もやし 洗う。 もやしって洗う必要ある?

もやし洗う洗わないの答え!その理由とは・・・

もやし 洗う

もやしは洗わないで使っても大丈夫? もやしは、洗って調理した方が良いです。 土が付いているわけじゃないし、見た目も綺麗なのでつい洗わずに使ってしまいがちですが、実はもやしは暗所で栽培されることから日光消毒されることがありません。 その分、大腸菌などの雑菌が繁殖しやすい環境にあるわけなんです。 包装過程で水洗いをしているのですが、食べる前には念の為に流水などできちんと洗っておきましょう。 洗った方がシャキッとしてさらに美味しくなるという意見も。 もやしは歯ざわりが大事ですよね。 炒め物にするときも、もやしはシャキッとした歯ざわりを残すためにも最後に入れますよね。 もし菌がついていたとしても加熱すれば大丈夫なのでは? もしも、買ってきたもやしに大腸菌がついていたとしても、 75度で 1分間以上の加熱で死滅します。 でも、ニュースを見ていても混入事件の多い最近の世の中です。 もやしの袋の中にどんなゴミや虫が混入しているかわかりません。 安心して食べるためにも水洗いした方がいいですね。 洗わない野菜って他にもある? 基本的に皮をむいて調理する野菜は洗わなくても大丈夫ですよね。 ただし、土が付いている場合は洗います。 ジャガイモは皮を剥くけど、とりあえず洗うという人も多いのではないでしょうか。 一見綺麗そうでも、袋から取り出すと土がうっすらと付いていますよね。 やはりあれは洗った方が良さそうです。 洗って皮をむいた後、アク抜きのためにさらに水にさらすというのが正解です。 たわしでゴシゴシ洗って皮付きで食べるのも美味しいですよね。 きのこ類は、香りが抜けるという理由で洗わないという意見も多いです。 生椎茸やしめじなどは、水につけることで香りが流れてしまうので、汚れがきになるときはハケで取ったり、ポンポンと叩いて落とすのがいいですね。 玉ねぎも、皮をむいてしまえば洗わずにそのまま調理します。 生のまま食べるときに、辛味を取るために水にさらすという人もいますが、実は空気に触れさせるだけで辛味は取れます。 玉ねぎも水にさらすことで栄養分が流れてしまいます。 辛味抜きにはバッドに広げておいて、20分ほど放置しておくと水にさらした時と同じくらい辛味が抜けますよ。 しそは、洗わずに使ったほうがシャッキリ感が楽しめます。 汚れが気になるときは、切ってから水にさらし、キッチンペーパーでよく水気を拭き取ってくださいね。 まとめ もやし生産者協会のホームページには、「もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されているので、調理前の水洗いは必要ありません。 」とされています。 消費者も、バーベキューなら洗わずに使うけど、家なら洗う・・・など様々です。 でも、袋に閉じ込められた状態のもやしが、開封したときに少し臭うのが気になる人は洗った方がいいですね。 菌が付着しているということも、無くはなさそうです。 水でさっと洗うことで、シャキッと感が蘇るということもありますよね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

もやしって洗う?

