サシ 飲み 断り 方。 男女のサシ飲み、その意味には男と女で大きな違いが?誘った側の心理を分析

失礼のない飲み会の断り方とは? シチュエーション別にご紹介

サシ 飲み 断り 方

同僚や友人とのサシ飲みは、2人の絆を深め、より良い関係性を築くきっかけになります。 飲みに行く相手が異性の場合は、サシ飲みをきっかけに恋仲に発展することもあるかもしれません。 サシ飲みの意味やメリットについて考えてみましょう。 1対1で飲みに行くこと サシ飲みという言葉を聞いてピンと来ない人もいるでしょう。 サシは漢字で差しと書き、第三者を交えず、2人が向かい合って座ることを意味します。 「サシで勝負する」や「サシで話す」など、日常でサシを頻繁につかう人はそれほど多くないかもしれません。 どちらかというと、女子よりも男子が多用する表現です。 もし、友達に「今日はサシ飲みで!」と言われたら、 ほかの友人を呼ばずに2人で飲みに行くということです。 サシ飲みというと、年齢が上の人は同性同士での飲みを思い浮かべますが、若い人の中には、 男女のデートに近い意味で用いる人もいます。 サシ飲みで得られるメリット 大勢で飲みに行く場合、人に話を振ったり、相槌を打ったりと周囲に気を配りながら会話をする必要があり、気が張って楽しめないという人も少なくありません。 2人だけで飲むと必然的に距離が縮まり、普段はなかなか話せない込み入った話ができるようになります。 会社の同僚とサシで飲めば、 職場では言えない愚痴が発散できますし、幼なじみ同士なら昔の思い出話に花が咲きます。 「気になっていたんだけど…」「実はさ…」と、 本音が語り合えるのがサシ飲みの良いところでしょう。 そのため、異性とのサシ飲みは、2人の 関係をより親密にさせる効果が期待できます。 同性の友達からサシ飲みに誘われても特に何とも思いませんが、異性に「今日はサシ飲みで!」と言われるとなんだかドキッとしませんか?男女でサシ飲みに行くことには、どのような意味があるのでしょうか。 同性のサシ飲みは男女とも共通の意味 サシ飲みには 腹を割って本音で語れるという特徴があり、それは男女とも共通しています。 仕事の愚痴や将来の夢など話の内容は多岐にわたりますが、好きな人がいる場合は、 恋愛の悩みを相談することも多くなるようです。 異性とは分かり合えないことも、同性同士なら「そうだよねー!」と共感し合うことができるでしょう。 また、同性とは、 興味のある話題をとことん掘り下げていけるのがメリットです。 今取り組んでいることを互いに話せば、自分の仕事の参考にもなりますし、会話の中で新たなアイデアがひらめくこともあるでしょう。 異性と飲むサシ飲みの意味・男子編 男子が女子をサシ飲みに誘う目的や理由は一つではありません。 気の合う人と単純にお酒や料理を楽しみたいだけの場合もあれば、仕事の相談をしたいときもあるでしょう。 一方で、男子の多くは、サシ飲みする相手に何らかの特別な感情があり 「距離を縮めて深い関係になりたい」という目的を持っているようです。 薄暗いバーはほのかに揺らぐあかりが互いの表情を魅力的に見せます。 お酒が回れば気持ちが徐々に大胆になり、恋仲に発展することも少なくありません。 「うまくいけばお持ち帰りできるかも…」という下心がある可能性があるため、男子にサシ飲みに誘われた際は少し慎重になる必要がありそうです。 異性と飲むサシ飲みの意味・女子編 女子は異性と飲むサシ飲みをどう考えているのでしょうか? 多くの男性がサシ飲みする女子に特別な感情を抱いているのに対し、女子は 「誘われれば行く」というスタンスで、特に相手を選ばない傾向があります。 女子は心の中で 「もしかしたらおごってもらえるかも!」という期待を持っており、男子以上にサシ飲みをカジュアルに軽く考えているところがあるようです。 つまり単純に料理や話を楽しみたいだけなのです。 男子の中には「女子がサシ飲みをOKしたら脈ありかも」と思っている人がいますが、そうとは限らない点に注意しましょう。 もちろん、好きな男子と距離を縮めたいからサシ飲みをするという女子もいます。 異性に誘われたら脈ありサイン? 男女間ではサシ飲みの目的や意味に多少のズレがあります。 異性にサシ飲みに誘われたとき、脈ありサインと見なしていいのはどんなときでしょうか? 少なくとも好意はある 異性からサシ飲みに誘われた場合、自分に好意を寄せているのか、単に食事や会話を楽しみたいだけなのか判断に迷う場合があります。 ただ、2人きりになることを考えれば、 少なくとも相手は自分を嫌いなわけではないと考えて良いでしょう。 