おおまに。 ゴールデンユートピアおおち~石見銀山 三瓶山 に近い宿泊施設・温泉・プール~

信濃おおまち満喫宿泊キャンペーン

おおまに

大統領選挙でトランプの対立候補として名を挙げているバイデンだが、様々な欠点も暴露されており、支持率が伸び悩んでいる。 トランプはしばしばバイデンを「居眠りジョー」と呼ぶが、77歳と高齢で前オバマ大統領が演説中に眠っていた姿で知られる。 テレビでの演説中に言葉が出なくなったり、しばしば事実や名前を間違えたり忘れたり、認知症の疑惑も取り沙汰されている。 息子のハンター・バイデンにもウクライナでの賄賂疑惑や、麻薬吸引で海軍を除隊するなど、スキャンダルが多いこともネックだ。 また、エプスタインやマクスウェルと民主党の密接な関係が明らかになってきているが、バイデンにも小児性愛の疑惑が噂される。 ネットにはバイデン・コレクションと称して、バイデンが女性にセクハラまがいの行為をしたり、女児にキスする写真が出回っている。 それにしても、ソフトバンクGが強い! 3月19日の大暴落時に買った!つ~人もいる中で・・・ あっ、とっくに利益確定してまっせ!つ~のも悪くはない。 暴落時に大量に買って、短期でスパッと売る!で、その利益を 他銘柄で効率よく回転させていく!そのよ~な投機もアリだ。 それが難しいモンなんだがwww 踏み上げ様相を強めるソフトバンクG。 上方に控える上値抵抗線には要警戒で・・・ 抵抗線付近での攻防戦に注目である! ま、それはさておいて・・・、(新型にしても旧型ウイルスにしても) 夏風邪をひかないよ~に、(無理をしない)適度な有酸素運動をする! で、身体に良いモンを生活に取り入れていく。 ぬるま湯(38〜40度)のお湯をためる。 100~120g 添付の計量スプーンで山盛り2杯 、全体を混ぜる。 入浴時間は10~20分が適切。 ゆっくり体を温めましょう。 反復浴が気持ちイイ。 温まった身体で昨晩も良~く眠れました。 ま、元気の秘訣!つ~コトです! 絶品・本物揃い!かんだい・ネットショップへはからどうぞ。 自分こそは正当な英国の王位継承者と主張する人物が現れ、かなりの支持者を集め、英国王室の交代を訴えているようだ。 「隠された英国王」を名乗っているのは、ジョセフ・グレゴリー・ハレットという人物で、アン・ブリーンの子孫だそうだ。 アン・ブリーンはチューダ朝ヘンリー8世の第二王妃で、エリザベス1世の生母だが、1536年に処刑されたことになっている。 ところが、アン・ブリーンは実際には死んではおらず、秘かに子孫を生み、ウォルター・ローリー卿はその孫なのだという。 この人物の主張は真偽不明で、どうにも胡散臭いのだが、現在の英国王室に失望している人からの支持を集めているのだろう。 英国王室はヘンリー王子が王室離脱を宣言し、アンドリュー王子は児童性愛で追求されるなどスキャンダルが続いている。 エリザベス女王もチャールズ皇太子も高齢であり、後継者に有望な人物がいないとなると、王室の存続自体も危うくなりそうだ。 今年は新型コロナのせいで、1学期間まるまるオンライン授業になり、期末テストまでオンラインですることになった。 困ったのが、オンラインだとペーパーテストでは監督できないので、日本語でビデオを作成してもらい提出させることに。 隔離状態で外に出られないという学生もいるので、テーマは『私の故郷、私の家』として、家の周囲の紹介でもよしとした。 映像が長いと採点するほうが大変なので、2分の短いメッセージビデオを作成させると、まあまあ鑑賞に耐えられるものもある。 学生がせっかく作ったのに、期末テスト作品として死蔵するのももったいないので、出来のいいのを幾つか公開する。 2年生の日本語なのでたどたどしいが、新型コロナ禍からようやく抜け出した中国の様子を、ぴちぴち女子大生がお届けする。 日本でも再び感染者が多くなってきた新型コロナだが、最近流行しているのはGH型で、感染速度が6倍になっているという。 WHOによれば、現在までに新型コロナは7種の変異体に区分され、S型・V型・L型・G型・GH型・GR型・O型(その他)に区分される。 中国武漢で初期に流行したのはS型で、最近韓国で流行しているのはGH型が多く、欧米からの帰国者が感染経路となったという。 ただ、新型コロナは最終的に、13タイプにまで変異するとの予測があり、秋から冬にかけて再び変異による感染爆発の恐れがある。 ちなみに、新型コロナの遺伝子情報には最後にAが33個続き、しかも13タイプに変異するとなれば、これはメーソン暗号である。 エヴァンゲリオンの使徒のように次々と襲来するのは、ワクチンによる人類補完計画を進めようとしている組織が背後にいるからか。 