気圧変化アプリ。 そのダルさは気圧から? “天気痛”対策アプリ「頭痛ーる」で体調を崩しやすいタイミングが分かった【今日も元気に仕事しよう!】

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

気圧変化アプリ

天気が変化すると頭痛が起きる。 季節の変わり目にも起きやすい。 その原因の根本は 気圧の変化にあります。 気圧とは簡単にいって「地上に掛かっている圧力」となります。 気圧が低くなる、いわゆる「低気圧」になると、地上にいる私たちに掛かる圧力も弱くなります。 体感できるほどではありませんがね。 しかしそれによって、 脳の血管を抑えていた圧力が減り、血管が広がりやすくなります。 そして、その 広がった血管が周りに神経を刺激して、頭痛が起きてしまう。 こういうメカニズムであり、これがいわゆる「 偏頭痛」になります。 天気が悪くなると気圧が下がる理由 天気が悪い日は気圧が下がっている傾向にある理由。 正しくは 気圧が低くなると天気が悪くなるのです。 低気圧は空気が少ないので、まわりから空気が入り込みます。 外から中心に向かって空気が流れ込み、行き場のなくなった空気が上に登ります。 これが上昇気流となり、上昇した空気が冷やされ、水滴や氷の粒となる。 したがって天気が悪くなると、こういう仕組みなのです。 箇条書きにすると以下の通り。 空気が少ないので、まわりから空気が入り込む• 入り込んだ空気が行き場をなくして、上に登る• 上昇した空気が冷やされて、雲となる• 天気が悪くなる 低気圧を予め知って、予防しよう! 天気が悪くなり、気圧が下がることで頭痛が起こることはわかった。 ではそれを予防する方法はないのでしょうか。 たしかに気圧の変化が原因なのであれば、それを私たちがコントロールすることはできません。 コントロールできるのは、頭痛の引き金となる その他の原因についてです。 偏頭痛が起こる原因は、気圧の変化だけが原因ではありません。 例えば以下のようなことも頭痛の原因となり得ます。 ストレス• まぶしさ• 食事を抜く• 睡眠の変化• 運動不足• アルコールの摂取 これらの原因が複数重なりあうことで、頭痛が引き起こりやすくなります。 例えば「徹夜明けで朝食を抜いた日」に「天気がぐずついて気圧が急激に下がった」場合。 これは頭痛が起きやすい状況にあるといえます。 なので予防策としては「 気圧の変化が起こる日を予め知っておき、頭痛の引き金になるその他の要因を潰しておく」ということになります。 例えば先ほどの例。 仕事の都合上、どうしても徹夜は避けられないかもしれません。 それであればせめて朝食を食べることで、要因のひとつを潰せますね。 気圧の変化が起こるであろう日を予め予想できていれば、その他の要因に対する対策も打ちやすくなります。 気圧の変化を予想するアプリ「頭痛ーる」.