たとえば、職場の同僚や仲の良い異性からサシ飲みに誘われた場合、脈の有無は判断しにくいですが、合コン相手から「2人で飲みたい」と連絡があったのなら、相手が自分に好意を抱いている可能性は高くなります。 サシ飲み中の態度で確認 同僚や異性の友人など、脈ありかどうかが分からない相手なら、サシ飲み中の態度で確かめましょう。 まず、相手が 自分に質問を多くしてくるのは「あなたのことが知りたい」という好意的なサインです。 特に、 好きな異性の好みや恋愛観、休日の過ごし方などを聞かれた場合は、脈あり度は高いと考えられます。 相手は質問をしながら、自分は恋人としてアリか、または自分の価値観と似ているところはないかを探しているのです。 もし、飲んでいる最中もずっとスマホをいじっていたり、リアクションが薄かったりした場合は脈なしの可能性が高いと言えます。 何気ない会話の中で、恋人いらない宣言が出たときも、残念ながら恋の発展は期待できないでしょう。 お店の選び方もチェック 相手に特別な感情を抱いているのであれば、 サシ飲みのお店選びにも力が入ります。 特に男子は、 好きな相手の前では見栄を張りたいという心理があるため、雰囲気がよく、高そうなお店を選ぶでしょう。 たとえば、夜景のきれいなダイニングやハイクラスなホテルのラウンジ、クラシックが流れる落ち着いたバーなどです。 また、 個室で予約しているか、非個室で予約しているかでも、相手の本気度が分かります。 もし、大衆居酒屋などの個室がない空間を選んだ場合は、単にカジュアルに食事を楽しみたいだけかもしれません。 サシ飲みデートで盛り上がる話題とは 顔なじみの相手でも、グループで飲むのと2人きりで飲むのは、緊張の度合いが違うものです。 初めてのサシ飲みデートではネガティブで重い話題は避け、一緒に盛り上がれる話題を探しましょう。 出身地や地元の話題 出身地や地元のネタは、話しやすく盛り上がりやすい話題の一つです。 相手を知るための第一歩として「どこ出身ですか?」と聞いてみましょう。 出身地が違えばお互いの地元自慢ができますし、地元が同じなら、「あのお店知ってますか?」「子どもの頃はどのへんで遊んでいましたか?」など、 よく足を運んだ場所やおすすめのお店を挙げてみると盛り上がれますよ。 地元が同じで、かつ同年代であれば、話しているうちに共通の知人がいることが分かる場合もあるでしょう。 行き過ぎない本音をこぼしてみるのも 気になる相手の前では自分をよく見せたいという気持ちが出て、ついかっこいいことばかりを話してしまいがちです。 実際のところ、完璧で非の打ちどころがない人の前では、相手はリラックスして話ができません。 少し隙があって、たまに 弱音や本音がポロリと出てくる方がその人を愛おしく感じるものです。 自分が先に本音をこぼせば、相手も心を開き、2人の距離はどんどん縮まります。 「2人で会うのは初めてでドキドキしています」と素直な気持ちを打ち明けるのも効果的ですし、お互いによく知る相手ならば 仕事での失敗談を話してみるのも良いでしょう。 ただし、本音や愚痴がエスカレートしてしまっては相手に不快感を与えます。 ネガティブにならないように内容には気を付けましょう。 スタンダードにお酒や料理の話 話題が尽きそうなときは、 スタンダードにお酒や料理の話題を出してみましょう。 目の前にある料理の話はもちろん、 相手の好きな食べ物を聞いてみるのもおすすめです。 料理の話なら、「あの店は〇〇はおいしいよ」「今度行ってみようか」と次のデートの約束が自然にできるでしょう。 日本やワインに詳しい人はちょっとしたうんちくを話してみるのもアリですが、度が過ぎると「めんどくさい人」と思われるので要注意です。 デートが失敗してしまうNGな行動 気になる相手を前に気持ちが舞い上がってしまうと、普段ではありえないような失敗をしてしまうことがあります。 サシ飲みをする前に、これだけは気を付けたいNGな行動をチェックしておきましょう。 酔っぱらって暴言を吐く 理性がなくなるまで飲み続け、 酔っぱらって暴言を吐き、他人の悪口を言う人は、高い確率で相手に嫌われます。 ストレスを抱えているのは分かりますが、相手にとっては迷惑でしかありません。 お酒の酔い方は人それぞれで、急に気が大きくなって 威張りだす人や説教をはじめる人、「ねぇねぇ聞いてよ…」と泣きついてくる人もいます。 酒癖がよくない人は、飲む量をできるだけセーブし、会話や食事を楽しむことに徹しましょう。 アルコールは最初の1杯だけにして、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを注文するのもアリですよ。 