王貞儀は清朝乾隆帝の時代に活躍した女性科学者で、天文学や数学を独学で研究し、多くの著作を残している。 ピタゴラスの三角形の定理を、王貞儀が中国で紹介したのは、日本で杉田玄白が『解体新書』を記したのとほぼ同時代のことだ。 医者であった父親の影響を受けて、自然科学に熱中した王貞儀は、月の満ち欠けに興味を持ち、月食の原理を明らかにした。 すべて独学であった王貞儀は、家にある鏡に灯火を反射させ、机に映るその陰により、月の満ち欠けを実験し説明したという。 さらにコペルニクスの地動説にも触れており、『地圓論』という著作で、地球が丸く太陽の周りを自転していることを説いた。 結婚した後も、29歳で亡くなるまで、私塾で数学や天文学を教え、金星のクレーターの一つは彼女の名前にちなんで命名されている。 イランのナタンズ核燃料施設が何者かの攻撃を受け、施設の一部が損壊したが、核反応炉は無傷で放射能漏れはないとのことだ。 今のところ攻撃したのがどの国かは明らかではないが、イスラエルのドローンによるミサイル攻撃であった可能性が高い。 この核燃料施設は2010年にもスタクスネットの攻撃を受けて、ウランの遠心分離機が稼働しなくなる事故を起こしている。 2015年に結ばれたイラン核合意の破棄を米国が表明して以来、イランはウラン濃縮の継続を表明し、緊張が高まっていた。 6月29日には、イラン当局がスレイマニ司令官の殺害に参画したとして、トランプ大統領ら36人の逮捕状を公表している。 しかし、トランプは中東に駐留する米軍を撤退させる方針なので、紛争を煽り、米軍撤退を阻止するための燃料投下であろう。 米国で反人種差別のデモ発生に火をつけた、白人警察により首を押さえられて死んだ黒人の映像に、重大な疑惑が発覚した。 当初より、映像は俳優による偽物との指摘があったが、本物のジョージ・フロイドは2016年に死んだとの証言が出てきたのだ。 指摘したのは、セントルイス共和党の議員候補ウィニー・ハートストロングが発表した、映像の嘘を暴く23ページの報告書だ。 彼の調査によれば、映像は警官も黒人もクライシス・アクターであり、ディープフェイク技術で合成した偽物であるという。 さらに、本物のジョージ・フロイドは、2016年にコルプス・クリスティで既に死亡していた事実が、報告書で新たに暴露された。 本物のジョージ・フロイドは大学のフットボールの選手で、彼の死亡を証言した弁護士が生前の写真を所持していたのである。 米国では911以来、政治的インパクトのある偽旗イベントが、フェイク・ニュースによって拡散することが常態化しつつあるようだ。 コロナショック後、急反発の日経平均。 その上値抵抗線は現在、23,000円付近に位置している。 ここには週足・【 一目均衡表の雲上限 】も位置しているため 株価が接近した際・・・ いったんは跳ね返される可能性は高く、要チェックである! 現在の相場環境にど~向き合うか? 投資スタイルによって、まちまちだろ~が・・・ 【 上値抵抗線 】が位置する価格帯は、常に意識しておいたほ~がイイだろう。 (多くの投資家&投機家が意識する価格帯ってコトだ。 ) テクニカル分析なんてアテにならん! テクニカル一辺倒つ~のもいかん! そ~ゆ~声も当然あるだろ~が人生色々、相場も色々だwww 心身を癒す大切なひと時。

次の

OOCL

おおまに

時刻 [ ] 逢う魔が時(おうまがとき)・逢う魔時(おうまどき)ともいい、黄昏時(たそがれどき)のことで、 古くは「暮れ六つ」や「酉の刻」ともいい、現在の18時頃のこと [ ]。 黄昏時は黄が太陽を表し、昏が暗いを意味する言葉であるが、「おうこん」や「きこん」とは読まないのは、誰彼(「誰そ、彼」の意)時とも表記し、「そこにいる彼は誰だろう。 良く分からない」といった薄暗いの事象をそのまま言葉にしたものであるのと、漢字本来の夕暮れを表す文字を合わせたものだからである。 意味 [ ] 読んで字の如く、逢魔時は「何やら、など怪しいものに出会いそうな時間」、大禍時は「著しく不吉な時間」を表していて、昼間の妖怪が出難い時間から、いよいよ彼らの本領発揮といった時間となることを表すとする。 逢魔時のを描いたものとして、の『』があり、夕暮れ時に実体化しようとしているを表している。 昔から他界と現実を繋ぐ時間の境目と伝えられている。 この時刻に魔物や妖怪がうごめき始めて災いが起きると伝えられていた。 も、「オオマガドキ」に触れて、もまた「誰ぞ彼」の意味だが、単に言葉の戯れではなく「元は化け物に対する警戒の意を含んでいたように思う」としている。 地方での表現 [ ] 柳田国男によればオオマガドキと同義語にガマガドキがあるが、これはの方言である。 