凱旋 フリーズ 確率。 ミリオンゴッド神々の凱旋 GOD揃い・フリーズ・確率・恩恵【スロット・パチスロ】

ミリオンゴッド凱旋の、超プレミア3種の確率を計算してみた(※2019/5/28 最終更新済)

凱旋 フリーズ 確率

今回は豊富な演出と一撃性の高さが魅力的なパチスロ「ミリオンゴッド神々の凱旋」の天空の扉について、期待度とハズレなどを中心に特徴をお伝えしていきます。 ホールに導入されて以来、高い人気を維持し続けている「GOD」シリーズの人気機種「ミリオンゴッド神々の凱旋」。 ここでご紹介する天空の扉という演出は、前作から存在している高期待度の演出となります。 天空の扉の恩恵はとても強力なものとなっていますので、獲得枚数に大きく影響を及ぼす重要なものとなっていますよ。 そんな重要演出の特徴を、通常時とGG中の状況別に分けてまとめていきます。 是非こちらの記事で天空の扉の概要を知っていただき、「ミリオンゴッド神々の凱旋」で大量の出玉獲得を目指してみてください。 この記事に書かれていることは…• 上記画像の天空の扉は、通常時やGG中に出現する期待度の高い演出の一つです。 恩恵としましては、GOD揃いもしくは赤7揃いなどの確定役の成立チャンスとなっていますよ。 天空の扉は2種類のパターンが存在していて、通常の赤扉と期待度の高い金扉に分かれています。 この演出が出現するタイミングは、レバーオンと同時もしくはボタンプッシュの2種類となっていますので覚えやすいですよね。 前作までの「GOD」シリーズにもこの天空の扉演出は存在していました。 「ミリオンゴッド神々の凱旋」に関しては、天空の扉の期待度は通常時の方が高くなっているようです。 新たな演出パターンも加わっていますので、「GOD」シリーズファンにはたまらない演出になっていますよ。 「ミリオンゴッド神々の凱旋」の基本スペック それでは天空の扉について詳しくご紹介する前に、まずは「ミリオンゴッド神々の凱旋」の基本スペックをお伝えしていきます。 こちらの基本情報を踏まえながら、いかに天空の扉演出の期待度が高いのかを感じてみてください。 5 GOD揃いと赤7揃いがプレミアムボーナスになっていますね。 上記の確率を踏まえながら天空の扉演出の期待度などをご覧になっていってください。 それでは通常時とGG中の赤7揃いとGOD揃いの当選確率をご覧ください。 天空の扉出現時の当選確率 通常時 赤7揃い 21. 88% GOD揃い 16. 41% GG中 赤7揃い 25. 00% GOD揃い 18. 75% 総合的な当選確率 通常時 38. 29% GG中 43. 75% 確率だけ見るとGG中の方が期待度が高くなっていますが、ハズレパターンもありますので実践上では通常時の方が期待度が高いと思いますよ。 天空の扉の確定パターンについて 「ミリオンゴッド神々の凱旋」の天空の扉演出には、確定パターンが存在しています。 当然ですが確定パターンの出現度は低く設定されているため、かなりのレア演出となっていますよ。 ですのでこの演出が見れた人は幸運の持ち主だと言えそうですね。 それでは確定演出をパターン別にご紹介していきます。 天空の扉の確定演出 演出パターン 示唆内容 天空の扉が金色に変化 GOD揃いが確定となるプレミア演出です。 天空の扉&左7(通常時) GOD揃いがほぼ確定となるレア演出になります。 上記が天空の扉の確定パターンとなります。 GOD揃いの確率は基本スペックでお伝えした通り、かなり厳しい数字になっていますので金扉の出現はテンションが上がると思いますよ。 是非このプレミア演出の出現に期待しながらプレイしてみてくださいね。 しかしプレミアの確定演出ではない場合は、ハズレというケースも存在しています。 せっかく天空の扉演出が出現した場合は、早めに当選かハズレなのかを判断したいですよね。 この場合は液晶画面の出目とリールに注目してみてください。 2種類のパターンで成立役を判断することができるようになっているんです。 それではパターンの特徴をご覧ください。 パターン 成立役 左7停止時 GOD揃いもしくはハズレとなります。 左1、3、5停止時 GOD揃いもしくは赤7揃い、またはチャンス目です。 こちらのパターンの法則崩れが起きた場合は、確定演出となります。 天空の扉演出にもハズレパターンが存在していることを覚えておいてください。 上記でもお伝えした通り通常時の赤扉が金扉に変化した場合は、GOD揃いが確定するプレミア演出です。 ただし赤扉の期待度も高くなっていますので、まずは状況別の対応役をご覧ください。 以上が赤扉と金扉の対応役となっています。 GG中でもプッシュボタンを経由した場合は、その時点で赤7揃いもしくはGOD揃いが確定となるので期待が持てますね。 金扉のGOD揃いだけというのはもちろん魅力的な恩恵になっています。 しかしGG中(プッシュボタンを経由した場合)とG-STOP中の赤扉にもかなり期待が持てますね。 やはり天空の扉は高期待度の演出となっていますよ。 天空の扉(赤)の信頼度について 「ミリオンゴッド神々の凱旋」では天空の扉に新たな演出が加わりました。 その演出は第一ボタンを押した後のフリーズとなっています。 このように新しく演出が加わっているので、従来の「GOD」シリーズの天空の扉(赤)に比べると今作は信頼度が若干低くなっています。 当然ですが演出の種類が豊富になれば、期待できる演出自体の信頼度は下がってしまいます。 特にGOD揃いに関しては、一日に複数成立しただけでラッキーと言える確率です。 ですのでたしかに若干ですが信頼度は低くなりましたが、そもそもの確率も厳しく設定されていることを忘れないでください。 決して天空の扉がハズレの多い演出となった訳ではありませんよ。 平均的な数字では4~5回に1回、赤7揃いもしくはGOD揃いが成立すると覚えておいてくださいね。 天空の扉は通常時やGG中に出現する期待度の高い演出となっています。 赤扉と期待度の高い金扉に分かれているこの演出は、GOD揃いと赤7揃いの確定役が成立するチャンスです。 特に金扉はプレミアム演出で、恩恵はGOD揃いとなっていますよ。 この強力な恩恵は是非あやかりたいものですよね? ただし天空の扉にもハズレが存在していますので注意が必要となっています。 ですが高期待度の演出には変わりありません。 この天空の扉演出をきっかけに「ミリオンゴッド神々の凱旋」の完全制覇を目指してみてください。 その際にこちらの記事が少しでもお役に立てれば幸いです。 最後まで目を通していただきありがとうございました。

