札幌 コールセンター クラスター。 新型コロナウイルス感染症の市内発生状況等/札幌市

3密コールセンター「次は自分が感染するかも」 恐怖の叫び:北海道新聞 どうしん電子版

札幌 コールセンター クラスター

北海道札幌市内で新たなクラスターが発生 スポーツ教室 50代の会社役員の男性が開催しているスポーツ教室で、この男性も感染が確認されている。 男性の他6人の感染が確認されている。 10代の高校生も感染が確認され、感染者が5人以上確認できているのでクラスターという認定になった。 この男性は札幌市内外で複数のスポーツ教室を開催している。 このスポーツ教室で行われているのは、屋内で行われ身体の接触があり発声を伴う競技とのこと。 まだまだ感染者数が増えてきそうな状況である。 しかし、なぜこのようなスポーツ教室を開催したのか。 様々なプロスポーツが中止や延期になっている状況で開催していたことに疑問を感じる。 追加:空手教室の『丈夫塾』と判明。 コールセンター 札幌市が調査を進めていたようで、計7人の感染が確認されたところでクラスターと認定された。 札幌市は中央区の大通や札幌駅エリアに結構な数のコールセンターがある。 色々な業種のコールセンターがあるが、オペレーターの数を減らしていなかったのだろうか。 コールセンターは閉鎖するわけにはいかない業種だとは思うのでいたしかたない。 地下鉄で通勤する人がほとんどだと思われるので、そこからまた感染者が増えないことを祈る。 追加:『JPツーウェイコンタクト』と判明。 今までの北海道札幌市内のクラスター発生状況 ススキノのライブバー 札幌市中央区にある【Sing Sing Sing】(シングシングシング)というライブバーで起こったクラスターである。 2020年3月初旬に確認されたクラスター。 従業員や客が感染し、そこからそれぞれの家族などの濃厚接触者に感染が広がった。 客席が30席ほどで、大阪のライブハウスほどの広がりは見せなかった。 このクラスターは今は収束している。 札幌呼吸器科病院 4月9日に最初の感染者が見つかった。 4月11日には看護師と患者から計7人の感染者が確認された。 その後も感染者数がどんどん増加し4月25日現在で51人まで増えている。 肺炎を発症するコロナウィルが呼吸器科で発生するという恐ろしい話。 まだ感染者数は増加している。 国立病院機構北海道がんセンター 4月16日に3人の感染者が見つかった。 4月17日は8人が感染した。 その後もどんどん増加し4月25日現在で59人まで増加した。 がんの治療を行っているので患者は免疫力が下がっているはずである。 岡江久美子さんもがんの治療を行っていた時に感染している。 そして、このクラスターは離島にまで影響を出した。 利尻島の男性が検査入院し、退院した後に発症したのである。 そして村母男性から利尻島民2人に感染した。 このクラスターも収束していない。 札幌厚生病院 4月15日に1人の感染が見つかった。 そしてその後5人に感染が広がっている。 札幌呼吸器科病院や北海道がんセンターほどではないが徐々に広がりを見せている。 今後これらのクラスターがいつ収束するのか。 そしてどこまで広がっていくのか注意が必要である。 最後に札幌市の感染者の推移を見てみよう。 2月に行われた雪まつりで働いていた人も感染している。 そこから全道各地に広がっていったのであろう。 今、札幌に観光にきている外国人はほとんどいない。 しかし観光客がこないことで影響が出ているところもある。 ホテルやバスなどの観光業である。 中国人などの観光客で成り立っていたところは今窮地に立たされている。 さらに外出自粛、休業要請で飲食店も大打撃を受けている。 北海道の経済はこの先どうなるか全く先が見えないが、今色々な自粛をすることで早くこの事態を収束できるのは間違いない。 なんとか早く新型コロナウィルスが終息する事を祈る。 家族でホームパーティーに最適なオシャレなホットプレート情報はこちら。 応援のクリックお願いします。

次の

【北海道】札幌で新たな集団感染 スポーツ教室とコールセンター

札幌 コールセンター クラスター

市によると、この教室は21日に陽性と判明した札幌市の50代の男性会社役員が主催。 市は「屋内において体の接触があり、発声を伴うスポーツ」と説明している。 教室では、これまでに札幌市で男性会社役員ら3人が陽性と判明したほか、小樽市在住の参加者3人も25日に陽性と確認されている。 男子高校生を含めた感染者は計7人となった。 男性会社役員は札幌市内で複数の教室を主催しており、感染者が一堂に会した場面はなかった。 しかし、市は「同じスポーツ教室で、中心となる人物と感染の核となる人物がいる」として、クラスターと認定。 また、市が調査を進めていたコールセンターで感染者が計7人となり、市は新たにクラスターと認定した。 新たな2つを加えて計6つとなった。 PR このほか、市内の介護施設に勤務する40代の女性介護士の感染も26日新たに確認された。 市は「施設内の感染の広がりが想定される」として、利用者の名簿を基に調査を進めている。 市内では、これまでに2つの介護施設で職員の感染が判明。 感染が広がる可能性のある介護施設は3つとなった。 また、給食調理員3人の感染が判明している市立新琴似緑(しんことにみどり)小学校で、新たに給食調理員1人の感染が確認された。 ただ、この調理員は持病のため4日から職場を離れており、感染者3人と接触がなかったという。 このため、市は市中感染の可能性があるとみている。 札幌市で26日に判明した感染者は11人で、同市で最も多い26人が確認された25日より大幅に減少。 しかし、市の担当者は要因として土曜に検査数が減る傾向に加え、院内感染関連の検査がなかったことを挙げ、「予断を許さない状況だ」との認識を示した。 市内で発生した院内感染のうち札幌呼吸器科病院について、市は「収束に向かっている」と判断。 札幌厚生病院も「一定の検査を終えた」との見方を示した。 北海道がんセンターについては「感染が広がる可能性がある」としている。

次の

【新型コロナ】京都市のコールセンターで9人感染のクラスター発生|ハッピー・ライフはどこにある?どんな会社?

札幌 コールセンター クラスター

道と札幌市は26日、新型コロナウイルスの感染者を新たに14人確認したと発表した。 市は既に感染が判明している市内の50代男性が主宰するスポーツ教室と、市内のコールセンターで、クラスター(感染者集団)が発生したとの見解を示した。 道内の感染者数は計610人(実人数)となった。 市内で感染が確認されたのは、年齢や性別、居住地など非公表の1人を含む計11人。 市によると、スポーツ教室関連では高校生の男性1人の感染を確認し、小樽市で感染が判明している教室の利用者3人を含む計7人となった。 50代男性は札幌市内外で教室を複数開いており、市保健所は利用者の調査を急いでいる。 コールセンターについては同日までに計7人の感染を確認した。 既に業務を休止している。 市内のクラスターは院内感染を含め計6例。 この他、市立小学校の学校給食調理員の女性の感染が確認された。 同じ小学校の給食調理員の感染は4人目だが、市保健所は勤務状況などから市中感染した可能性が高いとみている。 道が感染を確認したのは3人。 院内感染関連では、千歳第一病院(千歳)で新たに60代男性の入院患者1人の感染が判明し、計27人になった。 石狩管内では無職の40代女性が感染。 23日に感染が確認された40代男性の同居家族で、この男性は国立病院機構北海道がんセンター(札幌)の入院患者の濃厚接触者だった。 宗谷管内のパート職員の60代女性は、がんセンターに1日間検査入院して感染した同管内の70代男性の知人。 (平岡伸志、犬飼裕一).

次の