柳田はそのほか「黄昏」を意味する地方語をいくつか挙げるが、それらは人の顔がはっきり見えない時分から由来する語と説明があるだけで、魔に逢うことには触れていない ただ、「東方地方で黄昏をオモアンドキというのも、やはりが出てあるく時刻だというから〈思わぬ時〉の義であったらしく考えられる」と付け加えている。 語源 [ ] 元来、和語「まがとき」は、「まがまがしいとき=禍々しい時」のことで、漢語の「魔(マ)」とは無関係な語である。 したがって、ここの説明で、漢語の「魔(マ)」と関連している説明は、元来の和語「まがとき」とは無縁の、後世における歪説である。 さらに、「逢=あふ」と「大=おほ」は全く異なる言葉であり、「逢魔時=あふまがとき」は後世における歪説の典型である。 事象の説明なので典型的な事象例を挙げて説明する。 「たそがれ」は、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯である。 西の空から夕焼けの名残りの「赤さ」が失われて藍色の空が広がると、「まがとき=禍時」という時間帯に入る。 和語「おほまがとき=大禍時」とは、和語「まがとき」の時間帯のうち、西の空に深い藍色が広がり、さらに闇が近くなって禍々しさがまさった時間帯のことである。 背景 [ ] 古来からにあるのはともいい、にはすでに、からやの存在が信じられてきた。 その世界観において(うつしよ)と(幽世・隠世)というであり死後の世界が、存在すると信じられていた。 やの様相の特徴的な部分は、神域に繋がる端境と考えられており、の()の(・磐境)や(・)や()や()などから地形のややなど、「がらりとが変わる場所」が神域へ誘う場所と考えられ、一日の時間もその特徴的な部分を神域との端境と考えていた。 また、『』や『』などの記述には、常世は常夜という2つの様相があり、神の国は永遠で時の無い世界であるとしたが、時が無いことは夜か昼のどちらかになってしまうので、昼の常世と夜の常夜に分けていたと考えられる。 常夜はの国や禍をもたらす、いわゆるのような場所で、荒ぶる神が住まう場所と考えられた。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] 補注 [ ]• "黄昏をいふ。 百魅の生ずる時なり。 世俗、小児を外にいだすことを禁(いまし)む。 一節に王莽時(おうもうがとき)とかけり。 これは王莽前漢の代を簒ひしかど. 程なく後漢の代になりし故. 昼夜のさかひを両漢の間に. 比してかくいふならん。 朝日新聞学芸部 , ed. 1994 , , 朝日選書, 朝日新聞社, pp. 9, ,• 網野, 善彦 Amino, Yoshiko ; 石井, 進 Ishii, Susumu 2002 , [books. google. 222 , books. google. 第3章• 上村, 真弓 境界と魔除け 上 ・ 下 『皇学館論叢』第40巻、2007年、 25-41; 47-71、。 ; [books. google. 253-261; 262-274に収録。

次の

信濃おおまち満喫宿泊キャンペーン

おおまに

teacup. html <転載開始> 「ガンの正体。 治療可能だ」 原文 シモンチーニ癌センター ビデオを見る 毎年、世界中で約8百万人以上がガンで亡くなっている。 アメリカだけでも50万人以上に及んでおり、2030年には世界中で1,200万人に上ると予想されている。 85歳以下の人々の死因で最も多いのがガンであり、アメリカでは4人に1人がガンで亡くなっている。 「テロから一般大衆を守る」為に、私達の自由が日ごとに奪われていく一方で、 これらの人々全員が、闇の輩達と製薬カルテルが治療する事を組織的に拒んでいる。 その疾患により、毎年多くの人々が苦しみ、亡くなっていく。 一緒になれば、治療法を見つけることが出来る。 一緒になら私達には出来る。 だが製薬会社が絡むとなると話は別だ。 「治療法」の探求に毎年莫大なお金が慈善事業を通して集められているが、体制側にはそれを探求する意思は無い。 ロックフェラーが操る優生学 推進 組織、家族 計画 連盟(Planned Parenthood)の代表リチャード・デイ博士が、1969年にピッツバーグでの医師たちの会議で、来たるべき国際社会の変革についてどう発言していたかを以下綴ろう。 個々の計画的変革が書かれた長いリストの詳細を述べる前に、彼は集まった医師達に「録音器具の電源を切り、メモを取らない様に」求めた。 だが、ある医師はメモを取り、後にそこで話されていた事を公にした。 40年後の現在、私達は、デイ博士が如何に並外れて正確だったかを確かめる事ができる。 1969年に彼が医師達へ話した以下の内容にある。 