ヤフー ニュース コメント ランキング。 ヤフーコメント(ヤフコメ)が表示されない見れないのはなぜ?対処法は?

「ヤフコメはひどい」? 「Yahoo!ニュース」のコメント欄、投稿者は男性が80%以上、40代が突出

ヤフー ニュース コメント ランキング

上位3位を狙う理由 ヤフオクでは上位3つのコメント以外を見るためには、コメント欄の下にある「もっと見るボタン」を押さなくてはいけないため手間がかかります。 多くの人がそれを嫌がるので、ランキング上位3位のコメだけを見て読み終わる人が多いのです。 ですから基本的に多くの人にあなたの意見を見てもらうには 速報カテゴリで、なるべく誰もコメントしていないニュースをチョイスする必要があります。 コメント載せた順番が3番以内なら自動的にランキング3位に入れる もしコメントを書く人が3人しかいなかったら、あなたのコメントランキングは自動的に3位以内に入ります。 つまりはすでに 注目を浴びているコメントと化すのです。 これをたくさん狙っていれば、あなたのランキング1位もおのずと見えてくるはずです。 「いいね」ボタンをたくさんもらう必要がある コメントを載せて上位3つを取っていたとしても、皆が共感するコメントでなければすぐ圏外 ランキング4位以下 に飛ばされます。 飛ばされずずっと3位以内に留まるにはとにかく いいねをたくさんもらうしかないのです。 なぜかというと最終的には いいね多い順にコメントが表示されるからになります。 そうなると、ランキング上位を狙うにはこの年代がウケそうなコメントをする必要があります。 でもどうやって、この年代が好きなコメを残していけばよいのでしょうか。 下記にそのコツをお伝えします。 関連記事のコメントをチェック 2020. 07現在ヤフーニュースアプリのコメント欄の上に関連記事が載せてあります。 それらの中から、今あなたが見ているニュースと最も近しいものを選択し、コメント欄を見ます。 そして上位3位のコメントの 発言傾向をチェックします。 皆がそのニュースで何を言いたいのか確認したらその路線を変えず リライトでも可 、あなたの意見を述べてみましょう。 そうすることであなたの意見が共感されやすくなり いいねがたくさんもらえます。 記事をたくさん読んで発言傾向をあらかじめ把握しておく 実は上記のような関連記事を読む時間というのは少し もったいなかったりもします。 なぜなら人気記事なら同時刻に何人もコメントしていることがあるからです。 そうなると、ランキング上位3位はなかなか狙えません。 その時間をカバーするためには普段からヤフーニュースを開き、皆の発言傾向をチェックしておく必要があります。 例えば動物、赤ちゃんなら「かわいい」大谷翔平なら「誠実で謙虚で、二刀流で活躍してほしいが怪我が心配」と言ったようなコメント傾向があることを把握するという事です。 たくさん読んである程度いいねが多くもらえそうなコメントを あらかじめ理解することで、投稿スピードが上がり、あなたの意見がより多くの人に閲覧されるようになるのです。 長文のほうがいいね貰いやすい ヤフコメ歴が長い私が思ったのは、最近長文のほうがいいねをもらえる 割合が高いという事です。 昔は短い分でもスピードさえ速ければランキング上位を狙えたのですが、今はそれでは難しいのです。 時代と共に、 一言では済まされないニュースが増えたことが原因だと私は考えています。 まとめ.

