門田 隆 将 twitter。 門田隆将 おすすめランキング (130作品)

1佐職人事|2017年8月・陸上自衛隊

門田 隆 将 twitter

経歴 [ ] 出身。 、卒業。 1982年4月、入社。 『』に配属され、記者、デスクを経て編集次長に就任。 政治、経済、歴史、事件など、さまざまな分野で同誌の中核記事を担当する。 では被害者遺族の手記を発掘するなどした。 その後、副部長に昇進。 2002年10月から『週刊新潮』に「裁判官がおかしい! 」を連載、後にそれを大幅に加筆して『裁判官が日本を滅ぼす』を新潮社から刊行している。 同書では、がに殺人容疑で逮捕されて有罪が確定したについて、以前に逮捕されていたを逆転無罪としたの裁判官を「無罪病」と非難している。 新潮社勤務のかたわらから発表した『甲子園への遺言』が第16回優秀賞を受賞、NHK土曜ドラマ『』(主演・)としてドラマ化された。 2008年4月、新潮社を退社し独立。 同作品を原作とするのドラマWスペシャル「」(主演・)は、2010年度ドラマ部門の大賞を受賞した。 2009年10月、1949年ので軍に協力した日本の軍事顧問団関係者の子孫と共にのを訪問。 60周年の戦没者慰霊祭などに参加した。 また、門田が同書で明らかにしたが根本に贈った「花瓶」が、2011年、日台友情の証(あかし)として根本家によって台湾に返還されることが決まったと報道された。 台湾でも同書の翻訳本『為義捐命』が発売された。 後の状況を現地で取材。 2014年5月、が吉田が政府事故調の聴取に応じた「(聴取結果書)」を独占入手したとして「所員の9割が吉田所長の命令に違反して撤退した」と報道したことに対して、「これは誤報である」とブログ で主張した。 その後、週刊誌(『週刊ポスト』6月20日号、『週刊新潮』9月18日号)、写真誌(『FLASH』6月24日号)、月刊誌(『』8月号・11月号、『』8月号・10月号)、『』8月18日付朝刊 等で批判の論陣を張った。 一方、朝日新聞は門田の論評に対して「訂正謝罪」の要求と「法的措置を検討する」との抗議書を複数回送付したが、逆に9月11日、木村伊量社長が記者会見を開いて、当該の「吉田調書」記事を全面撤回し、謝罪した。 門田は11月に出版した『「吉田調書」を読み解く と現場の真実』に、その経緯を記した。 伯父が殺害されたについて、20代前半から調査を行っている。 訴訟 [ ] 大滝村交通事故名誉棄損訴訟 [ ] 詳細は「」を参照 1994年7月に創価学会員が運転するトラックと、創価学会に対立する日蓮正宗僧侶が運転する乗用車の衝突事故が発生した。 乗用車を運転していた僧侶が死亡したが、警察は、乗用車側のスピード超過によるものとして処理し、損害保険会社も同様の判断を行った。 事故は、創価学会を破門した日蓮正宗本山の「総登山」直前という激しい対立のさなかに起きたもので、週刊新潮は「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」を掲載した。 当記事には、事故のことを誰も知らない夜中に、死亡した僧侶の似顔絵に「日蓮正宗僧侶 天罰下る!」という見出しを掲げたビラが大量に撒かれたなどとも記載されており、創価学会員のトラックの運転手は週刊新潮に対して訂正を要求したが、新潮社はそれを受け入れなかったため、トラックの運転手は新潮社を名誉棄損で提訴した。 札幌地裁は新潮社の名誉棄損を認め、新潮社に110万円の慰謝料の支払いを命令、札幌高裁、最高裁ともに地裁の判決を支持し、新潮社の敗訴が確定した。 信平夫妻による池田大作に対する訴権の濫用 [ ] 1996年に信平醇浩・信子夫妻の「創価学会の池田大作名誉会長に暴行を受けた」とする手記を週刊新潮に掲載した。 信平夫妻は手記発表後、創価学会に対して損害賠償を求め提訴した()。 裁判は信平夫妻が裁判官を忌避するなど混迷し、ついに信平夫妻の証言が実現しないまま、信子には「時効」が宣告され、夫の醇浩には、「 裁判として成立するほどの証拠や信頼性がない訴訟に対する措置 」が言い渡されて終結した。 しかし、創価学会はこの関連記事を26回にわたって掲載した週刊新潮を提訴もせず、池田名誉会長の「出廷を阻止すること」に成功した。 この手記に関する記事が自民党機関誌の自由新報でも掲載されたため、自民党と公明党の接近が計られる中、時の内閣総理大臣・が謝罪を行う事態にまで発展した。 遺族側は合計26か所の盗用がおこなわれたと主張し、「承諾を得て参考にした。 盗用ではない」とする門田側の主張にも「承諾していない」と反論している。 2013年3月14日、一審のは著作権侵害を認定し、出版差し止めと書籍の廃棄、慰謝料など約58万円の支払いを命じた。 門田は「本人に確認取材し、参考文献としても明記した。 あきれた判決だ」と判決を非難し、即日控訴。 2013年9月30日、二審のも一審判決を支持し、控訴を退けた。 門田は上告の意向 を示す一方、「記憶の薄れていた本人が自ら提供してきた手記をもとに長時間にわたって本人に記憶を喚起してもらいながら取材し、その上で記述した内容が著作権侵害になるなら、もはや日本でノンフィクションは成り立たない」、「日本の官僚裁判官は、小説とノンフィクションの違いも理解できないのだろうか」と反発。 この問題を扱った『新版 裁判官が日本を滅ぼす』を2013年に出版した。 2015年5月14日、は門田の上告を棄却。 著作権侵害を認め、二審判決が確定した。 門田は同日、自身のブログを更新し、「これが司法の限界。 私の姿勢や手法はこれからも変わらない」と宣言した。 受賞歴 [ ]• 2005年 優秀賞• 2010年 ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年• 2012年 芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 著書 [ ]• 『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社 2003年)のち文庫• WOWOWがドラマWスペシャル「」(主演・江口洋介)として映像化。 2010年度文化庁芸術祭ドラマ部門大賞を受賞。 『神宮の奇跡』(講談社、2008年)のち文庫• 『激突! フジテレビが「ザ・ノンフィクション」500回記念番組で同作を原案とする「康子のバラ~19歳、戦渦の日記~」を放映。 第27回テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞受賞。 同年、WOWOWでドラマ化。 2012年度文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞を受賞。 『太平洋戦争 最後の証言』シリーズ(小学館)• 『太平洋戦争 最後の証言 第1部 零戦・特攻編』(小学館、2011年8月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第2部 陸軍玉砕編』(小学館、2011年12月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第3部 大和沈没編』(小学館、2012年4月)• 『新版 裁判官が日本を滅ぼす』(、2013年)• 『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(、2013年)• 『慟哭の海峡』(角川書店、2014年)• 『吉田昌郎と福島フィフティ』(PHP研究所、2015年)• 『日本、遥かなり—エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所、2015年)• 『リーダーの本義』(日経BP社、2016年)• 『』(小学館、2017年)• 『ヒョウのハチ』(小学館、2018年)• 『新聞という病』(産経新聞出版、2019年) 脚注 [ ]• 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p. 447• 『裁判官が日本を滅ぼす』 「第1章 小野悦男を解き放った無罪病裁判長の責任」 [ ]• 2009年10月27日. 2013年7月13日閲覧。 読売新聞2011年1月5日付• 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2011. 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2014. 産経新聞• 朝日新聞デジタル 2014年9月11日• 門田隆将オフィシャルサイト• 「週刊新潮」1994年9月1日号「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」• - 同志社大学教授渡辺武達• Forum21• 「信平狂言事件」、『』2005年4~6月号• 2013年3月15日. 2014年8月6日閲覧。 2013年9月30日閲覧。 2011年7月11日. 2013年9月14日閲覧。 知財情報局. 2013年10月1日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2018年8月29日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 門田隆将 2015年5月14日. 2015年5月15日閲覧。 但し集英社版での第1章と第3章が削除されている。 第3章は盗用疑惑の訴訟(訴訟の項参照)で問題となっていた部分だが、それが削除理由かは不明。 外部リンク [ ]• KadotaRyusho - この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

