清水 こうじ ろう。 役員名簿

プロフィール

清水 こうじ ろう

まずは、清水宏次朗さんのプロフィールや経歴についてお伝えするよ 清水宏次朗のプロフィール 清水宏次朗(旧芸名:竹宏治 たけこうじ) 1964年11月10日生まれ(2020年2月現在55歳) 東京都出身 176㎝ B型 1981年から活動しており、現在は神戸市長田区に在住。 趣味は、バイク・マリンスポーツ・アウトドア 清水宏次朗の経歴 スカウト 清水宏次朗さんは、 高校在学中に竹の子族の一人として原宿で踊っていたところをスカウトされ、芸能界入りをしました。 デビュー・歌手として 最初の芸名は、竹宏治(たけこうじ)という名でアイドル歌手として1981年よりデビューします。 第13回東京音楽祭国内新人大会でグランプリを受賞しました。 1992年までに20枚のシングルと11枚のアルバムをリリースしました。 病気の発症はいつ頃なんだろう? 清水宏次朗さんは、 テレビで更年期障害であることを告白しているよ。 清水宏次朗さんが、更年期障害を発症したのは、2014年5月。 清水宏次朗さんが、50歳のときです。 男性の更年期障害の発症時期が一番多いのは、50代~60代で、男性ホルモンであるテストステロンの低下から引き起こされます。 薬を飲みながらでの闘病中の日々は、突然倒れたり、手足の震えが止まらない状態になることがあるとそうです。 清水宏次朗さんは、そんな不安を紛らわせるために酒を飲み、仕事がない日は朝から酒浸りの日々を送っていたとありました。 男性更年期障害の原因となるテストステロンの低下は、身体では筋力の低下、心ではやる気や集中力の低下などうつのような症状に陥るんだそうです。 そんな状態での闘病生活はつらかっただろうと察するにあまりありますね。 それでは、今回はここまでとなります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

大衆酒場 こうじゑん

清水 こうじ ろう

Sponsored Link プロフィール! 清水さんは、1944年2月11日生まれ、 京都府京都市左京区のご出身です。 2年後の1966年夏には、 「俳優座養成所」で同期だった、 さん、さん、佐藤信さんら14名とともに、 劇団 「自由劇場」を旗揚げされています。 また、1967年には、 並行していた 「文学座」を退団し、 翌年の1968年、佐藤さんらと、 共同で劇団 「黒テント」を設立。 この 「黒テント」は、 1960年代後半から1970年代前半の、 アングラ演劇ブームを代表する存在として、 活躍したのでした。 特撮で怪演 そんな清水さんは、舞台に出演される一方で、 テレビドラマや映画にも数多く出演されているのですが、 「ウルトラマンA」の久里虫太郎役、 「ウルトラマンA」より。 「超新星フラッシュマン」の大博士リー・ケフレン役、 「超新星フラッシュマン」より。 「ウルトラマンメビウス」の異次元人ヤプール役など、 「ウルトラマンメビウス」より。 特撮シリーズで、多くの悪役を、 演じられていることでも有名です。 特に、 「ウルトラマン」シリーズでお馴染みの、 鬼才、故・実相寺昭雄監督作品には、 常連として出演されているのですが、 清水さんは、1967年、 時代劇 「風」で、初めて実相寺監督と、 知り合われた時のことを振り返り、 私はテレビの「風」っていう時代劇が、 (実相寺監督との)出会いでした。 