次の

ヤフーニュースのコメントでID全表示 「危ない投稿」した過去がバレる恐れ: J

ヤフー ニュース コメント ランキング

~ 違反コメントの検知数が約2. 2倍に向上、より健全な議論の場を目指す ~ ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、日本最大級のインターネットニュース配信サービス「Yahoo! ニュース」が提供する「Yahoo! ニュース コメント」(以下、コメント)において、暴力的、差別的、過度に品位に欠けるなどの違反コメントへの対策をさらに強化しました。 今回、1,100万件のコメントデータなどを活用して、新たに開発した最先端の「深層学習を用いた自然言語処理による判定モデル(AI)」(以下、本判定モデル)と、独自に開発した深層学習特化型スーパーコンピュータ(以下、スパコン)「kukai」の活用を開始しました。 本判定モデルを、実際に1週間分のコメントデータを使い、「従来の機械学習を用いた自然言語処理による判定モデル(AI)」と比較したところ、違反コメントの検知数が約2. 2倍に向上しました。 「Yahoo! ニュース」は、健全な議論の場をつくるため、これまでユーザーから違反報告のある記事、閲覧数の多い記事、特定ジャンルの記事など優先順位をつけて、人力や機械学習(AI)を用いてパトロールし、人力を中心に違反コメントの削除、悪質なユーザーのアカウント停止などを行ってきました。 今回導入した本判定モデルで判断された結果は今後、コメント表示順の改善にも採用し、ニュースを多角的に理解するきっかけになるコメントなど、より多くの人に読んでほしいコメントが上位に表示されるようにしていきます。 なお、2019年11月からは、これまで人力でパトロール・削除を行っていた「記事との関連性の低いコメント」を機械的に検知するために、「深層学習を用いた自然言語処理による判定モデル(AI)」とスパコン「kukai」を活用し、対策を行っています。 ニュース」では、ニュースを通してさまざまな意見に触れ、新たな視点を得たり自分なりの考えを持ったりするきっかけを作りたいと考え、2007年から配信される記事にユーザーが意見や感想を投稿できるコメント機能を実装し、健全な言論空間の創出を目指しています。 なお、「Yahoo! 社会情勢などに合わせてポリシーを見直しつつ、今後も人的パトロールの強化と、最先端の自然言語処理技術などを活用することで、皆さまに安心してご利用いただけるサービス提供を実現していきます。 JAPANが開発した、ディープラーニング活用に特化した省エネ性能の高いスーパーコンピュータ。 スパコンの省エネ性能ランキング「GREEN500」において世界第2位を獲得(2017年6月発表)。 GPUを使用した従来の社内環境と比較して、演算処理性能が理論上約225倍となり、消費電力あたりの処理性能も世界トップクラスの値を記録しており(2017年6月時点)、より大規模なディープラーニング処理を短時間かつ低コストに行える利点があります。

