増田 和 也 元 アナ。 和久田麻由子 衣装のブランド名は?桑子真帆アナよりも人気が高い?

鷲見玲奈が増田和也アナと不倫!スマホハッキング被害で写真が流出?

増田 和 也 元 アナ

和久田麻由子アナのプロフィール 名前:和久田麻由子 愛称:わくまゆ 出身地:神奈川県横浜市・川崎市育ち 生年月日:1988年11月25日(30歳) 最終学歴:東京大学経済学部 勤務局:NHK放送センター 部署:東京アナウンス室 帰国子女でもある和久田麻由子アナ。 神奈川県出身ですが、幼少期はアメリカテキサス州ヒューストンで生活しています。 日本に戻り、女子学院中学校・高等学校を経て東京大学経済学部経済学科卒業。 元々NHKの岡山放送局で経験をつみ、2014年から東京アナウンス室に移動。 昨年、早稲田大学出身の元箱根駅伝の選手だった旦那さんと結婚して話題になりましたね。 NHKは他のキー局と違いほんと優秀なアナウンサーが多いですね。 和久田麻由子 衣装のブランド名は? わくまゆの愛称で親しまれる和久田麻由子アナ。 度胸もあり、見た目もいいということで紅白の司会に抜擢された和久田麻由子アナ。 おしゃれアナの異名をとる和久田麻由子アナ。 番組の放送後には、和久田麻由子アナのファッションについての問いあわせがあるほど!! いったい衣装はどこのブランドなのでしょう?? ちょっと、衣装をみていきましょう。 — おーしま164 ooshima164 1コ上の先輩である桑子真帆アナなみに衣装が注目を浴びていますね。 和久田麻由子アナが主に着ている衣装のブランドは次のブランドが多い!! ・Apuweiser-riche(アプワイザーリッシェ) ・Laisse Passe(レッセパッセ) ・NATURAL-BEAUTY ・FOXEY フォクシー この4つのブランドはテレビ番組への衣装提供もとても多く、モデルや芸能人に人気のブランド。 20代から30代まで幅広く支持されています。 いやらしさがなく自然にかわいらしいというか見栄えがいいものをやっぱり選ぶのでしょうね。 和久田アナはきりっとしているので、上品でシンプルかつ清潔感があるファッションがよく似合う。 実際にきているものも、シンプルで清潔感があるものが多い。 これが、お洒落といわれている証拠でしょうね。 男性もそうですが、女性でも清潔感って大事ですしね。 特にテレビに出る人でしかも朝の時間帯であれば尚更でしょうし。 そういった意味では和久田麻由子アナはお洒落なんでしょうね。 アクセサリーや小物の使い方も上手と言われている和久田麻由子アナ。 かなり見られる意識をしているのでしょう!! 和久田麻由子アナはNHKでは一番おしゃれかもしれませんね。 昔はダサいと言われていたのに、成長したのでしょうね! スタイリストさんが変わったりしたのでしょうかね。 紅白の総合司会にも抜擢されたので衣装が注目されそうですね。 和久田麻由子アナ 桑子アナよりも人気が高い?? 有働由美子の後継者候補の筆頭ともいわれる和久田麻由子アナ。 絶対的なエースアナが現在不在のNHK。 紅白歌合戦の総合司会に抜擢され、注目をあつめている和久田麻由子アナ。 このままエースとなれるのでしょうか。 NHKで人気のアナウンサーといえば、桑子真帆アナがいます。 NHKが誇る「朝の顔」と「夜の顔」でもある和久田麻由子アナと桑子真帆アナ。 非常に中がよく、プライベートでも一緒に出かけるという二人。 そのときの衣装がものすごく話題になりました。 今回の紅白も桑子アナかと思いきや、まさかの和久田麻由子アナに。 これで人気が逆転と言われていますが、実際はそこまではいかないでしょう。 桑子真帆アナの人気は高いし、ファンも多い。 和久田麻由子アナと同様、アナウンス力は高いし安定感もある。 一部更迭かなんて根も葉もない噂がたっていますが桑子真帆にかぎってそれはないでしょう。 知名度でいえばまだ桑子真帆アナのほうが高いし。 ただ、和久田麻由子アナが紅白にでることによって知名度はかなりあがるはず。 そうなると、和久田アナも人気があがるでしょうね。 NHKとしては朝の顔と夜の顔の2人の人気があがれば相乗効果で嬉しいでしょうし。 和久田麻由子アナにも注目ですが、桑子真帆アナにもまだまだ注目です。 和久田麻由子アナ 3月の衣装がかわいい 朝の番組から夜の番組に異動してしまう和久田麻由子アナ。 和久田麻由子アナを見ようと朝の番組を見る人も増えたそう。 大人気ですね~夜の顔から朝のNHKの顔になりましたもんね。 夜の和久田麻由子アナも楽しみですね~!!! もうすこしで朝の番組を卒業してしまう和久田麻由子アナ。 3月の衣装をまとめみたので堪能ください。 昨日と今日の和久田麻由子ちゃん — テク憧 techdou 【画像】今日の和久田麻由子さん 3. 高瀬少年?

