ベース オクターブ チューニング。 ストラトキャスターのオクターブチューニングの方法【解説】

【音合】ベースのチューニングのやり方は?楽器初心者向けに簡単なチューニング方法を解説! 2020年6月

ベース オクターブ チューニング

それが以下の2つのケースです。 ・クリップ式チューナーを使っている ・開放弦のチューニングは合っているが、フレットを押さえたときの音程が合わない 該当する人は次の対処法を実践してみてください。 静かな場所でチューニング クリップ式チューナーを使っている人は、静かな場所でチューニングするようにしてください。 詳しくは「ベースに使えるチューナーの種類」で後述しますが、クリップ式チューナーは周りの音を拾ってしまう特性があるのです。 スタジオでチューニングする際などは、 他の楽器の音が聞こえない環境でチューニングするようにしましょう。 ライブ会場などの騒がしい場所でチューニングをする機会が多い人は、シールドで音を送り込みチューナーができる カード型チューナーやペダル式チューナーがオススメです。 周りの音に一切左右されず、精度の高いチューニングができます。 オクターブチューニング フレットを押さえたときの音程が合わない人は、オクターブチューニングを行いましょう。 オクターブチューニングとは、 各開放弦と12フレット(オクターブ)の音を同じにすることをいいます。 弦を変えたときやネック・弦高を調整したときに、ズレてしまうことが多いので注意です。 オクターブチューニングはブリッジのサドルを調整して行うため、 ドライバーとチューナーが必要です。 サドルが動きにくい場合は弦を緩めてサドル調整を行いましょう。 ベースに使えるチューナーの種類 ベースに使えるチューナーはいろいろな種類があるので、どれを使うべきかわからないですよね。 まずはチューナーの種類を知って、あなたに合ったチューナーを見つけましょう。 カード型チューナー 1番ベーシックなタイプのチューナーがカード型チューナーです。 ベース初心者セットなどについているのも、カード型チューナーが多いようです。 メリット:アンプで出す音が正しいかチューニングできる(エレキベース向き)、持ち運びしやすく価格も安い、メトロノーム機能がついたものもある デメリット:シールドで繋いでチューニングするので、アンプに繋ぎ直す手間がある(ライブ中などは不向き) カード型チューナーはベース初心者に向いています。 クリップ式チューナー クリップ式チューナーベースのヘッドに挟んで使います。 弦の振動を拾ってチューニングします。 メリット:シールド不要で挟むだけなので手軽、持ち運びしやすく価格が安い デメリット:静かな場所でないと正常にチューニングできない(スタジオ・バンド練習などには不向き) クリップ式チューナーは家で練習したり、個別練習する際に向いています。 ペダルチューナー ペダルチューナーはその名の通り、足元に置いて使えるチューナです。 シールドで接続しますが、ベースとアンプの間に入れるので接続の手間はありません。 メリット:ライブ中のチューニングがスマート、ミュート機能もある、チューニングの精度が高い デメリット:大型なので持ち運びが難しい、価格が高い ペダルチューナーは上級者やライブ出演時に向いています。 チューニングアプリ チューニングアプリはスマホからダウンロードが可能です。 無料のチューニングアプリもあります。 メリット:スマホがあればチューニングができるので手軽、無料で使用できる デメリット:スマホのマイクで音を拾うため、周辺環境が静かでなければならない チューニングアプリはチューナーの予備として向いています。 ベースのチューニングに関するQ&A ベースのチューニング方法は理解できたけど、もう少し詳しく知りたい!そんなベース初心者に向けて、よくある疑問をまとめました。 「E」「A」などアルファベットが指す意味は? A. ちなみにチューニングでは以下の音に合わせます。 