世界が地獄を見る時 / 門田 隆将/石 平【著】

門田 隆 将 twitter

所にするの電構成に警鐘を鳴らし、遅れが立つの再稼働を推進するようめた。 また、の技術開発や的な投資を促すため、の建て替え(リス)や新増設をの政策として明確に位置づけるべきだと摘した。 をめぐるの曖昧な姿勢をただすものである。 併せて、再生可の導入拡大に向けて送配電網の整備も訴えた。 電の安定供給は暮らしや産業の基盤である。 これが揺らぐようではが立ちい。 提言を導した明()が「このままでは安定供給体制が崩壊する」と強い感を表明したのは当然だ。 はこの提言を厳しく受け止めねばならない。 そのうえで官民挙げて実現をすため、具体的な取り組みを加せたい。 に伴う第1を受け、全でが相次いで運転を停止した。 その後、による新基準が策定されたが、安全審の遅れなどにより、これまで再稼働したは全で9基にとどまっている。 再稼働の遅れで、に対する度は8割に高まった。 震災前から大きく上昇しており、温室効果排出を削減する的な潮流に逆行している。 石も問題をにが融資に慎重姿勢をみせており、新設計画が相次ぎ撤回された。 の提言は厳しい電事情を憂慮したものだ。 や石などの基幹電に対する投資の縮小が今後も続けば、安定電の確保は難しくなる。 の新増設を含め、に電投資を促すようにめたのもこのためだ。 温室を排出しないなどの再生も普及しつつあるが、その発電量は不安定で、も割高である。 また、各地域に分散立地されており、再生による電を需要地に供給する送配電網の整備も課題である。 電に参入した新電を含め、広く負担する仕組みを考えたい。 に伴い、来年には大手電会社の発電部門と送配電部門を切り離す「」が実施される。 はこれが安定供給を脅かさないよう、制度設計の再点検も進めてほしい 1982 ななしのよっしん.