次の

スロット6号機 ロングフリーズ恩恵・強い機種ランキング|確率・発生契機・期待枚数

凱旋 フリーズ 確率

【設定変更時は天井が短縮される可能性あり】 設定変更時は設定に応じて510G・1000G・1480Gから天井ゲーム数を決定。 リセット時に1480Gが選ばれた場合は、設定4以上かつ設定5・6の可能性も高まるので覚えておこう。 リセット時に1480Gが選ばれた場合は、設定4以上かつ設定5・6の可能性も高まるので覚えておこう。 ストックあり時のG-ZONE中は突入時の振り分けで前兆ゲーム数を決定する。 2〜4Gでの告知がメインとなる。 [連チャンB時] G-ZONE込みで最大32Gの前兆となり、ストックあり時の約4分の1で選ばれる。 4G(G-ZONE最終ゲーム)、12G、32G目での告知がメイン。 履歴による抽選は『同小役が3連続以上』or『履歴内に特定役を2回以上』でおこなわれる。 「小役履歴による抽選まとめ」 [青7] 見た目上に青7が揃ったときに表示され、3連以上でGGまたはG-STOPを抽選。 3連でG-STOPを抽選し4連で確定。 5連以降はGG+G-STOPが確定となる。 [黄7] 見た目上に黄7が揃ったときに表示され、3連以上でGGを抽選。 3連でGGを抽選し4連で確定。 5連以降はGGをストックする。 [宝石(特殊役)] 赤7フェイクor特殊SP(中段に赤7・赤7・GOD)が揃ったときに表示し、履歴内の表示個数に応じてGGを抽選。 状態を問わず、履歴内に2or3個表示でGGを抽選し、4個以上ならGG確定となる。 [赤7] 赤7成立時に表示され、履歴内の表示個数or赤7の連続回数に応じてGGを抽選。 状態を問わず、履歴内に2個でGGが抽選され、3個以上or2連以上でGGが確定する。 ただし、赤7入賞時は必ずSGGへ移行するため、基本的にSGG中がメインとなる。 [GOD] GOD成立で表示され履歴内の表示個数に応じて、GGを抽選。 状態問わず、履歴内に2個以上表示をすればGGが確定する。 滞在中に停止する絵柄は『1・3・5・7(奇数絵柄)』、『V』、『S』、『鏡』の7種類。 各停止ボタンを押した時に停止絵柄を抽選し、最終的に『3つ同じ絵柄』or『リーチ目(特定絵柄の組み合わせ)』が停止すればGG当選となる。 また、HOLD時の次ゲームはG-STOPのゲーム数は減算されない。 ただし、第1停止時が鏡以外なら、第2停止以降は鏡が消去され、残った数字が均等な振り分けで抽選される。 「グループと鏡の抽選解説」 G-STOP突入時の成立役を参照して『Vグループ(1・3・5・V・S)』or『7グループ(1・3・5・7・S)』のどちらかを決定。 さらに、『1・3・5』の数字の中から鏡へ変化させる抽選もおこなわれ、当選すれば1〜3個の絵柄が鏡に変化する。 鏡出現時は必ずボタン演出を伴うのも特徴! 「鏡の有無による抽選の流れ」 [鏡なし時・第1〜第3停止までの抽選] 例えば『1・3・5・V・S】が選択された場合、5つの数字を5分の1で抽選。 GG中の突入なら数字のグループ抽選時に選択される『鏡低確』or『鏡高確』によっても変化する。 また、滞在中に赤7やGODを引いた場合はこの抽選をおこなわずにG-STOPが終了する。 「数字グループ一覧」 大きく分けて『7絵柄グループ』と『V絵柄グループ』の2種類が存在。 鏡高確や開始時にレア役が成立していれば必ず鏡が1つ以上あるグループが選択される。 