ゼン トレーダー。 ゼン・トレーダーの取引方法

ゼントレーダーとは?入金出金方法やデモ口座から評価について解説!

ゼン トレーダー

実際に僕がエントリーする際に利用している根拠を7個、 画像を差し込みながら説明しています。 文字数も3000文字を超え、自分でいうのもアレですが、 正直無料の域を余裕で超えた無料レポートになっています。 僕の公式LINE追加後に自動的に送付されますので、 もし興味があれば受け取ってみて下さい。 こんにちは、ぴろです。 このブログでは僕自身が BOトレーダーという事もあり、 何件か海外業者の紹介をしてきました。 ただ、残念な事にそのほとんどが 信頼に値しない怪しい業者、 もしくはすでに悪評が多く、 利用するべきではないと 判断した業者ばかりでした。 海外業者は国内業者とは違い、好き勝手できてしまうので 詐欺的な業者が増えるのは仕方ありません。 ただし、僅差でも勝てれば資金が 約1. 8~2倍に増えるハイロー型を利用したい場合は 現状、海外業者を利用するしかありません。 個人的には海外業者なら ハイローオーストラリアで いいじゃんと思っていますが、 どうしても 「ハイローが潰れる可能性もなくはないし、 今のうちに他に良い業者見つけておこうかなぁ」 と探してしまうのが人の性ですよね(笑) ですが、先ほどもお伝えしたように海外業者のほとんどが 利用を推奨できない粗悪なものとなっています。 ゼントレーダー zentrader とは? ホームページ: 会社名 Zentrader. comはZT Markets Limited, SVG IBCによって所有・運営されています。 本社所在地 セントビンセント・グレナディーン、キングスタウンジェームズ・ストリート ファースト・セントビンセント銀行ビル1階。 事業内容 外国為替および金融派生商品仲買 インターネットにおける外国為替および金融派生商品仲買に付帯する業務 外国為替および金融派生商品取引 登録番号 セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証の、 「Registrar of International Business Companies」における登録番号25071 IBC2018 ゼントレーダーはセントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁に 認可されて運営をしているようです。 悪評高い海外業者のほとんどが無認可で営業されていますので、 このようにライセンスを取得しているのは好印象ですね。 まぁ… セントビンセント及びグレナディーン諸島ってどこやねん… って感じはしますが、 調べてみると、カリブ海に浮かぶ島国で、 有名ではないものの観光地にもなっており、 タックスヘイブンとしても利用されているみたいですよ。 ちなみにFXブローカーとして有名なTitan FX も 過去にセントビンセント及びグレナディーン諸島で ライセンスを取得して運営していたようですね。 で、ゼントレーダーの本社所在地を調べると このような建物が出てきましたが、こちらが本社になるのでしょうか? それとも登記だけでペーパーカンパニーにしているんですかね?。 一通りみた限りでは突出したものはありませんが、 どれも平均以上は揃っているのでかなり使いやすそうな印象です。 最低出金額でも出勤時に手数料が掛からないのも良いですね。 現金でもよかったのですが、 クレジットカードの方がスピーディなので 今回はクレカ決済を行いました。 そこで少し驚いたのがクレカ決済をしてもすぐには反映されず、 一度ゼントレーダーのスタッフさんによる確認作業が入るようです。 ちなみに今は5,000円の入金ボーナスがあるようで、 最低入金額の5,000円を入金したら反映は1万円になっていました。 ですが、通貨ペアを切り替えた際に ゼントレーダー側のチャートが表示されるのが遅く、 そこは気になるなぁと・・・ ハイローオーストラリアだと通貨ペアの切り替えと ほぼ同じタイミングでチャートも表示されるので、 比べるとどうしても見劣りしてしまいますね。 あと指標時の激しい値動きの際にMT4チャートと ゼントレーダー側のチャートで微妙にラグがあるようで、 そこも気になりました。 ゼントレーダーの方が遅い、というかモッサリしてる。 最後に。 今回ご紹介したゼントレーダーは ・金融庁の認可を得ている。 ・使いやすいUI。 ・入出金のスムーズさ。 ・サポート体制。 この辺りが有象無象の海外業者よりも 何歩も先を行っている印象です。 これは僕の勝手な思い込みですが、今後利用者が増えていけば おそらくハイローオーストラリアのような大手と 肩を並べるところまではいくのでは?と思っています。 それくらいゼントレーダーからはガチな感じが伝わってきますし、 利用した感覚も悪くありあませんでした。 ただし、そうは言っても運営実績の乏しい海外業者です。 理不尽な出金拒否や約定のずらし、 レート操作といった事をする可能性もありますし 最悪の場合、顧客の資金を持ち逃げする事もあるかもしれません。 なのでゼントレーダーを利用する際は 無くなってもダメージの少ない金額を入金し、 エントリーを重ねていくと良いと思います。 僕も引き続き利用はしていく予定ですので、 何かあれば記事にしていきますね。 それでは今回はこれで終わります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 本当に無料で配布しているので サクッと手に取って頂ければと思いますが、 どんな内容なのか確認してから 友達追加したい人もいるはずですので それぞれを簡単に説明させて頂きます。 バイナリーオプションを今から始める人には 少し難易度が高い内容にはなっていますが、 優位性のある手法なのは間違いないので ぜひ学んで利益を出して頂ければと思います。 この特典に関しては下記の記事で詳細に説明しておりますので、 興味がある人はぜひこちらをご確認下さい。 それでは皆さんからのご連絡お待ちしております。

