独自ssl レンタルサーバー。 SSLとは?SSL対応のレンタルサーバーを比較!

独自SSL|レンタルサーバーならConoHa WING

独自ssl レンタルサーバー

ssl-xserver. ssl-netowl. sakura. ですので、SSLとしては暗号化される、安全なページになるのですが、 ユーザーからしてみれば、 ドメインが変わった事で、とまどってしまう場合も考えられます。 解る人から見れば、何の問題も無いのかもしれませんが、 知らない方にとっては、不信感がでて、 もしかしたら、フィッシング詐欺?と、誤解を招く事もあるかもしれません。 そういった意味では、共有SSLは、更新手続きも必要ありませんし、 コスト(費用も掛かりません)ので、 非常に助かるのですが、信頼性と安心感を与えるSSLが、 逆にデメリットになってしまう場合があります。 とは言っても、独自ドメインも一部入ってる事もありますし、 あまり深く考えなくても良いかもしれません。 ですが、ECサイトや、重要な個人情報を扱うサイトでは、 独自SSLを使うのがほとんどになるようで、 当然、独自ドメインのSSL証明書になる訳です。 また、共用レンタルサーバーによっては、 他社で「SSL証明書」を取得出来ない!持込が禁止の場合が多いです。 他社で扱ってる「SSL証明書」が必要であれば、 レンタルサーバーの選び方も変わってきます。 共用SSLの現状 身元保証の信頼性が取れない 独自ドメインの利用ができない 携帯電話対応ができない 「Cookie」による盗聴が懸念されている と、デメリットがあるのですが、その中でも 共用SSLの利用で、よく話題にあがる 「 同サーバー利用者によるCookieの盗聴」で、 「第三者に盗聴される恐れがある」と、指摘されています まぁ、だれでも簡単に!とはならないが、悪意のある方にとっては簡単かもね この様なデメリットがあることもあって 「お問い合わせ フォーム」等で、共用SSL対応になっているものを たまにx2、見ることはもありますが、 基本的には、あまり使われていないのが現状かもしれませんね! 最近は、独自SSL化が進み、 個人運営でも、「常時SSL」として運営されている方が増えている感じだね!.

次の

独自SSLについて / セキュリティ / マニュアル

独自ssl レンタルサーバー

ご利用方法 お名前. com「レンタルサーバー」の設定完了後、レンタルサーバー契約管理ツール「お名前. com Navi」よりお申込みいただけます。 STEP 1 [レンタルサーバー] プラン名を選択• STEP 3 クイック認証SSLを選択し[次へ]• STEP 4 必要情報入力し [確認] ご利用料金 料金 初年度合計金額 価格:24,000円 (取得代行費用+独自SSL費用) 次年度以降更新費用 19,800円• 「www. ドメイン名」• 企業認証SSLをご希望のお客様 「お名前. com」では、企業認証SSLもご用意しております。 企業認証SSLは、法人サイトで多く使われている認証方式です。 組織名が記載されたサイトシールが発行されるため、企業・団体が法的に実在していることを証明することが出来ます。 ご利用方法• STEP 1 お申込みフォームより お申込み• STEP 2 GMOグローバルサインより お電話で在籍確認• ご利用料金 料金 1年間 54,000円•

次の

レンタルサーバー選び 独自SSLは必要?

独自ssl レンタルサーバー

ssl-xserver. ssl-netowl. sakura. ですので、SSLとしては暗号化される、安全なページになるのですが、 ユーザーからしてみれば、 ドメインが変わった事で、とまどってしまう場合も考えられます。 解る人から見れば、何の問題も無いのかもしれませんが、 知らない方にとっては、不信感がでて、 もしかしたら、フィッシング詐欺?と、誤解を招く事もあるかもしれません。 そういった意味では、共有SSLは、更新手続きも必要ありませんし、 コスト(費用も掛かりません)ので、 非常に助かるのですが、信頼性と安心感を与えるSSLが、 逆にデメリットになってしまう場合があります。 とは言っても、独自ドメインも一部入ってる事もありますし、 あまり深く考えなくても良いかもしれません。 ですが、ECサイトや、重要な個人情報を扱うサイトでは、 独自SSLを使うのがほとんどになるようで、 当然、独自ドメインのSSL証明書になる訳です。 また、共用レンタルサーバーによっては、 他社で「SSL証明書」を取得出来ない!持込が禁止の場合が多いです。 他社で扱ってる「SSL証明書」が必要であれば、 レンタルサーバーの選び方も変わってきます。 共用SSLの現状 身元保証の信頼性が取れない 独自ドメインの利用ができない 携帯電話対応ができない 「Cookie」による盗聴が懸念されている と、デメリットがあるのですが、その中でも 共用SSLの利用で、よく話題にあがる 「 同サーバー利用者によるCookieの盗聴」で、 「第三者に盗聴される恐れがある」と、指摘されています まぁ、だれでも簡単に!とはならないが、悪意のある方にとっては簡単かもね この様なデメリットがあることもあって 「お問い合わせ フォーム」等で、共用SSL対応になっているものを たまにx2、見ることはもありますが、 基本的には、あまり使われていないのが現状かもしれませんね! 最近は、独自SSL化が進み、 個人運営でも、「常時SSL」として運営されている方が増えている感じだね!.

次の