相手との距離が近すぎる サシ飲みでは相手との適度な距離感を保ちましょう。 アルコールが入ると気が緩み言動が大胆になりがちですが、 ボディタッチが度を過ぎると相手は不快な気持ちになります。 また、自分は軽いスキンシップのつもりだったのに、 相手に勘違いされてしまったというケースもあるようです。 一部の男子は「異性とのサシ飲み=脈あり」と考えています。 女子が酔ってベタベタしてきたのをいいことに体の関係を迫る人もいるため、その気がないなら最初から隙を与えないようにしましょう。 帰るタイミングを見極められない 話が盛り上がると「もうちょっと一緒にいたいな」という気持ちになりますが、ずるずると時間を延長させるのは好ましくないでしょう。 時間が長引けば長引くほどその場が白けてきますし、「こんなはずじゃなかった」と後悔する関係になるかもしれません。 異性とのサシ飲みは引き際が肝心で、 適度なところで切り上げて名残惜しさを感じさせるほうが関係性がうまくいくものです。 女性から上手にサシ飲みに誘うには? 男子が女子を誘うのが、デートの典型的なパターンです。 「ガツガツした女子だと思われたくない」という思いから、男子をサシ飲みに誘うのをためらっていませんか? 気軽に誘うのが一番 相手を誘うのに慣れていない女子はドキドキしていますが、気合はいれずにさらりと誘うのが一番です。 「一緒に行ってくれる人がいないから付き合ってくれない?」と声をかけるのもいいですし、同僚なら「気になるお店があるんだけど帰りに寄ってみない?」と誘っても良いでしょう。 ただ単に「2人で飲みに行きたいの」と言われるよりは「〇〇だから行ってみたい」というように、 理由付けがあると相手はOKしやすくなりますよ。 相手の好みを事前にリサーチしよう 相手が同僚や男友達の一人であれば、みんなで話しているときの会話に耳を傾けてみてください。 「俺、焼肉が大好物なんだよな」「お酒はワインが1番だよ」などのセリフが出てくれば、チャンスです。 相手の好きな料理のジャンルがあらかじめ分かれば「あそこにワインのおいしいスペインバルがあるよ、一緒に行かない?」というように、 相手の好きなお店を提案する形で自然に誘うことができます。 「行ってみたかったんだよね」「気になってた!」と会話が盛り上がれば、高い確率でOKしてくれるでしょう。 好みがはっきり分からないときは、 男子が好みそうな居酒屋を選ぶのも一つの手です。 すぐに特別なデートと分かる高級すぎる店や、ロマンチックすぎるバーは避けましょう。 相談や日頃のお礼を兼ねる 同僚や友達なら 日頃のお礼をさせて欲しいという理由で食事に誘うのがおすすめです。 相手におごるのを前提に「この前は手伝ってくれてありがとう、お礼にごちそうするよ」と気軽に声をかければ、相手も承諾しやすいでしょう。 日頃からあまり接する機会がなく、お礼の理由が見つからないときは、相談をもちかけるのもアリです。 ただ、「相談に乗ってほしいんだけど」とだけ伝えると「何で俺なの?」と不思議がられてしまうこともあります。 そのときは「男性の意見を聞きたいんだけど…」「〇〇に詳しいよね、教えてほしいことがあるの」となぜ 相手を選んだかの理由を添えるのがベターですよ。 断りたい場合はどう伝える? あまり好きではない異性や知り合って間もない人とのサシ飲みに抵抗を感じる人は多いはずです。 勇気を出して誘ってくれている相手を傷つけずに、自然な流れで断る方法を考えてみましょう。 サシ飲みではなくグループ飲みを提案 相手と2人きりになるのに抵抗があれば、 サシ飲みではなくグループ飲みを提案しましょう。 「お酒があまり飲めないので、〇〇さんも一緒にいいですか?」「そのお店、〇〇さんも気になると言っていました、誘ってみましょう」「そのお店なら人数がいたほうが楽しそうですね」など、 ほかの人も一緒に行ったほうが良いと考えている理由を必ず添えるのがポイントです。 このとき、「2人で行くと周囲の目が気になるので…」と相手の気分を害するような理由はNGですよ。 用事や仕事があると断る 同じ職場の同僚には通用しませんが、 社会人であれば仕事が忙しいことを理由にするのが自然です。 「最近忙しくて帰りが遅い」「大事なプロジェクトを任されていて、ゆっくりできない」と伝えれば、相手も仕方ないと諦めます。 もしくは、 先約や用事があると答えるのも良いでしょう。 「地元の友人が遊びに来ている」「家族が泊まりに来ている」などでもOKです。 