次の

ゼン・トレーダー (zentrader)検証ブログ

ゼン トレーダー

自動売買なのでほぼほったらかしで毎月10万円前後稼げます。 と、かなり胡散臭い感じですが、 事実なのでどうしようもないです(笑) もちろん投資なのでリスクはありますが、 それ以上にリターンが大きいのでぜひこの機会にご検討下さい。 お問い合わせだけでも大丈夫ですので 何か気になる事があれば遠慮なくご連絡下さい。 詳細はこちらの記事で紹介しておりますので、 興味がありましたら下記LINEからご連絡下さい。 こんにちは、ぴろです。 皆さんはバイナリーオプションをやっていますか? 中にはバイナリーオプションと聞くと、 ・詐欺 ・稼げない といったネガティブな印象を 抱いてしまう人も多いと思います。 実際のところバイナリーオプションは ただの投資手法の一つなので詐欺ではありませんが、 ネガティブな印象が先行してしまう理由として、 詐欺まがいの事を行う海外業者が多い点が挙げられると思います。 実際に被害にあった人に聞いた話だと、 ・バイナリー業者の口座に入金したら出金できなくなった。 ・約定拒否やずらしでまともにトレードできない。 といった事が行われていたそうです。 実際に僕が過去にレビューした業者も悪い評判が多く、 これでは詐欺と呼ばれても仕方ないな…と思ってしまうほどでした。 まぁハイローオーストラリアも探せば悪い評判も多いですが、 どう考えても信頼度は海外業者ナンバーワンです。 なのでここ数年はハイローオーストラリア一強と言った感じで、 他の海外業者は遠く後ろから後を追う形になっています。 そんな中、昨年2019年に立ち上げられた Zentrader ゼントレーダー は ハイローオーストラリアに代わる存在になるかも?と ひそかに期待されている海外業者で、今後勢いが伸びてくる事が予想されています。 そんなZentrader ゼントレーダー ですが、 リリースされてから時間が経っていない事から 利用者も少ないですし、情報も出ていないので、 「巷に溢れる詐欺業者と同様に悪質では?」 と心配に感じている人も多いと思います。 なので今回はZentrader ゼントレーダー について、 色々と調べてみたのでぜひ参考にして下さい。 comはZT Markets Limited, SVG IBCによって所有・運営されています。 本社所在地 セントビンセント・グレナディーン、キングスタウンジェームズ・ストリート ファースト・セントビンセント銀行ビル1階。 事業内容 外国為替および金融派生商品仲買 インターネットにおける外国為替および金融派生商品仲買に付帯する業務 外国為替および金融派生商品取引 登録番号 セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証の、「Registrar of International Business Companies」における登録番号25071 IBC2018 ホームページ内の会社概要を見る限り、 Zentrader ゼントレーダー は セントビンセント及びグレナディーン諸島の 金融ライセンスを取得しているようです。 セントビンセント及びグレナディーン諸島ってどこやねん… って感じですが、Wikipediaでは カリブ海の南部の 小さな群島からなる国と説明されていました。 おそらくこの国の名前を聞いた事がある人はごく少数だと思いますし、 実際に小規模国家である事は間違いありませんが、 その国の金融ライセンスを取得している事を考慮すると、 比較的信頼のおける業者であると思います。 さすがにここで営業しているという事はないと思うので、 登記だけここで上げてるという感じなのでしょうか。 他にもZentrader ゼントレーダー に関する情報を 得ようと色々調べてみましたが、 目立った情報は出てきませんでした。 僕だけだと情報収集に限界があるので もし他にもZentrader ゼントレーダー の情報を ご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えて頂けますと幸いです。 