寝る 前 ヨガ まりこ。 夜寝る前のヨガは何に効果がある?

寝る前の夜&安眠ヨガ、痩せるヨガのダイエット効果は? [ヨガ] All About

寝る 前 ヨガ まりこ

寝る前のヨガが効果的な理由とは? 寝る前のヨガはなぜ良いとされているのかというと、 自律神経を整えてくれるからなのです。 情報化社会で、いつも頭は考え事ばかりでパンパン! すると交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、身体に様々な不調をきたします。 ヨガの呼吸法は自律神経に働きかけて体内リズムを調整してくれます。 身体の状態がリセットされると心まで穏やかになり、雑念から解き放たれて、睡眠の質を上げてくれるのに効果的なんですね! 寝る前のヨガで効果的なおススメの3つのポーズ ヨガは難易度が高いポーズもありますが、寝る前に行うと安眠に効果的なポーズもたくさんあります。 その中から抜粋して3つのポーズをご紹介しますね! どれも簡単でベッドの上で出来ますからヨガ初心者の方にもオススメです。 さっそく見ていきましょう! 「チャイルドポーズ」寝る前のヨガで効果的 お休みのポーズとも言われているこのチャイルドポーズ。 やり方は踵の上にお尻を乗せて座ります。 それから両手をゆっくりと前方の床に滑らせていき、ゆったりとした呼吸を保ちつつ、気持ちの良いところでキープ。 この時は肘を緩めてくださいね。 肘がまっすぐに張ったままだと身体に緊張感が生まれてしまいます。 踵とお尻、お腹と太ももをきちんと付ける事がポイントです。

次の

夜寝る前にいいヨガはこれ!ストレス解消で熟睡!5分間の夜ヨガでダイエットとよく寝れるポーズ!