相手の誘いを断るときは「誘ってくれてありがとう」「うれしいけど今回はお気持ちだけいただきます」と 感謝の気持ちを添えるのがマナーです。 「仕事が落ち着いたらこちらからお誘いしますね」と付け加えておけば、相手からしつこくサシ飲みに誘われることはないでしょう。 体調不良を理由に断る 相手を傷つけずに手っ取り早く断りたいなら、 体調不良を理由にするのがおすすめです。 「今日は体調があまりよくないからお酒は控えたい」と言えば、相手も無理に誘うことはできません。 ただし、同僚など普段から顔を合わせている相手であれば、数日後にまたサシ飲みに誘われることを覚悟しておきましょう。 体調がすぐれないという理由は何度もつかえないため、相手の誘いに乗るか、別の理由を考えなければなりません。 まとめ お互いの本音を引き出すサシ飲みは、関係性をより深めるためのコミュニケーション手段ですが、男子と女子ではサシ飲みに対する考え方に若干の違いがみられます。 予約したお店の特徴や話の内容からは、 相手が自分をどう思っているのかが分かるでしょう。 サシ飲みでは節度のある飲み方を心がけ、相手に不快な思いをさせないようにしたいものです。

次の

気のない男性にサシ飲みに誘われた時の上手な断り方3種

サシ 飲み 断り 方

ある集まりで女性に「今度食事にでも行きませんか?」と誘われました。 やんわり断ったのですが、しばらくするとまた誘ってきます。 そのたびにいろいろな理由で断るのですが、一向にやめてくれません。 「今度また」みたいに「理由が解消すれば行きたい」といった返事は一切してません。 相手は容姿も良く男性女性ともに人気があって人望があり、私は非モテで友達も 少ないので味方が少なく、はっきり断るのはつるし上げの危険があり難しいです。 また、相手は私を異性として興味があって誘っているわけではないので、異性と して興味が持てないという断り方も相手の怒りを買う可能性がありできません。 また、相手が何の目的で誘っているのか現時点ではわからず、その対策をする ことも難しい状況です。 この状況で、角を立てず、それ以上押せなくなるようなうまい断り方はないでしょうか。 ユーザーID: 1109292643 相手の女性はトピ主さんだけを誘っているのですか? だとしたら、トピ主さんに興味がある以外に誘っている理由が分からないのですが。 人気のある女性ということなので、何かの勧誘(宗教やデート商法)を目的として誘っているとも思えません。 お断りの口実を下記に二つほど書いておきますが、その集まりにトピ主さんのお目当ての女性が他にいる場合は支障があるかも知れません。 「私は持病があって、医者の指示した食事療法をしているので、申し訳ありませんが、しばらく外食はできないのです」または 「少し借金があり、生活費を切り詰めて返済しているので、経済的に外食する余裕がないのです」というのはいかがでしょうか? ユーザーID: 9030515293• 普通に 興味が無いと断れば済むのではないですか? >異性として興味があって誘っているわけではない と言っておきながら >相手が何の目的で誘っているのか現時点ではわからず と言っています。 異性としてでなければただの付き合いでしょう。 それとも何かたくらみがあると言うことですか? 断りたいといっておきながら >はっきり断るのはつるし上げの危険があり難しいです >興味が持てないという断り方も相手の怒りを買う可能性がありできません とはどういうことですか? なんで突然怒りを買ってつるし上げになるのですか? どうして容姿も良く男性女性ともに人気があって人望がある人がそんな事をすると思うのですか?そのあたりの論理的な流れが理解できません。 ユーザーID: 5775765788• 容姿の良い女性の方から何度も食事の誘いを受けるなんて、羨ましい!それなのに「うまい断り方を教えて」はないでしょう。 他に付き合っている女性や好きな女性がいないのなら、あなたが断る理由が私には理解できません。 相手はあなたを異性として興味があって誘ってはいないと断言していますが、からかわれているように感じるのですか? 独身なんだし、別に女性と食事ぐらい気軽に行ってみればいいじゃないですか。 食事してみれば、なぜあなたを誘ったかがわかるかもしれませんよ。 私なら、まずそれを知りたいな。 何度も食事に誘うということは、きっとあなたに何らかの興味があるんじゃないかと思いますよ。 でもあなたには「非モテ」系の自信なさが垣間見えます。 でもそんなこと気にしない、気にしない。 