バスク チーズ ケーキ レシピ 本場。 バスクチーズケーキとはなんぞや【特徴・歴史・本場レシピ】|甘色の研究

バスクチーズケーキ レシピ 本場

バスク チーズ ケーキ レシピ 本場

最近、カフェやコンビニ、SNSなどで、真っ黒なチーズケーキを目にすることはありませんか? 「バスクチーズケーキ」「バスク風チーズケーキ」などと呼ばれ、香ばしい表面や濃厚な味わいで、人気が急上昇中なんです。 じつは、『オレンジページ』2018年5月2・17日合併号でも掲載し、その見た目で大注目されたお菓子。 ぜひ多くの方に作っていただきたいので、 オレンジページnetでレシピを公開することになりました! その前に、このレシピについてちょっとだけご紹介させてください。 しかも混ぜて焼くだけと簡単! レシピを教えてくれたのは、スペイン・バスク地方のバル紹介の著書もある、料理家の植松良枝さん。 この真っ黒なチーズケーキは、バスク地方サン・セバスチャンにある有名バルが発祥で、植松さんは現地で食べて感動し、直接シェフにレシピを聞いたのだとか。 その 本場のレシピを、家庭で作りやすい分量にして忠実に再現! 材料が少なく、しかも混ぜて焼くだけだから超簡単なんです。 しっかり焦がしていいんです! レシピのポイントは、失敗を恐れず 思い切って焦がしちゃうこと。 入っている小麦粉は少量で、焦げているのは砂糖やクリームだから苦くないんですよ。 わざと焦がすことでうまれる香ばしい風味と、閉じ込められたチーズのとろけるような口当たり&濃厚な味わいは絶品! また、でき上がりから少したつと中央がへこんでしまいますが、これも失敗ではありません。 ぜひ週末に作ってみませんか? 料理/植松良枝 撮影/田村昌裕 文/編集部・堀部.