次の

Yahoo!ニュースアプリ、画面下部にナビゲーション機能の提供開始

ヤフー ニュース コメント ランキング

最新ニュースや速報をいち早く届けてくれる、便利なニュースアプリ。 ビジネスシーンで役立つ経済情報や、話題づくりにぴったりの芸能ニュースなど、さまざまなジャンルのニュースが発信されています。 しかし意外といろいろな種類があるので、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか? 老舗であるYahoo! ニュースやGoogleニュース、世界的に評価の高まったSmartnewsやCMでおなじみグノシーなどなど、有名どころをざっと数えるだけでも相当な数になります。 これらをひとつひとつ試していくのはさすがに面倒…ということで今回は、 自分にぴったりのニュースアプリの選び方と、特に人気の高いおすすめ無料アプリをランキング形式でお届けします。 android・iphone両方に対応したアプリばかりですので、毎日の通勤のお供に、ぜひ使いやすいニュースアプリを見つけていってくださいね! あなたはニュースアプリを見る際、どこで見ますか?家でも見るとは思いますが、やはり外で見る方が多いのではないでしょうか。 通勤・会社・レジャー先・ショッピングでの店内など、さまざまな場所で読みたいタイミングがあると思います。 すべての場所で電波状況が完璧なら問題ないのですが、そうもいかないのが実情です。 しかし情報は新鮮さが重要。 どんな状況でも、スムーズかつタイムリーに読めることが大事です。 ニュースアプリの中には圏外でもニュースを読めるよう、「事前にニュースを読み込む」タイプのものがあります。 特に電車通勤をされる方の場合、地下鉄などでこの機能があると途切れず読めるためとっても便利。 ただし読み込んだニュース(キャッシュ)がたまりすぎると容量も膨大になってしまうため、スマートホンが慢性的に容量不足になるという方は念の為ご注意を。 視力の問題も人それぞれですから、文字の大きさも重要。 細かい字ばかりを目で追うのは非常に疲れますので、適度に文章を読みながら、理解しやすい写真や動画、グラフなどを取り入れたバランスの良い記事があるかどうかも選ぶポイントとなってくるでしょう。 またニュースアプリを選ぶ上では「レイアウト」が使いやすさに直結します。 主流は画像と記事タイトルがずらりと並んだリスト型ですが、それ以外にもTwitterのようなカード型、画像と文字をオーバーレイ表示させたものなどさまざま。 中にはいくつかの幅が違うカラムを組み合わせることで、一覧性と詳細性の良いとこどりをしたタイプもあります。 いずれも「これが一番」と言えるほど突出しているわけではなく、一覧性を重視するならばリスト型、ひとつひとつの記事をざっくりと読みたいならカード型、といったように、好みに合わせて選んでいきましょう。 ツイッターやLINE、フェイスブックなど、今ではいろいろなコミュニケーションツールがありますよね。 スマホを持っている方ならどれかはご利用になっているのではないでしょうか?便利なコミュニケーションツールですが、話題づくりとしてニュースアプリを利用すると、SNSでの盛り上げ役として活躍できるかもしれません。 そんな話題づくりに重きを置きたいという方には、とにかくジャンルが豊富なニュースアプリがおすすめ。 特に更新内容をリアルタイムに通知してくれるものならば、情報に乗り遅れることもありません。 さらにSNSと連携できるものなら、より簡単に情報を共有することができます。 またやや使い方は変わりますが、記事にコメントやレビューをつけられる、アプリ自体にSNS機能が備わったニュースアプリもあります。 自分以外の読者がその記事に対して何を思ったか率直に知ることができるため、話題性の有無を見分けるのに役立ちますよ。 国内老舗サーチエンジンとしておなじみ、Yahoo! が提供するニュースアプリ。 ニュースの要点をわかりやすくまとめたトピックが掲載されているため、効率よくニュースを理解するのに役立ちます。 文字サイズ変更可能で、見やすいのも嬉しいですね。 また「ライブ」画面では映像ニュースも配信。 テレビでニュース番組が見られないときでも、映像で時事情報を把握することができます。 さまざまな人の意見がわかるコメント機能も特徴的ですね。 レイアウト リスト型・2カラム・3カラム 圏外での使用 - ジャンル エンタメ・スポーツ・速報・政治・経済・国内・IT・地域・国際など コメント機能 有 独自機能・独自内容 映像ニュース・天気予報など 経済ニュースで有名な日本経済新聞の公式アプリ。 読みやすくスッキリとした画面が特徴で、 紙面の情報はもちろん、電子版ならではのオリジナル記事もじっくり読むことができます。 ビジネスマンや就職活動中の方など、経済の動きを知っておきたい方には特におすすめです。 有料会員登録すればすべての記事を読むことができますが、無料会員でもある程度の記事をチェックすることが可能。 まずは無料で使ってみて、気に入ったら有料登録してみるのが良いでしょう。 レイアウト リスト型 圏外での使用 - ジャンル 速報・マネー・経済・金融・政治・ビジネス・マーケット・テクノロジー・国際など コメント機能 - 独自機能・独自内容 文化人の連載 災害情報やニュース速報を重視したいという方に試していただきたいのが「NewsDigest」。 