もう、変な人で。 なんかこう、よそ見しながら、 役者を観察してるんです。 上手い下手では見ていないで、 ただ観察して、突き放している。 ほんとに仙人みたいに茫洋としてるんだけど、 そんなふうに見えて、俗っぽいところは俗っぽい。 撮影現場では、突然石ころで遊び始めたり、 ほんと変な人でしたね。 ワンシーンを撮るのに十日くらいかけたりする。 息が長いというか。 と、実相寺監督の変人ぶりを、 懐かしく語っておられました。 ちなみに、実相寺監督は、 他人から理解されない演出方法やその変人ぶりから、 たびたび仕事を干されていたそうですが、 「ウルトラマン」シリーズではそれが功を奏し、 他の監督と一線を画す演出方法で、 一躍、人気を博したのでした。 「八重の桜」に出演 ところで、清水さんは、2011年に、 NHK大河ドラマ 「江 姫たちの戦国」で、 北条氏政役を演じられているのですが、 「江 姫たちの戦国」より。 若い出演者が多い中、 清水さんは、プロデューサーから、 「清水さんだけが大河ドラマでしたよ」 と言われたそうで、 このときは、これが、 褒め言葉なのか、古いと言われているのか、 分からなかったそうですが、 2013年のNHK大河ドラマ 「八重の桜」に出演し、 新島襄(さん)の父親、 新島民治役を演じられた折、 「八重の桜」より。 清水さんと香野百合子さん。 またも、プロデューサーから、 「清水さん、大河でした」 と言われたそうで、 このときは、 面白かったのは、この作品でもプロデューサーに、 「清水さん、大河でした」と言われたことです(笑)。 僕はそんなに器用な役者じゃないけど、 「大河らしい役者」と言われるのは、 その不器用さを認めてもらえたことなのだと、 このときは素直に思えて嬉しかったですね。 「春の坂道」(1971年)で宗冬を演じていた若造が、 NHKと共に年齢を重ね、渋い役を演じられるようになった(笑。 そんな思いがある作品です。 と、語っておられました。 元妻は大谷直子 そんな清水さんの、 気になるプライベートですが、 清水さんは、1979年に、 女優のさんと結婚され、 1985年に娘さんを設けられるも、 1994年に離婚されています。 ちなみに、清水さんは、お芝居に、 湯水のように私財をつぎ込まれていたそうで、 それに、大谷さんがついていけなくなったのが、 離婚の理由だったとか。 Sponsored Link 娘は? そして、そんなお二人の間に、 生まれた娘さんというのが、 現在、女優として活動されている、 華子(はなこ)さんで、 舞台を中心に活動されているのですが、 2012年には、土曜ワイド劇場、 「法医学教室の事件ファイル34」にも出演されたようです。 大谷直子さんによく似ていますね。 目元は清水さん似でしょうか。 さて、いかがでしたでしょうか? お芝居には、とめどなく私財をつぎ込まれるなど、 役者である奥さんにさえ理解できないほど、 熱い情熱を注いでこられ、 実相寺監督からは、さんと並ぶ、 「巨大な才能の持ち主」 と称えられる程の才能を持った清水さん。 さすがに、70代も半ばにさしかかり、 代名詞だった 「怪演」というような役は、 なくなってきましたが、 お体には十分に気をつけて、 たまには、 「怪演」も見せて欲しいですね。 応援しています!!.

