でんでん ばん。 田園調布学園大学 図書館

麻雀で、例えばリーチでんでんで、でんでんと言う意味を教えて下さい。

でんでん ばん

対人援助の基礎を学びながらのアクティブラーニングがコミュニケーション能力を高めていきます。 ソーシャルワーカーは、専門的知識や技術を用いて、援助を必要とする人たちの問題解決にあたる専門家です。 専門知識や技術は、講義科目に加え、体験型の演習の授業を通して育まれます。 具体的には援助を必要としている本人、家族の気持ちを推し量ったり、その方々が置かれている状況、環境の把握に努めたり、問題を改善する方法などについて話し合いをしたり、面接のロールプレイングをしたりして、学びを深めていきます。 社会福祉士受験資格を得るための科目の一つのため、20人以下の少人数クラスで行います。 学生たちはアクティブラーニングを通して、自分の意見を伝えたり、他人の意見を聞いたりして価値観の多様性にも触れ、人見知りだった学生たちもコミュニケーション能力が格段に上がっていきます。 特色ある活動 (地域貢献) ~「福祉コンシェルジュ」を目指して~ 和(かのう)ゼミは、地域の皆さんと一緒に川崎で新しい地域福祉をデザインする活動を行い、持続可能で魅力的なまちづくりができる「福祉コンシェルジュ」を養成しています。 川崎の専業農家である「小泉農園」と福祉農園である「はぐるま稗原(ひえばら)農園」で開催する「農園フェス」では、子どもから高齢者、障がい者、外国人などが、農園を舞台に食や音楽、遊びなどを通して一緒に楽しめるように、学生は企画・運営を行っています。 また、川崎で生活する外国人のさまざまな課題解決につながるように、川崎新田ボクシングジムと一緒に地域のイベントやジム主催の大会などで、ボクシングを通した国際交流を行っています。 そして、地域愛着の向上や多様で緩やかな「つながり」づくりを目的とする「かわさき色輪っかつなぎ」では、1年間かけてさまざまな地域イベントや福祉施設で、子どもから高齢者、障がい者と一緒に色輪っかをつなぎ、これらをツールとして活用した地域づくりに取り組んでいます。 ほかにも、プラネタリウムを活用したメンタルヘルスや大学周辺地域(長沢、稗原)における自治会や福祉施設と協働した福祉のまちづくりなどにも、「福祉コンシェルジュ」としてチャレンジしています! 資格取得について.

次の

ジョーシン::日本橋1ばん館

でんでん ばん

対人援助の基礎を学びながらのアクティブラーニングがコミュニケーション能力を高めていきます。 ソーシャルワーカーは、専門的知識や技術を用いて、援助を必要とする人たちの問題解決にあたる専門家です。 専門知識や技術は、講義科目に加え、体験型の演習の授業を通して育まれます。 具体的には援助を必要としている本人、家族の気持ちを推し量ったり、その方々が置かれている状況、環境の把握に努めたり、問題を改善する方法などについて話し合いをしたり、面接のロールプレイングをしたりして、学びを深めていきます。 社会福祉士受験資格を得るための科目の一つのため、20人以下の少人数クラスで行います。 学生たちはアクティブラーニングを通して、自分の意見を伝えたり、他人の意見を聞いたりして価値観の多様性にも触れ、人見知りだった学生たちもコミュニケーション能力が格段に上がっていきます。 特色ある活動 (地域貢献) ~「福祉コンシェルジュ」を目指して~ 和(かのう)ゼミは、地域の皆さんと一緒に川崎で新しい地域福祉をデザインする活動を行い、持続可能で魅力的なまちづくりができる「福祉コンシェルジュ」を養成しています。 川崎の専業農家である「小泉農園」と福祉農園である「はぐるま稗原(ひえばら)農園」で開催する「農園フェス」では、子どもから高齢者、障がい者、外国人などが、農園を舞台に食や音楽、遊びなどを通して一緒に楽しめるように、学生は企画・運営を行っています。 また、川崎で生活する外国人のさまざまな課題解決につながるように、川崎新田ボクシングジムと一緒に地域のイベントやジム主催の大会などで、ボクシングを通した国際交流を行っています。 そして、地域愛着の向上や多様で緩やかな「つながり」づくりを目的とする「かわさき色輪っかつなぎ」では、1年間かけてさまざまな地域イベントや福祉施設で、子どもから高齢者、障がい者と一緒に色輪っかをつなぎ、これらをツールとして活用した地域づくりに取り組んでいます。 ほかにも、プラネタリウムを活用したメンタルヘルスや大学周辺地域(長沢、稗原)における自治会や福祉施設と協働した福祉のまちづくりなどにも、「福祉コンシェルジュ」としてチャレンジしています! 資格取得について.