一度食事に行って、その結果をぜひここに書き込んでください! ユーザーID: 9068159934• 忙しいとかナントカ こんにちは。 もしも、あなたのおっしゃる通りに、 「相手の方が容姿も良く男性女性ともに人気があって人望があり、私は非モテで友達も少ないので味方が少なく」という状況だとすると、 女性のほうは貴方に少し同情して(失礼)自分が何とかしてあげよう、というような少々傲慢な(これまた失礼)気持ちがあるかもしれませんね。 あなたが困っていることなど、ましてや「どう断ろうか」などと考えているなどとは想像もしていないのではないでしょうか。 自分は励ましている気持ちでしょうから。 あなたがいろいろと充実した生活を送っていることをさりげなく示したらきっと「あ、大丈夫なんだわ」とか思うのでは。。 ところで、そういう女性は意外と周りに気を使いすぎていて、あなたのようにマイペースな方に惹かれている場合もありますから、まあ嫌いじゃないなら1回くらい食事に行ってみてもいいかもしれませんね。 ユーザーID: 6183571059• 断りたいの? トピ主さんはその女性に全く興味がないのですか? 異性として見られていない、というのは本当ですか? 本当だとしたら、もしかしたら、トピ主さんの後輩や部下のイケメン君(いませんか?)が本当の狙いかもしれませんね。 私の同僚に、イケメン君がまったく振り向かないので、その先輩を飲みに誘い、先輩経由でイケメン君を無理矢理呼び出した人がいました。 >角を立てず、それ以上押せなくなるようなうまい断り方はないでしょうか 彼女に幹事をしてもらい、数人で飲みに行くようにセッティングさせ、トピ主さんは当日「用事ができた」とドタキャン。 でどうでしょうか? その後誘われることは、普通は無いと思いますが・・・ ユーザーID: 3518819666• 断りたい理由は? 後出しになりますが、私に彼女がいないのは誰がどうみてもまるわかり なので、彼女がいると嘘をつくのはまったく無理そうです。 他の人も誘うのは私が食事に誘って快諾しそうな人がなく、またその女性が ブロックすると無効になるのが目に見えてます。 話をいたずらに複雑にするので根拠は書きませんでしたが、私を異性として 興味があって誘ってるのではないことには確信がありますので、 それは確実な前提として断り方のアドバイスをいただけたらと思います。 「お金がない」という断り方は、もし相手が奢ると申し出れば退路が なくなってしまいますし、断る私がますます悪者になります。 「忙しい」「ここのところ体調がすぐれない」などの断り方は何度もしている のですが、永続的に断るうまい理由が捻出できず、しばらく経つとまた 誘ってきます。 力関係が平等なら誘うのも断るのも自由なはずですが、パワーバランスは 私に不利で、だんだん私が悪者扱いになり追い詰められてきます。 妙案はないでしょうか… ユーザーID: 1109292643• 「一人で食事するのが好きなので」 または、「ひとと食事するのが苦手なので」と言ってみてはいかがでしょうか。 自分も「異性として興味があって誘ってるのではない」の経験者です。 色々考えちゃいますよね。 ・絵画を売りたい ・壷を売りたい ・ネズミ購へのお誘い ・新世界へのお誘い ・罰ゲーム実施中 ・賭け事実施中 ・アタクシが誘えば勘違いしてホイホイ大喜びで着いて来るはず、その無様な姿を見たい とかね。 「あなただから断るわけではなくて、基本的に自分は一人でいるのが好きなのです」 「だからといって人間関係を拒否しているわけではないので集まりでは楽しくやりましょう」 という感じで断ったら諦めてもらえました。 トピ主さんも諦めてもらえると良いですね。 ユーザーID: 1494090220• 非常識な私が通りますよ2 恋愛感情がお互いにないなら、なぜそんなに嫌なのかわからないと皆さん言っておられますが、それについては? >他の人も誘うのは私が食事に誘って快諾しそうな人がなく、またその女性がブロックすると無効になるのが目に見えてます。 別に具体的にトピ主さんが誘う必要はありません。 「そうですね。 今度皆で行きましょう」と返答するだけでいいのではないでしょうか。 >力関係が平等なら誘うのも断るのも自由なはずですが、パワーバランスは私に不利で、だんだん私が悪者扱いになり追い詰められてきます。 食事の誘いに応じないだけで上記のような状態になるって全然想像出来ないんですが、なにか事情があるんでしょうか。 ユーザーID: 1883431558• トピ主さん、 なぜ断りたいかはいい断り方を考える上で必要ないかと思ったのですが、 必要でしょうか? なぜ断りたいかというと、行きたい理由がないからです。 