エンゲージ と は インスタ チェッカー。 Twitterのインプレッション数とは?ツイートが何回見られたか確認する方法【Twitterアナリティクス】

「Instaチェッカー」に関するQ&A

エンゲージ と は インスタ チェッカー

この記事の内容:• Google マイビジネスとは Google マイビジネスは、さまざまな Google サービス(Google 検索や Google マップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。 実店舗に顧客を迎え入れてサービスを提供するビジネスや、エリア限定でサービスを提供するビジネスを営んでいる方は、このツールを活用すればユーザーにビジネスをアピールすることができます。 Google でのオーナー確認を済ませているビジネスは、ユーザーからの信頼度が倍増する傾向があります。 見込み顧客の視点に立って考えてみてください。 お客様の店舗から 3 ブロックほどの場所にいる見込み顧客が、あるサービスを提供しているお店が近くにないか探しており、そのサービスがお客様が提供しているものとちょうど一致していたとします。 こうした見込み顧客は、看板を見たり友人から聞いたりしてお客様のビジネスのことを知っているかもしれませんが、Google でそのサービスについて検索する可能性もあります。 そのときにビジネスの存在をアピールできるかどうかが重要です。 Google マイビジネスにビジネス情報を登録して管理すれば、取り扱っている商品やサービス、店舗の場所をユーザーに知ってもらえる機会が増え、ビジネスに関する問い合わせも増加する見込みがあります。 しかも無料でご利用いただけます。 次に、ローカル検索結果とオンライン マーケティング戦略との密接な関係性についてご説明します。 オンライン マーケティングに関する基礎知識 オンラインでは、以下のようにさまざまな方法でビジネス情報を管理します。 検索エンジン最適化(SEO): ユーザーが Google などの検索エンジンを使用した際に表示される検索結果を重視する手法です。 こうした結果はオーガニック検索結果と呼ばれ、料金を支払って表示方法や表示場所を変更するようなことはできません。 検索結果の内容は、入力された検索語句との関連性など、さまざまな要因によって決まります。 詳細については、をご覧ください。 検索エンジン マーケティング(SEM): 料金を支払って検索結果の近くに広告を表示する手法です。 Google のオンライン広告プログラムである Google 広告もこれに該当します。 広告を掲載してビジネスを宣伝することをお考えの場合、まずは簡単な設定で始められる のご利用をおすすめします。 Google マイビジネス: Google マップや Google 検索にさまざまな形式で表示されるを管理することができます。 こうした検索結果は地域に合わせた内容になっており、ユーザーは近くにあるお店やサービスを確認することができます。 Google でのランクとローカル検索結果の詳細については、をご覧ください。 まとめると、SEO、SEM、ローカル検索結果の管理は、いずれもオンラインでの宣伝効果を高めるための手法と言えます。 以降では、ローカル検索結果と Google マイビジネスのメリットについて詳しく見ていきます。 Google マイビジネスでできること Google マイビジネスのメリットは以下の 3 つに大別されます。 オンラインに公開するビジネス情報を最新かつ正確な状態に維持できる• 営業時間やウェブサイト、電話番号、地域(ビジネスのタイプに応じて住所やサービス提供地域、場所のマーカーなどを指定できます)を指定できます• を活用してオンラインに公開する情報をいつでも更新できます• ユーザーと交流することができる• 店舗や商品、サービスの写真を投稿できます• ユーザーが投稿したクチコミを収集して返信できます• 新規顧客にアピールできる• オンラインでのビジネスの宣伝効果が高まるため、新規顧客に見つけてもらいやすくなります• ユーザーを自社のウェブサイトに誘導できます• 準備が整ったら、で位置情報ベースの広告を掲載し、さらに多くのユーザーにアピールすることをおすすめします Google マイビジネスが適している業種の確認 業種ごとに検討してみましょう。