次の

嵐・二宮和也、「二人して匂わせかよ」「ドン引き」伊藤綾子と“お揃い”スマホケースにファン激怒(2019/05/12 08:00)|サイゾーウーマン

増田 和 也 元 アナ

2008年4月の放送開始からおよそ10年間、和に関する様々な物事を取り上げ、「ニッポンっていいな」をテーマに日本の素晴らしさを伝えてきた「和風総本家」 毎週木曜夜9時。 9月20日 木 の2時間スペシャル放送をもって、現行の番組は一旦最終回へ! その最終回で、レギュラーの萬田久子、東貴博、増田和也アナの3人は、収録場所としてお世話になった築地の料亭「つきじ治作」へと向かいます。 そこで長年番組を支え続けた司会進行役の増田和也アナから衝撃の告白が...。 増田「10年育てていただいた和風総本家を卒業することになりました!」 予想外の告白に、しばし言葉を失う萬田と東。 そんな2人に対し、増田アナは...。 増田「26歳でゴールデン 番組 の司会に抜擢していただきましたが、若造だった僕を温かい目で見てくださったお2人には、感謝しかありません。 萬田さんは、大御所であることを忘れてしまうくらい僕を自由にしてくれましたし、萬田さんの近くで司会ができたことは僕の誇りです。 そして、東さんには公私ともに可愛がっていただきました。 今日もお2人とロケをするのが楽しくて、ずっと"ロケが終わらなければいいな、治作に着かなければいいな"と思っていました」 そう感謝を伝えて別れを惜しむ増田アナ。 さらに、かつて番組にレギュラー出演し、6年前に亡くなられた地井武男さんにも思いを馳せます。 増田「いつも優しく、いろいろ助けていただきました! 地井さんの"新しいスタイルの司会者を目指せ!"という言葉があったからこそ、ここまで頑張ってこられたんだと思います」 そして番組のラスト、ある方から1通の手紙が届くと、辛口MCとして愛されてきた増田アナはその内容に号泣! そして萬田や東の目にも涙が...。 はたしてそのワケとは... 番組では、その他、鎌倉で『ピザの店』を開こうと奮闘するイタリア人に密着。 「その節はお世話になりました」では、小さなノコギリを作る職人、伝説!と呼ばれる銀座「鳥繁」の焼き鳥職人のもとを訪問。 放送終了後の反響や現在の様子をレポートします。 増田アナの集大成となる記念すべき放送を、お楽しみに! そして10月からは、「和風総本家」の番組内容が大幅にリニューアル! コンセプトは「ニッポンの良さを未来へ... 」となり、未来を担う若者たちに日本の良さを伝える番組に進化します。 番組タイトルを「二代目 和風総本家」と改め、"和風総本家の二代目"こと跡取り息子として、鈴木福が新たなレギュラーに! 「未来への継承」をテーマに、鈴木や視聴者のみなさんにニッポンの良さを伝え、語り継ぐ目線でモノ作りの職人さんや日本の良さを紹介していきます。 【鈴木福コメント】 「幼い頃から両親や祖父母の影響で、お琴や三味線など日本の楽器に囲まれて育ってきました。 伝統的な文化や歴史、それに食べ物は和菓子が大好き。 THE 日本人ですね 笑。 日本のまだ知られていない身近にある素晴らしい魅力を、番組を通してみなさんに伝えていきたいですし、僕もたくさん勉強したいと思います」と早くもやる気満々! THE日本人の福くんを迎え、「和風総本家」はどんな進化を遂げるのでしょうか。 リニューアル第1回目は、10月11日 木 夜9時~放送。 どうぞお見逃しなく!.