たまにママ友の子供の習い事の発表会に誘われるけど行きたくないという トピが立ちますが、それと同じです。 相手の女性は必ず人目のあるところで誘ってきます。 そうすると断ると、周囲から「せっかく誘ってもらってるのに」 「もったいない」と圧力がかかります。 相手はそれを計算に入れており、断りづらく断りづらくなるように いろいろ手を使ってくるので、追い詰められているのです。 一度「どうして私なんかを?」となにげなく理由を聞いたところ、 この集まりにいるようになってから大分たつけど、私のことを全然 知らないので興味あるからという返事が返ってきました。 相手は異性として興味がないことを見破られてるとは気づいておらず、 これで引っかかると考えているようです。 ユーザーID: 1109292643• とりあえず行ってみる。 >なぜ断りたいかはいい断り方を考える上で必要ないかと思ったのですが、必要でしょうか? 必要ですね・・。 例えばチェブさんの仰るような内容が目的ならそれぞれに対策があるでしょうし、相手に全くそのような悪意のある目的がなく、特に「嫌な理由」がないならトピ立てするほど悩んでいるより一回応じた方が楽でしょうし。 >相手は異性として興味がないことを見破られてるとは気づいておらず、これで引っかかると考えているようです。 随分と悪いほうに悪いほうに考えるんですね・・。 あとはその「集まり」に行かないとか。 皆さんたくさんの案を出して下さっていますので頑張って下さい。 すみませんがレスはこれで最後にします。 ユーザーID: 6764700770• 女王様かなぁ? 相手の女性は、あなたが自分に興味なさそうなので、 どうにか目を向けさせたいのかな?とか思いました。 まぁ女王様感覚といいますか… 別に好意の対象なんかではないけど、無視されるのは許せない。 全員に認められないと気が済まない。 みんな私の言う事は聞くし、私に注目してなくちゃいけない。 そういう人っていますよ。 女王様の思うままになったところで、お疲れさま、下がってよろしい。 って感じになるかな? こういう人には嘘でも言っておけばいいですよ。 「すごくヤキモチ焼きの彼女がいて、近くに女性がいる所は行けない。 後でバレたら怒られるんで。 私は彼女一筋でしから。 」 ってキッパリ言えばいいですよ。 オロオロしたり、ハッキリ言わないと、 脈はあるみたいだ。 って勘違いしますよ。 ユーザーID: 7478518011• 理由は必要ない そもそも、普通何か申し出を断るのに「角を立てない方法」って言うのはないと思うんです。 言い方って言うのは確かにあります。 「うるさいんだよ!」とか怒鳴ったりする必要は全くない訳で。 ひたすら最低限礼儀を持って断るしかないんじゃないでしょうか。 トピ主さんの場合相手の真意もある程度わかって来ているようですし、理由を言う必要は全くないし、相手が納得してくれなくてもいいんですよ。 「行きたくないから」って言ってしまうのはちょっと礼儀に反しますよね。 だからとにかく「せっかくですけど」「申し訳ないけど忙しくて」「今日はちょっと・・・」とかとにかく断り続けるしかないでしょう。 断り続けるのも苦痛だと思いますけど。 「せっかく誘ってもらって有り難いですが、今後も行けないと思うので他の方を誘ってください。 自分のことは気にしないで。 」と言ってしまうのも手かもしれません。 断るのも大変です。 相手の気持ちを考えるならもう誘わないのが思いやりだと思うのでその女性は、思いやりのない人なんですよ。 はっきり断るのに、躊躇する必要はありません。 きっぱりした態度を取っていいと思います。 ユーザーID: 7310323380• にっこり >なぜ断りたいかはいい断り方を考える上で必要ないかと思ったのですが、必要でしょうか? 何となくストレスなんですね。 分かります。 彼女にも、そのスタンスで断ってみては?そのうち諦めるでしょう。 今度またその女性に誘われたら、ただ「ごめん、行けない」とだけ言ったらいいと思います。 理由は要りません。 何で?と聞かれても「ごめんね」とだけ言って黙ってしまう。 下手に忙しいとか理由をつけるから、彼女も自分に都合よく考えてしまうのでは? 「いつも誘ってくれてありがとう、でももう誘わないでね」と言えればもっと良いと思います。 私個人的には異性の友達との会話は面白くて大好きなので、相手が自分に恋愛感情を抱いていないなら(トピ主さんとは逆で)喜んでお食事に行くけどな…もったいない。 ユーザーID: 8634829503.