次の

大椿山 六道珍皇寺 公式サイト

清水 こうじ ろう

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2018年6月) 実家はの京都撮影所やの京都撮影所のある、父は映画プロデューサーという環境で育ち、少年時代から映画などに出演。 を卒業後、養成所の第14期生となる。 同期は、、、、、、、など。 の研究生を経て夏に「」を串田、吉田、佐藤ら14名と共に旗揚げ。 作品には常連であり 、実相寺からは著書 [ ]で「巨大な才能の持ち主」と、と並んで評価されている。 とも呼ばれ、特撮作品の悪役も定番である。 本人曰く「温和な性格であるものの、個性的な演技のイメージが強すぎるために、そういう役は滅多に来ない」とのこと。 [ ] 演劇活動にとめどなく私財をつぎ込む傾向があり、大谷との離婚の際はこれが原因として報じられた。 趣味は音楽。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第9話「走れ! 新十郎」(1967年、)• 第21話「悪魔のコレクション」(1970年、TBS)• (TBS)• 第278話「怪談・壁からでる幽霊」(1970年)• 第283話「復讐鬼白昼の大脱走」(1970年)• (1971年) -• (1973年) -• (1974年) -• (1975年) - 猿橋• (1976年) - くらげ丸• (1978年) -• (1992年) -• (1993年) - 藤原茂頼• (1997年) -• (2000年) -• (2011年) -• (2013年) -• 第8話「冷血星人の呼び声」(1972年、TBS) - 川上博士• 第80話「夢を見た男」(1972年) - 近藤安ヱ門• 第93話「虎が惚れた女」(1972年) - 角田半九郎• 第26話「肥後の競い馬・熊本」(1972年) - 十時新太郎• 第7話「じゃじゃ馬姫の逃避行 -金沢-」(2010年11月22日) - 海老原甚内• 第4話「3億年超獣出現! 」(1972年、TBS) - 久里虫太郎• 第38話「怪獣戯曲」(1998年、MBS) - 鳴海浩也• 第16話「殺し屋が来た」(1972年、CX)• (TBS)• 第32話「ドヒャーッ! 仕掛けて仕損じなし」(1973年) - 金子真司• 第46話「スキーで婚約殺人旅行」(1974年) - 真田光一• (1974年、)• 第100話「燃える男たち」(1974年) - 誘拐犯• 第311話「ある運命」(1978年) - 矢沢哲嗣• (1974年、TBS)• 第18話「キャーッ! 死体が訪ねて来た」• 第30話「グラマー殺し屋部隊」• (TBS)• 第29話「死刑結婚式」(1975年) - 土屋ミノル• 第70話「ルンペン・銀行襲撃事件」(1976年) - 安原修• 第55話「七年目に襲われた娘!! 」 1976年• 第75話「華麗なる大空中サーカス殺人事件」 1976年• 第98話「歳末ムショ 刑務所 入り願! 1976年• 第21話「妻恋い、母恋い 風ひとつ」(1976年、CX) - 香月左源太• 第2話「大隈重信〜明治14年の政変〜」(1976年、NHK) -• (1976年、NHK) - 古本を買う男• 第15話「あんたこの連れ合いどう思う」(1976年) - 早瀬源四郎• 第18話「同情無用」(1977年) - 岡っ引き辰三• 第31話「牢獄無用」(1977年) - 十郎太• 第41話「解散無用」(1977年) - 諸岡佐之助• 第22話「殺した奴をまた殺す」(1978年) - 京極• 第14話「凱風快晴」(1978年) - 赤星銀平• 第15話「馬が喋べった! あんた信じるか」(1979年) - 黒井軍十郎• 第14話「暗黒街の女」(1976年、NET) - 月村俊次郎• 第26話「神が仕掛けた大からくりか」(1976年、MBS) - 水野信正• 第3話「悪女が躍る」(1978年) - 町田• 第24話「爆殺魔」(1978年) - 戸部• (CX)• 第2シリーズ 第17話「霜夜の女郎花」(1978年)• 第3シリーズ 第7話「ゆびきりげんまん」(1979年) - 三文字屋• 第3シリーズ 第25話「虹の旅」(1979年) - 兼光八郎• 第17話「女が二度泣く水車小屋」(1978年、) - 倉田源之介• 第45話「サラ金に引き裂かれた父と子」(1978年、TBS)• 第21話「まじめ同心 泣き笑い」(1978年、CX)• 第14話「罠! 