次の

【目指せインスタグラマー】Instagramでフォロワー数を増やすための3つの方法

エンゲージ と は インスタ チェッカー

エンゲージメントの計算の仕方 インスタグラムにおけるエンゲージメントとは「いいね!」や「コメント」といったフォロワーの反応のことです。 エンゲージメント率が高いアカウントはブランド好意度や純粋想起率が高い傾向があると言われています。 エンゲージメントは以下のように計算することができます。 インスタグラムが無料で提供している インサイト機能を使うことで、自身のインスタグラムアカウントのエンゲージメントを確認することができます。 の記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください。 エンゲージメント率をあげていくには それではエンゲージメント率をあげていくための具体的な方法についてまとめていきます。 ペルソナの作成 エンゲージメントをあげるにはユーザーに自社や製品への愛着を持ってもらうことですが、そのためには運営側の企業もユーザーを理解しユーザーの好むようなコンテンツを発信することが大切です。 そのために必要なことが、どんなユーザーがファンになってくれたら理想なのかを設定する「ペルソナ」の作成です。 ペルソナによって、マーケティング活動で優先すべきコンテンツを絞り、エンゲージメントの高いファンとなってくれるフォロワーを獲得していきます。 ユーザーとコミュニケーションをとる ユーザーがコメントを書いてフォローしてくれたら、そういったユーザーの行動に対してこまめにリアクションをとるようにすることが望ましいです。 コメントに返信したり、こちらからもフォローをしかえしたりするなど、運営側からもコミュニケーションや繋がりを取ることでユーザーとの関係性が深まります。 フォロワーの投稿に対してこちらからもいいね!をすることもよいでしょう。 競合相手の分析を行う これまでの記事でもアナリティクスによる自社の分析の必要性を説明してきました。 分析は自社だけでなく競合他社の分析も行えばより客観的に測定とフィードバックが行えます。 アナリティクスツールの中には競合分析機能がついているものもあり、常に競合相手の動向が一目でわかります。 競合相手のいいね!といったエンゲージメントが急増したら、相手がどのような投稿やキャンペーンを行って成果をあげているのかリアルタイムでチェックできます。 自社のエンゲージメントを同様にあげるためのヒントを得ることができるでしょう。 キャンペーンを行う 多くのユーザーと繋がりをもつのに効率的なのは景品を用意したキャンペーンを打つことです。 多くの企業が予算を計上して各種キャンペーンをインスタグラムでも展開しています。 次の項目で実際に行われているキャンペーンをご紹介します。 エンゲージメントを高めるキャンペーン事例 ハッシュタグ&フォローキャンペーン 「ときめきメイク」応募キャンペーン() ハッシュタグ付きで写真を投稿するコンテストは、定番のキャンペーンとしてよく用いられています。 こちらは大丸松坂屋百貨店が主催するハッシュタグをつけてインスタグラムに写真を投稿してもらうキャンペーンです。 さらに公式アカウントをフォローしてもらうことが応募条件になっています。 フォロワーの獲得がエンゲージメント率を伸ばす効果につながりそうです。 コンテストによっては投稿者に付いたいいね!の数が一番多い人がグランプリにするとする抽選制ではなく投票制で入賞を決めるものもあります。 投票者も参加できてコンテストを盛り上げる工夫といえます。 動画投稿でシェアキャンペーン ランドセルを販売しているセイバンによる動画の投稿キャンペーンです。 インスタグラムやTwitterでセイバン「天使のはね」ダンスを踊る動画を投稿してもらうユーザー参加型キャンペーンを展開しています。 お子さんに参加してもらうことでキャンペーンを盛り上げてアカウントへのエンゲージメントも期待できます。 こうしたキャンペーンを行う場合は、次のようなポイントを工夫して企画してみてください。 テーマやハッシュタグなどユーザーが参加しやすい工夫• アカウントの認知アップにつなげる工夫(例:フォローを参加条件にする)• 拡散されていくための工夫(例:TwitterやFacebookなどの他のSNSと連携させる) エンゲージメント率が高ければ高いほど自社の製品やサービスに対するユーザーの愛着度が高いと言えます。 自社の製品を気に入ってもらい購入につなげる、自社ブランドを多くに人に知ってもらって来店につなげるなどエンゲージメント率をあげる工夫をしながらインスタグラムの運用を行うようにしましょう。 本メディア「インスタラボ」を運営する では、 エンゲージメント率の高い人気インスタグラマーやユーチューバーを起用したキャンペーン拡散やブランディングなどお力添えできますので、お気軽にご相談ください。 1,500件以上の実績を作り出したインスタグラムマーケティングのプロが、 施策に最適なインスタグラマーの提案、PRの実施から効果分析レポートまでワンストップで提供させていただきます。 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の