次ゲームで中絵柄のみを再抽選し、HOLDした絵柄と同じ絵柄が停止すればGGに当選。 そのため、裏天国から転落するまでGGストックを獲得できるチャンスだ。 【表モードと裏モードの2つでGG当選率を管理】 モードには表(8種類)と裏(3種類)があり、全状態(通常時やGG中)を通して小役によるGG当選率に影響。 それぞれ独立して昇格や転落が抽選されるため、表は下位でも裏は上位に滞在…といったケースもある。 各モードともに小役で移行抽選をおこない、それぞれで契機役が異なる。 「表モードの特徴」 低確1…GG当選率が最も低い 低確2…『低確1』と同じくGG当選率は低いが、『通常』へ移行しやすい 通常…低確よりもGG当選率が高く、『天国準備』へ移行しやすい 天国準備…GG当選率は低いが、『天国ショート』へ移行しやすい Vモード…GG当選率が高く、当選すれば3セット以上が確定。 液晶に『V』が出やすい 天国ショート…GG当選率は高いが、転落しやすい 天国ロング…GG当選率が高く、転落率も低い 超天国…最もGG当選率は高いが、転落しやすい [表モード中のおもな移行契機] 〈昇格契機〉 ・右上がり黄7 ・中段青7 ・中段黄7 〈転落契機〉 ・ハズレ ・上段青7 「裏モードの特徴」 裏モードは低確・天国準備・天国の3つで構成され、GG抽選は天国滞在時にしかおこなっていない。 通常時に天国まで昇格した場合はGG当選まで転落しない特徴がある。 低確…最も滞在するモード 天国準備…『天国』への移行に期待 天国…GG当選率が高く、GG当選まで転落しない(通常時のみ) [裏モード中のおもな移行契機] 〈昇格契機〉 ・右上がり黄7 〈転落契機〉 ・ハズレ ・上段青7 【通常時のステージでは表モードを示唆】 通常時のステージは5種類あり、滞在しているステージで表モードやGGの前兆を示唆。 基本的には、ペイレネの泉・ヘスペリデスの園・カドメイアの遺跡の3ステージを周回し、アクロポリスの丘やパルテノン神殿に移行すれば上位の表モードやGG前兆のチャンスとなる。 その際は、表モードの天国以上もしくはGGストックありが確定する。 【表モードの移行契機は中段青7がメイン!】 表モードの移行抽選は小役でおこなわれ、中段青7が昇格のメイン。 「表モードの移行率まとめ」 通常時のモード移行率は設定2・4・6が同一。 大きな設定差はないが奇数かつ高設定ほど上位モードに行きやすい(本前兆中は全設定共通)。 通常時は通常以下だとGG当選が厳しいため、天国以上へモードを上げつつレア役を引けるかがGG当選への肝となる。 消化中は、おもに小役によるセット数上乗せでGGを継続させていき出玉増加を目指す。 また、通常時・GG中を問わずGGに当選(ストック獲得を含む)した場合は、ループストックによるセット数ストック抽選がおこなわれる。 「GGの性能」 1セットのゲーム数…100G 1Gあたりの純増…約3. 0枚 「GGストック獲得契機」 [モード(表と裏)によるストック抽選] 通常時から引き継がれているモード(表8種類と裏3種類)と成立役に応じて、GGストックを抽選する。 [小役履歴によるストック抽選] 小役の連続回数や特定役の複数回入賞など液晶上の小役履歴に応じてストックを抽選する。 [G-STOPによるストック抽選] 青7や3枚役の連続入賞を契機に抽選され、突入後の流れは通常時と同様。 5G間に絵柄揃いやリーチ目などを表示させればストックを獲得できる。 