アイドル 女子 アナ お宝 画像。 得票数No.1は友近さん!「売れる営業になりそうな有名人ランキング2019」発表

剛力彩芽、前澤友作氏との破局で「女優生命ピンチ」どころか「最高のネタ」を得る

アイドル 女子 アナ お宝 画像

提供 画像は、前田有紀のインスタグラムより 元・日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する宮﨑宣子が、8月1日に純国産オーガニックハーブブランドを立ち上げ、フリーアナウンサーとブランド企業家という二足のわらじを両立させたことが話題になっている。 男性用・女性用のボディソープや食器用洗剤をプロデュースした宮﨑。 一見するとこうした業界とは無縁に思える彼女だが、多忙なアナウンサー時代に体調を崩し、その際にオーガニックハーブで体調を回復した経験があり、それがきっかけになったのだそうだ。 日夜多忙を極めるテレビ業界。 その華ともいえる女子アナたちのなかには、退局後あっと驚く業種・肩書きを得た者も多い。 そこで今回は、宮﨑のように局アナ転職後に意外な肩書きを得た女子アナ・元女子アナを5人紹介しよう。 2008年には東京マラソンに参加し好記録を残すなど、そのパワフルさも印象的だった。 そんな宮﨑だが、2009年に顎関節症を理由に休養。 その後も体調は優れず、2011年頃まで休養と復帰を繰り返していた過去がある。 2012年に日テレを退職し、現在までフリーアナウンサーとして活躍してきたが、今年8月に純国産オーガニックハーブのブランド「EMARA」を立ち上げたのだ。 体調不良時代にハーブの効能に魅せられた宮﨑は、一日7時間の猛勉強を数ヶ月にわたり敢行。 見事2017年にハーバルセラピストの資格を手に入れた。 現在は地元の宮崎県に約1200坪のハーブ園を所有しており、ハーブの癒し効果を広めようと活躍を続けている。 そんな前田は、人気絶頂期の2013年に突如テレ朝を退職。 数年後には大学時代の同級生と結婚、出産し世間を驚かせていた。 そんな彼女が女子アナを辞めて何をしていたかというと、退職後すぐにロンドンに行き、その後、園芸の聖地・コッツウォルズのガーデナーのもとで見習いとして修行に励んだのだそうだ。 「元々冒険心や好奇心がかなり強いタイプ」とweb記事のインタビューで語った通り、やりたいことには努力を惜しまない性格なのだろう。 帰国後は花屋で数年働き、現在はフラワーアーティスト、また花に関する企画会社を立ち上げるなど、精力的に活動している。 あるある大辞典』(共にフジテレビ系)など、フジテレビの人気番組でアナウンサーや司会として大活躍をしていた菊間千乃。 2007年の退職から12年後の現在、なんと弁護士として第二の人生を歩んでいる。 未成年アイドルとの飲酒スキャンダルや、生放送中の転落事故による大ケガなど、現役時代から人気の影で多くの辛酸を舐めてきた菊間。 しかし、「アナウンサーから一歩先のジャーナリストになるための武器にできれば」と、現役時代から法律の猛勉強に励んでいた。 多忙極めるなかで、司法試験の専念のため退社。 幾度かの試験の後、ついに2010年に新司法試験に見事合格し、晴れて弁護士に。 現在は、アメリカでの研修や早稲田大学大学院での修行などを経て、第二の人生を歩んでいる。 』や『森田一義アワー 笑っていいとも! 』(共にフジテレビ系)といった人気番組にも出演したことのある元フジテレビのアナウンサー大橋マキだ。 1999年の入社後、その明るいキャラクターで人気を博すも、夢だった報道の仕事になかなか携われないことや、体を張ったバラエティー番組の需要と自身の気持ちに折り合いがつかず、追いつめられていたという大橋。 しかし、取材中に出会ったアロマセラピストの仕事に感銘を受け、通信講座で激務の合間を縫って勉強に励み、よりアロマの世界を学びたいという理由もあって、2002年にフジテレビを退職。 その後、イギリスに留学し現在はIFA認定セラピストとして活動している。 』や『森田一義アワー 笑っていいとも! 』(共にフジテレビ系)といった人気番組でキャスターや司会を務めていた深澤里奈も、アナウンサーを退職後、異色の経歴を持つに到っている。 1997年の入社後、フジテレビのアナウンサーとして多くの番組で司会やナレーションを努めて来た深澤。 そんな彼女は退職後、パーソナリティーとして活躍する傍ら、茶道家としても活躍している。 深澤は、15歳から江戸千家十世家元である川上宗雪に直門として弟子入りし、茶道を学んできた過去を持ち、茶の湯師範としても肩書きも持っている。 現在は、茶道の精神性や楽しさを伝えるために茶の湯ワークショップ「tea journey」を経営する傍らで、多くの執筆や講演活動に励んでいる。 女子アナ人生に一区切りをつけ新たな転機を迎えた彼女たちからは、局アナ時代とはまるで異なる印象を受けたのではないだろうか。 <文/A4studio>.

