怪しい彼女歌。 多部未華子が悲しくてやりきれない…小林武史も評した歌唱映像が解禁

あやしい彼女のレビュー・感想・評価

怪しい彼女歌

INTRODUCTION 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子 多部未華子。 その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、 相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。 戦中生まれの下町育ち、早くに夫を亡くし、女手一つで娘を育ててきた。 望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた 二度目の青春! "と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も 捨て去って、新たな人生をスタート。 そんな彼女の天性の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。 実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー! 1の多部未華子。 クルクル変わる表情で一流のコメディエンヌぶりを発揮したかと思えば、誰もが知る往年の名曲からオリジナル曲までみごとに 歌い上げ、観客を惹きつけます。 多部と二人一役・73歳のおばあちゃんを演じる倍賞美津子をはじめ、小林聡美、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎と 多才なキャストが勢ぞろいし、物語を盛り上げます。 異色のヒロイン登場に、笑わされっぱなしなのに…最後はまさかの大号泣! STORY 下町の商店街を鼻歌まじりに闊歩する瀬山カツ 倍賞美津子 は、お年寄り仲間からも煙たがられる毒舌おばあちゃん。 キャリアウーマンの娘・幸恵 小林聡美 や、自称・バンドマンの孫・翼 北村匠海 の自慢話を繰り返すカツに、みんな内心うんざり。 自慢の娘・幸恵との仲も最近はぎくしゃく。 女手一つで娘を育て、何かと恩着せがましい物言いをするカツに、ある日とうとう幸恵が 爆発。 喧嘩となり、思わずカツは家を飛び出してしまう。 カツが夜道を歩いていると、見たこともない小さな写真館を発見。 そこで見たのは、大好きなオードリー・ヘップバーンの写真。 何かに吸い寄せられるように写真館に入っていくカツ。 「私がこのカメラでお姫様にしてあげますよ」そう微笑んで、店主は シャッターを切った…。 写真館を出たカツはバイクのミラーに映る自分を見て驚愕する…。 そこには20歳に若返った自分 多部未華子 の姿があった。

次の

多部未華子が悲しくてやりきれない…小林武史も評した歌唱映像が解禁

怪しい彼女歌

多部未華子の歌は上手い? 2016年4月1日公開の映画『あやしい彼女』に主演される女優、 多部未華子さん。 それを映画 『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!! 』の水田伸生監督がリメイクした作品。 見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんで、20歳に戻って、また「歌手としての夢」を追うというコメディストーリーの映画です。 そのなかで、 多部未華子さんが歌うシーンがあるのですが、そこで共演者の皆さんが驚いたということです。 多部演じる節子がのど自慢大会に出演するシーンがとても印象深かったと振り返る。 「初めて彼女の歌声を聴くシーンですが、失礼ながら 『本当に多部ちゃんが歌っているの?』と聞いてしまったくらいです。 本当に多才だなと。 誰が聴いてもすごく上手だなと思うでしょうね」。 要潤さんが、こうコメントしておりました。 「歌っている姿がとてもかわいいんです」とも言っていたらしいですよ。 なんと、この作品で歌を歌うシーンを撮影するにあたり、 歌唱指導を、マイリトルラバー、ミスターチルドレンのプロデューサーでおなじみの 小林武史さんから直々に受けたらしいです。 「最後のライブシーンは、ゲストの方もたくさん来てくださって、パワーをもらいました。 実際の歌はレコーディングしたものですが、 生で歌うアーティストさんを改めてすごいんだなと思いました。 いまは尊敬しかないです」 歌のシーンについてのコメントを求められ、多部さんはこうおっしゃっていましたが、謙虚ですねえ・・。 好感が持てます。 水田伸生監督からも・・。 「未華子ちゃん 、お笑いの間が完璧なんです。 テークを重ねても、間が狂わないというのは天性。 新喜劇もいけるよ」 ほめられてます。 過去にブルーリボン賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞!! 多部未華子さん、過去に賞を二つも取ってます。 2005年度ブルーリボン賞新人賞では、『HINOKIO』『青空のゆくえ』での演技を評価されて受賞。 2010年度エランドール賞新人賞では 榮倉奈々、岡田将生、志田未来、松田龍平、水嶋ヒロとともに受賞されています。 演技力に関しては、 折り紙つきですね。 DREAMS COME TRUE「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS -多部ちゃん系-」 ドリカムの曲、GOOD BYE MY SCHOOL DAYSを多部さんがカバーするという企画で、 全編一人で歌ってます。 聴いてみると、 すごく上手というわけではないのですが、みずみずしくて、ちょっと不器用な感じや一生懸命さが、かわいさや「これから旅立つ若い女の子の気持ち」を上手く表現できているという点で、すばらしい。 と思います。 声がとてもきれいです。 また、 清竜人さんのアルバム「MUSIC」内、5曲目の「雨」 には、 語りと歌で参加されていますが、声の美しさと、声の質が独特なのとで、やはりいい仕事してますな。 決して「すごい歌唱力」といった表現が出来る歌ではないのですが 、下手ではないし、いい声です。 ぜひ聴いてみてください。 まとめ~決して器用ではないけれど~ いかがでしたか?多部未華子さん、演技派多くの方に支持されていますし、 歌も今回歌唱指導が入るので、これまでで一番「いい歌」を聞かせてくれると思います。 結論として 、「決してめちゃくちゃ上手い!とはいえないけど、何か、心に残る歌声」というところでしょうか? 映画『あやしい彼女』では、この歌を聴いて、 要潤さん演じる音楽プロデューサーが心を打たれるといったシーンなので、きっと、すばらしい歌が聞けると思います。 もともとが韓国で大ヒットした映画だということで、韓国映画ファンの筆者としてはそのあたりも楽しみです。

