ヒルメナイド。 「ヘパリン類似物質」配合のクリームってどういいの?マツキヨブランド『ヒルメナイド油性クリーム』を実際に使ってみた!

ヒルメナイドをマツキヨで購入※使い方・成分、口コミまとめ

ヒルメナイド

お肌の乾燥に悩む人なら、おそらく殆どの人が名前を聞いたことがある保湿剤「ヒルドイド」。 乾燥した肌のために皮膚科の病院から処方される医療用の保湿剤です。 お子さんの皮膚炎の治療に使っていて、名前や効果を知っているママさんも多いかも。 その保湿力から、乾燥に効く保湿コスメとして口コミで有名になり、一時はオークションサイトにて高値で出品されたりして、ちょっとした騒ぎになりました。 そのヒートアップぶりに一時は保険適用外になるかも!? という噂もありましたが、とりあえず今のところは保険適用内のままです。 医薬品なので、本来必要な人にいきわたらなくなってしまうのは問題。 ですが、実際ヒルドイドで乾燥が治まる人が多かったのは事実だったんですよね。 肌って、薬が処方されるところまで乾燥が悪化してしまったら、元に戻るまでにとても時間がかかるし、その間はかなり辛いです。 できれば薬を処方される前の未病の段階でなんとかしたいところ。 実際わたしも肌の乾燥がどんどん進み、これはマズいという時に、たまたま家族に処方されていたヒルドイドを借りて、最悪のところに行く手前で助かったことがありました。 保湿力抜群のヒルドイドの力を借りて乾燥をケアしたい人は多い。 でもヒルドイドは処方箋が必要な医薬品。 そこで同じように 保湿力があり、処方箋なしでも買える第二医薬品として発売されたのが「ヒルメナイド」です。 ヒルメナイドはクリームとローションの 2種類。 クリームの方の『ヒルメナイド油性クリーム』を最初に見た時の感想は「ヒルメナイドに ……似すぎ!」でした。 代わりに使って欲しいものとはいえ、チューブの色、キャップの色、もう激似です。 容量も同じ 50g。 パッケージに一番大きく書いてあるのは 「乾燥肌を改善し肌本来の姿へ」。 そして使って欲しい症状としては「乾燥肌」「角化症」の文字が。 ヒルドイドに保湿効果があるのは、ヘパリン類似物質が入っているから。 ヘパリン類似物質とは、もともと体内にあるヘパリンという物質と似た成分のことで、 保湿、血行促進、抗炎症の働きがあります。 この3つの働きで、肌の新陳代謝を促してくれるんです。 肌表面を一時的に潤すのでなく、肌が持っている水分保持の力をあげてくれるから、乾燥肌に使うと保湿効果を実感できるんです。 ヒルメナイドのペパリン類似物質の含有量はヒルドイドと同じ 0. ならば、コレはかなり期待できそう。 特徴としては ・肌表面に長くとどまり、外部の刺激から患部を守ります ・赤ちゃんから使える保湿クリームです とあり、ステロイドもエタノールもフリーです。 ヒルメナイド油性クリームを実際に使ってみると、ヒルドイドより少しだけ固めに感じます。 固いというか、少し伸ばしにくいような……。 でもその分、特徴としてパッケージに書いてあったように 「長くしっかり肌に留まってる」感はあり。 そして塗った後は、みちっと潤っています。 そうそう、この持続する潤い感が乾燥肌には効くんですよね。 なんというか安心する感じです。 ヘパリン類似物質のクリームを使ったのは2年ぶりなんですが、やはりこの残るしっとり感、乾燥に悩む人にはなくてはならないものだよなあと実感しました。 ちなみにヒルメナイド油性クリームは50gで税込1,304円。 マツキヨにしか売っていません。 専売です。 ちなみにマツキヨの姉妹店、ぱぱすでももちろん買えます。 近くにマツキヨやぱぱすが無い場合は、オンラインということになりますね。 ヒルドイドはクリームを使って、その保湿力に納得していたので、買うならやはりクリームかなと思っていてのですが、やはり少し伸ばしにくい。 もうすこし塗りやすくならないかなーと思っていたら、ネットに 「ヒルメナイドのクリームとローションを混ぜて使う」という裏技を紹介している人がいて、早速試してみました。 これが非常に素晴らしかったです。 両方出して混ぜる、という手間は増えるけど、塗り心地はクリームとローションのWin-Winという感じ。 塗りやすい! でもほどよく肌に留まる! 基本的には1:1で混ぜればよいのですが、緩めにしたいならローション多めに、クリームを塗りやすくするためだけならほんの少しのローションで伸ばすなど、その時々のニーズに合わせて調節できるのがとってもいい! ちなみに私は最近、指の関節と関節の間が乾燥して、ものすごいシワシワになるのが悩みなんですが、ここにクリームとローション1:1 のヒルメナイドを塗ると、とてもよく馴染んでシワが浅くなり、しっとりし続けてくれます。 香りはないけれど、保湿の持続という点でいえばハンドクリームより優秀です。 最初に買うならクリームかな、と思ったのですが、一度混ぜて使う良さを知ってしまうと、やはりローションも欲しくなります。 ローションも50gで1,304円。 両方買うと2,608円ですが、ちょっとした乳液を一本買うよりお安い金額です。 ひと冬使うと思ったら、コスパはそれほど悪くない。 今マツキヨのサイトを見たら、クリームは80g 1,980円という大きめサイズもありました。 病院で診察を受ける時間、受診料などを考えると、ヒルドイドよりも、マツキヨに行けばいつでも買えるヒルメナイドのほうが、ある意味安いとも思えます。 今までヒルドイドで乾燥が収まっていた、病的な乾燥手前のみなさん、ヒルメナイドは十分すぎるほど代わりになります。 是非試してみてください。