Zentraderの取引方法や通貨ペア Zentrader ゼントレーダー には ・クラシック ・オンデマンド この2種類の取引方法が用意されています。 この取引は、設定期間で判定されますので、詳細は取引カレンダーをご覧になってください。 設定期間の柔軟性と便利さを好む短期取引トレーダーに最適です。 通貨ペア・取引時間に関して 通貨ペアに関してはドル円や ポンドドル等のメジャーなものから、 ゴールドや株価指数、仮想通貨まで 非常に幅広く取り扱っています。 ハイローオーストラリアであれば 5分刻みで 判定時刻が用意されているので 非常にトレードしやすかったんですよね。 ネット上の口コミでも僕と同じように、 15分取引の判定時刻に関する不満を見かけたので、 ここはぜひ改善して欲しいと思います。 というか、ハイローオーストラリアで 安定して勝ってるトレーダーは判定時間5分刻みの 15分取引ばかりやってるイメージなので、 ここを改善しないと既存のトレーダーを Zentraderに流すのは難しいと思います。 また、最近は 某ニートトレーダーさんの動画の影響や、 昨年夏前の運営会社変更&ドメイン移行事件? で ハイローオーストラリアが潰れる…!? なんて噂も立ったりしているので ハイローのサブを探したい人は絶対増えているはず。 Zentrader ゼントレーダー 側は 「ハイローの受け皿なんて嫌だ!」 と思っているかもしれませんが、 今はそういう存在が求められていると思います。 出金はできる?できない!? 次は非常に大事な出金に関してです。 悪質な海外業者では入金して取引をしたはいいものの、 出金が出来ない、もしくは非常に時間が掛かる、 酷い場合は強制的に口座凍結させられるなど、 出金時の問題は後を絶ちません。 僕はZentrader ゼントレーダー で出金をした事がないので 経験談を語る事ができず申し訳ないのですが、 ネットの口コミを見る限りでは 問題なく出金できている人が多いようで、 一部出金に時間が掛かったという声もありました。 現状、利用者が少なく口コミが集まっていない為、 はっきりとした情報は得られませんが、 今後、徐々に利用者増加とともに 口コミやレビュー記事も増えてくるはずですので 僕の方でもしっかりと情報を追っていきたいと思います。 最後に。 いかがだったでしょうか。 最近になって出てきたZentrader ゼントレーダー ですが、 正直なところ情報がまだまだ少ないと感じました。 ただし、他の悪質海外業者と違い、 金融ライセンスを取得している点や、 会社名等の情報を公開している事から 有象無象のヤバい業者よりは信頼できるのは 間違いないでしょう。 僕の方も機会があれば実弾で取引をしてみて、 出金依頼もかけてみようと思います。 その際は追記、もしくは新規で記事を作成しますので、 よかったら覗きに来てください。 それでは今回の記事はこれで終わります。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。 本当に無料で配布しているので サクッと手に取って頂ければと思いますが、 どんな内容なのか確認してから 友達追加したい人もいるはずですので それぞれを簡単に説明させて頂きます。 内容としては ・トレードをする際のマインドセット ・ライントレードで使える根拠7点 ・エントリー回避ポイント これらを画像を差し込みながら 3000文字オーバーの文章で説明していますので 無料PDFとは言え非常に内容の濃い資料になっています。 僕もこれまで数多くの無料レポートを手に取ってきましたが、 どれも無料レポートの域を出ないものばかりでした。 正直、集客目的なら"その程度"でもいいのかもしれませんが、 せっかく手に取ってもらえるなら参考になる情報をお渡ししたいですし、 僕の本気度が伝われば一人でも多くの人に嬉しいなぁと思い、作りこみました。 バイナリーオプションを今から始める人には 少し難易度が高い内容にはなっていますが、 優位性のある手法なのは間違いないので ぜひ学んで利益を出して頂ければと思います。 この特典に関しては下記の記事で詳細に説明しておりますので、 興味がある人はぜひこちらをご確認下さい。 それでは皆さんからのご連絡お待ちしております。