もやし 洗う

もやしは洗うべき?洗わなくても良い? もやしは、値段も安くスーパーやコンビニなど どこでも販売されている野菜であるといえます。 そんなもやしは1袋30~40円程度と値段も安く購入でき、 様々な料理にも使われていますよね。 もやしは必ず冷蔵庫にストックしてある! という方も多いのではないでしょうか。 そんなもやしを調理するときは、洗った方が良いのか、 それとも洗わなくても良いのか・・・ 結論からいうと、 どちらでもOK です。 洗いたいという方は、洗った方が良いですし、 洗うのが面倒という方は洗わなくても良いです。 特に必ず洗った方が良いということはありません。 ちなみに私は もやしは洗う派 です!! 野菜は洗うときに洗うというのが習慣になってしまって、 洗わないと何となく気になるためです。 製品によっても違うのですが、 いつも購入するもやしには、 「使用する前に軽く水洗いしてください」 という表記があります。 ただ、こういった表記があるもやしもありますが、 書いてないもやしも多いですし、 もやしの袋ごと加熱できる商品もあります。 なので、表記があるもやしは念のため軽く水洗いし、 表記がないものに関してはお好みで、 水洗いするか、洗わないか判断して良いかと思います。 ちなみに、もやし生産者協会のHPには 洗わなくて良いという記載がありました。 moyashi. 私のこれまでの経験上、飲食店であっても もやしを油で揚げるなどの調理をする場合は いちいち洗いません。 炒め物にする場合やサラダにする場合は、 サッと洗う人が多かったかなという印象です。 なぜもやしは洗わなくても良いの? もやしによっては、洗わなくて良いと記載されていますが、 結局もやしは加熱食材ですので、 かならず火を通してから食べます。 結局のところ火を通すので、 いちいち洗わなくても 衛生上、問題はない のだと思います。 きのこ類も洗わないで食べられますが、 きのこ類も加熱食材のためです。 生で食べる野菜は、土汚れや農薬の心配もあるので よく洗いますよね。 もやしはそもそも衛生管理された工場内で 栽培されているので、そういった問題もありません。 なので、生産者の方も洗わなくて大丈夫というように いっているのだと思います。 ただ、もやしを洗うことでメリットもあるので、 気になる方は洗ってからお使いください。 もやしを洗うメリット ではもやしを洗うことで何かメリットはあるのでしょうか。 もやしには独特の 青臭さがあります。 もやしは栽培されて、袋詰めされて出荷されますが、 袋の中でも生きて呼吸しているので、 製造日から時間がたつにつれて、 その臭いが強くなります。 これが嫌だという方もいるのですが、 流水で少し洗うだけでもやしの独特の青臭さが とれやすくなります。 さらに気になる方は、もやしを茹でる際に、 お酢と塩を少々いれてから茹でると独特の もやしの臭いがとれやすくなります。 通常、もやしは種子の状態から化学肥料なしで 水だけで育ちます。 そして収穫されたあとでも、 水に漬けると、水を吸ってシャキシャキの もやしになります。 袋の状態で保存しておくと、 消費期限近くは、少ししわっとしてくるのですが、 水につけて保存することで、 シャキシャキのもやしをキープすることもできます。 シャキシャキの食感の方が、 やはり美味しいです。 そのまま茹でてしまうと、こういった余分なものも 一緒に食べることになるのですが、 一度もやしを洗うことで、 余分なごみも取り除けます。 少し面倒ですが、 ボウルにもやしをいれたら、少しずつすくってザルに いれることで、 ボウルに細かいごみが残ります。 このようにもやしを洗うことで、 様々なメリットがあります。 メリットもあればデメリットももちろんあります。 もやしを洗うということを考えれば、 ボウルやザルを洗わないといけない手間が 増えます。 洗わなければ、袋を捨てるだけの簡単な手間です。 私は結構面倒くさがりなので、 洗い物が増えるのはデメリットですね。 ただ、簡単に洗える方法もあるので洗い方の項目で 紹介します。 とはいえ、茹でることでももやしから栄養成分は流出します。 少しでも栄養成分を逃したくないという方は 水で洗わず、そのまま調理した方が良いです。 また、そのまま蒸して料理にすることで、 栄養成分の流出を多少抑えることができます。 なので、もやしを一度洗った場合は、 しっかり水切りをする必要があります。 念入りに行うためには、 ペーパータオルなどを利用すると良いかと思います。 洗うことでこのようなデメリットもありますが、 私はやはりメリットもあるので、洗ってしまいますね。 もやしの洗い方は? もやしはどのように洗えばよいのでしょうか。 1・まずはもやしをボウルにあけます。 そして流水で軽くもやしを洗います。 2・少しずつとって、ひげ根をとりながら 少量ずつボウルにうつします。 ひげ根をとるだけでこれだけ変わります。 2・軽くとじて、2~3回ふります。 3・口をすぼめて、余分な水を捨てます。 これでもやし洗いは完成です。 私は最近はいつも根切りもやしを使っているのですが、 ひげ根をとる手間がなくて かなり楽です。 まとめ 今回は、もやしを洗うか、洗わないかをテーマにして まとめてみました。 もやしを洗う・洗わない派がありますが、 私は洗う派です。 実際は、洗わなくても食べられます。 それは加熱調理することが前提だからです。 そしてもやし生産者でも洗った方が良い、洗わなくて良い という意見が分かれるので、 気になる方は、パッケージを確認してから 調理すると良いかと思います。

次の

もやしは洗う?洗わない?正しいのは○○だった | ガジェット通信 GetNews

もやし 洗う

スポンサーリンク もやしを洗うメリット・デメリット 洗うメリット• 袋内の篭ったもやし臭が取れる• 袋内で繁殖してる可能性のある細菌を取り除ける• もやしに水分が入り込み、食感がよくなる(かもしれない) 洗うデメリット• もやしに水分が付着し、念入りに水切りしないと炒めもの等がべちゃべちゃになる• 洗う作業に手間がかかる いろいろ調べてみたところ、洗う人のほうが多数派のようですね。 味的には、臭いが強い場合には洗えば臭いが落ちますし、もやしに水分が入りシャキシャキした食感になるかもしれません。 ただ、炒めもの等に使う場合は洗わないほうが余分な水分が出ずおいしくできると思います。 一番の問題は衛生面です。 生産工程は水耕栽培で、出荷前に水洗いもされるそうですから、土から採れた野菜ほど不衛生では無いと思われます。 ただ、袋内には水滴が付着していますし、そういった水滴に細菌が繁殖している可能性は高いと思います。 とはいえ、もやしは加熱して食べますし、耐熱性の菌も嫌気性だったり土由来だったりするので、実際に食中毒になる例はほとんど無いと考えられます。 私自身、もやしを洗わずに使っていましたが食中毒になったことはありません。 給食現場などではもちろん洗いますが、家庭で使用する場合は、衛生面に特に気にする時(お弁当に入れる時や、他の人に食べさせる時)以外は好みで良いと思います。 ちなみに、自宅で購入したもやしにはこのように書かれていました。 やっぱり面倒でも洗ったほうがいいかな・・・。 144•

次の