次の

マツキヨで衝撃980円!話題沸騰「ヒルメナイド」の次は高純度「白色ワセリン」が新登場

ヒルメナイド

プチプラからデパコス、海外コスメまで気になったアイテムは何でも試している、日本化粧品検定1級を持つコスメコンシェルジュで美容ライターのLISAです。 数年前、 皮膚科で処方される医療用医薬品「ヒルドイド」を美容目的で使用する女性が増え、国の健康保険財政を圧迫しかねないと大きな社会問題になったことも記憶に新しい昨今。 そのような背景から生まれたのが、有名ドラッグストア 「マツモトキヨシ」のオリジナルブランド「matsukiyo」の 「ヒルメナイド油性クリーム」と 「ヒルメナイドローション」です。 「ヒルドイド」と同じ成分である「ヘパリン類似物質」が配合されているとのことで、発売当初からSNSや美容メディアを中心に話題沸騰! 今回はそんな「matsukiyo」の「ヒルメナイド油性クリーム」と「ヒルメナイドローション」についてご紹介させていただきます。 この記事はこんなあなたにおすすめ• 顔だけでなく手足も乾燥しがちで、一日中保湿クリームが手放せない• 子どもの手足や体の乾燥が気になっており、幼い子に使える乾燥肌用アイテムを探している• 「ヒルドイド」が話題になっていた時期から、同成分で使えるアイテムがないか気になっていた• 「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズの評判を知り、購入を迷っている 季節関係なく、一年を通して乾燥肌である女性の中には、バリア機能が低下し、肌が敏感になっていることから、保湿をしたくてもなかなか自分に合うアイテムに出会えないという方も多いかもしれません。 また自分だけでなく、子どもも乾燥肌体質であり、わが子がつらそうにしている姿を見ると、こちらまでいたたまれない気分になってしまうこともあるでしょう。 そんな 乾燥肌に悩む子どもから大人まで、年齢関係なく使用できるのが「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズです。 美容効果があると話題になった「ヒルドイド」とは? ヒルドイドは、病院で皮膚の乾燥に処方されれる塗り薬です。 小児〜高齢者まで、幅広い年齢層に処方される保湿剤の代表です。 クリーム、ソフト軟膏、ローション、フォームの4つのタイプがあります。 ヒルドイドの作用と効果 皮膚を保湿する作用があり、 乾燥性の症状を軽減します。 また、使用した部位の血行を促進して、血行障害による痛みや腫れも軽くしてくれます。 一般的に、 凍瘡(しもやけ)、瘢痕(できものや傷の治った痕)、ケロイド、指掌角皮症、皮脂欠乏症などの治療に使われています。 ヒルドイドの副作用について 薬には、 効果がある反面、副作用もあります。 ヒルドイドの副作用として考えられる下記のような症状に気付いたら、担当の医師や薬剤師に相談するようにしましょう。 皮膚炎、かゆみ、発赤、潮紅、皮膚刺激感、紫斑など ヒルメナイドに配合の「ヘパリン類似物質」とは? 画像引用: まず多くの方が気になるのが「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズに配合されている 「ヘパリン類似物質」とは、一体何なのか? ということではないでしょうか。 一言でいってしまうと、この「ヘパリン類似物質」には 水分を保つ力があるため、配合することにより高い保湿力が期待できる成分なのです。 そもそも「ヘパリン類似物質」は、 人間の体内にもともと存在する「ヘパリン」に似た成分で、保湿、血行促進、抗炎症作用の働きがあります。 そのため肌表面に長くとどまって肌から水分が逃げるのを防いでくれます。 同時に外部の刺激から肌を守ってくれるため、バリア機能が整った肌本来の姿を取り戻し、乾燥肌の改善へと導いてくれるのです。 ヒルメナイドとヒルドイドの成分を比較 ヒルメナイド ヒルドイド 共通成分 ヘパリン類似物質:0. 3g(100g中) ローション(添加物) グリセリン スクワラン 流動パラフィン ワセリン セレシン サラシミツロウ グリセリン脂肪酸エステル ポリオキシエチレンオレイルエーテル 硫酸Mg パラベン グリセリン 白色ワセリン スクワラン セタノール 還元ラノリン セトマクロゴール1000 モノステアリン酸グリセリン パラオキシ安息香酸エチル パラオキシ安息香酸プロピル カルボキシビニルポリマー ジイソプロパノールアミン クリーム(添加物) ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル グリセリン プロピレングリコール 中鎖脂肪酸トリグリセリド 流動パラフィン スクワラン ジメチルポリシロキサン パラベン エデト酸Na カルボキシビニルポリマー ポリアクリル酸Na ジイソプロパノールアミン グリセリン ステアリン酸 水酸化カリウム 白色ワセリン ラノリンアルコール セトステアリルアルコール セトステアリルアルコール・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ミリスチルアルコール パラオキシ安息香酸メチル パラオキシ安息香酸プロピル イソプロパノール 「matsukiyo」の「ヒルメナイドローション」の口コミレビュー 2019年6月に発売されたばかりの「matsukiyo」の「ヒルメナイドローション」。 こちらの「ヒルメナイドローション」は「ヘパリン類似物質」により高い保湿力が期待できる保湿乳液であると同時に、「ヘパリン類似物質」のみの単一処方であるため、 無香料、無着色、ステロイドフリー、エタノールフリー。 