赤い 糸 メール。 運命の赤い糸の由来と意味とは?なぜ赤色?左手の小指につながっている理由

婚活サポート赤い糸

赤い 糸 メール

赤い糸(あかいいと)とは「 自分と結ばれる運命の相手の小指をつないでいるとされる糸」です。 自分と恋愛関係になり、生涯恋人あるいは夫婦としてともにいる相手、すなわち運命の相手。 そんな相手と自分の小指は赤い糸で結ばれているという伝説があります。 この糸を「運命の赤い糸」と呼び、主に恋愛に憧れる少年少女を中心に語り継がれています。 「運命の赤い糸」の由来は中国の伝承で、北宋の時代に編まれた奇譚集「太平広記」の中の逸話「定婚店」に登場するものが起源だとされています。 この話に出てくるのは「互いの小指に結ばれた赤い糸」ではなく、「互いの足首をつなぐ赤い糸、または縄」だったようです。 この話には、将来結ばれる男女の足首に「赤い糸(縄)」を結ぶ神が登場します。 この神が月の下にいたことから「月下老人」と呼ばれています。 「赤い糸」の伝説は中国から東アジアに広く伝わり、日本にも伝承されました。 日本で小指に結ばれるとなったのは、遊女が約束を交わした客に小指を切って渡したという話がもとになったのではないかと思われます。 約束を交わすときにする「指切り」のおまじないも、同じ由来からきています。

次の

これが運命の赤い糸?その相手の特徴と出会うための方法

赤い 糸 メール

「あの人とは、運命の赤い糸でつながっている」と思ったことがある人は、どれくらいいらっしゃるのでしょうか? 恋愛に憧れる年頃や、恋愛真っ只中の人、結婚が決まった人などは特に 「運命の赤い糸」の存在を信じているかもしれませんね。 そんな赤い糸ですが、なぜ赤なのでしょう? 左手の小指につながっている理由も気になりますよね。 今回は「運命の赤い糸」について調べてみました。 運命の赤い糸の由来と意味とは? 運命の赤い糸は、中国の北宋時代(ほくそう時代・960年~1127年)に成立した「太平広記(たいへいこうき)」に記されている以下の物語が由来となっています。 ひとりの青年が旅の途中で不思議な老人と出会います。 その老人は冥界(めいかい・死後の世界、あの世のこと)から来た神様で、現世の人々の結婚を司っており、冥界で結婚する相手が決まると、現世に来て男女の足首に赤い縄を結ぶのだそうです。 「その赤い縄は決して切れず、足首に結ばれると、どんなに離れていても、どんな境遇でも、二人は現世で結ばれる運命になる」と、老人は青年に教えました。 青年が、今の縁談がうまくいくのかどうかを老人に尋ねると、「相手はすでに別の人と赤い縄で結ばれているから、うまくいかない。 」と答えました。 青年はさらに「自分は誰と赤い縄が結ばれているのか?」と尋ねると、老人は「老婆に背負われて市場にいる3歳の幼女だ」と答えました。 このことに不満を感じた青年は、幼女を殺すよう召使に命じました。 召使は幼女の眉間に刀を突き刺して逃げますが、幼女は一命をとりとめました。 それから14年もの間、青年の縁談は決まらず、上司から17歳になる娘を紹介されました。 上司からその娘の眉間には刀傷があると聞いた青年は、14年前のことを思い出し、当時のことを詳しく聞いたところ、上司は「娘が幼い頃に乳母と市場にいたところ、乱暴者にけがをさせられた」というので、自分が殺すよう命じた娘だと気づきました。 青年は、老人が言ったことが本当だったことに驚き、男女の組み合わせは冥界の神様が決めることなので逆らうことはできないこと悟り、結婚することにしました。 神様が結んだ縁なのだからと、青年は娘のことをとても大切にし、その後二人は強い絆で結ばれ幸せに暮らしたそうです。 なぜ赤色なの? 赤色の理由は諸説ありますが、 中国では、赤い色はおめでたい色だというのが有力です。 赤い色は幸せを象徴しており、結婚式などおめでたい行事では赤い色がよく使われています。 ほかに 「血縁を意味している」という説もあります。 夫婦は他人同士ですが、結婚をすることで血のつながりのある「血縁」と同じくらい濃い関係になることを表しているようです。 左手の小指につながっている理由とは? 物語の中では「足首に赤い縄」ですが、日本では「左手小指に赤い糸」です。 なぜそのようになったのか定かではありませんが、 「結婚指輪」と「ゆびきり」が関係しているのではないかといわれています。 結婚指輪はもともと西洋の習慣です。 西洋では昔、心臓は感情を司る「愛」の象徴で、心臓から左手薬指にはまっすぐに太い血管が繋がっていると信じられていました。 このことから、左手薬指に永遠を意味する指輪をつけることで「命ある限り永遠の愛」や「命をかけた愛」を誓うことになります。 また、「ゆびきり」は漢字で書くと「指切」になります。 「指切」は、江戸時代(1603年~1868年)の遊郭である吉原で、遊女が意中の男性に小指の第一関節から先を切って渡したことが由来だといわれています。 これは心中立(しんじゅうだて・男女が不変の愛を誓うために証拠を立てること)といわれており、小指を切るのはかなりの激痛が伴いますが「それほど愛している」ということを意味しています。 指ではなく、髪や爪を切って渡すこともありましたが、髪や爪は切ってもまた伸びてきます。 切ってしまったら髪や爪と違って二度と生えてはこない小指を渡すことで、誓いの強さを表したのです。 しかし、実際には小指を切る遊女は少なかったらしく、指の模造品が出回ったという話もあります。 やがてこの「指切」が一般庶民にも広まり、約束を必ず守る意味へと変化しました。 永遠の愛を誓う左手、約束を意味する小指から、日本では運命の赤い糸は左手小指につながるということになったようです。 世界各地に赤い糸の話はあるそうですが、中国のお話は、日本だけではなく東アジアにも広まり信じられています。 「いつかきっと、運命の赤い糸でつながった人と出会える」と考えることは、とてもロマンチックなことだと思いませんか? 自分の左手小指の先から出ている運命の赤い糸は、どこの誰とつながっているのでしょう? 運命の赤い糸は見えないものなので確認することはできないのが残念です! 関連: -.

