田中 真由美。 あおば法律事務所(弁護士・田中真由美) 【熊本市の離婚・慰謝料で評判の良い弁護士】

公明党 箕面市議会 田中まゆみ

田中 真由美

ダウン・バイ・ザ・サリー・ガーデンズ 3. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア 4. ロスト・イン・パラダイス 5. レット・イット・ビー・ミー 6. マイ・レヴァリー 7. ローズ 8. イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ・オブ・ザ・モーニング 9. アメイジング・グレイス 10. この素晴らしき世界 11. 耳元で語りかける独特のでジャンルを跨ぐ名曲群は心のバラードと化す! C RS 「クワイエチュード」、空間が非常に美しく構成されたアルバムだという印象を、まず受けました。 得てしてジャズのアルバムでは、どれだけ音数で演奏を埋めるかが競われた時代もありましたが、 このアルバムはそれを逆手に取ったかのように、まるで空気をたっぷり含んだ生クリームの如く ヴォーカルと各楽器が心地よいバランスで耳に伝わるというよりも、身体全体を包み込みます。 また、リズムを刻み続ける楽器もないことから、いつの間にか時間から解放された場所に身を置く 自身を感じることが出来ました。 そういった意味では、田中真由美の"癒しのヴォイス"と相まって、真のヒーリングサウンドが 奏でられたアルバムに仕上がったのではないでしょうか。 選曲も多岐に渡り、往年の名曲に加え、脇役のような形で語られていた曲にもスポットライトを 当てる辺りも、作り手の優しい気持ちが込められているように思えました。 しっかりと書き込まれたライナーノートを読みながら、「癒し」「侘び寂び」を感じながら聴きました。 1日の疲れを癒しながら一人で静かに聴くことで、穏やかな気持ちになれました。 1970年代後半のハイエンドオーディオにCDプレーヤーをつないで聴いていますが、さすが最新の録音だけあって、こんなに音が入っているのかと感動しました。 アナログ盤だと聴くたびに擦り減っていくので、聴くのにもっと緊張するかと思いますが、パーカッション、リュート、真由美さんの息づかいまで、もっとよく聴こえるかもしれません。 7曲め「The Rose」辺りからラストの「Good Night」まで特にゆったりとした気分になりました。 眠ってしまうには惜しい音楽です。

次の

田中真由美 / TOKYO LOVERS

田中 真由美

実際、事務所内には緑のインテリアや植物をあしらい、机も木目調に。 相談者への接し方も含めて、話しやすい雰囲気づくりに努めています。 法律事務所には近寄りがたいイメージがあるかもしれませんが、気軽にお越しください。 離婚に関する初回相談は30分間無料です。 なお、男女各1名の弁護士が在籍しているため、相談を受ける弁護士の性別もご指定いただけます。 じっくり話を聞いて、親身に相談にのる 私は、若い方からご高齢の方まで、また男女双方から多数の離婚案件のご依頼を受けてきました。 その内容は「離婚したい」「子どもの親権を取りたい」「養育費がほしい」「慰謝料を請求したい」「財産分与を請求したい」「年金分割を求めたい」「離婚したいが、相手からの暴力が怖い」などさまざまです。 依頼者のご希望や状況をふまえて、最適な解決をめざします。 また、離婚で悩んでいる方は多かれ少なかれ心身に傷を負っておられます。 だからこそ、私は依頼者の気持ちによりそうことを大切にしています。 法律的には直接関係のない悩みについても、親身に相談にのるように心がけています。 打ち合わせの際もじっくり話をお聞きしますので、小さな不安や疑問も遠慮せずにご相談ください。 交渉の場合,代理人である弁護士が相手方との対応の窓口になります。 本人は相手方と直接交渉せずにすみます。 これは第三者の調停委員が間に入って、解決をサポートする制度です。 この段階で弁護士に依頼するメリットは数多くあります。 まず、弁護士がポイントをおさえた申立書を作成します。 また、調停に同席して、調停委員に対して的確な主張や反論をすることをサポートします。 特に調停委員の姿勢に疑問を抱かれるような場合は心強い味方になるでしょう。 さらに法的実務的に妥当な落としどころがわかるので、(相手次第ですが)調停がまとまりやすくなります。 私は依頼者の想いをくんで、裁判官に依頼者の思いが届くように努力をします。 その過程そのものが、解決に向けての納得の手続となります。 裁判でも、判決まで争うのか、和解協議で解決するのか、状況に応じて判断もできます。 不貞行為(不倫)が原因の場合、請求金額の目安は200~300万円程度です。 しかし、相手が浮気を否定している場合、その事実について慰謝料を請求する側が立証しなければなりません。 ご相談のケースに応じて、どのような証拠があり得るか、証拠収集について的確なアドバイスをすることができます。 なぜなら裁判に移行したとき、写真や診断書が重要な証拠になるからです。 場合によっては警察に被害届を提出し、地方裁判所に保護命令を申し立てることも検討します。 状況次第で一時保護施設に入ったり、住所を隠して別居したりすることも検討します。 現在の日本の法制では、離婚した場合片方の親だけが親権者となります。 離婚の前に別居するのであれば、離婚という将来を見越して、子どもの親権者をどうしたいのか、しっかり考えてください。 ケースに応じた適切な対応をアドバイスします。 なお、浮気や収入は親権の判断と別問題です。 無職無収入でも条件次第で正当に親権を主張できるので、あきらめる必要はありません。 離婚後、子どもを監護していない親が、監護している親(通常は親権者)に支払う義務があり、子どもの人数・年齢、両親の年収などに応じた算定基準が定められています。 もちろん、その算定基準にしばられず当事者同士で自由に合意することもできます。 離婚しても、親子が交流することは、子どものために認められるべきものです。 円滑な面会交流を実現するため、場合によっては家庭裁判所の調停も利用できます。 子どもの養育費と面会交流とは別のものですので、養育費を払わなければ会わせないというような対応は問題です。 田中真由美弁護士からのアドバイス 離婚準備も含めて、早期に弁護士へ相談を 離婚を考えている方は早めに弁護士へ相談することをおすすめします。 上に記した離婚問題のポイントも、重要なものを抜粋しているだけで、他にも検討すべき課題は多くあります。 法的な権利義務の問題になる部分も、その人ごとに具体的に検討しなければ、適切に解決することは難しいものです。 私は、常に相談者のおかれた状況に応じて、適切なアドバイスをするよう心がけています。 初回相談は無料なので、気軽にお問い合わせください。 離婚までの道筋、離婚後の見通しや問題点を把握すれば、きっと悩みも軽くなると信じています。