子どもから大人はもちろん、幼い赤ちゃんにも使用していただけます。 パッケージは細口のボトルタイプ。 両側を指先で押すと中身がすっと出てくるため、子どもの力でも簡単に取り出すことができます。 テクスチャーは さらりとした乳液タイプで、伸びも良く、子どもの力でも簡単に気になる部分へと伸ばし、なじませることができます。 また伸ばし終えた後の肌なじみも良いので、べたつきが気になるアイテムが苦手である方はもちろん、子どもの体に塗ってすぐに服を着せてあげることもできそうです。 「matsukiyo」の「ヒルメナイド油性クリーム」の口コミレビュー 2018年に発売されて以来、大人気の「matsukiyo」の「ヒルメナイド油性クリーム」。 お客様からの要望もあり、2019年には大容量サイズも発売されたほど、「matsukiyo」ブランドにおいて欠かせない定番アイテムとなっています。 こちらも「ヒルメナイドローション」同様、「ヘパリン類似物質」のみの単一処方の、 無香料、無着色、ステロイドフリー、エタノールフリーであるため、赤ちゃんから大人まで、年齢問わずに使用することができます。 パッケージはチューブタイプ。 「ヒルメナイドローション」と同じく、指の腹で軽く押すと中身が出てくるため、子どもの力でも簡単に取り出すことができます。 ただ、誤って出しすぎてしまう可能性もあるため、お子様に使用する際は、大人の方が必要分だけ取り出してあげる方が安心かもしれません。 手足の乾燥が気になって、ハンドクリームやボディクリームを使っていましたが、効果がなかったので、医薬品を使ってみようと購入してみました。 しかし、敏感肌で合わないのか、赤いポツポツが出てきてしまい、残念でした。 (油性クリーム・30代女性 敏感肌) 医薬品であると言っても、製品の状態を安定させるためにも、 パラベン(防腐剤)が配合されていたり、その他にも添加物が配合されています。 敏感肌や何か合わない成分が含まれている場合、お肌に異常をきたす場合があるので、その場合は、すぐに中止しましょう。 「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズはこんな肌悩みにおすすめ 乾燥肌の方の心強い味方となってくれる「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズは、基本的に乾燥が気になる、 顔、手足、体への使用が推奨されています。 ただ、その他にも効能・効果として 「ひじ、ひざ、かかと、くるぶしの角化症」「ひび、あかぎれ」「しもやけ(ただれを除く)」など、 肌の乾燥以外にも使用が可能となっております。 そのため乾燥肌の保湿対策はもちろん、ひざやかかとの角質ケア、冬場に起こる手足のひび割れ、かゆみ、粉吹きなど、さまざまな場面で活躍するアイテムです。 また家族で長期の旅行に出かける際、突然、子どもが移動中や滞在先で肌荒れを起こすなどのトラブルに遭遇する状況も珍しくはありません。 もちろん自己判断での使用は控え、医療機関を受診することが第一ですが、「乾燥によるかゆみやひび割れ」など原因がわかる範囲内であれば、これ1本をバッグに入れておくだけでも安心して旅行を楽しむことができるのではないでしょうか。 ヒルメナイドローション&油性クリームの効能効果 手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身、ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛 ヒルメナイドの使い方&保管方法 ヒルメナイドローション&油性クリームの使い方 1日1〜数回、適量を患部に擦り込むか、またはガーゼ等にのばして貼ります。 外用にのみ使用し、小児に使用させる場合は、保護者指導監督のもと使用させるようにしましょう。 ヒルメナイドの保管方法や取り扱い注意事項• 直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管すること• 小児の手の届かないところに保管すること• 他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり、品質が変わるため)• 使用期限を過ぎたら使用しないこと 「matsukiyo」の「ヒルメナイドローション」&「ヒルメナイド油性クリーム」はどこで買える? 肌本来のバリア機能を整え、乾燥肌を改善に導くだけでなく、親子そろって一緒に使える「matsukiyo」の「ヒルメナイドローション」と「ヒルメナイド油性クリーム」は、全国のマツモトキヨシ店舗とにて購入が可能です。 長年、乾燥肌に悩まされているという方は、一度、店舗やネットにてチェックしてみてはいかがでしょうか。 【ヒルメナイドローション】• 内容量 50g• 価格 1,280円(税込) 【ヒルメナイド油性クリーム】• 内容量 50g• 価格 1,280円(税込) まとめ 夏の強い紫外線ダメージにより、これからやってくる秋冬は今まで以上に肌の乾燥が気になりやすい季節となります。 また肌の乾燥は小じわやくすみの原因になるだけでなく、指先のひび割れや体全体の粉吹きなど、さまざまな肌トラブルを起こす原因にも。 長く乾燥肌で悩まされている方はもちろん、子どもの乾燥肌が気になる方や、秋冬になると全身が乾燥しやすくなる方は、ぜひ「matsukiyo」のヒルメナイドシリーズを頼ってみてはいかがでしょうか。

