世田谷 美術館 チェコ。 【工芸】 チェコ・デザイン 100年の旅 at 世田谷美術館

見どころ紹介「チェコ・デザイン 100年の旅」展 世田谷美術館で開催中

世田谷 美術館 チェコ

世田谷美術館へ向かうことにした。 東名に入ったら下りは川崎インターあたりまで大渋滞、海老名付近で事故があったらしい。 上りは空いていた。 涼しくなったためか、砧公園の駐車場はいつもより車が多かった。 世田谷美術館では、「チェコ・デザイン 100年の旅」が始まったのである。 チョコ国立プラハ工芸美術館、ここには行っていない。 一部、撮影できた。 これは、「膨らむおもちゃ《バッファロー》」。 第1章 1900年:アール・ヌーヴォー 生命力と自然のかたち ミュシャがチェコに帰国したのは1910年、天jし荒れている「ジスモンダ」や「四芸術」は、パリ時代の作品。 「黒い聖母の家」には、行ったなあ。 ヨゼフ・チャペックの作品「亡霊」「雑誌『六月』表紙」「カレル・チャペック著『愛の盗賊』表紙」、「『けたたましい静寂』表紙」「カレル・チャペック著『R. R』(ロボット)初版」が展示されている。 第3章 1920年代:アール・デコの時代 ミュシャの「100コルナ紙幣」「500コルナ紙幣」が展示されている。 第10章 テーマ展示2:チェコ・アニメーション 「ヨゼフ・チャペック原案『こいぬとこねこは愉快な仲間』」が展示されている。 世田谷美術館で11月10日(日)まで。 「ル・ジャルダン」でお昼。 本日のオードブルは、オニオンのムース、その上にコンソメのゼリーよせが載っている。 白いんげんと野菜のスープ、メインは鯛のポアレ。 コラボなご飯やチェコビールは、9月19日から。 お会計のときに教えていただいて、「チェコビール、では、もう一度来なければ」と言ったら、「何度でも」ですと。 2020年1月に日本とチェコの交流100周年を迎えるとのことで、幾つかの催しが始まる。 9月27日から29日に開催される「チェコフェスティバル」。 そして9月7日に千葉市美術館で始まった「ミュシャと日本、日本とオルリク」展。 さて、東名の渋滞はまだ解消されていなかったので、246も世田谷通りもなんとなく混雑、であれば、ちょっと行きにくいけれど、世田谷文学館に寄ることにした。 世田谷文学館は環八から住宅街に入るので、周辺の道は狭いし駐車場もわかりにくく、近くのコインパーキングへ入れた。 文学館内は、かなりの混雑。 展覧会は、一部を除き撮影可能。 このころの雑誌、記憶にはある。 書籍のイラストの数々。 上野動物園のグッズ、「ビックリハウス」もあったなあ。 「ビックリハウス」の原画、シャケという名前のネコ。 オサムグッズの数々が並び、そして「可愛い」の思い。 ショップは、大混雑であった。 コレクション展は「仁木悦子の肖像」、これは見ておきたい。 以前「もうひとつの太平洋戦争」を読んだのが仁木悦子さんの作品を読んだ最後だと思うが、もう一度、仁木悦子さんの作品を読んでみようかしら。 原稿、自筆資料、書簡などが展示されている。 日下三蔵氏の紹介文が全文掲載されている。 「仁木悦子の肖像」は、9月23日(月・祝)まで。 「世田谷文学館ニュース」に、展示もされていた寺山修司からの書簡の記事が掲載されていた。 「ムットーニのからくり劇場」も上映。 横浜町田インターで、インターから上り線に入る手前でバス事故。 今日の東名は事故だらけ。

次の

世田谷美術館「チェコ・デザイン100年の旅」に行った話① リフォーム妄想の燃料補給!