次の

田園調布学園大学 図書館

でんでん ばん

麻雀の計算は「符」に「翻」(ハン)を組み合わせた基本点に基づいて計算します。 この基本点は子がツモで上がったときの子の支払額になります。 (100点未満の切り上げなどがあるので実際には異なってきますが) 基本的に「符」の数字に対して「翻」が一つつく毎に2倍にしていきますが、 計算の際には実際の役に2翻を加えた数字で計算します(満貫以上を除く)。 この2翻を「場ゾロ」と言います。 さて、デンデンとは何かですが、 最初に2翻加えた部分(場ゾロ)を言います。 バンバンとも言います。 リーチデンデンというのは、場ゾロを加えて3翻ですと言っているだけで、 単に「リーチのみ」と言っているのと同じです。 A ベストアンサー 我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。 テンポよく遊べて結構熱くなります。 すべての牌を伏せる。 洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。 これを「海」と呼ぶ。 すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。 その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。 (当然、手牌は自分も相手も見えている。 相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。 ツモらせるより振りこむ方が安い) じゃんけんでアト・サキを決める アトの者は海から一枚を表に返して海の中央に置く。 これがドラとなる。 ドラは現物とする。 サキの者は、伏せられた牌から好きな一枚をツモる。 不要牌を捨てる。 捨て牌は普通の麻雀と同じように、手牌の前に河を作って行く。 ポンチーは無し、アンカンの場合は好きな牌を海から取る。 海の牌を一枚表に返して海の中央に置きドラ牌を増やす。 リーチはあり、イイハン縛り、その他のルールは四人打ちと同じ 自分がリーチしてなければ振り込むことはない。 二人リーチになると楽しい。 オヤ・子は無い。 常に二人とも散家とする。 連荘という概念はなく、一局単位の勝負でイイハン1ドル清算とする。 符は計算しない。 バンバンを付けない。 リーチ、ツモ、タンヤオ、ピンフ、ドラ=5ドル リーチ、一発、ツモ、チンイチ、ドラ、ドラ=11ドル リーチ、リンシャン、ツモ=3ドル チートイツ=2ドル 役満=16ドル(出来やすい) ツモられても一人払いとなる あらかじめ、回数や時間を決めて遊ぶ。 熱くなると泣きが入ってキリがなくなる 原則は一局ごと清算(ドルのやりとり) 紙に勝ち点を(ドル数)を書いていき、最後に合算して清算でも良い。 我々の遊ぶ麻雀の二人打ちの方法は以下のとおりです。 テンポよく遊べて結構熱くなります。 すべての牌を伏せる。 洗牌してバラバラのまま卓上に積まずに広げる。 これを「海」と呼ぶ。 すべて伏せ牌のまま、海から各自が好きな牌を13枚取る。 その13枚を表に返してこれを理牌して手牌とする。 (当然、手牌は自分も相手も見えている。 相手の進行状況や手の大きさが見えているので、これに合わせて自分もそれなりのペースで進める。 ツモらせるより振りこむ方が安い) じゃんけんでアト・サキを決める... A ベストアンサー 私が麻雀をやっていたのは学生時代ですので、ずいぶん昔のことですが、私たちも「バンバン」と言っていました。 正式(?)には、(yuki32さんがおっしゃっているように)「ゾロゾロ」とか「2(リャン)ゾロ」とか言うようです。 参考URLに、歴史的なことが書いてありました。 要するに、ギャンブル性を重視した、インフレルールの名残ですね。 結局、無条件で二翻を加算する訳ですから、得点計算のルールを修正してしまえば、実質的には意味の無いことになりますね。 テニスの得点が、1,2,3・・・と加点されずに、15,30,40・・・と数えられるのと同じようなことですかね?(テニスファンに、「それは違う!」と怒られそうなので、事前に謝っておきます。 cool. html Q よく漫画や映画などで麻雀がとてつもなく強い人って登場しますよね。 現実にもプロの雀士と言われる人たちもいると思います。 考えると不思議な感じがしてきました。 