4弦=E(ミ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) Q. ヘルツ(周波数)って気にするべき? A. 基本的に気にする必要はありません。 ベースやギター、キーボードなどでよく使用されるのは440Hzです。 チューナーも初期設定が440Hzになっています。 ちなみにクラシックでは442Hzが多く、ピアノも441Hzや442Hzに設定されています。 クラシックのセッション・レコーディングの際にはピアノに合わせたほうが良いです。 チューニングが早くなるコツは? A. 締めながら合わせる、チューニング繰り返すのがコツです。 緩めながら合わせると音程が狂いやすくなりますので、締めながらチューニングするのが効率的です。 また、先に合わせた弦は緩みやすくなりますので、もう一度チューニングしましょう。 チューニングが正しくできたときのペグの位置をある程度覚えておくのも有効です。 ベースのチューニングが大幅にズレることはあまりないので、微調整で済むことがほとんどです。 適当にペグを回すと、時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。 上級者向け!ベースのチューニングの種類 ベース初心者はレギュラーチューニングで十分ですが、上級者になると曲によってチューニングを変えたり、5・6弦ベースを使用することもあります。 そこで、上級者が使える、4種類のチューニングについて解説します。 チューナー不要のチューニング 音叉やピアノの音を使ったチューニング方法です。 音叉の音はA(ラ)で、ベースの3弦の音と同じ音なので、チューナーなしでチューニングができます。 調律されたピアノの音でも可能です。 うなりが聞こえなくなれば合っています。 フラットチューニング(半音下げチューニング) フラットチューニングは半音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 ドロップDチューニング ドロップDチューニングは4弦だけを1音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 4弦=D(レ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) 通常のチューニングでは最低音は「E ミ 」しか出せないため、それより低い音「D(レ)」を出さなければいけないときに使います。 ドロップCチューニング ドロップCチューニングは4弦だけを2音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 4弦=C ド 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) ドロップDチューニングのときよりも低い音を出したいときに使います。 5・6弦ベースのチューニング 5弦ベースは通常のベースの低い方に1弦プラスされたものです。 チューニングの音は以下のようになります。 5弦=B(シ) 4弦=E(ミ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) 6弦ベースは5弦ベースに高い方に1弦プラスされたものです。 チューニングの音は以下のようになります。 6弦=B(シ) 5弦=E(ミ) 4弦=A(ラ) 3弦=D(レ) 2弦=G(ソ) 1弦=C(ド) まとめ 今回はベースのチューニング方法や基礎知識をお伝えしました。 チューニングがしっかりできていないと、せっかくの演奏が台無しになってしまします。 レギュラーチューニングは簡単にできるので、初心者でも習得しておきたいですね。 また、チューニングを含めたベース全体の基礎を身に付けたいと思ったあなたへ。 音楽教室に通ってみませんか?オトナビスタでは初心者でも通いやすい「 シアーミュージック」をおすすめしています。