次の

Zentrader(ゼントレーダー)とは?評判はどうなのか徹底的に調べてみた!

ゼン トレーダー

このページの目次• ゼン・トレーダー概要 会社名 ZT Markets Limited, SVG IBC 本社所在地 セントビンセント・グレナディーン、キングスタウンジェームズ・ストリート ファースト・セントビンセント銀行ビル1階。 事業内容 外国為替および金融派生商品仲買 インターネットにおける外国為替および金融派生商品仲買に付帯する業務 外国為替および金融派生商品取引 登録番号 25071 IBC2018 ゼン・トレーダーは2018年に登場した新しい海外バイナリーオプション業者です。 バイナリーオプション業界は業者の統廃合が活発なのですが、そんな中で新しく誕生しました。 「トレーダー重視」を掲げている業者で、公式ホームページでは「最先端で最高品質の取引体験を提供すべく創業」とうたっています。 初心者から上級者まで対応できる、シンプルな取引ツールが魅力です。 マイナーななのでユーザーは少ないですが、今後人気が加速するポテンシャルを秘めている海外バイナリーオプション業者です。 ゼン・トレーダーの取引種類 ゼン・トレーダーには2種類の取引方法があり、「クラシック」と「オンデマンド」があります。 いずれもバイナリーオプションの取引ですが、判定時間、ペイアウト率、取引銘柄が異なります。 取引不可時間以前であれば、いつでもオプションを実行したりキャンセルしたりできます。 取引不可時間は、通常は最後の2分間となります。 対して オンデマンドの判定時間は30秒、1分、3分、5分から選べます。 取引を実行すると、タイマーで判定時間までの残り時間が表示されます。 クラシックと異なり、実行後にキャンセルすることはできません。 海外バイナリーオプション業者を利用する醍醐味である、超短期取引も可能ということです。 最長1日という取引時間も、他の海外バイナリーオプション業者と同じですね。 オンデマンドの方がペイアウト率が高く設定されています。 オンデマンドの方が判定時間が短くてリスクが高いことを反映しているため、高ペイアウト率となっているのでしょう。 取引を実行したらキャンセルできないので、一概にオンデマンドの方が儲けやすいとは言い切れないです。 他の海外バイナリーオプション業者と比べても、比較的高いペイアウト率であると言えます。 取引銘柄 クラシックの場合、次の17種類の通貨ペアを取引することができ、オンデマンドで取引できるのは次の7つの通貨ペアのみです。 オンデマンドは短期だけど銘柄数が少なく、クラシックはバイナリーオプションとしては長期だけど銘柄数が多い、という違いがあるのです。 ゼン・トレーダーで取引する前に ゼン・トレーダーで取引を始める前に、入金方法、最低入金額、最小取引額、最大取引額について説明します。 入金方法 入金方法 クレジットカード(VISA、MASTER、JCB) 銀行振込 ビットコイン 電子マネー 最低入金額 50ドル 50ユーロ 50ポンド 5,000円 最高入金額 50,000ドル 50,000ユーロ 50,000ポンド 500万円 ゼン・トレーダーの入金には、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB)、銀行振込、ビットコイン、電子マネーを使うことができます。 ゼン・トレーダーは海外の業者ですが、日本の銀行から送金することができます。 仮想通貨のトレードもできるので、ビットコインでの入金に対応しているのですね。 入金の下限と上限 入金の下限は、50ドル、50ユーロ、50ポンドまたは5,000円です。 外貨での入金もできますが、概ね5,000円程度から入金できるということになります。 入金の上限は、1日につき50,000ドル、50,000ユーロ、50,000ポンドまたは500万円です。 