「ほぼ全てのガンは今すぐ治療可能だ。 それに関する情報はロックフェラー研究所内のファイルにあるが、それが今後公開される可能性は薄い。 」 人々をガンで死なせれば人口増加に歯止めをかける事になるだろうとデイ博士は語った。 「あなたは他の病気でよりも、ガンで死ぬ確率が高い」。 こういった人々に情は存在しない。 だからこんな事が出来るのである。 ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す化学療法の様な激薬によって処置する事で莫大な富を得ている以上、大手製薬会社はそれを治療したいという願望を持ってはいない。 だが、本来それはお金の為ですらない。 例の闇の輩は人口削減の方法として、人々が必要以上に早く苦しんで死んで欲しいのだ。 そうした訳で、製薬大手陰謀グループの外部の誰かが効果的なガンの処置法を発見すると、医療体制派や政府機関にすぐさま目を付けられるのである。 聡明で勇敢なイタリアの医師 Tullio Simoncini(トゥリオ・シモンチーニ)は、その一つの例である。 彼は、ガンの正体とその対処法を突き止めた後に直面することになった巨大な圧力に屈することを拒み、それに立ち向かい続けた。 シモンチーニの「犯罪」とは、ガンが カンジダ という健康な人の体内でさえ少量存在する、イースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌である事を、発見した事である。 普段は免疫系がそれを抑制しているが、カンジダが強力な菌に変異する時、 いくぶん深刻な健康問題が発生することになる。 ガンもそれである。 ワイト島のシェン・クリニックのマイク・ランバートは、カンジダについてこう述べる。 「特に真菌とカンジダは、宿主の体を分解し、それを食べる事で成長します。 単独では繁殖できないので、その為にも人体を必要とします。 慢性疲労の健康状態が、多くの場合、カンジダのコロニー形成に起因することは驚くに値しません。 患者は、身体的にも精神的にも非常に心地悪くなります。 」 ガンとはこのカンジダ真菌感染症であり、細胞機能不全であるとする従来の説明は明らかに間違っているとシモンチーニは主張する。 シモンチーニは、腫瘍学、糖尿病や代謝不全の専門医だが、彼はそれ以上の存在だ。 彼は患者の為に真実を追い求め、型にはまった見解を機械的に繰り返したりしない真の医師である。 証明されていない全ての仮説、嘘、操作、欺瞞に基づく「知的整合性」にシモンチーニは挑戦している。 ガンの世界的な流行に対し、役立たずの「処置法」を追求し続ける医療体制派に、彼は極めて辛らつであり続けている。 医学界に入った時から、彼はガンの処置法に関して何かが深刻に間違っていると気づいていた。 「私には酷い苦痛が解る。 小児科のガン病棟に勤務していた時、全ての子供達が死亡した。 その哀れでかわいそうな子供達が化学療法と放射線で死んでいくのを目の当たりにして私は苦悩した。 」 その挫折と悲しみが、この破壊的な疾患を理解し治療する為の新たなる探求の道へと彼を導いた。 主流の「医学」や「科学」に教化され凝り固まったいかなる前提にも汚されていない、開かれた心と白紙の地図を手に、彼はこの旅を始めた。 人々が医者を全知の「神」と見なすのを止め、途方もない規模の無知がその中にあると気づく前に、あとどれだけの人々が苦しまなければならないのか? シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、あるいはどんな形をとろうと、 全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。 そこには共通項があった。 ガンの「しこり」が常に白い事だ。 白い物とは何だろう? カンジダである。 シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、 すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守る為に細胞を生成している免疫系であることに気がついた。 彼が主張するその順序は次の通りである。 ・通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫系が蝕まれて弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。 ・ついには、そのカンジダが臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。 ・この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を「ガン」と呼ばれている。 体内の他の部位へのガンの転移は、発生源から広がる「悪性腫瘍」の細胞群に起因するとされているが、シモンチーニは、これはまったく誤っていると主張する。 ガンの転移は、真の原因であるカンジダ菌が発生源から広がる為に引き起こされるのである。 ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。 免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。 この場合は、カンジダを抑制する事である。 では、世界中でガン患者の数が急上昇しているので、何が起こっているかを見渡してみよう。 人間の免疫系に対する計画的な戦争がそこにはあり、10年ごとにますます騒々しくなってきている。 飲食物の添加物、化学農業、ワクチン接種、電磁気やマイクロ波のテクノロジーや周波数、調合薬、近代「生活」によるストレスによって、私たちの免疫系は弱体化させられ、攻撃されている。 今日の子供達は、25種類のワクチン接種とそれらの混合物が与えられて、いったい防御できるのだろうか! ?2歳になる前の、免疫系がまだ育っている最中だというのに!! 何という事だ…。 これこそが例の闇の輩が人口を間引くやり方だ。 疾患に対する人体の自然免疫能を弱体化させるという手段によってである。 いま、真の恐怖映画が目前にある。 何よりも早く免疫系を破壊するものは何だろうか?化学療法、放射線もその一つである。 化学療法とは、細胞を殺す為に考案された激薬である。 主流なガン「処置法」の「最先端」は、 患者を薬漬けにし、死んでしまうほど健康な細胞を破壊する前に、ガン細胞を抑える事を期待する。 だが、待ってほしい。 問題の化学療法の劇薬は免疫系細胞をも殺し、めちゃめちゃにする。 そしてカンジダはまだそこに在るのだ。 この損なわれた免疫系は、カンジダに対して効果的に反応できなくなり、 カンジダは再び進行を始める為に、体内の他の部位に移って乗っ取り、ガンが転移する原因となる。 手術と化学療法の後、回復して「異常なし」と判断された人達でさえ、その体内では時限爆弾の針が鳴っている。 患者の免疫系はその時点で粉砕されていて、カンジダが再発を引き起こすのは時間の問題である。 言い換えるとこういう事だ。 「化学療法は、治癒するはずの人々を殺している。 」 化学療法は、私達がもし治癒するとすれば健康で丈夫である事が必要だが、まさしくその組織そのものを破壊する激薬である。 シモンチーニは、ガンが真菌の感染もしくは蔓延であると気付くと、その真菌を殺し、悪性腫瘍を除去できる何かを探し始めた。 彼は、「抗真菌剤」は作用しないと気付いた。 何故なら、真菌は自己防衛の為にすばやく変異し、真菌を殺す為に処方された薬物を取って食べ始めさえするからだ。 その代わりにシモンチーニは、もっとずっと簡素なものを見つけた。 重炭酸ナトリウムである。 これは重曹の主要成分だが、決して重曹と全く同じ成分ではないと強調しておく。 重曹は他の成分も含んでいるからだ。 彼が重炭酸ナトリウムを使った理由は、それには強力な殺菌力があり、 薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することが出来ないからだ。 患者は、医者が手術無しで患者の体内を調べる為に使う内視鏡や細長いチューブのような体内用具によって、経口で重炭酸ナトリウムを投与される。 これにより重炭酸ナトリウムをガン、すなわち真菌に直接かける事が可能になる。 古代エジプト人は、抗真菌物質の治療特性を知っていたし、千年前のインドの書物は、実際にガンの処置には「アルカリが有効」であると薦めている。 1983年にシモンチーニは、肺がんで余命数ヶ月のイタリア人患者ジェンナーロ・サンジェルマーノの処置にあたった。 数カ月後、彼は死ぬ事なく健康体に戻り、ガンは消えていた。 さらなる成功が続き、シモンチーニは自分の研究結果が有効だった事を示す為に、科学的見地から公認された治験が開始される事を願って、イタリア保健省にそれを提出した。 しかし彼は医療の不正操作とペテンの本当の規模を知る事になった… (巨大製薬会社 vs 言論の自由) 当局は彼の文書を無視しただけでなく、彼は承認されていない治療法を処方した為に、イタリア医療組合(Italian Medical Order)から除名された !。 そう、確かにこう言われた。 承認されていない治療法を処方した為、と。 彼は、情緒的なマスコミによる猛烈な嘲笑と非難のキャンペーンにさらされた。 更に、彼が治療にあたっていた患者を「不法死亡」させたとして3年間も投獄された。 