【GG中も小役を契機にモードが移行】 GG中のモード移行率に設定差はナシ。 中段青7や共通右上がり黄7がモードアップのメインとなる。 「小役履歴による抽選まとめ」 [青7] 5連以降…G-STOP確定(3・4連時の抽選はナシ)。 [黄7] 5連以降…GGをストック(3・4連時の抽選はナシ)。 [宝石(特殊役)] 赤7フェイクor特殊SP(中段に赤7・赤7・GOD)が揃ったときに表示し、履歴内の表示個数に応じてGGを抽選。 状態を問わず、履歴内に2or3個表示でGGを抽選し、4個以上ならGG確定となる。 [赤7] 赤7成立時に表示され、履歴内の表示個数or赤7の連続回数に応じてGGを抽選。 状態を問わず、履歴内に2個でGGが抽選され、3個以上or2連以上でGGが確定する。 ただし、赤7入賞時は必ずSGGへ移行するため、基本的にSGG中での抽選がメインとなる。 テーブルに応じてループ率が決まり、ストックが抽選される。 【シナリオに応じてストック期待度を示唆】 G-ZONE中の5G間は30種類から選択されたシナリオに沿って、奇数テンパイ率や鏡の出現率などが変化。 上位のシナリオなら奇数テンパイ時に鏡を伴うなど強めの演出が頻発しやすい。 滞在中に赤7が揃えばGGを1セット獲得+16Gがリセットされる。 レア役成立時はGGストック抽選や『メデューサモード』への移行を抽選。 また、滞在中のGGストック獲得時はSGG専用のループストックの振り分け抽選がおこなわれる。 1セットのゲーム数は10G・20G・30G・無限(即告知)・無限(後告知)があり、10〜30Gと即告知は次ゲーム、後告知なら最終ゲーム後からメデューサモードに突入する。 「SGG-EXの概要」 GGのストック確率が約3分の1まで上昇するSGGの上位版(見た目上の変化はナシ)。 メデューサモード中はレア役でもリセット抽選+リセット時のEXへの移行抽選が優遇される。 決定したテーブルに応じてループストックの継続率振り分け抽選がおこなわれる。 「GG当選時・残りゲーム数別のテーブル」 SGG-EX中のストックはすべてテーブル0を選択。 SGG中は0G、メデューサなら0G・7G・11Gでのループストック振り分けが優遇されるテーブルが確定する。 ゼウスorポセイドンステージは移行すればGGストックありが確定するうえ、2セット連続で同一ステージならGGストックあり+天国ショート以上となる。 「2セット連続同一ステージ時の示唆内容」 ポセイドン…GGストックあり+表モードが天国ショート以上 ゼウス…GGストックあり+表モードが天国ロング以上 「ゼウスステージの特殊パターン」 ゼウスの左手にハーデスの仮面が出現すれば、天国ショート以上+GGストック5個以上が確定。 2セット連続で出現すれば超天国+GGストック5個以上となる。 流れる抽選は、GG消化中は残り50G以上の押し順ナビなし青7成立時におこなっている。 「歓喜の歌の発生条件」 1…獲得枚数表示が10000枚を超えた状態 2…GG開始時にオリンポスステージが選択 3…GG開始時にアメイジング・グレイスが流れない 4…GGストックなしor10個以上 4つの条件をすべて満たしている時のGG開始時or消化中に変化。 歓喜の歌が流れると残りGGストックが0or10個以上となる。 ユーザー口コミ・評価詳細 ミリオンゴッド-神々の凱旋-• 天国と地獄。 自分の運とヒキ次第。 弱気で打つと負けるし、強きで打ってもハマり、、、、なんか、人生に似ていると、自分は思う。