次の

マツキヨで衝撃980円!話題沸騰「ヒルメナイド」の次は高純度「白色ワセリン」が新登場

ヒルメナイド

ヒルドイドとヒルメナイドは、添加物に多少の違いはありますが、 有効成分であるヘパリン類似物質の配合量は同じです。 ヒルメナイドクリームの使い方~顔にも使えるの? ヒルドイドを美容目的で処方してもらう人が増えて社会問題となったのは記憶に新しいですが、 美容目的イコール顔に使うということですよね。 ではマツキヨオリジナルのヒルメナイドも顔に使えるの?というと・・・ 大丈夫、ヒルメナイドも顔に使えます。 また使用の順番ですが、 管理人は どちらも伸ばした後、しばらくベタベタするところも似ていますね。 ただ、本当にヒルドイドはクスリくさいです。 ヒルメナイドを使ってみた感想 管理人がヒルメナイドを夜のお手入れで「顔」「デコルテ」「ひじ、ひざ、かかと」「手の甲」に2週間ほど使用してみて実感したのは、保湿にはかなりすぐれたクリームだということ。 最初に保湿力を実感したのは手の甲。 血管が浮いている手の甲は年齢が感じられてイヤなのですが、 浮き出る血管の太さが、ヒルメナイドを使うようになってから、少し細くなりました。 つまり浮き出にくくなってきた、という感じがします。 コレって結構嬉しい変化です。 顔は毛穴対策を期待しているのですが、すごい変化があったという程ではありません。 ターンオーバーも関係するので、もうしばらく時間がかかるかと思います。 ただ、 鼻の頭の黒っぽい毛穴の数は、明らかに少なくなりました。 それと、• かかと、ひざ、ひじ等、皮膚が厚くて、 カサツキが酷い部位にはぴったりの保湿力。 顔はベタついてもよい夜にはおすすめ。 といった感想も目立ちました。 管理人も同感です。 まとめ マツモトキヨシのオリジナル「ヒルメナイド」は、• マツモトキヨシの店頭または楽天市場のマツキヨ公式サイトで購入が可能です。 ヒルメナイドはヒルドイドと同じ油性クリームで 有効成分であるヘパリン類似物質の配合量も同じ0. 3g 100g中)す。 ヒルメナイドを使って実感したのは、保湿にはかなりすぐれたクリームだということ。 管理人は手の甲に浮き出る血管が少し細くなり、毛穴の数が少なくなりました。 ヒルドイドと使用感を比較しましたが、どちらも、重めでベタつきます。 全身に塗ることが可能ですが、粘膜には塗ってはいけないので、 目や口に入らないように注意が必要です。 口コミでも保湿力が高く評価されている一方、ベタつきと臭いが気になる人も多いようです。 管理人はベタつきは同感ですが、臭いは全然気になりませんでしたよ。 スキンケアにヒルドイドを使ってみたいと思ってる人は、 マツキヨのヒルメナイドを試してみてもいいかもと思います。

次の