さまざまな重要ニュースが素早く届くので、いざというときのためのライフラインとしておすすめです。 速報だけではなく、 幅広いニュースをじっくり読むことも可能。 一般的なニュースはもちろん、ネット上でで話題のニュースも取り上げられています。 TwitterなどでシェアすることができるSNS機能も搭載。 いち早くゲットした情報もとに、友人・知人とのやり取りを楽しむことができます。 レイアウト リスト型・2カラム 圏外での使用 - ジャンル 政治・経済・スポーツ・エンタメ・鉄道・災害・地域など コメント機能 - 独自機能・独自内容 SNSシェア・天気予報など 経済ニュースを読みたいときには「NewsPicks」がおすすめ。 90以上のメディアから、世界最先端の経済ニュースを得ることができます。 読者としては、記事の裏付けとして経営者やアナリストなど、その道の専門家の視点も気になるところ。 こちらのアプリでは 各ニュースへの専門家のコメントや、専門家によるオリジナル記事も充実しています。 図解やグラフなどでわかりやすく読みやすい工夫がされているため、じっくり記事を読んでいる時間のない方にもぴったり。 頭に入りやすい構成になっているのは嬉しいですね。 レイアウト カード型 圏外での使用 - ジャンル テクノロジー・ビジネス・政治・経済・金融・マーケット・キャリア・教育・スポーツなど コメント機能 有 独自機能・独自内容 経済の専門家による解説・専門家によるオリジナル記事 一度ニュースを読み込むと、電波が途切れても読み続けられるのが特徴。 シンプルな表示で読み込みも早いので、気になるニュースをサクサク読むことができます。 さらに 膨大なページの中から、スマートニュース独自の解析技術で、リアルタイムに必要性の高い記事を優先して表示。 今必要な情報を瞬時に取り入れることができます。 膨大なチャンネルの中から、自分が読みたいトピックスを選べる機能も便利です。 英語の海外ニュースを確認できたり、英単語や英語学習方法をチェックできたりと、英語学習にも使えます。 単なるニュースアプリを超えた、活用の幅が広いアプリだといえるでしょう。 レイアウト 1カラム・2カラム・3カラム 圏外での使用 可能 ジャンル 国内・海外・政治・経済・IT・地域・エンタメ・スポーツ・グルメ・テクノロジー・ファッションなど コメント機能 - 独自機能・独自内容 クーポン・英語学習・チャンネル・タイムセール・天気予報など NTT Resonant Inc. 商品名 スマートニュース NewsPicks NewsDigest 日本経済新聞 電子版 dmenuニュース NewsBox Yahoo! ニュース 朝日新聞アルキキ NHK ニュース・防災 ニュースパス グノシー Googleニュース gooニュース 特徴 電波が悪くてもサクサク読める! 経済に詳しくなりたいならこれ!専門家や著名人も解説もあり 速報の速さを重視したい方に。 ライフライン型ニュースアプリ 経済ニュースが知りたい方におすすめ 市区町村単位のローカルニュースもチェックできる 人気動画で暇つぶしもできる 要点がまとまったトピックが便利 忙しいときに便利な音声ニュースアプリ 正確な速報をゲットしたいあなたに 話題のキーワードを見逃さない「急上昇ワード機能」 見やすい表示にカスタマイズ可能。 多機能なのも嬉しい 自分の関心に合ったニュースをピックアップ 特定のキーワードに関する記事を探しやすい レイアウト 1カラム・2カラム・3カラム カード型 リスト型・2カラム リスト型 リスト型 リスト型 リスト型・2カラム・3カラム リスト型 リスト型 リスト型 リスト型 リスト型 リスト型・2カラム・3カラム 圏外での使用 可能 - - - - - - - - - - 可能 - ジャンル 国内・海外・政治・経済・IT・地域・エンタメ・スポーツ・グルメ・テクノロジー・ファッションなど テクノロジー・ビジネス・政治・経済・金融・マーケット・キャリア・教育・スポーツなど 政治・経済・スポーツ・エンタメ・鉄道・災害・地域など 速報・マネー・経済・金融・政治・ビジネス・マーケット・テクノロジー・国際など 社会・経済・政治・エンタメ・スポーツ・トレンドなど トップニュース・エンタメ・スポーツ・経済・国内・国際・暮らし・政治など エンタメ・スポーツ・速報・政治・経済・国内・IT・地域・国際など 政治・経済・マネー・社会・国際・スポーツ・文化・科学 社会・災害・政治・ビジネス・地域など エンタメ・国内・速報・経済・IT・スポーツ・地域など エンタメ・スポーツ・社会・まとめ・コラム・グルメなど 国内・海外・地域・政治・スポーツ・テクノロジーなど 社会・経済・政治・国際・科学・エンタメ・スポーツ・ライフなど コメント機能 - 有 - - - - 有 - - - - - - 独自機能・独自内容 クーポン・英語学習・チャンネル・タイムセール・天気予報など 経済の専門家による解説・専門家によるオリジナル記事 SNSシェア・天気予報など 文化人の連載 路線情報・キーワード登録・クーポン・天気予報・占いなど 動画機能・シェア・天気予報など 映像ニュース・天気予報など 音声ニュース配信・クーポンなど ライブ配信・災害情報・天気予報など 大人力検定・フォロー機能・急上昇ワード機能・天気予報など クーポン・クイズ・暇つぶし動画・天気予報など 時系列・ピックアップ・天気予報など Myキーワード・天気予報など 商品リンク•

次の