外貨でも概ね500万円程度が上限になると覚えておきましょう。 最小・最大取引額 最小取引額 1,000円 最大取引額 100,000円 ゼン・トレーダーの最小取引額は1,000円、最大取引額は10万円です。 100円から取引できる業者が増えてきているので見劣りしてしまいますが、1,000円からの取引というのは業界標準クラスと言えます。 最大取引額も10万円なので業界標準クラスと言えるでしょう。 もっと低く設定している業者もあれば、50万円程度を最大取引額にしている業者もあります。 出金情報 出金方法 クレジットカード(VISA、MASTER、JCB) 銀行振込 ビットコイン 電子マネー 最低出金額 50ドル 50ユーロ 50ポンド 5,000円 最高出金額 50,000ドル 50,000ユーロ 50,000ポンド 500万円 出金にかかる時間 最短翌日 出金の下限は50ドル、50ユーロ、50ポンドまたは5,000円です。 外貨での出金もできますが、いずれの場合でも概ね5,000円が出金の下限となります。 入出金に要する時間 ゼン・トレーダーの場合、入出金にあまり時間がかかりません。 クレジットカードによる入金なら、決済が完了すればすぐに入金されます。 銀行からの送金でも、当日か翌日に反映されます。 ただし、銀行が休日の場合は翌営業日となります。 出金も素早く、手続きの翌日に受け取ることができます。 ゼン・トレーダーのメリット・デメリット これまで、ゼン・トレーダーの機能を紹介してきました。 実際に使ってみるとどのようなメリットとデメリットがあるのか、紹介していきます。 ゼン・トレーダーのメリット:システムが簡単 ゼン・トレーダーのウリでもあり、評判が良いのが簡略化された取引ツールです。 詳しいことを分析したいトレーダーにとっては物足りないかもしれませんが、サクッと取引したい人には向いているツールです。 各バイナリーオプション業者は取引ツールでも競い合っており、複雑な分析ができるツールがもてはやされる傾向にあります。 しかし、一般のトレーダーにとってあまり需要の無い機能も多く、返って分かりにくい不便なツールになってしまっていることも。 ゼン・トレーダーのツールはシンプルなので、一般トレーダーにも使いやすいと評判です。 ゼン・トレーダーのデメリット:短期の取扱銘柄が少ない 上記に説明したとおり、ゼン・トレーダーには2つの取引方法があります。 クラシックは15分以上の長い判定時間で、豊富な銘柄の取引ができます。 30秒〜5分と短い判定時間のオンデマンドでは、7つの通貨ペアから選んで取引します。 短期の取引となるオンデマンドの場合、7つしか通貨ペアの選択肢が無いことは、ゼン・トレーダーのデメリットとして挙げられます。 大手の海外バイナリーオプション業者では、30秒といった短い判定時間でも20種類以上の銘柄を取引することができます。 大手と比較すると、ゼン・トレーダーは遅れを取っていると言われても仕方がありません。 ゼン・トレーダーは信頼できる業者? バイナリーオプション業者が信頼できるかどうかは、非常に重要なチェックポイントです。 特に海外のバイナリーオプション業者は出金時のトラブルなどが多く、詐欺まがいの業者も存在します。 ゼン・トレーダーが信頼できる業者かどうか、金融ライセンスや法令遵守といった観点から見ていきましょう。 会員登録する前に、業者の信頼性を判断してくださいね。 金融ライセンス ゼン・トレーダー公式ホームページ下部に「 信頼出来る、金融機関としての規制条件を満たす関連会社と連携し、登録番号25071 IBC2018にて認証を受けています。 」と記載されています。 この文言を読んだだけで意味を理解し、ゼン・トレーダーに信頼を置ける人はいないと思いますので、詳しく調べた結果をお伝えします。 まずIBCとは「インターナショナル・ビジネス・コーポレーション」のことです。 