次の

運命の赤い糸は見える?運命の相手の特徴と出会い方

赤い 糸 メール

恋愛と結婚は別物ではない 誰が言ったのか、いつしか恋愛と結婚を区別する考えが浮上しました。 これは彼をお飾りとしか見ていない、幼稚な発想です。 内容を見ると青春時代は、カッコ良い彼氏をアクセサリー代わりにし、いざ適齢期を迎えると見た目よりも年収重視の男性に乗り換え、結婚するというものです。 そして結末は、理想とのギャップによる不仲から、最悪離婚となるわけです。 これは感謝と、赤い糸の引き寄せを完全に無視した結末と言えます。 しかし、だからと言って悪い訳ではありません。 人は必ず間違え、そしてそこから学ぶことが出来るのです。 間違えたら、修正する。 ただ、それだけのことです。 赤い糸とは何か? 若い女性の中に『結婚はゴール』という考えを持っている方は、少なくありません。 勿論、人生の大きな楽しみであり、心の支えでもあります。 しかし、スピリチュアルな観点から言えば結婚も学びです。 それに早い段階で気付けるかどうかで、今後の人生の価値が大きく変わるのです。 理想的な結婚の例を上げると、それはお互いの自立です。 夫は自身の力で立ち、妻も自身の力で立つこと。 これは経済的なことだけではありません。 そんな二人が共に暮らし、相手の短所を助け感謝することです。 その相手を、産まれる前に決め『赤い糸』で繋ぐのです。 しかし現実は相手に頼り切り、自分でやれることもせず、求めてばかりになってはいないでしょうか? 立場は様々ですが『相手がやってくれないから』と自分発信を拒んではいないでしょうか? 『赤い糸』で繋がっているのであれば、あなたが変われば必ず相手も変わるのです。 赤い糸の相手を知る方法 『ビビッと来た!』というのは、当たる場合も外れる場合もある、五分五分のお知らせです。 ちなみに『女の勘は当たる』というのは、悪い方向へ引き寄せる悪魔の言葉です。 この言葉をキッカケとして、別れやモメ事が必ず起こります。 ですから私は、使うべきではないと思っています。 『赤い糸』の相手を探す方法ですが、相手との出会いを求めていれば『引き寄せの力』が働くので、会って話すぐらいのチャンスは必ず来ます。 ただ、出会いとは『出て会うこと』ですから、まずは外に出なくては始まりません。 お休みの日でも、おしゃれをして外へ出た方が確率も上がります。 出会ったら、まずは顔やスタイルで第一印象を感じましょう。 絶対に、芸能人と比べたりしてはいけません。 次に会話から、相手を知る流れになります。 ついつい仕事内容から年収が気になると思いますが、その感情は極力押さえて下さい。 相手から出る雰囲気・言葉の品と目的・目や手の使い方・クセに意識を回し、守護霊に『この人ですか?』と問いかけてみて下さい。 すると自分と相手の守護霊が話をし、答えを伝えてくれます。 言葉では表現し辛いのですが『Yes』の場合、じんわりと芯から温まりリラックス出来るような感覚で、自分でもはっきりと分かるはずです。 これは『ビビッと来た!』とは全く別物です。 物質界にも霊界にも、自然の流れというものがあります。 それに逆らわずお互いの波動が調和し共鳴することで、相手を受け入れる覚悟が持てるのです。 親子が似るのは当然ですが、似ている夫婦を目にしたことはないでしょうか? 共に暮らし、更に考えが似て同じ試練に向かっていれば、外見も似てくるものです。 夫婦とは前世で繋がっていたことも多く、また来世でも近い関係になります。 出会い下手な人の特徴 なかなか出会えない人とは、言い換えれば『気付けない人』です。 それは自分の思い込みが激しく、他を遮断してしまうからです。 