あらゆる方向から、「シモンチーニを捕まえろ!! 」という声が聞こえてきた。 医療の体制派は、彼の重炭酸ナトリウムについての主張は「狂っている」とか「危険だ」と言い、ある「一流の医師」でさえ、馬鹿にした様子で重炭酸ナトリウムは「麻薬」であるとした。 常に何百万もの人々が、効果的な処置を受けられた筈のガンで死んでいるが、体制派は全く意に介さない。 ありがたいことに、トゥリオ・シモンチーニは腰抜けではなかった為、自身の仕事をインターネットと講演によって広め続けている。 シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期過程のガンでさえ激減させ、全て除去する事に成功をしている。 いくつかの症例では、この治療法は何ヶ月も掛かることがあるが、簡単に腫瘍に到達できる乳がんの様な他の症例では、数日あればもう十分という事はありうる。 2人の英国人科学者で研究者、ガン治療薬発見グループ(the Cancer Drug Discovery Group)のゲリー・ポッター教授とダン・バーク教授による研究結果に関する記事の中で、ガンが真菌であるという事実について記述された。 彼等の合同の研究結果は、次の事を明らかにする。 ガン細胞は、普通の細胞にはない独特の「バイオマーカー」、CYP1B1(発音はシップ・ワン・ビー・ワン)と呼ばれる酵素を持っている。 酵素とは、化学反応(の率の上昇)を「触媒する」タンパク質の事である。 CYP1B1は、多くの果物と野菜の中に自然に見つかるサルベストロール(Salvestrol)と呼ばれる物質の化学構造を変化させる。 この化学変化がサルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えるが、健康な細胞へは危害を加えない。 共時性(シンクロニシティ)は完璧だ。 CYP1B1酵素は、ガン細胞内にのみ現われ、果物と野菜の中のサルベストロールに反応してガン細胞だけを殺す化学物質を作る。 ガンが真菌であるという事に関しては、ここに核心がある。 サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な防衛システムである。 そういう訳でサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。 それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。 さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する自然免疫能を弱体化させる為に、2つの重大な事を行った。 ・近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。 そしてこの事は、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要が無い事を意味する。 今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。 ・もっとも広く使われている殺菌剤は、CYP1B1に対する非常に強力な遮断剤になっている。 だから、もし化学的に生産された食物を十分に食べれば、どれだけサルベストロールを消費したかは重要ではない。 サルベストロールは、本来のガンを破壊する因子として発動しなくなる。 これは偶然ではなく、周到な計画であり、過去の事も現在の事も、 トゥリオ・シモンチーニを失脚させる為の体制派の企みと同様である。 人々がガンを克服する事では無く、ガンで死ぬ事が例の闇の輩達の望みである。 彼等は精神的・感情的に病んでいて、人類を羊か牛と思っている。 彼らは、自らが行う不正操作と抑圧によって、困窮や苦痛や死をどれだけ引き起こそうと気にしない。 彼らの狂った観点によれば、多ければ多いほど良いという事だ。 つまり、こういった人々が何者かといえば…精神異常者だ。 しかしシモンチーニは屈することなく、解っている事はガンに対する有効な処置法がある、という運動を続けている。 一方で「現実」世界では、ガンによる死亡者の数がひっきりなしに増加を続けているが、それは効果のない処置法が真実ではない仮説に基づいている動かす事の出来ない事実である。 シモンチーニ・がんセンターの新サイト 最新情報の発信 シモンチーニ氏の日本語 字幕動画 www. simoncini-cancer-center. com <転載終了> 癌が本当に真菌なのか?重炭酸ナトリウムで消えるのか? 