次の

ベースのメンテナンスで確実に押さえておきたいポイントはここだ!

ベース オクターブ チューニング

チューニングって? ベースの弦を正しい音程にあわせる作業をチューニングと呼びます。 具体的には、楽器のヘッド部分に付いている「ペグ」というパーツを回し、弦にかかっている張力を変えることにより音程をあわせていきます。 ペグを時計周りに回し弦を緩めるとと音程が下がり、半時計周りに回し弦を締めると音程が上がるものが多いです(まれに逆のものもあります)。 ちなみにチューニングのときに用いられるEやAやCなどのアルファベットは、そもそも何を意味しているものなのでしょうか。 これは色々な高さの音につけられた音の名前で「音名」といいます。 音楽の授業で習うドレミとまったく同じものだと思ってもらって差し支えないでしょう。 ドレミファソラシドをアルファベットで表すとCDEFGABCとなります。 この中でEとF、BとCはそれぞれ半音の関係になりますが、それ以外は全音(半音2つ分)の関係になります。 言い方を変えるとCとD、DとE、FとG、GとA、AとBの間には半音違いの音がもうひとつ存在しているんです。 通常のチューニングと特殊なチューニング 通常のチューニング 4弦ベースのチューニングは通常以下のようになります。 特殊なチューニング 楽曲によっては、通常と違う特殊なチューニングが要求される場合もあります。 半音下げチューニング すべての弦が半音低くチューニングされます。 それぞれの弦のチューニングは以下のようになります。 それぞれの弦のチューニングは以下のようになります。 4弦と2弦が1オクターブ違いのDの音になります。 — エレキギター博士 音名を理解しておこう ちなみにチューニングのときに用いられるEやAやCなどのアルファベットは、そもそも何を意味しているものなのでしょうか。 これは色々な高さの音につけられた音の名前で「音名」といいます。 音楽の授業で習うドレミとまったく同じものだと思ってもらって差し支えないでしょう。 ドレミファソラシドをアルファベットで表すとCDEFGABCとなります。 この中でEとF、BとCはそれぞれ半音の関係になりますが、それ以外は全音(半音2つ分)の関係になります。 言い方を変えるとCとD、DとE、FとG、GとA、AとBの間には半音違いの音がもうひとつ存在しているんです。 チューニングの方法 チューナーを使う チューナーと呼ばれる音程を認識するメーターを使いチューニングする方法です。 もっとも一般的かつ確実な方法ですね。 音叉などを使う 各弦の音を聴き比べる ベースという楽器の特性上違う弦で同じ音程が出せるので、それらを同時に鳴らし聴き比べてチューニングする方法です。 前項の方法で、どこか1本の弦を正しいチューニングにあわせた後に行われることが多いです。 具体的には以下の音程が同じになります。 4弦5フレットと3弦開放• 3弦5フレットと2弦開放• 2弦5フレットと1弦開放 また、「ハーモニクス」と呼ばれる、弦上のいくつかの箇所を指で触ったままピッキングすると発音される「ポーン」という感じの高い音を使い、このチューニングをすることもあります。 この場合は以下が同じ音程になります。 4弦5フレットのハーモニクスと3弦7フレットのハーモニクス• 3弦5フレットのハーモニクスと2弦7フレットのハーモニクス• 2弦5フレットのハーモニクスと1弦7フレットのハーモニクス ハーモニクスの音には、2つの音を同時に鳴らしたときそれらの音程が一致しているか否か、聴き取りやすい特性があります。 とても便利なのでぜひマスターすることをお勧めします。 ベースはvictor wooten。 アメイジンググレイスのメロディーがハーモニクスにより演奏されています。 チューナーの種類• クリップ式チューナーは、特にベースの低音弦には反応しづらい場合もあります。 ちょっとした合間のチューニングの確認など、補助的な役割で使うといいでしょう。 チューナーを使う際に気をつけること 必ず音名も確認 チューナーを用いる際、どうしてもメーター部分にばかり目がいってしまいがちですが、アルファベットで表示される音名も必ず確認するようにしましょう。 これが違っていると、たとえメーターの針が中央にきていても正しいチューニングにはなりません。 まずは弦を緩めていきGが表示されるのを確認してからメーターの針が中央にくるようチューニングするようにしましょう。 画面に表示されている数字を確認 チューナーの画面には、3桁の数字が表示されているものが多いと思います。 この数字はベースのみならず他の楽器のチューニングの基準にもなる、Aの音の周波数を表しています。 440という値が一般的なので、この値になっているか必ず確認するようにしましょう。 もし440以外の数字になっていたら、CALIBというボタンを操作することにより調整が可能です。 生ピアノなど容易にチューニングの変えられない楽器が入る場合は、その楽器のチューニングに合わせてこの値を調整します。 生ピアノは440よりも若干高い441や442でチューニングされていることが多いです。 ちなみに基準となるAの音が441や442になった場合、当然ほかの音もそれに伴い若干高くなります。 ベースはnathan east。 この曲のオリジナル音源はA=約460という、かなり高めの音程で収録されています。 こちらの動画は、ライブということもあり通常のA=440の音程ですね。 逆にいえば、この機能が働いているのに気づかないままチューニングをすると、正しくチューニングしたつもりが半音低くチューニングされている、ということが起こってしまいます。 いかがだったでしょうか。 チューニングという作業は、早く演奏をしたいときには面倒に感じることもあるでしょう。 また、大して違いがわからないからある程度でOKと思う方もいるかもしれません。 しかし、こういう場合こそチューニングをしっかり確認するようにしましょう。 これによって正しい音程を耳が覚えていき、狂ったチューニングを聴き分けられるようになってくるんです。 ぜひこまめなチューニングを心がけてみてください。