というのは、スポーツ界での強い選手、これは分りやすいです。 体力、技能、精神力、自己管理能力が長けた人たちと言えるでしょう。 将棋や囲碁の世界でも同じだと思います。 ところが、麻雀というゲームは全く違いますよね。 まず配牌ですが、一九字牌ばかりで、国士やチャンタ系を狙うにも中途半端。 ドラは一枚も無し。 この最初の段階で、和了できる可能性はグッと低くなると思います。 おまけに自模も悪い。 無関係な字牌が続く。 面子選択に迷って、8・9の辺張を嫌った途端、7の牌を引く。 苦労の挙句、やっと聴牌し、ヤミで張っていると、親リーチが掛かり、一発自模で 12,000点。 これが続き、結局ノー和了で箱テン。 これを考えると、麻雀というゲームは 「運」 が 99% 占めるように感じました。 つまり、プロ級と言われるほど強い人でも、ツキだけで、点数も数えられないド素人にボロ負けすると。 将棋や囲碁などの他のゲームや、スポーツの世界ではこんな事は絶対あり得ないですよね。 たとえば今日始めてクラブを握ったアマチュアがタイガーウッズに勝つなんて考えられますか ? 麻雀が強い人とは 「少なくとも、振り込まない人」 と言う意見があるかも知れませんが、それでも透視術でもない限り他のメンバーの手の内なんて、想像するか、勘に頼るしかないでしょうし、端的に言って現物以外の牌はどれも危険牌になり得るでしょうし。 計算違いで役満に振り込む事もあると思うのですね、プロ級の人でも。 正確には 「振り込まない」 ではなく 「結果として振り込まなかった (アー良かった)」 というべきかなと感じています。 麻雀が強い人って、皆さんどう思われます ? よく漫画や映画などで麻雀がとてつもなく強い人って登場しますよね。 現実にもプロの雀士と言われる人たちもいると思います。 考えると不思議な感じがしてきました。 というのは、スポーツ界での強い選手、これは分りやすいです。 体力、技能、精神力、自己管理能力が長けた人たちと言えるでしょう。 将棋や囲碁の世界でも同じだと思います。 ところが、麻雀というゲームは全く違いますよね。 まず配牌ですが、一九字牌ばかりで、国士やチャンタ系を狙うにも中途半端。 ドラは一枚も無し。 A ベストアンサー 確かに1局やってどっちが勝つかは運の要素が大きくなりますが、回数を重ねればやはり強い人が勝ちます。 自分の感覚では運は2~3割だと思っています。 但し1局についてではなく、回数を重ねた場合です。 私はフリー雀荘へ行くとだいたい10時間(20半荘)ぐらい打ちますが、10日行ったとすれば 実力で勝つ日:5日 実力で負ける日(自分のミスにより負ける):1日 運が良くて勝つ日(ミスを重ねても勝てる):1日 運が悪くて負ける日(ミスはしてないつもりでも、何をやってもだめ):1日 どちらとも言えずプラスマイナス0の日:2日 こんな感じです。 ということで運の要素はだいたい2~3割。 私が実力で勝てる理由は「細かい技術の積み重ね」と「経験」です。 でも本当に強い人は、次とは言わないまでも数順内に何を積もるか、どの色に寄るかなどが分かるそうです。 私は確率論の域を脱することができないのでまだ理解できないのですが、極一部だとは思いますが、どうも本当にいるようです。 そういう人の場合には運の要素はさらに下がり1割を切るかと思います。 ただ私も、もう1つ勝てる理由として「半荘単位の長期的視野で手を育てる感覚」は持っています。 ご質問にあるような、運悪く嫌ったペンチャンを引いたとか、他家に一発でツモられたとかは、あまり気にしません。 確かに1局やってどっちが勝つかは運の要素が大きくなりますが、回数を重ねればやはり強い人が勝ちます。 自分の感覚では運は2~3割だと思っています。 但し1局についてではなく、回数を重ねた場合です。 私はフリー雀荘へ行くとだいたい10時間(20半荘)ぐらい打ちますが、10日行ったとすれば 実力で勝つ日:5日 実力で負ける日(自分のミスにより負ける):1日 運が良くて勝つ日(ミスを重ねても勝てる):1日 運が悪くて負ける日(ミスはしてないつもりでも、何をやってもだめ):1日 どち... A ベストアンサー 「タテチン」は他の方のおっしゃるとおりメンゼンのチンイツのことです。 チーポンする=牌を倒して他に見えるようにすることがなく、手牌13枚を立てたままあがるのでこう呼びます。 「バンバン」についてもNo. 