次の

週刊ポストの韓国ヘイトを百田尚樹、門田隆将、ネトウヨが全面擁護! 安倍政権批判を「ヘイト」と攻撃し人種差別を「表現の自由」という噴飯|LITERA/リテラ

門田 隆 将 twitter

経歴 [ ] 出身。 、卒業。 1982年4月、入社。 『』に配属され、記者、デスクを経て編集次長に就任。 政治、経済、歴史、事件など、さまざまな分野で同誌の中核記事を担当する。 では被害者遺族の手記を発掘するなどした。 その後、副部長に昇進。 2002年10月から『週刊新潮』に「裁判官がおかしい! 」を連載、後にそれを大幅に加筆して『裁判官が日本を滅ぼす』を新潮社から刊行している。 同書では、がに殺人容疑で逮捕されて有罪が確定したについて、以前に逮捕されていたを逆転無罪としたの裁判官を「無罪病」と非難している。 新潮社勤務のかたわらから発表した『甲子園への遺言』が第16回優秀賞を受賞、NHK土曜ドラマ『』(主演・)としてドラマ化された。 2008年4月、新潮社を退社し独立。 同作品を原作とするのドラマWスペシャル「」(主演・)は、2010年度ドラマ部門の大賞を受賞した。 2009年10月、1949年ので軍に協力した日本の軍事顧問団関係者の子孫と共にのを訪問。 60周年の戦没者慰霊祭などに参加した。 また、門田が同書で明らかにしたが根本に贈った「花瓶」が、2011年、日台友情の証(あかし)として根本家によって台湾に返還されることが決まったと報道された。 台湾でも同書の翻訳本『為義捐命』が発売された。 後の状況を現地で取材。 2014年5月、が吉田が政府事故調の聴取に応じた「(聴取結果書)」を独占入手したとして「所員の9割が吉田所長の命令に違反して撤退した」と報道したことに対して、「これは誤報である」とブログ で主張した。 その後、週刊誌(『週刊ポスト』6月20日号、『週刊新潮』9月18日号)、写真誌(『FLASH』6月24日号)、月刊誌(『』8月号・11月号、『』8月号・10月号)、『』8月18日付朝刊 等で批判の論陣を張った。 一方、朝日新聞は門田の論評に対して「訂正謝罪」の要求と「法的措置を検討する」との抗議書を複数回送付したが、逆に9月11日、木村伊量社長が記者会見を開いて、当該の「吉田調書」記事を全面撤回し、謝罪した。 門田は11月に出版した『「吉田調書」を読み解く と現場の真実』に、その経緯を記した。 伯父が殺害されたについて、20代前半から調査を行っている。 訴訟 [ ] 大滝村交通事故名誉棄損訴訟 [ ] 詳細は「」を参照 1994年7月に創価学会員が運転するトラックと、創価学会に対立する日蓮正宗僧侶が運転する乗用車の衝突事故が発生した。 乗用車を運転していた僧侶が死亡したが、警察は、乗用車側のスピード超過によるものとして処理し、損害保険会社も同様の判断を行った。 事故は、創価学会を破門した日蓮正宗本山の「総登山」直前という激しい対立のさなかに起きたもので、週刊新潮は「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」を掲載した。 当記事には、事故のことを誰も知らない夜中に、死亡した僧侶の似顔絵に「日蓮正宗僧侶 天罰下る!」という見出しを掲げたビラが大量に撒かれたなどとも記載されており、創価学会員のトラックの運転手は週刊新潮に対して訂正を要求したが、新潮社はそれを受け入れなかったため、トラックの運転手は新潮社を名誉棄損で提訴した。 札幌地裁は新潮社の名誉棄損を認め、新潮社に110万円の慰謝料の支払いを命令、札幌高裁、最高裁ともに地裁の判決を支持し、新潮社の敗訴が確定した。 信平夫妻による池田大作に対する訴権の濫用 [ ] 1996年に信平醇浩・信子夫妻の「創価学会の池田大作名誉会長に暴行を受けた」とする手記を週刊新潮に掲載した。 信平夫妻は手記発表後、創価学会に対して損害賠償を求め提訴した()。 裁判は信平夫妻が裁判官を忌避するなど混迷し、ついに信平夫妻の証言が実現しないまま、信子には「時効」が宣告され、夫の醇浩には、「 裁判として成立するほどの証拠や信頼性がない訴訟に対する措置 」が言い渡されて終結した。 しかし、創価学会はこの関連記事を26回にわたって掲載した週刊新潮を提訴もせず、池田名誉会長の「出廷を阻止すること」に成功した。 この手記に関する記事が自民党機関誌の自由新報でも掲載されたため、自民党と公明党の接近が計られる中、時の内閣総理大臣・が謝罪を行う事態にまで発展した。 遺族側は合計26か所の盗用がおこなわれたと主張し、「承諾を得て参考にした。 盗用ではない」とする門田側の主張にも「承諾していない」と反論している。 2013年3月14日、一審のは著作権侵害を認定し、出版差し止めと書籍の廃棄、慰謝料など約58万円の支払いを命じた。 門田は「本人に確認取材し、参考文献としても明記した。 あきれた判決だ」と判決を非難し、即日控訴。 2013年9月30日、二審のも一審判決を支持し、控訴を退けた。 