次の

「りんごちゃんの好きなあゆの楽曲ランキング」や「現役プロレスラーが選ぶ掛けられたくないプロレス技」が公開!「みんなのランキング」で著名人・専門家ランキングがスタート!

アイドル 女子 アナ お宝 画像

Image copyright Eugenia Rodriguez Peria Image caption マリアさんはいつか故郷キブドに戻れる日を夢見ている 銃を向けられ コロンビアでは国民の10人に1人が国内避難民で、マリアさんもその1人だ。 FARCは1964年に社会的平等と農地改革を求めて武器を取り、反政府闘争を始めた。 それ以来、家を追われた人は700万人近くに上り、22万人以上の命が奪われた。 FARCは停戦に応じ、反政府活動の終結が期待されるものの、右翼の準軍事組織など、ほかの武装勢力が今も多くの地域を脅かしている。 自動車整備工場の上にある狭いアパートで、マリアさんはこれまでのことを話してくれた。 6年前までは、ここから約640キロ離れた西部チョコ県の県都、キブドに住んでいた。 チョコ県は国内で最も貧しい地域のひとつ。 住民の大半は、スペイン人開拓者に奴隷として連れてこられたアフリカ出身者の子孫だ。 マリアさんは、紛争避難民を支援する女性団体「アフロムパス」のリーダーだった。 地域の武装勢力が少年兵を使ったり、女性や女児を性暴力にさらしたりしていると非難する活動もしていた。 川が縦横に流れ、カリブ海と太平洋の両方に面するチョコ県では長年、麻薬密輸ルートの支配権や違法金鉱の採掘権をめぐる戦いが繰り広げられきた。 地元の女性たちは常に、武装勢力の餌食にされてきた。 アフロムパスはこの問題に対して声を上げ、阻止しようとする数少ない団体のひとつだった。 2010年7月に1人の男がマリアさんのもとを訪れ、子供用の服や靴を団体へ寄付したいと申し出た。 品物を受け取りに別の地区まで連れて行ってくれるという。 「何の疑いも持たずにその男のトラックに乗り込んだ」と、マリアさんは話す。 「トラックが街を出るところで不安になり、目的地はどこかと尋ねた。 すると銃を向けられ、頭に覆いをかぶせられた」 Image copyright Eugenia Rodriguez Peria マリアさんが連れて行かれたのはジャングルの中だった。 覆いを外され、武装した男たちに囲まれていると気づいた。 そして恐ろしいことに、当時13歳だった娘のカミラさんが、兵士に連れられて小屋から出てきた。 カミラさんは準軍事組織「ロス・ラストロホス」の女性メンバーに「お母さんのところへ行こう」と誘われ、車に連れ込まれたのだ。 「私と娘は2人とも誘拐されてしまった」と、マリアさんは語る。 この集団のような右翼の準軍事組織は10年ほど前に解体され、公式にはすでに存在しないことになっている。 だが実際には多くの組織が復活したり、犯罪集団に形を変えたりしている。 もともとは「コロンビア自警連合」 AUC という連合体の傘下にあり、左翼ゲリラによる誘拐や恐喝から身を守りたい地主や麻薬取引人たちの護衛をして資金を稼いでいた。 夜になるとカミラさんはどこかへ連れ去られ、マリアさんは木に体を縛り付けられた。 3人の男が見張りについた。 マリアさんは頭を何度も殴られて、血まみれだった。 「最初は殺されると思った」と、マリアさんは振り返る。 「私がしゃべりすぎるから罰を与える、と1人が言った。 男たちは私に性器を見せ始めた。 何をしようとしているか分かって、私は叫んだ。 私には何をしてもいいけれども、どうか子どもには触れないで。 私の娘には触れないで、と」 マリアさんはそれから5日間、5人の男たちに繰り返し強姦された。 ある時点で気を失い、目覚めるとキブド市内の病院にいた。 マリアさんの長女から通報を受けて出動した捜索隊が、道路脇に倒れているマリアさんを発見したのだ。 末娘のカミラさんは自宅へ帰されていた。 心に大きな傷を負っていたが、体は無事だった。 