3の方の説明どおりなのですが、ちょっと補足します。 かつては麻雀の点数はもっと低いもので、点棒の単位は今の10分の1でした(たとえば現在の百点棒は十点棒でした)。 しかし戦後になって点数のインフレ化が始まり、そのひとつが「バンバン」でした。 これは、牌の取り出し位置を決めるためにサイコロを振ったとき、1・1や2・2などのいわゆるゾロ目が出た場合はあがりに2翻加わり、大きな点数獲得のチャンスになるというものでした。 「ゾロゾロ」「ドンドン」などとも呼ばれます。 このルールからいつの間にか、どんな場合でもバンバンが加わるようになり、現在の麻雀の点数はほぼバンバン付きで計算されるようになっています。 たとえばバンバンのなかった頃のあがり点は以下のとおりでした。 こうすると、ピンフロンは1000点、ピンフツモは400点・700点という現在の麻雀そのままの点数になります。 『哲也』は読んでいないのですが、わざわざ「バンバン」と口に出して言っているところ、ドラ1枚が1翻となっているところ(ドラも割りと新しく生まれたもので、翻数でなく1枚=100符となっていた頃もあるそうです)など、だいぶ時代が限定されそうで興味深いシーンです。 「タテチン」は他の方のおっしゃるとおりメンゼンのチンイツのことです。 チーポンする=牌を倒して他に見えるようにすることがなく、手牌13枚を立てたままあがるのでこう呼びます。 「バンバン」についてもNo. 3の方の説明どおりなのですが、ちょっと補足します。 かつては麻雀の点数はもっと低いもので、点棒の単位は今の10分の1でした(たとえば現在の百点棒は十点棒でした)。 しかし戦後になって点数のインフレ化が始まり、そのひとつが「バンバン」でした。 これは、牌の取り出し位置を決めるためにサ... Q 私は麻雀が初心者でもないかなって思っているんですけど…いや初心者です。 得点の計算がわからないというか、本を見れば書いてあるんですけど、すぐには計算できないほど複雑怪奇だと思うんですけど、回りの人間は5秒で計算しています。 本で見ると30符とか…複雑な計算がでてきますけど、普通にこんな計算をしているんですか?何役かで一律で決めているのかなと思ったんですけど。 かなり前になりますけど、友人とやったときに…得点がわからないのでいつも、誰かにに見てもらうんですけど…周りの連中がクスクス笑っているような気がして…お金をだまし取られたんじゃないかと心配になって今日まで至っています。 得点の構造は…符の得点と、表を覚えろってことですか?なにか別の方法でみんな導いていると思うんですけど。 どうなっているんでしょうか? A ベストアンサー パターンに分けて、覚えています。 基本的には、基礎点の20符~80符までの、「2役」~「4役」(2役しばりとして)までの、「子」としての得点の総額を覚えていれば済みます。 20符なら、「いちさん」(1300)、「にんろく」(2600)、「ごんに」(5200)。 30符なら、(1役「せん」(1000))、「にせん」(2000)、「ざんく」(3900)、「ちっち」(7700)。 40符なら、(1役「いちさん」(1300))、「にんろく」(2600)、「ごんに」(5200)、「まんがん」(8000)。 50符なら、(1役「いちろく」(1600))、「さんに」(3200)、「ろくよん」(6400)、「まんがん」(8000)。 「親」は、基本的にはその1.5倍です。 あとは、基礎点の20符、30符のちがい。 役牌の「ポン」、「カン」の得点 待ちの形と、逆から覚えてゆき、パターン化すれば、見ただけで、得点計算できるようになると思います。 A ベストアンサー >競技麻雀でプロの打ち方を見ていると、大体の人が字牌を序盤であまり打たないと感じるのですが、もしそうであるならどういった理由からでしょうか? 「翻牌絞り」と言って、「ポン」と一つ泣かせると、あとは自由自在にされるので、鳴かれると役の付く牌は絞ります。 「絞る」というのは、できるだけ手とに留めて、他家に対して嫌がらせをすることです。 例えば、他家に「中」と「9ソウ」のトイツがあり、混一色に行こうかためらっているときに、「9ソウ」が捨てられた場合は「ポン」かどうかはためらいますが、「中」が出れば迷わず「ポン」しておき、次に「9ソウ」がでれば、また「ポン」と泣いて混一色に一直線となります。 