次の

失礼のない飲み会の断り方とは? シチュエーション別にご紹介

サシ 飲み 断り 方

目次 職場の男性とサシ飲みはアリ?ナシ? 職場でのコミュニケーションの取り方は人それぞれ。 老若男女問わず仲良くできる人もいれば、できるだけ職場の人とは距離を置きたい人もいます。 では職場の男性とサシ飲みに誘われた、実際に行った経験のある方はどのような気持ちなのでしょうか?Twitterのつぶやきをピックアップしてみました。 頼れる男の上司もいます また、端からみたら男上司と女部下がサシ飲みってやばいかもしれないけど、本当に親子のような存在でいつもここぞというときに助けられてる。 世の中の上司が全てそうであればいいのですがなかなかそうもいきません。 メリットないのにサシ飲みに行く意味ナシ 全面的に無理な職場の上司がまさにこれ。 飲みいこって行きたくもないサシ飲みに誘われてつまらなくてメリットなさすぎるし嫌いな人を目の前にご飯の美味しさ半減するような時間にされあげくの果てには割り勘とかただの地獄。 — Lily saltlush 職場の男性とのサシ飲みを「無理!」という人のほとんどは、このような気持ちなのではないでしょうか? 職場の女性を無理矢理サシ飲みに誘う男性は、この方の本音を知って少しは女性の心理も理解してほしいものです。 気乗りしない上司とのサシ飲み 上司とサシ飲みするっぽいんだけどなんか気が乗らない…というか男の人とサシ飲み身構える… — れもね yumknek 上司とはいえ、男性とのサシ飲みは慣れていなければ緊張するもの。 いつも以上に、立ち振る舞いや気遣いが必要です。 結局は相手による! 普段の仕事ぶりから尊敬している、ユーモアセンスがある、良い意味で年齢差を感じさせない上司であれば異性であっても「ぜひ飲みに行きましょう!」となるはず。 反対に、普段から尊敬する要素がなく嫌悪感を抱かれている男性であれば、上司・同僚関係なく行きたくないもの。 皆さんのリアルな意見を調べてると、 サシ飲みOKな上司がいる職場は全体的に雰囲気の良さそうな会社に感じられました。 男性の上司が女性社員から好かれている、尊敬されているというのは、仕事でも重要な要素かもしれませんね。 職場の同僚・上司がサシ飲みに誘う心理3つ サシ飲みは相手との関係性によりますが、なぜ男性はあなたをサシ飲みに誘うのでしょうか? 男性心理を紐解くと3つの可能性が考えられます。 脈アリ!異性として好意を抱いているから 1つ目の理由として、あなたのことを 女性として「好き」だからです。 下心ではなく純粋な恋愛感情で、今後できれば付き合いたい、仲良くなりたいと思っているのでしょう。 その最初の手段として2人での飲みに誘ったということが考えられます。 職場の同僚として親しみを持っているから 恋愛感情はなく、同僚が友人や仲間としてあなたを認識しているとき、サシ飲みに誘うこともあるでしょう。 「今度飲みに行こうよ」とライトに誘われたときは、この可能性が高いと言えます。 2人がそれなりに仲が良く信頼関係があるときは、無駄な心配をせずにお酒を楽しめそうですね。 体目当てで近付こうとしているから 最もやっかいなのが、男性が下心を持ってあなたに近づこうとしていること。 お酒の力を使って、どうにか良い雰囲気に持ち込もうとしているのかもしれません。 男性の下心を見抜くのは少し難しいかもしれませんが、• 普段から女性社員に下心を感じる行動をする• 女性社員からの評判がすこぶる悪い• あなたに対しての目線・行動に違和感がある このような職場の男性は黄色信号。 極力サシ飲みは断ることをおすすめします。 こんな職場の男性とはサシ飲みは行きたくない! 女性目線の「こんなサシ飲み絶対無理!」という意見がこちらです。 こんなサシ飲み、職場の男性でもプライベートの友人でも楽しめないかもしれません。 なんの目的で誘ってきたのかが全くわからない 特に仲良くもない職場の男性からサシ飲みに誘われても「なんで私と?」と思いますよね。 何の用事があって何を話すのか…そんなこともわからないままで2人きりになるのは苦痛です。 なんの目的でサシ飲みに誘われたのかわからないときはすぐにOKせず、誘った目的を聞いてから行く・行かないを判断したほうがよさそうです。 サシ飲みに行っても絶対に盛り上がらない 普段会話していてもイマイチかみ合わなかったりどう考えても趣味が合わなかったりする職場男性とサシ飲みは、盛り上がらない可能性があります。 2人でお酒を交えつつ話すことで、仕事のときとは違う雰囲気が楽しめるかもしれませんが、 飲みに行く前の最初のハードルが少し高め。 あなたが相手の男性に少しでも興味があるならよいのですが、時間・お金を無駄にしないように楽しめる会話の引き出しを準備しておくとよいでしょう。 どう考えても下心しかない 相手の男性からどう考えても下心しか感じられないときは、迷いなく「行かない」と断りましょう。 あいまいな断り方をしてしまうと今後もしつこく誘われる可能性があるため、きっぱりと断ることがポイント。 社内でも評判の良くない男性であれば「あの人、あの男と飲みに行ったらしいよ」と噂されかねません。 あなたが恥をかかないためにも、下心のある男性との飲みは行かない方がよいでしょう。 絶対に行きたくない!職場の人とのサシ飲みを断るテク 断り方次第で相手男性からの印象は良くも悪くも変わります。 