次の

【ミリオンゴッド凱旋】レアsinの出目・恩恵・やめどき

凱旋 フリーズ 確率

出玉もその時は約3300枚と、GOD2回の割にはしょぼかった) 以下、上記3種の現象が起きる確率を計算してみます。 (スミマセン) その確率は、 SGG (平均継続ゲーム数を24Gと仮定)のうちに押し順不問赤7を引く確率:0. 3回に1回。 3% (SGG 333回に1回) <追記>宇宙ステージになる条件は、GOD中のSGGの他、SGG中のGODでもどちらでも良いようなので、それも併せて考えてみます。 GODステージ100ゲーム中にSGGを引ける確率は、・・・いや、よく考えたらややこしいぞ(汗) というのも、赤7以外にもG-StopからのSがあるからです。 うち、S当選の振り分けも微妙に違う可能性も・・・ちゃんと調べてからじゃないと正確な確率は出せません。 その場合は、GODステージ中に引ける確率は2. GOD約40. 5回に一回 GOD in SGG と、SGG in GOD を合わせた確率が、宇宙ステージ(ツァラトゥストラのBGMが流れる)確率だと言えそうです。 これも含めたら、上記の「GOD=100ゲーム中」という前提は正しくない事になります。 (実際にはもう少し引ける確率は上がりそうです) 通常時のGODが100ゲーム、GG中のGODを平均150ゲームとし、それらが1:1で起きると仮定し、通常時・GG中を含めたGODステージの平均ゲーム数を125ゲームとしてみましょう。 なのでこちらの確率を元に計算してみました。 (私はてっきりベートーベン作曲かと思っていましたが、ヘンデルのようですね。 (一回目は、あれが凱旋初打ちだったと思います。 午後10時ぐらいに、養分みたいに遊び打ち的な事をして、「おっ、なんだかわからないけど黄色7が連続して光ってるぞ?いいことあるのかな?」ぐらいにしか思いませんでした。 その後なんだか分からないままGG6連して閉店終了に・・・勿体ないw) 平均出玉性能で言えばGOD2発分に近いSGG-EXが一番引きやすいとは・・・あっ!!忘れてた! ただEXを引けば良いというものじゃないんだ。 継続してこそ・・・そうでなければ、爆乗せできませんからね。 (だいたい、強チャンス目3回分です) は~、凝り性なのか必死こいて計算してしまった。

次の