世田谷 美術館 チェコ

独立前夜を彩ったミュシャの絵やアール・デコの逸品たち 展示は、独立宣言の行われた1918年の少し前、1900年から現在までの時代を追った8つの章と、おもちゃとアニメーション原画に特化した2つの章による構成。 第1章「1900年:アール・ヌーヴォー 生命力と自然のかたち」では、チェコのアール・ヌーヴォー様式の椅子やガラス器とともに、この当時ヨーロッパで絶大な人気を誇ったアルフォンス・ミュシャ(チェコ語:ムハ)を中心に紹介する。 ここでは、他に類のない三次元での展開という「チェコ・キュビスム」の作品を展示。 第3章「1920年代:アール・デコの時代」は、1925年にパリで開かれた「アール・デコ博」で独立国として初出展し、成功を収めた作品などが見られる。 機能主義を実現する美しい近代デザインや、戦中期の作品も 第4章「1930年代:シンプルなかたちと機能性」のなかでは、住まいに関する生活必需品を作り、機能主義を実現するための拠点となった「美しい部屋」(クラースナー・イズバ)のデザインを紹介する。 「美しい部屋」のアートディレクターを務めたラジスラフ・ストナルは、近代デザインを代表するひとりとして国際的にも評価が高い。 ナチス・ドイツによってボヘミア・モラヴィア保護領となった1939年以降は、伝統工業地帯が占領されたこともあって、生産活動も沈滞。 第5章「1940年代:有機的フォルムと天然素材」では、そんな状況下で、土地に根ざした素材を使って創意工夫しながら生み出された作品を紹介する。 20世紀後半の盛り上がりは応用美術からネオモダニズムへ 第6章「1950-60年代:日常生活と応用美術の解放」では、1958年開催のブリュッセル万国博覧会に参加して高評価を得た「ブリュッセル・スタイル」と呼ばれる様式のプロダクトを展示する。 対外的な製品と国内向けの製品に二分されるようになった1970年代から、家具などにポストモダンの傾向が表れ始めた1980年代。 第7章「1970-80年代:生活水準の見直しからポストモダンへ」では、この時代の作品を紹介。 さらに、第8章「1990年代から現代まで:自由化と機能の再発見」では、1989年に民主主義国家へ復帰したことで、亡命先から多くのデザイナーが帰国し、次第にネオモダニズム(新機能主義)が盛んになる様子が分かる。 2000年頃には、デザインの社会的な責任や意義についての認識も高まり、最先端のデザイン展示会「デザインブロック」も開催されるように。 この3つの章で、20世紀後半のチェコ・デザインのすべてが一覧できる。 テーマ展示は愛らしいおもちゃと人気の高いアニメーション また、「テーマ展示」のひとつは、第9章「チェコのおもちゃと子どものためのアート」。 おもちゃ作りの古い伝統を持つチェコで、時代の変遷とともに生み出されてきた、チェコらしいおもちゃを紹介する。 第10章「チェコ・アニメーション」では、絵本とともにチェコの文化を代表するアニメーションの世界をセル画などで展示。 パペット・アニメーションでチェコ・アニメーションを世界に知らしめた作品や、日本でも知られている「もぐらのクルテク」なども登場する。 10月6日(日)13時30分からは、カレル・ゼマン監督作品「盗まれた飛行船」の上映会も開催。 定員は140名で、展覧会の半券を提示すれば無料で鑑賞できる。 時代の波にもまれながら、人々の生活に潤いと豊かさを与えてきたチェコ・デザインの名品を、多彩な展示で堪能して。

次の

ミュシャからもぐらのクルテクまで! 世田谷美術館『チェコ・デザイン100年の旅』開催

世田谷 美術館 チェコ

世田谷美術館外観 アクセスマップ 砧公園の一角にあり、アンリ・ルソーを代表とする素朴派や区ゆかりの美術家の作品などを展示する収蔵品展や大規模な企画展を行っています。 ほかに音楽会などの催し物やタノシサ・ハッケン・クラス、美術大学などの講座も行い、幅広い活動を行っています。 また、区民の方々が創作した美術作品の発表の場として区民ギャラリーの貸出しを行っています。 詳細はお問い合わせください。 (補足)• 展示スケジュール等については のページをご覧ください。 区内4か所で電動アシスト自転車をレンタルしています。 詳しくはのページをご覧ください。 施設の再開・休止について【令和2年5月26日更新】 国による緊急事態宣言及び東京都による緊急事態措置を踏まえ、区民利用施設は5月31日(日曜日)まで休止しています。 5月25日(月曜日)に、国による緊急事態宣言が解除され、東京都において解除後のロードマップが示されました。 こうした状況を踏まえ、6月2日(火曜日)から展示室など、施設の一部から段階的に再開します。 来館者の皆様へのお願い 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、利用に一部制限があります。 詳細は をご確認いただき、ご来館いただきますようお願いいたします。 問い合わせ先 生活文化政策部 文化・芸術振興課 03-5432-2124 指定管理者 この施設は、下記の指定管理者が管理運営を行っています。 名称 事務所所在地 東京都世田谷区太子堂4丁目1番1号 キャロットタワー5階 電話番号 電話番号 03-5432-1501 ファクシミリ ファクシミリ 03-5432-1559 指定の期間 平成29年4月1日から令和4年3月31日までの5年間.

次の