リゼロ 有利 区間。 【パチスロ リゼロ】有利区間の継続は危険だ!ついにリゼロ企画が始りました!

リゼロの内部システムについての考察(基本編)

リゼロ 有利 区間

これを有利区間完走と表現します。 上乗せなどで、すでに2400枚の獲得が確定していれば、 それ以上は上乗せ抽選はしなくなります。 5号機では1撃で万枚などでましたが、6号機では1撃万枚は不可能になっています。 これはギャンブル性を抑えるために導入された仕組みです。 1500ゲーム継続すると必ず有利区間が終了して非有利区間に移行します。 仮にAT純増が1枚の機種があったとします。 1500ゲームATが継続して1500枚の獲得となりますが、この場合はここでATが終了となります。 このように2400枚獲得していなくても、1500ゲームの有利区間経過でATは終了して通常に戻ります。 大当たり中でも、AT中でも、有利区間が1500ゲームに達したら、必ず終了して非有利区間(通常状態)になります。 ここでは、これを理解しておきましょう。 有利区間は2400枚GETするか、1500ゲーム継続で終了となる。 しっかり覚えておきましょう。 有利区間ランプが点灯していれば有利区間で、消灯していれば非有利区間です。 つまり、この有利区間ランプをみれば、いま有利区間なのか非有利区間なのかなど、現在の状態が分かるのです。 有利区間ランプの場所と点き方は、機種によって異なります。 「機種名+有利区間ランプ」で検索すれば位置や点灯方法はでてきますので、分からない場合は都度調べましょう。 ちなみにリゼロと北斗の拳天昇の有利区間ランプは下記のようになっています。 有利区間の実践での使い方 有利区間の特徴については理解できたかと思います。 次に、有利区間を使った実践での立ち回り方法について書いていこうと思います。 有利区間の仕組みを理解したうえで、どのように実践に取り込んでいけばいいのか。 ここでは リゼロ Re:ゼロから始める異世界生活 で説明します。 機種によってゲーム性が異なるように、機種により有利区間の特性や、非有利区間へのタイミングが違います。 なので、機種ごとに有利区間の特性を覚えて、それに合わせて狙いを変える必要があります。 777ゲームまでに必ず白鯨戦に突入します。 負ければ通常ゲームに戻り、ゲーム数カウンターも0に戻ります。 このときに、有利区間ランプが点灯したままで有利区間継続、消えれば非有利区間になります。 リゼロの場合はコンビニステージに移行すれば非有利区間で、コンビニに行かなければ有利区間継続です。 読んでも分からくても、少し頭に入れておけば大丈夫です。 リゼロのゲームの流れと有利区間の関係は上で説明しました。 これをみて、リゼロの狙い目がみえてきました。 そうです。 リゼロは ATゼロカラッシュ終了後か、白鯨攻略戦で敗北後に、有利区間が継続した台が狙い目になります。 有利区間が継続した台が狙い目の理由 なぜ、リゼロは有利区間が継続した台が狙い目なのでしょうか? それは、有利区間の終了条件に関係があります。 有利区間の終了条件は、2400枚獲得か1500ゲーム継続したときです。 たとえば、天井の777ゲームまでハマって白鯨攻略戦に負けたとします。 そうすると、ここまで通常ゲームを777ゲーム+白鯨攻略戦を約20ゲームを消化しています。 つまり有利区間がスタートしてから、すでに800ゲーム消化していることになります。 この状態で、有利区間が継続した場合、あと最大でも有利区間は700ゲームしか続けることができません。

次の

【パチスロ リゼロ】有利区間の継続は危険だ!ついにリゼロ企画が始りました!