マリアさんによると、カミラさんは「何が起きたかひと言でも話せば、戻ってきて母親を殺す」と脅されていた。 「そのせいで彼女は何も話さなくなってしまった。 長い間ずっと、『はい』か『いいえ』という言葉以外は口にしなかった。 毎日のように泣いていた」。 Image copyright Getty Images 同じ組織の男が再び マリアさんは次第に回復し、半年後にはアフロムパスでの仕事を再開していた。 しかしある朝、あの時と同じ準軍事組織のメンバーが自宅へやって来た。 48時間以内に街を出ろと言い渡され、「出ていくしかないと悟った」という。 マリアさんはボゴタに移り住んだ。 当局から防弾ベストと携帯電話を与えられた。 公共交通機関は使わないほうがいいと言われ、毎月のタクシー代を支給された。 数カ月後には3人の子どもたちも合流した。 コロンビア政府とFARCの和平交渉で主導的な役割を果たしたカトリック司教、エクトル・ファビオ・エナオ氏によると、武装勢力の最近の傾向として、マリアさんのように抗議の声を上げたり、自分たちの利益に反した主張を唱えたりする人たちを狙うケースが増えている。 司教によると、今年はわずか4週間のうちに人権活動家、環境活動家や先住民の部族指導者ら合わせて13人が殺害されたこともあった。 昨年は5日ごとに1人が殺された計算になる。 犯人は準軍事組織や犯罪集団、あるいはFARCと違って停戦に応じていない左翼ゲリラ「民族解放軍」 ELN などのメンバーだ。 Image copyright Getty Images Image caption コロンビア民族解放軍など停戦に合意していない組織もある 「麻薬取引や金鉱の違法採掘にかかわるグループにとって、環境を保護しようとする人たちは邪魔者だ。 先住民を擁護する人も性暴力を非難する人も邪魔。 だから私兵を使って消してしまうのだ」と司教は説明する。 政府とFARCは50年間の紛争中に起きた人権侵害の捜査、訴追を目的とする特別法廷の設置で合意した。 強姦を含む性暴力の犯人は、恩赦の対象としないとも約束している。 政府はさらに先月末、女性の苦しみがきちんと認識されて本人たちの声が届くよう、性差別問題に関する委員会を設置したことを明らかにした。 「紛争が女性たちを容赦なく苦しめ、想像を絶する恐怖をもたらしたと承知している」。 政府の交渉責任者、ウンベルト・デラカジェ氏はそう強調する。 だが証言した場合の身の安全について、マリアさんは確信が持てないという。 マリアさんのような女性たちは、まさに暴力の実態を語ったからという理由で標的にされたのだ。 娘のカミラさんは誘拐事件の後、一時的に話せなくなってしまったが、今は大学で法律を勉強している。 法治体制の復活を、マリアさんよりも楽観しているようだ。 将来は政治家になりたいと話し、「ただし良い政治家に!」と付け加える。 「一般市民の貧困を悪化させるような腐敗した政治家じゃなくて」。 マリアさんは、ボゴダでの暮らしに子どもたちほどうまくなじめずにいる。 故郷で年老いていく母親や友人たちに会えないのは寂しいし、昔の仕事で感じていた目的意識が懐かしい。 だが治療師としての仕事はやりがいがあり、内面に抱える「怒りと憎しみ」の感情を打ち消す力を与えてくれる。 「自分の身に起きたことは変えられない」と、マリアさんは言う。 「忘れることはできない。 毎日、自分の体に思い知らされるから」。 それでも、許しについて考え、平和な国での暮らしを想像しようと努力はしている。 故郷キブドへ帰る日も夢見ている。 「いつになることやら。 明日にも帰りたいけど、先のことは分からない」 数字でみる紛争 ・コロンビアの国内避難民は690万人。 この人数はシリアを除くどの国よりも多い。 ・「紛争被害者」として公式に登録されている780万人のうち、半数近くが女性。 武装勢力によって家を追われた女性が大半を占める。 ・85年以降、武装勢力に強姦された女性は1万3600人を超えている。 (英語記事 ).