死美人はしっていた…」(1979年、) - 奥田喜十郎• 第15話「おもちゃの首の怨み唄」(1981年、ABC) - 杉浦雅彦• 第4話「生駒屋おりく」(1981年、CX) - 秀次郎• 第23話「暗殺狩り」(1982年、NTV)• 第7話「南から来た女間者」(1982年、) - 神子上数馬• 「肉体の処刑・人妻はなぜ胸に花を飾って殺される?」(1982年8月7日、TBS、)• (1982年11月、ABC)• (1998年7月、ABC) - 有島直人• (1999年4月、ABC) - 笹本孝一郎• (1999年5月、ANB) - 蛭間正道• (2008年11月、ABC) - 芦田祐介• (2010年2月、ABC) - 工藤弘輝• (1985年 - 1986年、NHK) -• (1986年 - 1987年、NTV) - 柴野悟 神奈川県警刑事• 第4話「こんな男でよかったら」(1986年、TBS)• (1986年 - 1987年) - 大博士リー・ケフレン• 第7話「 火竜 ( サラマンダー )のウロコ」(2006年) - 香川慈門• (NTV)• 三年目の誤算(1986年8月26日) - 山路浩一• 津軽海峡・殺しの双曲線(1988年3月15日) - 土橋滋• ゼロの蜜月(1988年6月28日) - 塚本信正• 早春四国路殺人事件(1990年)• (1987年、) -• (1989年 - 1990年、CX)• 第2話「襲撃! 謎の花嫁行列」(1989年、TX) - 大伴一角• 第19話「刑事最後の聖戦」(1989年、NTV)• (1990年、NHK)• (1990年、CX) - 伊豆屋長兵衛• (1992年12月7日) - 上野兼重 役• クラッカー 侵入者(1997年11月10日) - 下村清二• 監察医・薮野善次郎4(1997年12月1日) - 森下• 「清少納言殺人事件」(1998年1月5日) - 大藤俊麿• 斜光(1998年6月22日) - 折井主任• 「悪霊島」(1999年3月8日) - 刑部守衛• 「白蝋の死美人」(2004年4月26日) - 畔柳貞三郎• 十津川警部シリーズ17「越後・会津殺人ルート」(1999年7月5日) - 浦辺光良• 十津川警部シリーズ30「パリ〜東京殺人ルート」(2003年12月29日) - 大沢貢• 十津川警部シリーズ46「特急『草津』殺人迷路」(2012年1月9日) - 若杉健三郎• ラストドライブ(2000年5月15日) - 北村刑事• 呪いの5キャラットダイヤ(2000年8月21日) - 重松昌邦• 浅見光彦シリーズ16「坊っちゃん殺人事件」(2001年9月24日) - 赤木副署長• 浅見光彦シリーズ25「姫島殺人事件」(2008年4月7日) - 須藤隆• (2004年7月19日) - 増岡剛造• (2007年2月26日) - 佐々木隆蔵• (2017年2月27日) - 漆原謙三• 「華の下にて」(2018年12月17日) - 丹野忠慶• 第10話「盗聴…注射…破滅」(1993年、CX)• (1993年、CX) - 木内祐蔵• (1994年、TBS) - 語り• (1994年、TBS)• (1994年、CX) - 吉田潔• (1994年、NTV) - 大里紘一• 第5シリーズ 第2話「怨恨」(1994年、CX) - 杉井鎌之助• (1995年、NTV) - 矢萩久義• (1995年、CX) - 伊熊平八郎• (1997年、CX) - 木内祐蔵• (1996年、CX) - 伊志田鉄造• 第1話「桜島に消えた割符」(1998年、CX) - 本間小十郎• 第5話「誤診」(1999年、CX) - 氏家真澄• (1999年) - 刑部守衛• 白蝋の死美人(2004年) - 畔柳貞三郎• (2000年、NTV) - 沙村明広• 〜春の特別編 「太平洋は燃えているか? 」(2001年、CX) - 官僚• (2001年、TBS) - 渡夢• 第22話「運命の対決」 - 第25話「激突再び! 