リゼロ 有利 区間

タイトルの通りでございます。 ちょっとマジメなコラムを書き貯めつつも、鉄は熱いうちに打てということで今回はリゼロのシステム面について書いてみようと思います。 リゼロ、リゼロでございます。 大都技研の6号機第2弾であり、版権的にもそこそこの知名度を誇り、何より純増8枚が休息なしで続くあの超高純増ATが売りの台でございます。 ぼく自身も設定狙い、天井狙い、趣味打ちとすでに何度も触っております。 そんな日々の実践稼働の中で、疑問に思ったこと、気づいたことなどを今回は書いてみたいと思います。 解析や他の方の考察が出てくる前に書いておきたいと思ったので急ぎ筆をとりました。 では早速、項目ごとに順番にやってみたいと思います。 その1:モード移行について リゼロのモードは通常A、通常B、通常C、引き戻し、天国、鬼天国の6種類が存在し、各モードによって白鯨討伐戦の当選ゲーム数が異なることがすでにわかっています。 ではこのモード移行をするタイミングはどこなのか。 これは6号機という性質上確実だと思います。 そしてこのタイミングでのモード移行は「前回モードの影響を受けず」、「設定の影響を受ける」のも確実だと考えられます。 6号機は有利区間が消灯した時点で一度フラットな状態に戻るため、前回のモードを参照しようにも前回のモード自体がなかったことになっているので参照しようがないからです。 5号機のAT、ART機にあったような前回モードを参照した状態でのモード移行は有利区間が消えた時点で不可能なためです。 そしてその場合でも設定の影響は受けるはずです。 では次に、有利区間が消灯しなかった場合=引き継いだ場合について。 これはもちろん前回モードの影響を受けます。 なぜなら有利区間が同じということは、参照すべき前回モードが存在しているためです。 ここで実践の感覚から得たものが1つ。 有利区間を引き継いだ場合のモード移行は、「前回モードと同じか昇格」かつ、「設定の影響を受けない」ものではないかと考えています。 この部分には次の有利区間継続の仕組みの項目で触れます。 その2:有利区間継続の仕組みについて 言わずもがなではありますが、6号機の規則では有利区間が強制的に終了となるのは「有利区間が1500G継続した場合」と「差枚で2400枚の払い出しが行われた場合」のどちらかとなります。 9号機とちがい、6号機は基本的に通常時も常に有利区間に滞在し続ける 通常時の1G目が有利区間の1G目 ので、リゼロの場合はスバルの顔が映し出されて「セット完了」と画面に出たときが1G目になるはずです。 そこから通常時を進み、白鯨討伐戦かAT後のコンビニステージ移行まで同一の有利区間に滞在し続けます。 ここで考察。 有利区間の継続の有無は白鯨討伐戦終了と表示された当該ゲームか、ATのリザルト画面の2G目 液晶上から絶望に抗え演出の煽りが引っ込んだ当該ゲーム に抽選されているものと思いますが、ここでの抽選の順序が考察ポイントです。 この画面で基本的に有利区間は消灯してコンビニステージへと移行します。 このように消灯しなかったら有利区間は継続してひざまくらステージか温泉ステージへと移行します。 たとえば、コンビニステージから「モードB」で「次回白鯨当選は550G」と決定したとします。 ここで通常時を550G、白鯨討伐戦を30G消化してATに非突入だった場合、すでに580Gを消化していますので有利区間の残りは920Gとなります。 ぼくはまず、ここでは前回モードを参照して次回白鯨討伐戦の解除ゲーム数を抽選しているものだと考えます。 この次回白鯨討伐戦の解除ゲーム数が残り有利区間の規定内に収まっていた場合のみ、有利区間の引き継ぎが行われるのではないかと考えます。 リゼロのATは純増8. そのセーフティを50Gと仮定した場合、トータル350GのAT消化ゲーム数を保証しておく必要があるのではないかと考えるわけです。 