次の

新人ユニットanderlust、多部未華子主演「あやしい彼女」主題歌でデビュー

怪しい彼女歌

『あやしい彼女』の多部未華子 『謝罪の王様』 13 の水田伸生監督がメガホンをとった『あやしい彼女』 4月1日公開 で、見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんという難役にトライした多部未華子。 でも、一番苦労したのは、演技ではなく歌だったそう。 多部にインタビューし、気になる撮影裏話を聞いた。 頑固で毒舌、おせっかいなおばあちゃんのカツ 倍賞美津子 が、ある日写真館で写真を撮られた瞬間、20歳の自分に若返ってしまう!多部が演じたのは、若き時代のカツ役で、失われた青春を取り戻そうと、別人・大鳥節子 多部未華子 となり、歌姫として注目されていく。 劇中で澄んだ歌声を披露している多部は、劇中歌をプロデュースした小林武史やボイストレーナーから撮影前に3カ月間のレッスンを受けた。 「練習期間がけっこうあったので、どうにか形にはなるだろうとは思っていたのですが、やはり難しかったです」。 多部をメインで指導したボイストレーナーとは、二人三脚でやっていった。 「最初は、ちょっと音程が違うとか、走りすぎるとか、そんなレベルのところから練習が始まりました。 専門用語もわからない私に、先生はすごく丁寧に教えてくださいました」。 歌については、いくら練習していっても、自分で手応えを感じることはできなかったようだ。 「録音して、家へ帰ってから自分の歌を聴いたりもしていたのですが、私には引き出しがないし、いろんなアプローチをしていく技量もないので、目的地がない状態で稽古をしていた感じです。 いろいろと迷うけど、迷うにしても答えがないので、ふわふわした状態で。 最終的には、感情が大事だという話に行き着き、技術よりも感情だという結論に至りました」。 仕上がったピュアな歌声に、共演の要潤は瞬きをすることすら忘れてしまったと舞台挨拶で告白していた。 多部は「ああいうの、困りますよね」と恐縮しながら照れ笑い。 ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」を歌うシーンでは、一筋の涙が流れ、観る者の胸を打つ。 その時の心境について尋ねると「本番では泣こうと決めていました」とすんなり言う。 本番に強いタイプなのだろうか? 「いろんな役者さんがいらっしゃって、リハーサルからちゃんと合わせる人もいれば、リハーサルと本番で、同じことが何度もできる人もいます。 でも、私はあまりできるタイプではないので、本番に合わせて頑張ります。 テストの時、何も考えてないことはないですが、何となく、本番は頑張るものだと思っています」。 2005年に『HINOKIO』と『青空のゆくえ』のフレッシュな演技で、ブルーリボン賞新人賞を受賞してから10年以上が過ぎ、着々とキャリアを積んできた多部だが、女優を続けてきて壁にぶち当たったりしたことはないのだろうか? 「ないですね。 悩んだりしたこともありません。 いや、たくさんあると思いますが、いまは出てこないです。 良くも悪くも仕事だと割り切っているので、スイッチのオンオフがしっかりできていると思います。 昔はそうではなかったので、そこは最近変わったかもしれません。 それで、気持ちは楽になったような気がします」。 いまや同世代のトップ女優だが、肩肘張らない姿勢が清々しい。 「1つの作品を作るのにプロが集まり、目標に向かってみんなで頑張る環境にいられることはとても幸せなことだし、そこが楽しいなと思っています。 私は、そこでたまたま演技をする立場というだけです」。 自分を着飾る美辞麗句は一切使わず、常にニュートラルに自分の思いを語ってくれた多部未華子。 演技力はもちろん、人間力についても頼もしい安定感を感じさせられた。

次の