門田は上告の意向 を示す一方、「記憶の薄れていた本人が自ら提供してきた手記をもとに長時間にわたって本人に記憶を喚起してもらいながら取材し、その上で記述した内容が著作権侵害になるなら、もはや日本でノンフィクションは成り立たない」、「日本の官僚裁判官は、小説とノンフィクションの違いも理解できないのだろうか」と反発。 この問題を扱った『新版 裁判官が日本を滅ぼす』を2013年に出版した。 2015年5月14日、は門田の上告を棄却。 著作権侵害を認め、二審判決が確定した。 門田は同日、自身のブログを更新し、「これが司法の限界。 私の姿勢や手法はこれからも変わらない」と宣言した。 受賞歴 [ ]• 2005年 優秀賞• 2010年 ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年• 2012年 芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 著書 [ ]• 『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社 2003年)のち文庫• WOWOWがドラマWスペシャル「」(主演・江口洋介)として映像化。 2010年度文化庁芸術祭ドラマ部門大賞を受賞。 『神宮の奇跡』(講談社、2008年)のち文庫• 『激突! フジテレビが「ザ・ノンフィクション」500回記念番組で同作を原案とする「康子のバラ~19歳、戦渦の日記~」を放映。 第27回テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞受賞。 同年、WOWOWでドラマ化。 2012年度文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞を受賞。 『太平洋戦争 最後の証言』シリーズ(小学館)• 『太平洋戦争 最後の証言 第1部 零戦・特攻編』(小学館、2011年8月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第2部 陸軍玉砕編』(小学館、2011年12月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第3部 大和沈没編』(小学館、2012年4月)• 『新版 裁判官が日本を滅ぼす』(、2013年)• 『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(、2013年)• 『慟哭の海峡』(角川書店、2014年)• 『吉田昌郎と福島フィフティ』(PHP研究所、2015年)• 『日本、遥かなり—エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所、2015年)• 『リーダーの本義』(日経BP社、2016年)• 『』(小学館、2017年)• 『ヒョウのハチ』(小学館、2018年)• 『新聞という病』(産経新聞出版、2019年) 脚注 [ ]• 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p. 447• 『裁判官が日本を滅ぼす』 「第1章 小野悦男を解き放った無罪病裁判長の責任」 [ ]• 2009年10月27日. 2013年7月13日閲覧。 読売新聞2011年1月5日付• 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2011. 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2014. 産経新聞• 朝日新聞デジタル 2014年9月11日• 門田隆将オフィシャルサイト• 「週刊新潮」1994年9月1日号「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」• - 同志社大学教授渡辺武達• Forum21• 「信平狂言事件」、『』2005年4~6月号• 2013年3月15日. 2014年8月6日閲覧。 2013年9月30日閲覧。 2011年7月11日. 2013年9月14日閲覧。 知財情報局. 2013年10月1日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2018年8月29日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 門田隆将 2015年5月14日. 2015年5月15日閲覧。 但し集英社版での第1章と第3章が削除されている。 第3章は盗用疑惑の訴訟(訴訟の項参照)で問題となっていた部分だが、それが削除理由かは不明。 外部リンク [ ]• KadotaRyusho - この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の