さらに言えば、白鯨の消化ゲーム数も必要になってくるので、それを最大50G ベルナビ5回を引く準備状態と実際に白鯨との戦いを行う状態含む 確保しておくとこれも仮定します。 つまり上記の例で言えば、すでに消化した580Gに、AT完走に必要な消化ゲーム数350Gと白鯨の保証ゲーム数を有利区間上限の1500Gから引いた 1500-580-350-50 =520G以内に次回白鯨討伐戦が規定された場合のみ、有利区間が引き継がれるのではないかと考えるわけです。 次回白鯨が520G以内に振り分けられた場合には有利区間ゲーム数に余裕があるので引継ぎ有効となる。 と、ここまではあくまでATの性能が一律の場合と仮定した上での考察です。 実際にはリゼロには性能の異なるATが存在しています。 そしてそこには設定とモードが深く影響してきます。 その3:AT性能について 多少リゼロを打った人ならわかると思いますが、ザックリとリゼロには「高モードAT」と「低モードAT」の2種類が存在しています。 これはAT突入時の初期特化ゾーンでの上乗せでなんとなく把握することができます。 高モードATなら初期ゲーム数が100Gを超えることもありますが、低モードATなら5、60Gが平均ではないでしょうか。 このAT性能はどこで決定されているのか。 ぼくは「モード移行時」だと考えています。 それは解析サイトなどでも、555GのB天井を越えたあと モードが通常A確定 で突入したATの性能が高いことが証明されているからです。 そしてここには設定の差はなく、どの設定でも通常Aのときは突破すれば高モードATとなるはずです。 では通常A以外のモードの場合はどうなるのか。 ここが厄介なところです。 白鯨の強制勝利=「デキレ白鯨」が関係してくるのではないかと考えます。 まず現在言われていることとして、高設定になればなるほど、特に設定6に関しては白鯨討伐戦の突破確率が異常に高いということです。 これを今回はデキレ白鯨と呼びます。 つまり白鯨討伐戦には、完全に自力抽選の「ガチ白鯨」とすでに内部的に勝利が決まっている「デキレ白鯨」の2種類が存在しているのではないかということです。 ぼくはここの決定にモードと設定が絡み、結果としてAT性能にも影響してくると思っています。 例として、前のモード移行や有利区間継続の項目で触れたように、有利区間リセット時に設定を参照してモードと白鯨の規定ゲーム数を決定します。 ではそれ以外のモードの場合。 まずは白鯨の規定ゲーム数に到達するまではどの設定でも同じです。 いざ白鯨の規定ゲーム数、その本前兆開始ゲームを踏んだ時にこの白鯨勝利モードの有無を抽選すると考えます。 その根拠として、白鯨に当選するまでの前兆の演出が極端に強かった場合、その後白鯨に勝利する場合が自他ともにいくつか見られたことを挙げておきます。 たとえば剣聖演出 若き日のヴィルヘルムさんとその奥さんで剣聖テレシアの場面 などが発生した場合はそのまま白鯨に勝利してATに突入するケースが複数見られました。 つまりは本前兆開始時にすでにガチ白鯨かデキレ白鯨かが決まっているのではないかということ それを演出で明示している です。 そしてここに設定差が存在するのではないかということです。 設定1のモードBの場合はガチ白鯨とデキレ白鯨の割合が95:5に対して、設定6なら40:60ではないか、というようなイメージです。 そしてこのデキレが増える割合が高設定の方が増え、さらにモードによってもA<B<C<引き戻し<天国<鬼天国 鬼天国はAT確定 と大きくなっていくのではないか、と推察します。 この抽選の仕組みが6段階の設定と6種類のモードで合計36通りあると考えるとわかりやすいでしょうか。 では、そのようにして白鯨の勝利モードが決定したあとはどうなるか。 ただ一方で、通常A以外のモードでのガチ白鯨突破時は低モードATになる可能性もあるのではないかとも考えます。 ここは一考の余地ありとして、今回は保留しておきます。 以上のことから、通常BやCにいた場合でもガチ白鯨突破ならば高モードATになる可能性も大いにあるというのが今回の考察の結論です。 