次の

テレ東が“不倫騒動”を一掃!? 鷲見アナは退社、増田元アナの『和風総本家』は打ち切り決定へ|日刊サイゾー

増田 和 也 元 アナ

NHKの中條誠子アナウンサー(46)が連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の語りを担当。 作品に自然と溶け込む、落ち着いたナレーションが好評を呼んでいる。 ドラマの語りは初挑戦。 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務める朝ドラ通算101作目。 タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。 フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。 中條アナは96年入局。 オファーに対しては「ビックリして『えっ!朝ドラですか!?』と聞き直してしまいました(笑)。 私は今年で入局24年目。 回り回ってまわり、かつて番組でご一緒した内田ゆきチーフプロデューサーから声を掛けていただき、本当に光栄でした」と率直な心境。 「実は、私はナレーションの仕事が大好きなんです。 入局3年目に『国宝探訪』という番組を担当し、先輩にいろいろ教えていただきながらナレーションに開眼した経験がありまして…。 以降、ドキュメンタリー、災害、医療、歴史、自然など、さまざまな番組のナレーションをやってきたのですが、今回ドラマは初めて。 またひとつ、大きな気付きを頂けるチャンスを頂いたと思いました」。 さらなる飛躍への絶好機と受け取った。 ナレーションが大好きというだけあり、向き合い方も半端ない。 「語りにはいろいろなやり方がありますが、私の場合は作品の一部に違和感なく溶け込むことで、あまり存在感は出さない語りがよいと思っています。 とにかく視聴者の皆さんには15分間ドラマの世界に没頭していただけるように努めたいと思っています。 「でも、語りといっても、関西ことばを交えながら喜美子の心情を代弁しているもの、歴史的事実を語るものなど、さまざまあります。 ですから、カメラワークにもアップや引きがあるように、語りもグッと喜美子の頭の中に入り込んで感情を込めて語るものから、反対にスーッと引いて客観的に語るものと、それぞれに立ち位置を変えて語っています。 それから、ストーリー全体の語りの『位置』にも注意しています。 「というのも、上がってきた映像を見て気付かされることがたくさんあるんですね。 戸田恵梨香さんはじめ、役者さんたちの表情はビックリするほど豊かで、それを見ることで私のナレーションも当然変わっていきます。 読むタイミングや流れ、間の取り方、リズムなども、お芝居の流れを見ながら、役者の皆さんの素晴らしい演技の邪魔にならないように、気持ちのよい入り方を探っていくようにしています」と取り組み方を明かした。 今作については「このドラマは、現代ではあまり見られない貧しさの中で喜美子の物語がスタートします。 ここに、人生を生き抜く強さのヒントみたいなものがあると感じました。 喜美子は9歳にして、既に自分を持っていると思います。 意地や誇りをちゃんと持っているので、どんな困難にぶつかっても、その場その場で自分で考え、自分で答えを見つけていく。 そんな彼女の姿に強いエネルギーを感じました」と共感。 「それから喜美子はいろんな人と出会い、いろんな気付きを重ねながら、自分で進むべき道をつかんでいきます。 そんな彼女の生き生きとした力強い姿にこそ、この作品のオンリーワンの魅力があると感じています。 私自身にも子どもがいますが、その子たちが喜美子を見てどんな反応をするのか、とても楽しみになりました」と期待している。 最後に「これまでいろいろな番組で学んできた、語りについての知識と技術はもちろん、子どもたちを育ててきた自分のこれまでの人生経験も含め、自分の持てるすべてをこの語りに注ぎ込んでまいります」と日本の朝を彩る決意を語り「そして、私自身もこの作品と一緒に、成長していきたいと思っているので、どうぞよろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

次の