」(2001年、ANB) - 高村教授• (2002年、YTV) - 坂井コウジ• 第4話「救出作戦」(2003年、TBS)• 第1話「ロンドンからの帰還〜ベラドンナの赤い罠」・第2話「特命係復活」(2003年10月8、15日) - 小暮慶介• 第15話「鮎川教授最後の授業」・第16話「鮎川教授最後の授業・解決篇」(2015年2月11、18日) - 鮎川珠光• 1(2002年) - 玉城敏夫• (2003年) - 住田友吉• 第7話「絶対別れない女」(2005年、CX) - 北尾龍三郎• (2005年、)• (2006年) - 谷津功天• (2006年、TX) -• 第8話「奇跡を起こす医師」〜第11話「最後のカード!! 新バチスタ手術」(2006年、CX)• 第4話「最強の敵 黒崎ピンチ」(2006年、TBS)• (2006年、) - 堂本英作• (2006年 - 2007年、TBS)• (テレビ東京)• 4「同窓会殺人事件」(2007年8月) - 小杉刑事部長• 5(2011年12月28日) - 黒沢利一• (2012年1月18日) - 川澄武夫• (2008年1月、NHK)• 狙われた京都サミット!! 」(2008年3月13日、EX) -• (2008年3月15日、EX) -• 第7話「呪いの暗号 聞くと必ず死ぬ落語」(2008年5月、EX) - 今昔亭一之• 第7話(2009年7月4日、TBS)• SEASON 9 第9話(2009年9月3日、EX) - 堀添清文• (2009年8月 - 10月、THK) - 丹波署長• (2009年11月19日、CX) - 竹中莞爾• 第6話(2009年11月22日、CX) - 室井組長• 最終話(2009年12月16日、TBS) - 柴山武司• 第5話(2010年2月10日、TBS)• 受賞作「」(2010年2月17日、TX)• (2010年11月27日、CX) - 山越五郎• (2011年2月3日 - 、CX) - 村橋代議士• 第7、8話(2011年2月19、26日) - 筒井忠尚• (2011年、NHK) -• Episode6(2012年5月21日、CX) - 水城重治• 第10・11話(2012年6月11日・18日、TBS) - 稲垣徹• 第7話(2013年8月29日、TBS) - 園山喜久夫• 第10話(2013年12月16日、CX) - 久松靖男• 第4話(2014年2月4日、CX) - 佐藤一成• 第3話(2014年5月8日、EX) - 大田泰三• (2014年7月 - 9月、TBS) - 桜井清彦• 最終話(2014年12月18日、CX)• (2015年1月 - 3月、TBS) - 寺内昭彦• (2015年4月 - 、および他) - 田沼• 最終話(2015年3月23日、TBS) - 北原清司郎 役• 第7話・8話(2016年6月2日・9日、EX) - 荒木田正直• 第9話(2016年6月12日、TBS) - 山城善之助• 第3話(2016年7月21日、YTV) - 津木野卓 役• 第1回(2017年1月6日、) - 大久保長門守 役• SEASON5 第7話 2019年8月28日、 テレビ朝日 - 金田健太郎 役 映画 [ ]• 運ちゃん物語(1956年、) - 真山半• 霧の音(1956年、大映) - 学生• (1957年、大映) - 丁稚• (1965年、) - 八幡三郎• 宵闇せまれば(1969年、プロダクション断層)• ねじ式映画 私は女優(1969年、シネマ・ネサンス)• (1971年、) - 信一• (1970年、東宝) - やくざ望月• 女子大生失踪事件 熟れた匂い(1974年、) - 大学院生• (1979年、東宝) - 本條直吉• (1980年、東宝) -• (1983年、) - 中田修一• (1984年、東映) - 嶺田秀夫• (1985年、東映) - 滝口利男• (1986年、東映) - 大博士リー・ケフレン• 超新星フラッシュマン 逆転! タイタンボーイ!! (1987年、東映) - 大博士リー・ケフレン• (1988年、にっかつ) - 不知火侯爵• (1988年、東宝) - 遠藤• レディ! レディ READY! LADY(1989年、)• (1989年、東映) - 津久井忠• マイ・ブルー・ヘヴン