次の

レイプに立ち向かった女性がレイプされ コロンビア

アイドル 女子 アナ お宝 画像

スウェーデン政府ホームページの「ヘルスケア」ページの最初に掲げられているアドバイス 欧州ではイタリアを皮切りに、次々にコロナ対策のための移動制限・外出制限・集会制限を始めて、今や、スウェーデンだけが孤立したように「緩い制限」状態となっている。 外国からは色々言われ始めているし、国内の医学関係者からも異論が出ているが、国は「日常をできるだけ維持」という基本戦略を変えていない。 そこに科学的事実に基づいた冷静さと多面的で長期的な視点を感じる。 以下、スウェーデン独自の戦略の背景を説明する。 話の性質上、私の印象に偏るのは勘弁してもらいたい。 公衆衛生局が政府より強い立場にある スウェーデンの政策を語る上で切り離せないのが、今回のコロナ流行のように専門知識が強く要求される緊急事態に関して、それを専門とする部局の判断が重視されるという点がある。 今の場合300人の構成員からなる公衆衛生局であり、政府はそこのアドバイスに基づいて対策を決定する。 だから担当の専門家は首相以上にマスコミに名前が出る。 全ての対策にデメリットがある以上、それを正確に評価する必要がある。 公衆衛生局はそこまでする。 なので、全ての政党からたやすくコンセンサスが得られ、政府は毎週の党首会談で合意したのちに対策を発表する。 そこに世論特有の「安心の過剰な要求」に従うような非科学的な政策は生まれない。 日本では、新型コロナウイルス対策で、卒業式を校庭で開いた小学校も=2020年3月25日、東京都足立区千住桜木1丁目の千寿桜小学校、福留庸友撮影 一番良い例が学校閉鎖だろう。 西欧の各国が次々と雪崩を打つように学校閉鎖を始めたが、スウェーデンは今も中学以下をやっている。 そもそも15歳以下は感染率も死亡率も極端に低いことが分かっていて、子供の生活リズムや子供の学ぶ権利と遊ぶ自由が奪われるという学校閉鎖の弊害を考えれば、メリットよりデメリットのほうが多いことは疫学的に明らかだ。 日本でも問題になった。 心配な者は休めば良いだけの話だ。 ストックホルムの小学校で体育を教える知り合いによると「先生の3分の1、生徒の4分の1が休んでいる」そうだ。 授業はやや遅れ気味だが、しないよりはるかにマシだ。 しかも医療関係者の中にこれらの年齢の子供を持つ親が多く、学校閉鎖が医療機関への負担を高める。 そこまで考えると、イタリア北部やマドリッドのような最悪事態でない限り小学校の閉鎖はあり得ない選択だ。 実は、北欧の他の国の公衆衛生局も学校閉鎖を良しとしなかった。 しかし、 ・・・ (残り:約3386文字/本文:約4334文字).

次の