マサラ ラジオ。 【となりのマサラ】キャストやあらすじネタバレ!主演は佐藤寛太!

「マサラ」と「カレー」の違いを解説!意味は?何が違うの?

マサラ ラジオ

この項目では、香辛料について説明しています。 ビルマ(ミャンマー)にかつて存在した政党については「」をご覧ください。 様々な料理用のマサラが存在する。 このマサラは他国でも販売されており、様々な料理に使用される事がある。 マサラの種類 [ ] 種類は多数存在する。 いくつかの例を示す。 干した香辛料を混ぜ合わせたもので、基本的なマサラとされている。 カルダモン・マサラ、コリアンダー・マサラ、チャナ(ヒヨコマメ)・マサラ 一つの香辛料の風味を強調したもの。 チャート・マサラ 上に同じく一つの香辛料の風味を強調したもので、を配合するため特に塩気が強いとされている。 普段、生野菜(主にや等のスティック野菜)に少量振りかけて食すためにある。 なお、基本的には伝統的なインド料理でのマサラは、各家庭、各料理店において、主婦・料理人が配合するものである。 イギリスにおいての材料として、マサラを予め混合して市販したものが、のルーツともされている(を参照)。 現在ではインドに逆輸出され、インドでもカレー粉や予め混合済みのマサラを用いるようになったが、インスタント食品的な位置づけである。 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の

「マサラ」と「カレー」の違いを解説!意味は?何が違うの?

マサラ ラジオ

「インド料理なのになぜ英語なの?」と思うかもしれませんが、もともとインドには「カレー」とい料理は存在していませんでした。 スパイスを多用して煮込む料理はたくさんの種類があったのですが、そういった料理は一品一品に個別の名称があったのです。 では、なぜ「カレー」が生まれたか?ですよね。 昔々、イギリスがインドを統治していた時代にさかのぼります。 イギリス人は牛乳でつくるシチューを好んで食べていたのですが、航海中は牛乳がどうしても日持ちせず悪くなってしまいます。 そこで、インドでたくさん食されていた、日持ちするスパイスを利用して食材を煮込みシチューの代替にしたのが「カレー」の原型といわれています。 そういったことがきっかけとなり、インドのスパイスはどんどんイギリス国内に持ち込まれました。 さらに、簡単に「カレー」をつくることができるように、様々なスパイスの分量を形式的に組み合わせたのが「カレー粉」です。 その後、イギリスの「カレー」が日本に伝わり、カレー粉に小麦粉を加えてとろみをつけた日本独自の「カレー」が誕生しました。 「マサラ」は、様々なスパイスを混合させた料理用のスパイスこと。 数種類のスパイスを混合させるのですが、その料理によっては20種類以上になるものもあります。 いろいろな料理があるのですが、その料理によってスパイスの種類や分量が違ってくるのですね。 そして、「マサラ」を料理に使う地域はインドだけではありません。 パキスタンやネパールなどでも食べられています。 インドなどで伝統的な料理である「マサラ」は、基本的に各家庭でスパイスを混合します。 ですから、「おふくろの味」的な意味合いが強いのですね。 「マサラ」はインドなどの伝統的な料理であるのに対し、「カレー」はイギリス人が考えだした料理です。 ですが、現在ではインドでも「カレー」という言葉が広がり、普通に使われています。 そいったこともあり、インド人などに「マサラ」と「カレー」の違いをたずねても、その見解はいろいろであり、人によって違うというのが現状のようです。 ですが、「マサラ」と「カレー」を食べ比べると、 多くの人は汁気が少ないのが「マサラ」、汁気が多くナンやご飯などに付けて食べるのが「カレー」である、といった区分けをしているようです。 それから、「マサラ」は料理をする人がスパイスを混合するのですが、「カレー」はそういった手間を省く意味であらかじめ混合されている、といった違いもあります。 「マサラ」や「カレー」、どんな種類があるの? それでは、インドなどで実際に食べられている「マサラ」や「カレー」を紹介します。 最初は、「マサラ」から。 ・プローンマサラ 南インド地方に多いエビを使ったマサラです。 ・チャナマサラ ひよこ豆のマサラです。 ひよこ豆は、インド料理に使われる定番の豆です。 ・チキンティッカマサラ 鶏肉のマサラです。 ・レバーマサラ 鶏レバーを使ったマサラです。 ・マサラフィッシュフライ 青魚にマサラをまぜて揚げてつくります。 ・ビンディマサラ オクラを使ったマサラです。 続いて「カレー」です。 ・ダールカレー 豆と野菜のカレーです。 ・チキンカレー 鶏肉のカレーです。 ・フィッシュカレー 魚のカレーです。 ・マトンカレー 羊肉のカレーです。 ・キーマカレー ひき肉のカレーです。

次の

Cheers! (ラジオ番組)

マサラ ラジオ

〈番組の評価点〉• ABCラジオの好番組はいくつも挙げらるが、面白さに関しては現時点でナンバー・ワンだと思う。 関西弁を話すインド人のサニー・フランシス氏のしゃべりが達者で面白く聞いた。 サニー氏の話術はattentionが効いている。 番組の最大の魅力は、サニー氏の奔放なしゃべりにある。 一方で、奔放さが拡散して落としどころを見失わないように受けとめ、時にはそらし、あるいは突っ込む八塚彩美アナウンサーの応対力が番組を支えている。 二人が番組や中での話題を楽しんでいることが伝わってくる。 印象に残ったのは、「インドも広いから、どこも暑いというのは違う。 インドにはヒマラヤがある」。 こういう言葉は日本人のステレオタイプな認識がはがされていってとても良い。 〈番組の課題〉• コーナーの一つ一つが長くはないだろうか。 もう少し絞ることによって、冗長なイメージを払拭できるだろう。 一つ一つの話題の展開に物足りないところがある。 だんだん二人の会話がぞんざいになっていくのがとても気になった。 会話中に分からなかった事を放送時間内に解決する事はセオリーのような感じもする。

次の