わたし調教されました(1992年、エクセス)• (1992年、東映) - 奈良本• (1993年、東映) - 斉藤虎男• 東雲楼 女の乱(1994年、東映) - 半田• 女囚処刑人マリア(1995年、)• (1997年、東映) - 登川教授• 東京龍〜TOKYO DRAGON(1997年、エース・ピクチャーズ) - 佐久間• (1998年、) - 美香の父• リフレクション 呪縛の絆(2002年、メディア・ジャック) - 井川刑事• (2002年、キュームービー) - 沢島隆• (2003年、東宝) - 秋葉功• (2004年、東映) - 倉田誠吾• (2005年、ゼアリズエンターテイメント)• (2005年、ザナドゥー) - カトリック教会の神父• (2013年) - 鬼塚先生 役• (2019年公開予定) - 吉岡七左衛門 役 Vシネマ [ ]• 最後の馬券師(1994年、)• 最後の馬券師II(1994年、ケイエスエス)• XXダブルエックス 美しき狩人(1994年、)• (日本映像)• 2 抗争編(1994年)• 3 立志編(1995年)• 4 抗争篇(1995年)• 5 死闘篇(1996年)• 6 烈火篇(1997年)• 19 郷愁編(2001年)• 20 骨肉編(2001年)• 序章(2001年)• 30 望郷編 第1部完結編(2004年)• 狂獣の牙(1995年、シネマパラダイス)• 極道 華の乱 姐対姐御(1995年、SHSプロジェクト)• 闇金の帝王 銀と金 地獄の裏麻雀(1995年、SHSプロジェクト)• 新・第三の極道()• 新・第三の極道 勃発 関西極道ウォーズ!! (1996年)• 新・第三の極道II(1996年)• 新・第三の極道III(1996年)• 新・第三の極道IV 裏盃の集団(1997年)• 新・第三の極道V 裏盃の逆襲(1997年)• 新・第三の極道VI マフィアの戦慄(1997年)• 新・第三の極道 腐敗官僚VS裏盃の軍団(1998年)• 新・第三の極道 裏盃 流血の掟(1999年)• 新・第三の極道 弔いの銃弾(1999年)• 突撃ラクガキ愚連隊(1997年、東映ビデオ)• 新・湾岸ミッドナイトI S30Z VS ゴールドR(1998年、ANEC)• 18 騙しの方程式(2001年、ケイエスエス)• 真・雀鬼11 奪われた死闘 片腕の代走屋(2002年、)• 半端(2018年) - 山城組組長 黒川鉄男 舞台 [ ]• イスメネ・地下鉄(1966年、自由劇場 作:佐藤信 演出:)• (1967年、自由劇場 作: 演出:ジャン・ピエトロ・カラソ)• ヒロシマのオイディプース(1967年、自由劇場 作:ルイジ・カンドーニ 演出:)• あたしのビートルズ A Hard Day's Night(1967年、自由劇場 作・演出:佐藤信)• THE SHOW(1968年、自由劇場 原作: 潤色・演出:佐藤信)• 赤目(1968年、自由劇場 作: 演出:観世栄夫)• 魔女傳説(1968〜69年、自由劇場 作: 演出:観世栄夫)• 秘密の花園(1982年、 作: 演出:)• 住み込みの女(1983年、状況劇場 作・演出:唐十郎)• (1985年、清水紘治企画 上演台本: 演出:)• 大菩薩峠(1985年、グループ2 作: 演出:)• 雨のハムレット(1987年、グループ2 脚本・演出:清水絋治)• ブルーストッキングの女たち(1987年、 作: 演出:)• 青い紙のラブレター(1988年、地人会 作: 演出:木村光一)• (1989年、地人会 作: 演出:木村光一)• (1992年、地人会 作: 演出:木村光一)• DEATH TRAP(2004年、 作: 演出:) OVA [ ]• (1995年) - 影山貢 吹き替え [ ]• 第5シリーズ 第30話「」 - グルーナー男爵• (レイフ:) ラジオ [ ]• (TBS、1968年10月 - 1969年9月) - 2代目• (、1979年4月 - 1980年3月) - 2代目パーソナリティ• (NHK-FM)• 命のバトン(2015年7月25日) CM [ ]• 白角 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の