問題はATに当選した場合、ガチ白鯨かデキレ白鯨かを完璧に見分けることはできないということがあります。 花は好き演出は問答無用で白鯨勝利=AT当選確定。 ここまでが役に立つかもしれない考察。 以下は余談的な考察となります。 その4:異世界体操突入とループについて 通常時のレア役から突入する異世界体操は、白鯨討伐戦を有利に進めるアイテムを獲得するためのポイント特化ゾーンですが、この突入にはおそらく滞在モードが大きく影響していると考えています。 率直に、通常Aのときは突入しづらく、通常B以上なら突入しやすいというようなものです。 実践値が少ない感は否めないので多分に推測を含みますが、通常B以上に滞在している場合は弱チェやスイカなどの弱レア役でも体操突入に期待できると思っています。 強チェリーはどのモードでも突入確定のはずですが。 異世界体操の法則はいたってシンプルで、 ・レア役の当該ゲームで発展で突入の期待大 その前のレア役での前兆中は除く ・非レア役での発展演出は実践上突入確定 後述します ・演出自体が数ゲームかかる発展演出の方が期待度は高い 王様ゲームやレムをお手伝い でだいたい合ってると思います。 今回の検証ポイントはそこではなくて…。 異世界体操には一度突入するとループする場合があるんですが、そのシステムがどうなっているのかというところです。 この手の特化ゾーンあるいはCZのループといえば化物語の解呪の儀や北斗転生の天破などが思い浮かぶ人も多いと思います。 この2つの場合は突入後に突入率と転落率の異なるループモードに移行し、転落フラグを引く前に突入フラグを引ければ再度突入するというシステムでしたが、異世界体操の場合はちがうのではないかなぁと思っています。 個人的な予想は、「異世界体操突入時、あるいは終了時に事前に決められたループ率を参照して一発抽選。 その後前兆を経由して再突入」ではないかなと! こう考えた理由は、リゼロの場合は上記2つのようにAT突入を直接抽選したり、ATまでのゲーム数を短縮するようなものではなく、CZ当選時にAT突入をアシストするものであることと、白鯨の前兆中はそれがフェイク前兆であろうとも体操には突入しないこと、つまり白鯨前兆>体操という構図になっていることです。 白鯨の前兆中はそれがフェイクであっても体操に突入することはなく、白鯨前兆の終了後に突入するようになっています。 それに加えて、体操ループの前兆にはいくつかの種類があることが実践でわかっています。 大まかに分けて4つに分類されるそれは、 ・本前兆 ・フェイク前兆ショート ・フェイク前兆ロング ・非前兆 です。 リゼロの通常時の特徴として、なんらかの演出発生=リゼロpt獲得orレア役成立or前兆 白鯨、AT直撃、体操 というところがあるからですが、体操終了後の演出発生でpt獲得なしの場合、体操ループ前兆のいずれかにいることが非常に多いです。 ここが化物語や転生とのちがいで、通常時滞在するゲーム数が6号機という性質上短いリゼロの場合、ループ状態が続いて引っ張られることを避けるために一発抽選にしているのではないかと考えました。 ループ前兆のいずれかに滞在しているときは、体操終了後1Gor2Gで演出が発生することが多く、その場合は期待を持って行く末を見れます。 ここでのループ前兆パターンですが、5G以内に前兆が終わるとフェイク前兆ショート、15Gくらいまでで終わるのがフェイク前兆ロング、本前兆の場合は早ければ5Gほど、遅ければ15Gほどで突入するパターンがあると思います。 以上で今回のぼくのリゼロ考察は終わりです。 6号機の中でも屈指の高稼働を誇っているリゼロ! 天井狙いは屈指の甘さ、設定狙いでも優秀、平打ちでも4. 8万円までなら一撃で取り返せる ? と素晴らしい機種であることは間違いないと思います。 有利区間引き継ぎは何度も経験してるけどあの現象は一回だけ。 ほんとここのシステムは気になります。