私にはわからないけれど、少なくとも、デビッド・アイクやマーク・サーカスが心酔するなにかが、この治療方法にはあるのだと思う。 Simonciniは、2012年08月26日に名古屋で講演をするそうです。 www. simoncini-cancer-center. com www. simoncinicc. com 02. : 3回読みましたので、よろしくお願いいたします。 阿修羅掲示板の投稿規定 2011. ・自分が今から投稿する予定の内容を、すでに別の人が投稿済みかもしれません。 他の人が同じ記事をすでに投稿していないかどうか、2つの方法で確認してください。 検索1:各ページ上部にあるgoogle阿修羅検索に投稿予定のタイトルを入れて検索してみてください。 検索2:投稿予定の板のタイトル一覧ページで、キーボードのCtrlボタンを押しながらFキーを押して検索窓をだし、そこに投稿予定のタイトルの一部を入れて検索してください。 投稿前にじっくり板に投稿してある内容を観察してください。 たとえば、 原発板は原発や放射能と直接関係がある内容を投稿してください。 政治板は日本の政治と直接関係がある内容を投稿してください。 現状の投稿をよく見て、その辺の感覚を把握してから投稿してください。 板選定に不安があるときは投稿前に管理板で確認してください。 それ以外の投稿はこちらの掲示板では不要です ・ただし、ニュース板にニュースのコピペをする場合のみ、200文字未満の投稿が可能です。 とか、アフィリページに 多くの人のアクセスを集めたい、などの理由で投稿してはいけません。 読者の30%以上に利益があると思われる投稿をお願いします。 管理人からあなたにお知らせがあるかもしれません。 <その他> ・個人情報をハンドルネーム使用者本人の同意なく求めたり詮索する投稿を認めない ・ハンドルネームと投稿者相互の同定を詮索する投稿を認めない ・投稿はすべて、即座に各種MLにてメール送信される ・投稿の削除は管理人だけが可能。 ・投稿後の文章を自分が消したいから消す、ということはできない ・同じ内容の2重投稿は、内容にかかわらず残らずすべてを削除する。 罰則はとても厳しい。 ・投稿に慣れてない場合は、投稿テスト板で練習してから投稿することをお勧め。 ・リバイバル板は板違い投稿可能。 ただし、昼休み板限定で投稿可能な方やカルト板限定で投稿可能な方はリバイバル板への投稿は不可。 2011. 23追記) ・基本的に自分のものであっても電話番号やメールアドレスを投稿・コメントすることは不可。 (2011. 24追記) ・1人1板1日11個以上の投稿は禁止。 2011. 12追記 <引用する場合は必ず>下記いずれかを明記してください。 おおむね24時間以内に返答します。 ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 リチャードなんとかの引用コメントは、昼休み板とカルト板のみ可能 副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。 かといって、制限すると全然おもしろくない掲示板になってしまいます。 その辺をうまくやろうと思っていますが、全員の希望をすべて叶えることはできないものです。 そこで阿修羅掲示板ではすべての制限を公開し、すべての削除を公開し、 制限による失敗を含めてすべての投稿失敗を即時配信メルマガにて 公開することにより、制限の透明性を担保しようと思っています。 だいたいの読者が、『そういうことならしょうがないよね』と思うような制限や処置になっていると思ってます。 しかし、もしあなたが、 「この制限は管理人の横暴だ」とか 「この削除は不正ではないか」というふうに思ったら遠慮無く管理板にてご質問くださいませ。 できる限り返答させて頂きます。 阿修羅掲示板を大活用してくださいませ。 正木泰輔 : : 癌にもいろいろ種類があり、化学療法に感受性があって、根治が期待できる癌(白血病など)もありますが、化学療法に抵抗性な癌がほとんど、抗がん剤でいったんは縮小したりすることもあるけどまたすぐ増殖して、全身各臓器に転移し、死に至ってしまうのが、今の医学の常識でしょう。 化学療法は余命を伸ばせるというメリットがあり、それは完治でなくても、少しでももう少し生きたいという患者さんの手助けになると思います。 さて、癌とは何か? それはやはり生命の老化現象だと思われます。 細胞は毎日、apoptosisと増殖とを繰り返しながら、やがて、増殖の時のエラーが起こり、癌細胞が発生します。 それは避けられない問題です。 癌を敵視する必要はなく、人間はいつかは死ぬ運命だということを自覚しながら、人は生きていくしかないのではないでしょうか?.

次の