回鍋肉。 ホイコーローレシピ30選!人気1位は?【つくれぽ1000】殿堂&本格&簡単

ホイコーローレシピ30選!人気1位は?【つくれぽ1000】殿堂&本格&簡単

回鍋肉

突然ですが、 「回鍋肉」は何の調味料で味つけするかご存じですか? 回鍋肉(ホイコーロー)は中華料理でよく見かけるキャベツと豚バラの炒めもの。 みそ炒めには違いないけど、こんなふうに何やら黒っぽいですよね。 このこってりと甘じょっぱい回鍋肉にどうしても欠かせないのが、 「甜麺醤(テンメンジャン)」。 中華料理では定番のみそで、濃厚な甘みが特徴です。 「北京ダックにつける黒いみそ」といえば、ピンと来る人も多いかも。 皆さんが常備している調味料ではないので、オレンジページでは、日本のみそでアレンジすることも。 それはそれで親しみやすくおいしいんですが、 甜麺醤を使うと一気にお店で食べた「あの味」に! コチュジャンやトウチジャンなどと並んで、代用の難しいみそだと思います。 これを豆板醤といっしょにさっと炒めてから、豚肉にからめ、キャベツを加える、というのが回鍋肉の大まかな流れ。 温めながら油と合わせることで、香りがぐぐっと引き立ちます。 いわば、このみそのポテンシャルがウワーーーーッと開花する瞬間。 炒めていると、甘く香ばしい香りが立ちのぼるので、きっと実感するはず! このたれが、ゆでた豚バラとシャキシャキキャベツにからまると、それはもうー絶品の回鍋肉にしかなりません(笑)。 もし甜麺醤を買ったら、もうひとつ、ぜひ試してもらいたいのが「肉みそ」。 ジャージャー麺にのっかってる甘めの肉みそ、あんな感じです。 あえめんや白めしにのっけて食べるのはもちろん、冷ややっこにかけたり、ゆでたもやしとあえたりしても美味。 多めに作っても、決して後悔しない作りおきです。 いまお持ちでないかたも、ちょっぴり興味が出てきたでしょうか? 春キャベツのおいしいいま、ぜひ【甜麺醤】で回鍋肉にトライ!してみてください~。 料理/市瀬悦子 撮影/高杉 純 文/編集部・藤井.

次の

回鍋肉

回鍋肉

突然ですが、 「回鍋肉」は何の調味料で味つけするかご存じですか? 回鍋肉(ホイコーロー)は中華料理でよく見かけるキャベツと豚バラの炒めもの。 みそ炒めには違いないけど、こんなふうに何やら黒っぽいですよね。 このこってりと甘じょっぱい回鍋肉にどうしても欠かせないのが、 「甜麺醤(テンメンジャン)」。 中華料理では定番のみそで、濃厚な甘みが特徴です。 「北京ダックにつける黒いみそ」といえば、ピンと来る人も多いかも。 皆さんが常備している調味料ではないので、オレンジページでは、日本のみそでアレンジすることも。 それはそれで親しみやすくおいしいんですが、 甜麺醤を使うと一気にお店で食べた「あの味」に! コチュジャンやトウチジャンなどと並んで、代用の難しいみそだと思います。 これを豆板醤といっしょにさっと炒めてから、豚肉にからめ、キャベツを加える、というのが回鍋肉の大まかな流れ。 温めながら油と合わせることで、香りがぐぐっと引き立ちます。 いわば、このみそのポテンシャルがウワーーーーッと開花する瞬間。 炒めていると、甘く香ばしい香りが立ちのぼるので、きっと実感するはず! このたれが、ゆでた豚バラとシャキシャキキャベツにからまると、それはもうー絶品の回鍋肉にしかなりません(笑)。 もし甜麺醤を買ったら、もうひとつ、ぜひ試してもらいたいのが「肉みそ」。 ジャージャー麺にのっかってる甘めの肉みそ、あんな感じです。 あえめんや白めしにのっけて食べるのはもちろん、冷ややっこにかけたり、ゆでたもやしとあえたりしても美味。 多めに作っても、決して後悔しない作りおきです。 いまお持ちでないかたも、ちょっぴり興味が出てきたでしょうか? 春キャベツのおいしいいま、ぜひ【甜麺醤】で回鍋肉にトライ!してみてください~。 料理/市瀬悦子 撮影/高杉 純 文/編集部・藤井.

次の

回鍋肉(ホイコーロー)の殿堂入り人気1位レシピ

回鍋肉

突然ですが、 「回鍋肉」は何の調味料で味つけするかご存じですか? 回鍋肉(ホイコーロー)は中華料理でよく見かけるキャベツと豚バラの炒めもの。 みそ炒めには違いないけど、こんなふうに何やら黒っぽいですよね。 このこってりと甘じょっぱい回鍋肉にどうしても欠かせないのが、 「甜麺醤(テンメンジャン)」。 中華料理では定番のみそで、濃厚な甘みが特徴です。 「北京ダックにつける黒いみそ」といえば、ピンと来る人も多いかも。 皆さんが常備している調味料ではないので、オレンジページでは、日本のみそでアレンジすることも。 それはそれで親しみやすくおいしいんですが、 甜麺醤を使うと一気にお店で食べた「あの味」に! コチュジャンやトウチジャンなどと並んで、代用の難しいみそだと思います。 これを豆板醤といっしょにさっと炒めてから、豚肉にからめ、キャベツを加える、というのが回鍋肉の大まかな流れ。 温めながら油と合わせることで、香りがぐぐっと引き立ちます。 いわば、このみそのポテンシャルがウワーーーーッと開花する瞬間。 炒めていると、甘く香ばしい香りが立ちのぼるので、きっと実感するはず! このたれが、ゆでた豚バラとシャキシャキキャベツにからまると、それはもうー絶品の回鍋肉にしかなりません(笑)。 もし甜麺醤を買ったら、もうひとつ、ぜひ試してもらいたいのが「肉みそ」。 ジャージャー麺にのっかってる甘めの肉みそ、あんな感じです。 あえめんや白めしにのっけて食べるのはもちろん、冷ややっこにかけたり、ゆでたもやしとあえたりしても美味。 多めに作っても、決して後悔しない作りおきです。 いまお持ちでないかたも、ちょっぴり興味が出てきたでしょうか? 春キャベツのおいしいいま、ぜひ【甜麺醤】で回鍋肉にトライ!してみてください~。 料理/市瀬悦子 撮影/高杉 純 文/編集部・藤井.

次の