次の

ベースのオクターブ奏法の右手・左手のコツ。

ベース オクターブ チューニング

ギターって使う弦やセッティングに合わせて微調整を加えないときちんとした音程がとれないというちょっと手間がかかる楽器なんですが、その微調整の事を俗に オクターブチューニングと呼びます。 ギター雑誌やネット記事でもよく目にするので知ってる方も多いかと。 開放弦と12フレットの音がピッタリ合うようにブリッジを前後させるアレです。 ただ、一般的に知られているこの調整だけでは不十分なことも多く、バッチリ調整したはずなのにコードを弾くと音が揺れて気持ち悪い、音階がおかしい気がする、、ということもしばしば、、結構相談されます。 今回はそういった症状にも対応可能な一歩踏み込んだオクターブチューニングを紹介しようと思います。 それでは。 まずはいつもどおりのオクターブチューニング まずはよく見る方法でのオクターブチューニングを。 用意するのはチューナーとドライバー チューナーはある程度精度が高くて反応がいいもののほうが使いやすいかも。 最近はスマホアプリでもいい感じのもあるのでそれでもいいかも。 まぁある程度で十分です。 あ!あと弦はいつも使ってる弦の新品を用意して張替えるのがベスト。 古くなった弦はそもそも弦振動が不安定になってオクターブ調整うんぬん以前に音程が合わなくなってしまうので。。 弦を張り替えて用意してチューナーをギターに繋いだらとりあえずは普通にチューニング 開放弦でベ~ンと。 ハーモニクス音の方が弦振動が安定していてチューナーの針がブレづらいので12フレットのハーモニクスと書いてることも多いですがどちらでも大丈夫です。 個人的には更に弦振動が安定する5フレットのハーモニクスで合わせることが多いかな。 開放で合わせる場合は弾いたあとすぐは針がブレるのでブレが収まったところで合わせます。 そして開放弦のチューニングがあったら12フレットを抑えて ビーンんと そのときに開放で弾いたときよりも音程が低かった場合はブリッジのコマをネック側に こっち側に 開放で弾いたときよりも音程が高かった場合は逆方向にブリッジのコマを調整します。 こっち側に 開放と12フレットの音がしっかり同じになるように以上の作業を繰り返していきます。 この作業を6本の弦全てに施していきます。 とまぁこれで基本のオクターブ調整は完了です。 これだけでバッチリな事がほとんどですが、今回はもう一歩踏み込んだ調整ということで。。 1フレット押さえて音程を確認してみる ここからはあまり言及されることが無いんですが1フレットを押さえたときに音がシャープする(音程が高くなる)楽器が実は結構あるんです。 ナットが原因で。。 適切な加工が施されたナットなら、、 フレットを押さえたときにこんな感じになるんですが、ナットが高すぎる楽器だと、、 こんな感じに。。 これは極端な図ですが、さっきの図に比べて弦が無理に引っ張られてるのがわかるはず。。 チョーキングされているとなるとそりゃあ音程が上がってしまうのが解りますよね。 こうなってしまっている楽器はナットの高さを適切に処理してあげる必要があります。 )が必要な作業なので信頼できる楽器屋に任せるのをおすすめします。 でも、どういう作業をするのか気になると思うのでサラッと作業内容を紹介します~ ナットが高すぎる楽器はこういう感じで。。 3フレットを押さえた状態で2フレットを押さえると、1フレットと弦の間が大きく開いています。 これを。。 こんな専用工具をつかって。。 こんな風に削って。。 これくらいの感じにしてあげます! めちゃくちゃ微妙なんだけど。。。 でも、この微妙な作業によってローポジションの音程は格段に向上するはずです👍 コードを弾いたときの気持ち悪い揺れも軽減してるはず! そして綺羅びやかで高級感ある響きに。 もちろんそれ以外の要素も大きいんだけどね。 でも、安楽器でもそのへんの手間をしっかりかけてあげることで思ってる以上にいい音になることも多くて、個人的には下手にエフェクター買うよりもセッティングにお金をかけるほうがいい楽器ライフを過ごせるような気がしてます。 1から3弦は階段状に下がっていって巻弦になる4弦は3弦よりちょっとネック寄りになりつつまた6弦までは階段状に下がっていく感じ こうなってなかったらどこかしらかに不具合があるかも。 結構多いのは弦の不良。 新品の弦でも案外多い。。 実は昔、ピーターソンのストロボチューナー買ったことあるんです。 楽器屋なら!と思って。 ただ、そもそも厳密に言うと音程がアバウトなギターという楽器にはオーバースペックですし、結局最終的には耳を頼りに収まりのいいところを探す作業になるのでチューナーの精度はそこそこでいいのかなと言うのが個人的な見解です。

次の