次の

バスクチーズケーキ ガスタ レシピ

バスク チーズ ケーキ レシピ 本場

表面は本当に焦がすの!? 実は、私、チーズケーキのことを書いておきながら、いまだに、「チーズケーキ」という名前で販売されるものを、食べたことがないんです。 好奇心で食べてみたいというのはあるものの、表面がかなり黒いのは、昔、を作って、表面を焦がしたことが何度かある私としては、それがどんな感じか想像がつくので、敬遠してしまうんですよね…。 買うなら、表面全面が焦げている見た目のものは避けたいところ。 実際、本場のチーズケーキを見てみると、必ずしも焦げているようには思えないんですよね。 たまたま、焦げが強くなった日はあったりするのかも!? だけど…。 なので、 チーズケーキは焦がさなくてよいのでは…!? と思っています。 実際、私が今回作ってみたチーズケーキはというと、焦げ? はほぼありませんが、焼き色はそれなりにしっかりつけたつもりです。 と思っています。 私のチーズケーキ第1号 以上の点に気を付けながら作りました。 約180度のオーブンで20~30分ほど焼いたと思います。 もう少し焼き色を付けてもいいかな…と思わなくもなかったんですけどね…。 これだけの焼き色でも、されたような味わいがあって、すごくおいしい表面でした。 中も硬くなくて、しっとりしていて、を作らなくても、湯煎焼きしなくても、こんな食感のが簡単にできるんだと驚きました。 本場のレシピ参照にあたり、私なりに気を付けた点 もスペインの文化等もほとんど分からないので、誤解があるかもしれませんが… ・スペインでは、小麦粉は一般的に薄力粉ではなくて、中力粉である可能性のほうが高い気がしたので、私は強力粉と薄力粉を混ぜたものを使用しました。 200mlで作成すると、トロットロのチーズケーキになったかもしれません。 ただ、今回、私は、40mlの生クリーム量だったのですが、ヴィラマーケットで販売される凝固剤が微量含まれた生クリームを使用したので、そうではない生クリームよりかために仕上がったかもしれません。 でも、触感はよかったですよ ^^ 小麦粉の量も便宜さじ1だと本場のレシピの5分の1より少し多めなので(大匙1=小さじ3なので)、そのあたり加減すると、もう少し柔らかく仕上がることを考えると、やはり、生クリームは今回40mlで正解と感じます。 使用した型のサイズ 私は、去年、Terminal21内にある60Bショップ(日本の100円ショップ)で買ったとーっても小さい、底のはずせる型(直径約10-12㎝かな)にバターを薄く塗って、クッキングペーパーを貼り付けたところに流し入れて、ちょうどのサイズでした。 クッキングペーパーはくしゃくしゃにしてから入れたことはあって(その記録は、ブログにまだアップしていませんでした…)、仕上がりの側面が綺麗だとは思えない部分があったので、かなりきちんとカットしたペーパーを敷くことにしました。 時間のある方は、そのほうがお皿に盛りつけた時の見た目ははるかによいと思います。 昔ながらのが苦手で、が大好きな私にとっては、 大好きなタイプのチーズケーキだと感じました。 ただ…(時々、勘違いされますが、全く甘党ではないと自分では思っている)私には、苦痛を伴うくらい、 かなり甘かったのです。 でも、日本人でもわりと甘党の方、うーん。 例えば、で人気のPAULのイチゴタルトやのユが最高においしいと思っている、正統派のケーキlover? の方々にとってはこのレシピのままで問題ない甘さかもしれません…。 自分のを超えた甘さには、幸せはありません…。 気軽に購入できる値段ではないし、おいしさ研究? のために、一度しか食べたことがありませんが…。 話は戻って…レシピのチーズケーキの砂糖の量は、10g以上少なくていいな…という印象でした。 夫に一切れ味見してもらったら、「一口じゃ分からない!」と言われ…体に悪いなぁ…と思いながらも、2切れ目を持っていったら、「甘すぎるぞ!! 」って。 作る前に甘さの調整を考えるべきでしたね… ^^; とても小さいケーキでしたが、この大きさにして、80gもの砂糖が詰まっていて、かなり甘いので、なかなか減らないチーズケーキだったことは言うまでもありません。 私は、ケーキが好きというより、パンなどの食事代わりのようにパクパク食べられるようなスイーツが大好きなので、また、作るときは、砂糖を減らしたり、ライムやレモンを加えたりするかなぁ…と思います。 1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。 よろしくお願いします&ありがとうございます。 ・個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 ・広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また aboutads. info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。 ・ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 ・免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 初出掲載:2020年4月19日.

次の

バスクチーズケーキ

バスク チーズ ケーキ レシピ 本場

最近、カフェやコンビニ、SNSなどで、真っ黒なチーズケーキを目にすることはありませんか? 「バスクチーズケーキ」「バスク風チーズケーキ」などと呼ばれ、香ばしい表面や濃厚な味わいで、人気が急上昇中なんです。 じつは、『オレンジページ』2018年5月2・17日合併号でも掲載し、その見た目で大注目されたお菓子。 ぜひ多くの方に作っていただきたいので、 オレンジページnetでレシピを公開することになりました! その前に、このレシピについてちょっとだけご紹介させてください。 しかも混ぜて焼くだけと簡単! レシピを教えてくれたのは、スペイン・バスク地方のバル紹介の著書もある、料理家の植松良枝さん。 この真っ黒なチーズケーキは、バスク地方サン・セバスチャンにある有名バルが発祥で、植松さんは現地で食べて感動し、直接シェフにレシピを聞いたのだとか。 その 本場のレシピを、家庭で作りやすい分量にして忠実に再現! 材料が少なく、しかも混ぜて焼くだけだから超簡単なんです。 しっかり焦がしていいんです! レシピのポイントは、失敗を恐れず 思い切って焦がしちゃうこと。 入っている小麦粉は少量で、焦げているのは砂糖やクリームだから苦くないんですよ。 わざと焦がすことでうまれる香ばしい風味と、閉じ込められたチーズのとろけるような口当たり&濃厚な味わいは絶品! また、でき上がりから少したつと中央がへこんでしまいますが、これも失敗ではありません。 ぜひ週末に作ってみませんか? 料理/植松良枝 撮影/田村昌裕 文/編集部・堀部.

次の