立川 ブラインド 株価。 立川ブラインド工業(ブラインド)【7989】の週間株価(週足)|時系列データ|株探(かぶたん)

【シリーズ】6月優待の割安銘柄を紹介 (3) 立川ブラインド工業

立川 ブラインド 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

立川ブラインド工業(7989)の株主優待紹介

立川 ブラインド 株価

立川ブラインド工業のみんかぶ目標株価は「1,121円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【妥当】 理論株価 1,296円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 859円 と判断されています。 立川ブラインド工業は、【駐車場、オフィス家具、リフォーム】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

立川ブラインド工業(ブラインド)【7989】の大株主と資本異動情報|株探(かぶたん)

立川 ブラインド 株価

それら銘柄の中には配当金の利回りと優待の利回りを合計した「総合利回り」が高くなっているのに、割安な銘柄がある。 【こちらも】 今回は6月に株主優待の権利が確定する銘柄の中から、値上がりも期待できる割安株を紹介する。 シリーズ3回目となる今回は立川ブラインド工業(7989)だ。 なお割安株の基準として、米国の経済学者ベンジャミン・グレアム氏の「ミックス係数」を採用した。 5以下の場合を割安だと判断している。 これは米国の市場環境を基準としているため、日本国内の市場環境を考慮して、半分となる11. 25以下を基準として銘柄を選定している。 連結売上高の8割以上をインテリア事業が占めている。 主要な製品はカーテン、ブラインド、スクリーン、カーテンレールだ。 この中でもブラインドとスクリーンは業界シェア1位、カーテンレールは同2位と業界内ではトップシェアを誇っている。 これらブラインドなどは住宅向けだけではなく、オフィスや公共施設向けにも提供している。 「多品種・短納期のオーダー生産」を謳い、国内各地で開発から製造、据付までを一貫して行える体制を整えており、原則として製品在庫を持たないことでコストを少なくできていることは同社の大きな強みである。 2019年12月期の連結売上高は約420億円(前期比7. 7%増)、営業利益43億円(同19. 1%増)、営業利益率は10. 2%以上と、利益体質も良好だ。 また今期(2020年12月期)第1四半期決算では、売上高107億円(前年同期比0. 9%増)、営業利益約15億円(同14. 0%増)と、ここまでは順調に成長を続けてきている。 新型コロナウイルス感染拡大による景気の落ち込みは同社の事業にも大きな影響を与えるだろうが、第1四半期決算発表時点では今期の業績予想について変更はない。 以上のように、立川ブラインド工業は、ブラインドやスクリーンといったニッチな業界でトップシェアを握っている強みを活かし、地道な成長を続けている優良銘柄であるが、同社のグレアムのミックス係数は約5. 4倍(PER8. 41倍、PBR0. 業界シェア、利益体質、成長力を考慮すれば、今の株価は「過小評価」だろう。 同社は6月末と12月末にそれぞれ株主優待の権利確定日が設けられており、6月は最低単元となる100株以上保有の場合は「同社製品購入1台まで、1台あたり2,000円のクオカード贈呈」という一風変わった株主優待だ。 なお12月末の株主優待では最低300株を保有していればクオカード1,000円が貰え、保有年数が3年以上だとクオカードの金額がグレードアップする仕組みになっている。 同社の配当利回りは2. 6%(優待分を1,000円、保有株数300株として計算)と、まずまずの水準。 配当金と株主優待を享受しつつ、来る株価上昇に備えるのは如何だろうか。

次の