次の

有利区間とは?

リゼロ 有利 区間

自分の環境ではあまり見かけませんが、たまに行くホールの中にはリゼロを朝一状態で常に有利区間ランプを全台付けているホールが存在します(勝手に「コンビニ潰し」と命名)。 こういった対策をされたとしても、高設定が入るタイミングを把握していれば問題ないのですが、それでも地味に困る点も実際には存在しているんですよね。 今回はそんなリゼロの朝一対策「リセット後有利区間ランプ点灯まで回す」について。 何故わざわざリセット後に有利区間ランプ点灯状態にするのか 普通に考えれば、基本的には据え置きで運用したいんでしょう。 仮に設定狙いで打つ打ち手がいるにしても、「この店はリセット後に有利区間ランプ点灯まで回す」という認識があればランプ点灯だけでは見限られないでしょうし、なんならランプすら気にせず打ってくれる打ち手に期待しているのかもしれません。 さらにはランプ点灯=低設定据え置きと判断した中級者以上が避ける環境で初級者に高設定を掴ませるための施策かも知れません。 一番はやはり、基本的には据え置きで運用したいって事だと思います。 あとはひょっとしたらカード確認ヤメを阻止したい意図もそれなりに含んでいるのかも知れませんね。 後はコンビニの恩恵(レア役時のモード?優遇や極まれに発生するお釣り演出での設定示唆)を嫌っている可能性もありますが、これは正直「恩恵」とすら言えないレベルのものなので可能性は低いでしょうか。 地味に困る理由 カードのレアリティ&ポイントが分からない 確固たる狙い台が絞れている場合ならあまり関係ない話ではありますが、そうではない時は朝一のカード&ポイントも立ち回る上での情報として多少は活用したい所。 ふわっとした狙い台は数台絞れているけれどもピンポイントではないような時、朝一のカードレアリティ&ポイントを見て回すか様子見かを押し引きしたりすることもあります。 それが出来ないとなると、もっとカッチリした狙い台を絞っておかないと闇雲にとりあえず白鯨戦まで・・・というようなノリでどうにかなるほどリゼロの設定狙いは甘くないので結果攻めづらいという結論になります。 場合によっては下見が有効になってしまう 仮にリセットをかけた台だけ有利区間ランプ点灯まで回すような場合、前日の閉店時に下見をしておけば設定変更を行った台が一目瞭然となります。 これはやる気満々な専業さんにとっては完全にメリットだと思いますが、自分のように趣味と実益を兼ねた感じでゆるく立ち回りたい(でも設定6は打ちたいワガママな)人間にとっては逆にデメリットになり得てしまう要素です。 労力をかけた分だけ報われるというのは然るべき状況ではあるんですが、出来れば自分のようなものぐさ人間のためにリセットの痕跡は分からないようにして貰えると嬉しいです。 コンビニ中のレア役という罠 もし本気でリゼロの低設定をある程度動かしたいと思っている店長(設定管理者)さんがいるとしたら、個人的にやられると一番困る事をお教えしましょう。 それは、リセット後のコンビニでレア役を引いた台を有利区間ランプ点灯状態で電源オンオフ後に開店する事です。 大前提として、有利区間ランプが点灯していても「この店は対策しているから」と思って打ってもらえる環境に限った話ではありますけどね。 コンビニでレア役を引くと、通常よりも確実に高設定っぽい動きを(その有利区間中は)する可能性が高まる事が知られています(レア役のレア度が高ければ高いほど可能性が上がる模様)。 リゼロの設定判別をする上で、いわゆる高設定挙動の代名詞である白鯨攻略戦やATを挟んで有利区間が継続する挙動を確認出来た台というのは簡単には止めづらくなります。 この挙動を朝一でされてしまうと、仮に次でA天を食らったとしても「もう一周行ってみるか」といった具合にヤメ時が遅くなる人はかなり多いんじゃないでしょうか。 リゼロは一度打ち始めてしまうと中途半端な所で止められない台なので、朝一にこのような煙幕を張られると非常に困ります。 ただこれに関しては、そもそもコンビニ中レア役を引いた台は期待値プラス状態なんじゃ?という見方も出来るので、故意にやるのは労力面を含めて考えると現実的ではないでしょうけどね。 ただもしリセット後の対策中に偶然コンビニでレア役を引いた時は、あえてそのままその台をランプ点灯状態にして開店してしまうのもアリだと思います(低設定であればですが)。 ひょっとしたら打ち手が勝手に勘違い&期待して低設定を沢山回してくれるかも知れませんよ? 基本的には全リセ放置がお勧め 全リセランプ消灯していても全く稼働が付かないような状況もあるのですが、少なくともランプが付いた状態を放置するよりはいくらかマシであるのは確かでしょう。 ランプ点灯をアクセントとして用いて、たまにリセット後ランプ点灯まで回しておいた台が実は高設定…なんて事を何回かやることで、それにつられる人に本物の据え置き低設定を打ってもらうというような騙しはアリだとは思いますけどね。 ある意味リゼロは、 ランプをいかに上手く使うかという点に稼働促進のヒントが潜んでいるんじゃないでしょうか。 今後、というか今現在もそうですが、リゼロを動かせるかどうかは設定を扱う人の設定師スキルに掛かっていると思います。 打ち手を手玉にとるような上手い運用を出来るホールだけが、リゼロを稼働の軸とする事が可能となっていくんじゃないかと思っています。 ぜひとも「楽しい設定狙い」をさせて頂きたく存じます。

次の