Twitterのインプレッション数とは?ツイートが何回見られたか確認する方法【Twitterアナリティクス】

エンゲージ と は インスタ チェッカー

そもそも増やしてどうなるの? 簡単に説明すると、 フォロワー数を増やすと投稿した画像がより多くの人に届くようになるのが1つ。 さらにそこからその人達がいいね!をしてくれる事で、 話題の投稿に載る可能性があり、そこから更に見てもらえる可能性があがるっていう話。 なので お店の宣伝だったり、商品のPRにはかなり効果的だったりします。 友達と絡むだけのアカウント、既にフォロワーの多い芸能人アカウントがやる分には別にいいんだけど、 フォロワーを増やす目的があるならNGとまではいかないけれどオススメは出来ない。 答えは単純 「埋もれるから」。 他のユーザーも同じような食べ物の写真投稿してるし、ハッシュタグも同じような写真で溢れかえってるんだから、よっぽーーーーーーーーど個性ださないと目立つなんてことは無理。 人の三番煎じ、四番煎じ、百番煎じな事をやってもあんまり広がりはしないのです。 じゃあどうすればよいのかというと、 オリジナリティや尖っている部分を出しつつ、きちんとコンセプトを決めるという事が大事。 普通に食べ物の写真を投稿したり、子供の写真を投稿したり、車の写真を投稿したりだといろいろな要素がありすぎてファンがつきにくい。 食べ物を撮るとしても例えば小人飯というコンセプトとか作って、毎回小人のフィギュアを食べ物と一緒に写してストーリーというか世界観を演出するみたいなのとか。 必ずストッキングを被って何か商品のレポートをするとか何かしら決め事を作ることが一番重要。 最近は 写真の説明をハッシュタグにして投稿というのが流行ってるけれど、これは正直オススメしません。 オリジナルハッシュタグ1つ程度であれば自分の投稿を探してもらいやすいという事で良いと思うけれど、 複数あっても露出のチャンスが減るだけ。 誰も人気のない人のハッシュタグをいちいち検索しない。 投稿に使用するハッシュタグはちゃんと写真に関連するものにするのも重要という事と、あまりに投稿数の多いハッシュタグの場合はすぐに投稿が埋もれてしまうので、 スモールまではいかないにしてもほどほどな投稿量のハッシュタグがオススメ。 正直ネタには困るけれど 毎日投稿をするのがベター。 まあただ、上にも記載したとおり、コンセプトを決めてルーチン出来ればそこまでネタに困ることもない気がする。 見栄っ張りな馬鹿グラマーは駆逐せよ ユーザーの質とか気にせずにフォロワーを増やす方法は相互フォローをしてくれそうな人を狙って、画像投稿はせずにひたすら色々なユーザーをフォローすると増える。 ただ、質が伴っておらず、同じようにフォロワーをとにかく増やそうとしている宣伝用アカウントや、アカウント販売を目的としているユーザーが多い。 Twitterでもそうだけど、 フォローが少なくフォロワーが多いとカリスマ性があるように見られる。 実際そんなこともないんだけれど、そういうのがステータスっぽくなってるんだよね。 うわーみえっぱりーって感じ。 色々なハッシュタグを使っていると、そんなユーザーにリフォロー狙いでフォローをよくされる。 それで相互フォローということであればいいんだけれど、 こちらがフォローしたのを確認すると、さきほど向こうがしたフォローを解除し、こちらだけがフォローをしている状態になり、一見フォローが少なくてフォロワーが多い人気ユーザーっぽく見えるのを狙っている ダサい見栄っ張りインスタグラマーがいる。 そんなユーザーは スパム報告してブロックしてあげよう。 どうせこちらがフォロー解除したらまた性懲りもなくリフォロー狙いでフォローしてくるので、通知の邪魔にもなるしブロックついでのスパム報告がベスト。 以下の「 instaチェッカー」というツールを使うと、こちらが一方的にフォローしているユーザーが分かるので便利です。 総括 いいねやコメントなど、エンゲージメントがきちんと獲得出来ないような質の低いユーザーを集めるのではなく、きちんといいねやコメントをしてくれるエンゲージしてくれるフォロワーをみつけようねっていう話。 最初は数が集まらなくても 継続してやっていくことで誰でも簡単に1000程度のフォロワー数は集まります。 ぜひ今回ご紹介したフォロワー数を増やすための方法を活用し、フォロワー数を増やしてカリスマインスタグラマーになろう!.

次の