次の

‎「頭痛ーる」をApp Storeで

気圧変化アプリ

<頭痛ーるでできること> - 頭痛予測:気圧グラフとプッシュ通知で頭痛を予測 - 全国マップ:全国主要都市の気圧予報と天気予報をチェック - GPS機能:登録地点が自動的に自分のいる場所に切り替わり気圧予報を確認 - 痛み&くすり記録:痛みの発生とくすりの服用と薬名をかんたんに記録 - 痛みノート:記録一覧表示で傾向をチェック - 10回記録チェック:痛みの記録を10回することであなたの痛みと気圧変化の関係性を把握 <さらにプレミアムサービス 加入は任意 でできること> - みんなの痛みナウ:自分以外に体調を崩している人がどの程度いるかを確認 - 気圧グラフ:6日先までの予報を確認 - 痛みカレンダー:カレンダー表示で記録を付けた日を一目で確認 - 痛み月別レポート:痛み回数、服用回数、記録時間等の月別集計で傾向把握 - 地方マップ:都道府県毎の気圧予報と天気予報をチェック - マイ通知:登録地点で今日か明日に気圧低下が予想される場合にPush通知 - 記録期間:記録期間が無制限、過去の記録も遡って確認 - 広告非表示:気圧グラフと痛みノートの広告が非表示。 なんと約15トン! 日々ダイナミックに変化し体調に影響を与えています。 登録はプレミアムサービスの紹介ページの「プレミアムサービスに登録する」から行ってください。 なお、既にプレミアムサービスを利用されたことがある場合は、無料対象になりませんのでご注意ください。 無料期間終了の24時間前までに解約しない限り、プレミアムサービスが自動更新され、月額料金が自動課金されますので、終了する場合は解約手続きを行ってください。 解約方法は【会員状況の確認・退会】を参照してください。 プレミアムサービスの無料体験期間中に、AppStoreのアカウント設定から購読の管理をすることができ、自動更新をオフにすることができます。 無料期間中にプレミアムサービスを購読すると、その時点で無料体験期間が終了し、お支払いが発生いたしますのでご注意ください。 【課金方法】 お使いのAppStoreアカウントに課金されます。 申し込み日から起算して30日ごとに自動更新されます。 【自動継続課金の更新】 期間終了の24時間前までに自動更新の解除をされない場合、契約期間が自動更新されます。 自動更新の課金は、契約期間の終了前24時間以内に行われます。 【会員状況の確認・退会 自動更新の解除 方法】 自動更新タイミングの確認や自動更新の解除は下記より行うことができます。 1 端末の設定を開く 2 「iTunes StoreとApp Store」を押す 3 「Apple ID」を押す 4 「Apple IDを表示」を押す 5 必要に応じてサインインする 6 アカウント画面の「サブスクリプション」を押す 7 頭痛ーるを選択する 8 登録をキャンセルする 【当月分のキャンセル】 プレミアムサービスのキャンセルについては受け付けておりません。 otenki. php? pocke. Mukamal, MD, Gregory A. Wellenius, ScD, Helen H. Suh, ScD and Murray A. Mittleman,MD,DrPH(2009). Weather and air pollution as triggers of severe headaches. jhsnet. 現時点では翌日までの気圧と天気さえ解れば充分なので不満は無いです。 寧ろ作業も手間もコスト面、維持費も大変でしょうし広告じゃ賄いきれないと思ってはいました。 だから完全有料にしないでくれた事をありがたく思います。 本当は有料版にするべきなんですが、プレミアムを使いこなせないんで、頭痛ーるさんが出すスタンプやグッズ購入で応援って事でご勘弁ください💧 ただ、ひとつだけ。 レビューはともかく、プレミアムに切り替えますか?というウィンドウ表示は、画面がちらつく感あってストレスです。 いっそ設定からのプレミアム変える、じゃなくてプレミアム切替ボタン(固定で)を開いた画面端とかに常設したりしてくれないかなと思ったり。 その方が、プレミアム切り替えようか、あ、このボタン押せばいいのかポチッとなのが気軽だし、圧がない。 不意打ちでCMみたいなウィンドウ、よくある不快バナー広告っぽくて苦手です。 最後に文句で終わるのは嫌なので、感謝を込めて、毎日助けてくれてありがとう。 家族共々気圧で体調が崩れるので、頭痛ーるさんは命綱です。 これからも頑張ってください。 結論から申しますと、概ね満足です(無料版ユーザ。 また、頭痛時の記録を取れる機能があったのですが、服用したお薬も記録できるようになっています。 その画面において、検索窓に自分が服用したお薬を探して検索できる機能が便利だと思いました 入力の手間が省けます。 頭痛の症状しか記録できない点です。 そこで今回、症状を多数の選択肢から選べる仕様にすることを提案致します。 検索窓も付けると尚良いかもしれません。 私の場合、気圧が急変すると、めまい、目が張ったような感覚、悪心 気分が悪くなる 、イライラ、だるさ等様々な症状が発生します。 しかし、このアプリは頭痛の程度しか選択できないため、頭痛以外だった場合は、一番下の備考欄に記録するしかありませんでした。 お忙しい中大変お手数ですが、改善をご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

次の

【気圧の変化と頭痛の関係】原因は?対策や治し方を医師が解説

気圧変化アプリ

グラフとアイコン表示により気圧の変化がひと目でわかる! 特に思い当たる直接的な理由がないのに、なんとなく体がだるかったり頭痛や不眠に悩まされたりといった経験がある人も少なくないはず。 そうした不調の原因のひとつとして考えられるのが、気圧の急激な変化。 最近では「気象病」という言葉も一般的になりつつあります。 人によって程度は異なりますが、女性のほうが気圧の影響を受けやすいという説も。 「頭痛ーる:気圧予報で体調管理 — 気象病・天気痛対策アプリ」を使い、気象病と上手に付き合ってみてはいかがでしょう。 天気予報アプリの一種ですが、気圧に関する情報がメインとなっている点が最大の特徴。 1週間先までの予報が参照でき、具体的な数値だけでなく急激な気圧の上下をグラフやアイコンでわかりやすくチェックすることが可能です。 GPSを使い現在地付近の予報がわかるほか、全国の気圧予報をまとめてチェックできる点も便利なところです。 気圧の変化に関連していると考えられる不調を簡単に記録できる「痛み&くすり記録」機能もあり。 毎日記録することで、体調管理にも役立ちます。 気圧の変化に影響を受けやすいと感じている人はもちろん、そうした人に配慮や気遣いをしたいと考えている人にとっても役立つアプリといえるのではないでしょうか。

次の