次の

あおば法律事務所(弁護士・田中真由美) 【熊本市の離婚・慰謝料で評判の良い弁護士】

田中 真由美

実際、事務所内には緑のインテリアや植物をあしらい、机も木目調に。 相談者への接し方も含めて、話しやすい雰囲気づくりに努めています。 法律事務所には近寄りがたいイメージがあるかもしれませんが、気軽にお越しください。 離婚に関する初回相談は30分間無料です。 なお、男女各1名の弁護士が在籍しているため、相談を受ける弁護士の性別もご指定いただけます。 じっくり話を聞いて、親身に相談にのる 私は、若い方からご高齢の方まで、また男女双方から多数の離婚案件のご依頼を受けてきました。 その内容は「離婚したい」「子どもの親権を取りたい」「養育費がほしい」「慰謝料を請求したい」「財産分与を請求したい」「年金分割を求めたい」「離婚したいが、相手からの暴力が怖い」などさまざまです。 依頼者のご希望や状況をふまえて、最適な解決をめざします。 また、離婚で悩んでいる方は多かれ少なかれ心身に傷を負っておられます。 だからこそ、私は依頼者の気持ちによりそうことを大切にしています。 法律的には直接関係のない悩みについても、親身に相談にのるように心がけています。 打ち合わせの際もじっくり話をお聞きしますので、小さな不安や疑問も遠慮せずにご相談ください。 交渉の場合,代理人である弁護士が相手方との対応の窓口になります。 本人は相手方と直接交渉せずにすみます。 これは第三者の調停委員が間に入って、解決をサポートする制度です。 この段階で弁護士に依頼するメリットは数多くあります。 まず、弁護士がポイントをおさえた申立書を作成します。 また、調停に同席して、調停委員に対して的確な主張や反論をすることをサポートします。 特に調停委員の姿勢に疑問を抱かれるような場合は心強い味方になるでしょう。 さらに法的実務的に妥当な落としどころがわかるので、(相手次第ですが)調停がまとまりやすくなります。 私は依頼者の想いをくんで、裁判官に依頼者の思いが届くように努力をします。 その過程そのものが、解決に向けての納得の手続となります。 裁判でも、判決まで争うのか、和解協議で解決するのか、状況に応じて判断もできます。 不貞行為(不倫)が原因の場合、請求金額の目安は200~300万円程度です。 しかし、相手が浮気を否定している場合、その事実について慰謝料を請求する側が立証しなければなりません。 ご相談のケースに応じて、どのような証拠があり得るか、証拠収集について的確なアドバイスをすることができます。 なぜなら裁判に移行したとき、写真や診断書が重要な証拠になるからです。 場合によっては警察に被害届を提出し、地方裁判所に保護命令を申し立てることも検討します。 状況次第で一時保護施設に入ったり、住所を隠して別居したりすることも検討します。 現在の日本の法制では、離婚した場合片方の親だけが親権者となります。 離婚の前に別居するのであれば、離婚という将来を見越して、子どもの親権者をどうしたいのか、しっかり考えてください。 ケースに応じた適切な対応をアドバイスします。 なお、浮気や収入は親権の判断と別問題です。 無職無収入でも条件次第で正当に親権を主張できるので、あきらめる必要はありません。 離婚後、子どもを監護していない親が、監護している親(通常は親権者)に支払う義務があり、子どもの人数・年齢、両親の年収などに応じた算定基準が定められています。 もちろん、その算定基準にしばられず当事者同士で自由に合意することもできます。 離婚しても、親子が交流することは、子どものために認められるべきものです。 円滑な面会交流を実現するため、場合によっては家庭裁判所の調停も利用できます。 子どもの養育費と面会交流とは別のものですので、養育費を払わなければ会わせないというような対応は問題です。 田中真由美弁護士からのアドバイス 離婚準備も含めて、早期に弁護士へ相談を 離婚を考えている方は早めに弁護士へ相談することをおすすめします。 上に記した離婚問題のポイントも、重要なものを抜粋しているだけで、他にも検討すべき課題は多くあります。 法的な権利義務の問題になる部分も、その人ごとに具体的に検討しなければ、適切に解決することは難しいものです。 私は、常に相談者のおかれた状況に応じて、適切なアドバイスをするよう心がけています。 初回相談は無料なので、気軽にお問い合わせください。 離婚までの道筋、離婚後の見通しや問題点を把握すれば、きっと悩みも軽くなると信じています。

次の