばにとっても、耳の痛いお話でしたが、思い当たる節もあり、よく納得できました。 は、近年、大学進学実績を伸ばしています。 その中での、試行錯誤の過程を、率直に話して下さる姿に、好感が持てました。 本学校では、現在「Zoom入試相談」をしているとのこと。 HPで見てみると、1回10組で30分間。 ビデオをオフにして顔を出さないようにして、イニシャルでの参加もOKとなっています。 時間のある限り答えて下さり、それでも足りない場合は後日お電話くださいと書かれてあり、今日の説明会の先生もそうですが、できるだけ質問に答えて下さろうとする、誠実さが伝わってきました。 それから、英語への取組についても、紹介してました。 聞き間違いでなければ。 ) の担当の先生も感嘆の声を上げ、「これが聞けただけでも、この会を開いて良かった。 」 英検2級は、日本協会によれば、「高校卒業程度」、「大学入試レベル」とのことで、海外留学やビジネスシーンでも英語力をアピールできるそうです。 中学3年終了時点で、英検2級が約半分とは、びっくりするレベルですね。 今回は、ここまでです。 goodweatherX では、例年、「私学のナカミを知る会」という会が開催されます。 の校舎で開催され、私立中学校から先生方が参加され、直接お話を聞いたり、質問ができる貴重な機会です。 今年は、コロナ感染予防のため、Zoomで行われています。 「私学のナカミを知る会」に初めて参加しました。 中学校です。 前の晩、おじじに、中学の説明会に参加する話をしました。 おじじ:「って昔から有名な難関校だよね。 駅の近くにあるの?」 おばば:「中は、池袋にあるんだって。 駅に近いのは『本学校』。 」 おじじ:「え!? 本学って、本郷にあるんじゃないの?」 さて、説明会には、入試担当の先生と、英語国際担当の先生が来ていらっしゃいました。 一番印象に残ったことを書いてみたいと思います。 イギリスに校という、があります。 「パブリック」は、訳せば「公の」「公的な」となり、「」はカでは公立学校を指しますが、イギリスでは私立学校です。 もともとは、イギリスの貴族の子弟は、在宅で教育を受けていましたが、近代になって一般(パブリック)に開かれた学校が必要となってつくられたので、と呼ばれているとのこと。 中でも、校は、英王室の王子たちも通い、20人もの首相を出している、名門のです。 は、東京の男子校では唯一、受け入れを認められて、校でサマースクールを行っているとのことでした。 サマースクールの写真がたくさん紹介されていましたが、に住んで、学習だけでなくアクティビティも行い、楽しく充実した数週間のようでした。 このサマースクールに申し込むには、成績による学内選考があるそうです。 また、このサマースクールの素晴らしい体験を、もっとたくさんの生に経験してもらいたいということで、中学生を対象に、日本で「サマースクール」を行っているとのこと。 こちらは、学内の成績で半分以上にいれば、申し込めます。 先生として来られた方が紹介されていましたが、有名な建築を手がけている方など、本当に華々しい経歴の方々でした。 しかも、事前に、参加する生徒の顔と名前、それぞれの英語力も把握したうえで、情熱的な授業をして下さるとのことでした。 他にも、校を卒業した生徒が、ギャップイヤー(高校卒業から大学入学の間を1年間空けて、海外でボランティアをしたり、語学留学をしたり、或いはアルバイトで学費を貯める等して過ごすことです。 )として、で過ごすことを受け入れているそうです。 そうした学生さんは、の生徒の家庭でホームステイをしながら、学校で英語の授業の手伝いをしたり、一緒に学生生活を楽しんだりするとのこと。 でも、我が家には、卒の学生さんに提供するようなお部屋がないことに気がつき、我に返りました。 「このような国際的な体験を行える男子校は、東京で他にはないと自負しています。 」と担当の先生はおっしゃってました。 おばばも、本当にそう思いました。 そして、なぜは、校と提携をしたり、イギリス社会で活躍している方をサマースクールの講師として招いたりすることができるのか、と考えてみました。 には、特別潤沢な資金があるのでしょうか? それとも、イギリスで有名な唯一の日本の男子校なのでしょうか? ここからは、おばばの想像です。 人は、必ずしも損得勘定だけで動くわけではありません。 人は、人の「熱意」によって動くことがあります。 このような関係を校と築いたり、講師として来て下さる方を紹介してもらったりするには、中学には、並々ならぬ情熱的な先生方がおられるのではないか、とおばばは思いました。 そして、その情熱がどこからくるのかと考えると「生徒達に良い教育を受けさせてあげたい。 」「を素晴らしい学校にしたい。 」という思いからではないでしょうか。 情熱的な先生方のおられる良い学校なんだな、とおばばは思いました。 今回は、ここまでです。 goodweatherX 今回は、「来春(2021年)の中学受験の出題範囲から、小6の一部分野が除外されるのか?」についてです。 まず、結論からです。 「一部除外される可能性があるけど、どうなるか分からない。 