我が強いので一見上手に生きているように見られがちですが、実は浅い部分でいつもモメています。 感情的な恋愛が多く、熱しやすく冷めやすい部分があり、また相手も同様だったりするのです。 その恋愛中にタイミングが噛み合い結婚まで行くと、いづれは嫉妬や依存に陥り感情のコントロールが難しくなるのです。 『私はワガママだから、それを理解してくれる人』とか『依存させてくれる相手』と言っている人は、特に注意が必要です。 結婚とは『共に学び、成長すること』で成立します。 ですから根底の相性が良くても、必ず苦労しながら学ぶようになっています。 逆に言えば、相性が良いから乗り越えられるのです。 大変な道であることに違いはありませんから『この人と一緒に』と思えるだけで十分なのです。 恋愛・結婚・別れ 実は産れる前に『今世は独身で過ごす』と決めて来る人がいます。 恋愛はするけど結婚しない人や、そもそも結婚に全く興味がない人は、そんな運命があるのです。 だから、それについて『早く結婚しなさい』と言うのは、時代遅れです。 さて、人の一生とは『人間関係』の学びです。 交友は広さだけでなく、深さや信頼関係も大切です。 そして、その群れの中で『自分の役割』に気付くことが重要となります。 しかしそれは潜在意識の中にある為、なかなか気付くことが出来ません。 それを可能にするのは『恋愛・結婚・別れ』と向き合うことでもあるのです。 向き合うとは『受け止め・考え・受け入れる』ことですからね。 結婚に限らず、出会いがあれば必ず別れもあります。 これはワンセットであり、絶対です。 よく『別れがこんなに辛いのなら、出会わなければよかった』という歌詞がありますが、これは歌であるから成立しているのであって、精神論では通用しません。 別れの意味 例えば早く結婚し、みんなから羨ましがられても、それは長い人生の1シーンであり、その後が良いとは限りません。 逆にずっと努力が報われなかった人が、終盤で開花することもあります。 しかし一般的な傾向として、若くして成功した方が得だという見解があります。 でもこれは、ほんの一面しか見ていないから、そう思ってしまうのでしょう。 人生とは『産まれてから、死ぬまでの範囲』を言います。 一番困るのは未来に期待が持てず、進めなくなってしまうことです。 実はそんな絶望から立ち直る為に必要なのは『別れ』と向き合うことです。 また、別れとは『結果』でもあります。 その原因や理由を、自分だけではなく相手の気持ちも含め、考え反省することで、良し悪しが分かるはずです。 別れとは『悪』ではありません。 希望なのです。 役目とは『らしさ』 今回は『赤い糸』というテーマでしたが、やはり具体的な方法を言わなければ、怒られてしまいますよね。 『赤い糸』とは自分で探すことも大事ですが、見付けてもらえればもっと効率的です。 それは、暗闇に明かりが灯る感覚なのですが、この世で『灯る』方法はただ一つ。 魅力的になることです。 『なれるもんなら、とっくになってるわい!』と言われてしまいそうですが、結構単純なので試して欲しいのです。 それは『役目を果たすこと』です。 役目については、上記リンクに詳しく書いてあります。 それでも分からない場合は効率化を図る為、信頼のおける占い師に頼るのも良いかと思います。 ただ、本来の『意味・役目・役割』は潜在意識の中に埋まっており、教えられたからといって、直ぐには受け入れられないかも知れません。 しかし、答えが先に提示されることで、気付きが早くなる効果があります。 役目を知れば、自信を持って素直に生きることが出来るようになり結果、魅力的になれるのです。 すると、あなたを探していた彼に、一早く見付けてもらうことが叶うはずです。

次の