男性心理を理解して、今後の仕事に影響が出ないように上手に断りましょう。 サシ飲みの上手な断り方【上司・社長】 女性であれば男性の上司からの飲みに誘われる機会がある方もいるでしょう。 比較的規模の小さい会社で社長との距離感も近ければ、社長・役員クラスの男性とのサシ飲みに誘われた経験がある方もいるかもしれません。 相手の年齢が離れていたり立場が上であったりすると断りにくいかもしれませんが、こちらから用事がない限りサシ飲みは避けたいもの。 男性を尊重したうえで丁寧に断る方法を紹介します。 満面の笑みで「笑ってごまかす」 「2人きりの飲みなんて行きません!」とキツめの返事をしてしまうと、上司の機嫌を損ねてしまいます。 断られた腹いせに「勘違いするな!」なんてことも言われかねません。 できるだけやんわりと断るには笑顔が重要です。 満面の笑みで、• ごめんなさい、仕事が残っていて行けません~• その日は予定が入っていてどうしても行けないんです~• 飲みならまたみんなで行って楽しみましょう~ と可愛らしく断りましょう。 それでもしつこく誘われるときは、周囲の女性社員に相談することをおすすめします。 男性のプライドを傷つけないよう断る 男性心理やプライドを傷つけてしまうと、今後の仕事にも影響が出るかもしれません。 断るときはこのポイントに注意をしましょう。 ・露骨に嫌な顔をしない ・「行くわけないじゃないですか!」と上から目線で言わない ・周囲に人がいる場所で聞こえるように「行きません」と言わない 恥をかかされたと思う 男性心理ではサシ飲みを拒否=自分自身 上司 が拒否された、と感じてしまう方もいるでしょう。 断るときはこのような言い方で伝えてみることをおすすめします。 ・帰ったら奥さんの美味しいごはんが待ってるじゃないですか 既婚者の場合 ・私だけよりもみんなで行ったほうがきっと盛り上がるんで、ほかの人も誘ってみていいですか? ・自宅にペットがいて長時間留守番させるのがかわいそうなので… と、あくまで「あなたに非はありませんよ」というニュアンスで伝えると、プライドを傷つけることも少なくて済みそうです。 サシ飲みの上手な断り方【同僚】 同僚・同期であれば上司ほどに気を遣う断り方をしなくてもよいでしょう。 関係性を壊さない程度に正直に断るのがベストです。 「彼氏がいるから」は魔法の言葉 後々のつじつま合わせさえできるのであれば、彼氏がいなくても彼氏がいることにするのもアリです。 「彼氏いたの!?」「どんな人?」と聞かれてとっさに嘘をつけたりはぐらかせたり、噂をされたとしても気にしないのであれば、 架空の彼氏に頼りましょう。 実際に彼氏がいる方で、サシ飲みに誘ってきた男性はあなたに彼氏がいることを知らずに誘ったのかもしれません。 「彼氏がいるから行かないでおくね」と言うと、普通の男性であれば「わかった!」「知らなかった!」というはず。 それでも 「別にいいじゃん」「黙ってればばれないって」と、強引に誘ってくる男性はかなり危険。 そんなときは• 私は彼を傷つけたくないので• 彼氏も一緒に行きますけど• されて嫌なことは私もしませんから と強気でサシ飲みに行かないことを伝えるのがよいでしょう。 職場の同僚なら金欠を理由にするのもアリ 「お金がない」ということはあまり口にしないほうが良いとも言われますが、口癖ではなくサシ飲みを断る口実として使用するのはアリです。 誘われるたびにお金がないと断ると「どんな生活をしているんだ」と思われるかもしれないので、 あまり言い過ぎるのもよくないかも。 「大丈夫!おごるから」と言われても、貸しを作りたくない、会社の人にはおごって貰わない主義、と伝えましょう。 番外編!サシ飲みの上手な断り方【新年会・忘年会】 最近の比較的若い世代では「なんで会社の飲み会なんて行かないといけないの?」と思う人も多いようです。 ほぼ強制参加のような雰囲気があり、仕方なく参加している方もいるでしょう。 どうしても飲み会に参加したくないときは以下の断り方を参考にしてみてください。 「あの人は飲み会にこないキャラ」を確立させる 飲み会にこないキャラを確立させることで、サシ飲みはもちろん大人数での飲み会も誘われにくくなるでしょう。 とにかく全ての飲み会に行きたくない方はいいのですが、デメリットとして話題についていけなくなったり、送別会などにも誘われにくくなるでしょう。 完全に割り切っているのであれば問題はありません。 次の日が早いことを理由に断る• 次の日は朝から実家で法事があって…• 朝イチの新幹線で旅行に行くんです• どうしても朝から並びたいイベントがあって… このように、遅い時間まで起きていられない+お酒を飲むと次の日の朝が早くて無理ができないことを伝えるのもひとつの手です。 この断り方の場合は、飲み会の予定のほうが後から入ったことがポイント。 「最初から私のプライベートのほうが先に決まっていました」というニュアンスを伝えてみるとよいでしょう。 お酒の味やその場の雰囲気を楽しみたいのに、上司のグラスに残ったお酒の量や機嫌を常に気にするのは苦痛ですよね。 どうしても行きたくないサシ飲みは断るのがあなたのため。 断っても断っても誘ってくる男性は危険です。 上記で紹介した断り方を参考に、今後の職場での関係がこじれないよう上手に断りましょう。

次の