」と思います。 情報としては役立つものではないのですが それでは、なぜ、こんなことを書いたのかというと・・・。 「来春の都立高入試で、中3の学習内容の一部(中3の漢字、「」、関係代名詞(英語))を、出題範囲から除外することを公表。 が5月に府県などに対して、出題範囲や内容などについて工夫するように通知していた。 ) ということは、来春の中学受験で、同じような対応をする中学校が出てくる可能性はある、と思ったからです。 特に、新興の中学や今後、生徒を沢山集めたいと思う中学が、受験生の安心感を獲得しようと、小6の一部範囲を除外する可能性はあります。 また、伝統校は一定の人気があるので、一部除外により受験生を増やそうとしなくても、いいと思われます。 必ずしも一部除外になる可能性が高いわけでもなく、また、現時点では、どうなるか分からないので、淡々と塾のカリキュラムに沿って、勉強していくのが一番かと思います。 今年はコロナの影響で、受験学年のご家庭は本当に大変です。 できるだけ、例年と違う形にはならず、受験生が本来の力を発揮できることを願っています。 今回は、ここまでです。 goodweatherX では、ここ2週間の間、校舎での対面授業とZoom授業とを1週間ずつ交替する、分散型授業が行われています。 今日で、1週目が終わったところです。 それぞれ良さがあるけど、やはり学習内容が身につきやすいのは、教室での対面授業でしょうか。 久しぶりの対面授業ということで、先生方も、いつもに増して力を入れて下さっているような気がします。 ピヨ太の話しぶりから、授業が楽しくて充実していたことが伝わってきます。 金曜日からは、Zoom授業の1週間。 以前のZoom授業とは、先生もクラスも変わるようです。 また、どんな出会いがあるのか楽しみです。 今週の理科は、「水溶液」の分野でした。 このリトマス紙の、色の変化は、大人でも「だっけ?」となりがちですよね。 理科、社会の覚え方のややこしいところは、塾の先生の腕の見せどころ! どの先生も、「秘伝の語呂合わせ」をお持ちのようで、ピヨ太から聞いても、なるほど!と感心してしまうものも多いです。 今週の理科の授業で聞いた、酸性・の色の変化の覚え方も、初めて聞く語呂合わせでしたが、面白くてさすがでした。 ぜひ紹介したいのですが、先生が特許申請中かもしれないので、他の一般的な覚え方を紹介します。 goodweatherX 今回は、の5年生の育成テスト(2020年5月23日実施分)の出題範囲と、出題意図についてです。 ピヨ太の1学年下以降のお子さんが、この時期にどのような範囲を押さえておくべきかを考える時の参考として、書いてみました。 出題意図は、おばばが「こうじゃないかな」と考えたもので、が本当にそう考えているかは分かりません。 そんな前提で読んで下さいね。 1.算数 (出題項目) 平面図形 ・三角形の長さ、角度、合同 ・対頂角、同位角、錯角。 」との表現により、なにを言おうとしているのか分かる。 具体的には、短文を読んで、比喩の部分で「温度」、「硬さ」、「美しさ」など、何を表現しようとしているのか分かる。 これに基づき、月から地球を見た時の形についての問題を解ける。 今回は、ここまでです。 goodweatherX 今回は、「来年の中学入試の理科に、「2」は出題されるか?」についてです。 「2」は、日本が打ち上げた宇宙探査機です。 2014年12月に打ち上げられて、2019年2月に「りゅうぐう」に着陸。 地面に弾丸を打ち込み、舞い上がった岩石の粒子を採取に成功しました。 そして、今は、今年(2020年)11月か12月の地球への帰還を目指して、宇宙を航行中です。 (「りゅうぐう」の名前の由来:には微量の水分があると予想されていて、「水」と関連のある「竜宮城」から名前をとったそうです。 粒子をカプセルで持ち帰ることと、浦島太郎の玉手箱にちなんだ名前でもあるそうです。 ) 「2」は、採取した「りゅうぐう」の粒子を持ち帰ることがミッションなのです。 打ち上げから6年。 今年末、無事、地球に戻ってきてほしいです! 「りゅうぐう」の粒子を持ち帰ることができれば、これを調査することで、太陽系の生命の起源に関する情報が得られるかもしれないそうですよ。 「2」は、有名な宇宙探査機「」の2代目です。 「」は、2003年5月に地球から打ち上げられて、「」の表面の粒子を採取したのち、数々のエンジン故障を乗り越えて、2010年6月年に地球に帰還。 「」の粒子の入ったカプセルをオーストラリアのウーメラ砂漠に投下することに成功。 粒子は、研究者が種々の調査をしているとのことです。 「」についての映画も大人気になりました。 (「」の名前の由来:「日本のロケット開発の父」である糸川博士にちなんで、されたそうです。 ) ところで、この「」ですが、地球帰還の翌年(2011年)、の理科の入試問題に出題されています。 「2」の地球帰還が成功すれば、宇宙科学の大成果でもあるので、来年、どこかの中学で、理科の入試問題として出題される可能性もあるかもしれませんね! 今回は、ここまでです。 goodweatherX.

次の