寝る 前 ヨガ まりこ

毎日のデスクワークや立ち仕事で身体はクタクタ。 そのまま眠ってしまって翌日の朝も疲れが残っている気がする。 そんな日々を過ごしてはいませんか? お疲れの人は寝る前に軽く身体を動かしてみてはいかがでしょう。 夜軽く運動をすることで、身体をリフレッシュさせて次の日も元気に働くことができます。 おすすめは、ヨガで身体を動かすことです。 家で手軽に行えるヨガなら、ジムなどに行く必要がなく忙しいあなたでも簡単に行えます。 こちらの記事では、ヨガの効果や寝る前におすすめのヨガのポーズ5つを紹介していきます。 日々のデスクワークや立ち仕事で身体はクタクタ。 スポーツジムで身体を鍛えたいけれど、時間的にも体力的にもそんな余裕はない。 そんな頑張るあなたにおすすめなのが、寝る前のヨガのポーズです。 なにもせずに寝てしまうよりも疲労回復効果が期待でき、翌日すっきりと起きることができます。 ベッドに寝たまま、1分でもできるヨガのポーズで、翌日のあなたを労わってみませんか? 関連記事はこちら👇 Contents• 寝る前のヨガでリラックス ヨガって身体の硬い私には難しそう。 ヨガに興味はあるけど、よく分からない。 宗教のものみたいでちょっと怖い。 そんな少し面倒なイメージを持たれがちなヨガですが、様々なポーズがあり、初心者向けのものは簡単に行うことができます。 また、健康にも美容にも良い効果が多いため、最近はヨガスタジオも増えています。 必要な道具などもなく、手軽に行うことが出来るため、気軽な気持ちで始めることができるのもヨガのメリットです。 ヨガとはどのようなものか ヨガはサンスクリット語で「つながり・結び」を意味する言葉です。 最近は美容目的のヨガスタジオが多くあるため、ストレッチや運動としての効果が着目されていますが、もともとは心身のバランスを整えるための修行として、古くから行われてきたものです。 ヨガの効果 姿勢を正し、呼吸法を大事にするヨガを行うことで様々な効果があります。 大きな効果としては、姿勢と血流の改善です。 これにより美肌やダイエット効果が期待されます。 またポーズによっても得られる効果が異なりますので、慣れてきたら様々なポーズを試してみましょう。 YouTubeなどにもポーズの取り方を紹介する動画がたくさん上がってきます。 ただ、急激な変化ではないためすぐに効果を実感することは難しいかもしれません。 身体を労わりながら、ゆっくりと自身が変わっていくのを実感しましょう。 寝る前にヨガをおすすめする理由 なぜ寝る前にヨガを行うことがよいのか。 それはヨガによって得られる様々なメリットが良い睡眠をとるためにぴったりだからです。 ヨガによって得られる良い効果と、睡眠にもたらすメリットについて解説していきます。 ヨガで得られる美容効果 ヨガは呼吸を意識すること、全身の筋肉を伸ばすストレッチである一面をもつため、身体の循環の改善が見込まれます。 リンパや血液の流れがよくなることで、老廃物を輩出できるようになり美肌効果があると言われています。 また、ヨガにはホルモンバランスを整える効果があることも報告されています。 ヨガで得られるダイエット効果 ヨガを続けることで姿勢がよくなります。 姿勢がよくなることで代謝があがるため、ヨガにはダイエット効果があるといわれています。 また、全身の巡りをよくするヨガを続けていくことで内臓の動きが活性化されて便秘解消の効果もあると言われているため、こちらもダイエットに効果的です。 リラックスすることができる ヨガを行うことで、リラックス効果に繋がります。 ヨガで行う腹式呼吸を意識することで、副交感神経優位となり、リラックスした状態になることができます。 同じポーズを続けていくことで自分自身と向き合い、体調などを知るバロメーターにすることも出来ます。 良い睡眠がとれる 前述したように、精神を統一させ、心身のバランスを整えるヨガにはリラックス効果もあります。 睡眠前に精神を落ち着かせることで、深い睡眠をとることができるのです。 そのため、寝る前に行うことがおすすめです。 良い睡眠は美肌や疲労の回復など様々な良い効果が期待できます。 疲れているはずなのに神経がたかぶって最近なかなか寝付けない。 という人は簡単なポーズからでいいので是非ヨガを試してみてください。 先ほどあげた美容やダイエットの効果を得るためにも共通して言えることですが、全身の循環を改善し、様々な身体の機能を整えるためにも、深く呼吸をすることを意識して行いましょう。 香りとともにリラックス。 関連記事はこちら👇 寝る前におすすめの9つのヨガポーズ それではおすすめのポーズと、各ポーズの解説に移っていきます。 どのポーズでも鼻から吸って口から吐くという腹式呼吸を意識することが重要です。 自分が深く呼吸をできると感じる気持ちの良い呼吸で行いましょう。 魚のポーズ 腕を背中側に差し込んで行うポーズです。 ベッドに寝た状態のままで行うことができます。 背中から胸にかけてを伸ばすことができるため、デスクワークで肩や首が凝ってしまっているかたにおすすめです。 仰向けに寝転がった状態から肩甲骨を寄せて、手を背中の下に入れて床を押し、両肩を持ち上げます。 この状態で呼吸を行います。 1日の終わりにこのポーズで深く呼吸を行うことで、体内の空気のリフレッシュを計りましょう。 三日月のポーズ 上半身をそらせて三日月の形を作るポーズです。 四つん這いの状態から片足を両方の手の間に置き、その状態から身体を起こします。 腕を天井に伸ばしたら両手を合わせ、そこから身体をめいっぱい伸ばします。 腰痛などがありこのポーズをとるのが辛い場合は、できるところまでで行いましょう。 最初はふらふらしてしまうかもしれませんが、何度か続けているうちにポーズが安定してきます。 胸いっぱいに空気を吸い込めるポーズであると同時に、腰痛の改善も期待できます。 子供のポーズ 正座した状態で上半身を床にべたーっとつけて土下座のような状態になります。 背中と腕が伸びていることを意識しましょう。 身体の伸びを深めたい方は足を少し開いて、身体をその間に入れてみてください。 ヨガのレッスンなどでも休憩やリラックスのために行われるポーズの1つです。 赤ちゃんのポーズ お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんのように身体を丸めるポーズです。 まずは仰向けに寝転がり、両膝を曲げてそれを両手で抱え、寝転がったままでの体操座りのような形になります。 そこから膝と頭を近づけ、背中を丸めます。 ガス抜きのポーズともいわれるこちらを続けていくことで、整腸効果が見込まれます。 とても簡単に行うことができるポーズなので、忙しい夜にも手軽に行うことができます。 合せきのポーズ 床に座った後、ひざを曲げて両足裏を合わせて小指が床につくようにします。 背筋をしっかりと伸ばして姿勢を意識しながら、合わせた足を体に引き寄せ、両方のひざをぱたぱたと揺らします。 その後息を吐きながら状態を前に倒し、背中が伸びていると感じるあたりで深呼吸を繰り返します。 このポーズを行うことで、骨盤周りの循環がよくなります。 デスクワーク等で座りっぱなしの方などは骨盤周りの筋肉が固くなっていることがおおいため、このポーズでほぐしてあげることで冷え性の改善などの効果が見込まれます。 仰向けの合せきのポーズ 合せきのポーズを、上半身を倒して行うポーズです。 合せきのポーズと同じように、骨盤周りの筋肉をほぐし、循環をよくする効果が期待できます。 まず仰向けになり、曲げた両膝を左右に倒して、足の裏通しを合わせます。 両手は楽なところに置き股関節の伸びを感じながら、深呼吸を繰り返します。 呼吸して取り入れた空気を下半身に循環させるイメージで行いましょう。 ワニのポーズ デスクワークなどで固まってしまっている腸をひねって刺激を与え、便秘の改善効果が期待できるのがワニのポーズです。 ベッドに寝たまま行うことが出来ます。 仰向けになり寝転がったのち、左足の膝を立てて足を曲げ、立てた膝を右足の側へ倒します。 この時左肩が床から離れないように注意しましょう。 ポーズを深めたい場合には顔を膝が向いているのと反対の左手側へ倒します。 この状態で深く呼吸を行います。 反対側も同じように行いましょう。 ハトのポーズ ハトのポーズはヨガの代表的なポーズの1つで、広い範囲を伸ばすことができ、身体を温めることができます。 まずは両足先を左に向けて横座りした後左足のつま先を左腕で抱えます。 前ももが伸びていると感じるあたりまで引っ張ります。 余裕がある場合には右手を頭の上からおろし、左手と握手をします。 ポーズが固まったら、腹式呼吸で全身に空気をいきわたらせましょう。 反対側も同様に行います。 このポーズは身体が固いと難しく感じてしまうもののため、痛みを感じるようであればできる範囲で行いましょう。 手をつなぐのが厳しい場合には近づけるだけでも、それも厳しい場合には片足を抱えるだけでも効果的です。 毎日続けていくことでポーズが深められるようになっていくのを実感できるでしょう。 スフィンクスのポーズ スフィンクスのように背中を反らせるポーズです。 こちらのポーズもベッドで寝たまま行うことが出来ます。 両脚を伸ばしてうつ伏せになり、胸の両脇に肘がくるように、両方の肘から下の腕を床につき、上体を起こします。 胸を少し引き上げて、肘に体重をかけて腹式呼吸を繰り返します。 余裕がある場合には左右それぞれの肩に顔をよせて、そこで腹式呼吸を繰り返します。 背骨を伸ばすことができるため、姿勢の改善効果があると言われています。 余裕がある方は、状態をさらに起こすコブラのポーズへと繋げましょう。 おやすみ前に。 おすすめの記事はこちら👇 出典:BECOS公式サイト い草の香りでしっかり気持ちをリラックスさせてくれ、集中力も高まるヨガマット。 い草とPVC素材の2重構造のつくりでクッション性が高く、肘や腰の負担も軽減できます。 うつ伏せになっても、ヨガマット特有のゴム臭さを感じることなく、丸めて持ち運ぶも可能。 邪魔にならないサイズなので、お家でのヨガにぴったりです。 モダンな「い草ラグ」で快適なヨガライフを。 寝る前にヨガを行う際の注意点 寝る前のヨガにはメリットが多くありますが、効果よくヨガを行っていただくためにも、避けていただきたいことがいくつかあります。 特に注意したいことを紹介していきます。 満腹の状態は避ける 食べてすぐにヨガを行うことは、内臓の負担となってしまい身体にダメージを与えてしまいます。 食後1~2時間ほどは避けるか、食事量を調整する等して調整しましょう。 負荷が大きいポーズは行わない 寝る前に激しい運動を行うと、アドレナリンが出て交感神経が優位となってしまい、寝付きが悪くなってしまうと言われています。 リラックスして副交感神経を優位にするためにも、あまりにきついポーズや深め方は避け、自分が気持ち良いと思える範囲でヨガを行いましょう。 まずは寝たまま行えるワニのポーズや赤ちゃんのポーズなどから慣らしていくことをおすすめします。 寝る前のヨガで自分の身体を労わろう 寝る前のヨガによって心身のバランスを整えることで、様々な良い効果があります。 ここで紹介したほかにも様々な効果のヨガのポーズがあります。 ここを改善したい!という場合にはぜひ他のポーズも取り入れてみてください。 関連記事はこちら👇.