ゼン・トレーダーは、セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁によって、取引ソフトとサービス提供の認証を受けている企業です。 金融ライセンスは取得している、ということですね。 海外のバイナリーオプション業者にはライセンスを取得していない業者も多いので、ゼン・トレーダーはライセンス未取得の業者よりは信頼できるでしょう。 法令遵守 ゼン・トレーダーは世界的にサービスを展開していますが、それぞれの国・地域の法令および規則を遵守し、サービスを行って良い地域でのみ営業しています。 ゼン・トレーダーは日本や欧州を始めさまざまな国・地域で営業しています。 それぞれの国の規制により、現時点では米国、オーストラリア、中国などの居住者は入会できないようになっています。 その分、 ユーザー数も多くは無いのですが、法令遵守している企業なので安心感があります。 日本語のサポート ゼン・トレーダーは日本語で問い合わせや苦情を送ることができます。 日本人のスタッフが受け付ける日本国内の電話番号に問い合わせをすることもできるので、英語に自信が無い人でも安心です。 特に、サポート窓口に連絡した際に「苦情・意見」という項目を選択すると、経営陣にも通知が入るそうです。 公式ホームページいわく最優先で対応してもらえるとのことです。 創業歴の浅さ 2018年に開始されたサービスということもあり、インターネット上でもゼン・トレーダーを使った人の口コミがあまり見られません。 利用者の率直な良い意見も悪い意見も分からない状態なのです。 新しいサービスだからダメということではありませんが、口コミという判断材料が無いので、信頼感は薄くなってしまいます。 ゼン・トレーダーがおすすめな人 取引画面がシンプルで分かりやすいので、バイナリーオプション初心者や、簡単な分析をしたいトレーダーにおすすめです。 バイナリーオプションのツールは複雑な方がもてはやされる傾向があるので、 簡単な分析をしたい人には、ゼン・トレーダーのツールが向いているでしょう。 また、為替取引だけでなく仮想通貨の取引もできます。 ゼン・トレーダーは通貨以外の取引をしてみたい人にもおすすめです。 ゼン・トレーダーがおすすめでない人 30秒といった短い判定時間で、マイナーな通貨ペアの取引をしたい人には、ゼン・トレーダーは不向きかもしれません。 オンデマンドの取引では7つの通貨ペアしか取引できないので、他の通貨ペアを狙う人は他の業者の方が良いです。 また、新しいサービスに飛びつくのを怖く感じる人や、多くの人が使って安心できる業者だという口コミを見てから使いたい人に対しては、ゼン・トレーダーをおすすめできません。 新しい業者であるため、取引や入出金がブラックボックスであることは否めず、トラブルが予想できません。 まとめ ゼン・トレーダーの概要や特徴について紹介しました。 新しい業者で口コミが少ないのですが、金融ライセンスを取得した業者であることが分かりました。 短期で取引するオンデマンドの方は7つの通貨ペアのみと物足りない要素はありますが、取引ツールがシンプルで簡易的な分析に手間がかからないことなど、メリットもあります。 口座開設時や不定期のボーナス付与があるので少ない資金で遊んでいる身としてはありがたいと思う。 今のところ特にトラブルもなく使用できており、以前使用したバイナリーオプション業者と比較しても現状不満はなく満足している。 基本情報やFAQなどユーザー向けの情報もしっかり説明されているし、利用の仕方やルールもわかりやすく説明されている入出金の反映も早いので今のところ安心して利用している。 また、利用者数も多そうなので他者との情報交換等で情報を得る事もできるのは大きなメリットだと感じている。 取引画面は非常にシンプルで無駄がない構成でわかりやすくなってると思うので、見やすさ・使いやすさ・といった点も満足している。

次の