次の

疲れた身体をヨガで労ろう 寝る前にオススメのヨガのポーズ5選

寝る 前 ヨガ まりこ

脳と身体の疲労回復• ストレス発散• 身体の成長• 血液の成分生産 人は全く寝ないで活動することは、数週間しかできないそうです。 そして、睡眠習慣の乱れは、ミスの増加、スピードの低下、記憶力の低下などを引き起こします。 つまり、寝るだけでストレスを発散して、体をメンテナンスしてくれる「 睡眠」は、本来とても重要な活動の一つと言えます。 あなたは良い睡眠ができていますか? リラックスヨガを寝る前に行うことで、「良い睡眠」を促してくれるでしょう。 深く眠れたと感じた、寝つきがよくなったと感じる方も。 それでは、早速寝る前におすすめのヨガ動画をご紹介します。 おすすめ動画3選!眠れるヨガレッスン リラックスするためにもゆったりとした呼吸を心がけましょう。 下記動画を参考に毎日1週間行なってみてください! 寝る準備してからもできる!ゆったりヨガ10分動画 ヨガとバレトンで有名なB-lifeのまりこさん 女性でも憧れる素敵な先生です。 最後の方で、両足をあげて膝を伸ばすのが辛い人は、膝を曲げたままやると良いでしょう。 まず必要なのは気持ちが良いと感じること。 痛いは効果をあげにくくしてしまうので、自分の体の声を素直に聞いてくださいね。 良い睡眠で健康になれる 1週間続けてみることは大変ではありません。 簡単な動きが多いので、覚えたら動画をみないで行なってみましょう。 その日できる分だけでよいです。 好きな音楽と好きな香り 気持ちの良い服装 気持ちの良いものを集めて、楽しみましょう。 睡眠は体に必要なものだからこそ、生体リズムやホルモンの働きによって眠くなるのです。 寝ている間に体に、昼間受けたストレスや疲労、考えた脳の休息をとることができます。 そのおかげで翌日も元気に過ごせるのです。 毎日良い睡眠でHappyに!.

次の