自分の配牌に「中」と「9ソウ」がありどちらも不要であれば、巧者は9ソウから捨てます。 また、冒頭に、端牌でなく、オイシイ4・5・6あたりが他家から捨てられれば、その狙いは混一色、チャンタなど、役牌が欲しい手役なので、役牌を捨ててはいけません。 配牌で字牌が一枚も混ざっていないというのは珍しいので、冒頭に字牌が捨てられないというのは、「字牌が欲しいです。 誰か捨ててください。 」と言っているのと同じで、そのような手役狙いと判断して字牌は絞ります。 初心者は、自分の都合によって不要牌を何も考えずに捨てますが、上級者は、他家への嫌がらせも考えながら捨て順に工夫を凝らします。 他家に楽をさせないようにしないといけません。 麻雀はそれぞれの「お家の事情」があります。 安い手でもとにかく連荘したいオヤ、ヘコンでいて高い点がほしい人、点は要らないから早く逃げ切りたい人、トップはあきらめたがプラスにはなんとか転じたい人、やきとりマークを下ろしたい人などです。 それらの事情によって、「中」の一枚がのどから手が出るほどほしいときがあります。 それが先に鳴けない限り、他のオイシイ場所を鳴くことができず、次々に捨てられて行く必要牌を「ポン」も「チー」もできず指をくわえて見ているだけとなります。 他家をそのような状態におとしいれるのが巧者の捨て方です。 また、そのようなセオリーがあるとすれば、その裏をかくテクニックがあります。 「中」のトイツを鳴いて早く逃げたいときに、持っておくと役に立つかもしれない、「白」や「撥」を最初から捨てて行き、「約牌は要らないよ」というジェスチャーをします。 「あいつは、メンタンピン狙いだな」とだまされた他家が「中」を捨ててくれます。 このような心理戦・駆け引きがあるので巧者同士の対局は面白いのです。 「麻雀は運だけ」と思っている人には到底わからない「麻雀の面白さ・醍醐味」というものです。 また、役牌がドラのときには、その牌はとことん捨てず、タンキ待ちに持っていくものです。 もし「ポン」と言われればマンガン確定です。 特に自分が不要だからと言って、親のマンガンにドラの「ダブ東」を捨てるようでは、いつまでたっても素人です。 ダブ東がドラになるのは珍しいので、その一局くらいは捨ててしまって、絶対に親に食わさないようにして流さないといけません。 その他、巧者は「攻守のバランス」を考えますので、オタ風はできるだけ安全牌として手元に残して、他家からの思いがけない早リーチにも備え、手を目いっぱいには広げないものです。 また、他家が欲しがっていると思われる役牌を絞りながらも聴牌し、いよいよ捨てるときは、「リーチ」を掛けてはいけません。 多くの場合、待ってましたとばかりに「ポン!」と言われて「一発役」が消えます。 巧者は鳴かれやすい牌ではリーチしません。 初心者は、「あーあ、一発が消されちゃった~」などと言いますが、オイシイ牌でリーチすれば、消されるのが当然と思うべきです。 使いようのない牌でリーチすれば消される可能性は低いです。 それを承知でリーチする場合もあるのですが、一発のご祝儀が大きいルールのときは一~二巡回せば良いのです。 (新日本麻雀連盟三段) >競技麻雀でプロの打ち方を見ていると、大体の人が字牌を序盤であまり打たないと感じるのですが、もしそうであるならどういった理由からでしょうか? 「翻牌絞り」と言って、「ポン」と一つ泣かせると、あとは自由自在にされるので、鳴かれると役の付く牌は絞ります。 「絞る」というのは、できるだけ手とに留めて、他家に対して嫌がらせをすることです。 例えば、他家に「中」と「9ソウ」のトイツがあり、混一色に行こうかためらっているときに、「9ソウ」が捨てられた場合は「ポン」かどうかはためらいま... 決まっていません。 普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。 亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。 私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。 火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。 役の名前としてのツモは正しくは「門前自摸和(メンゼンツモホウ)」といい、牌を持ってくる「自摸(ツモ)」、自摸した牌であがりになる「自摸和(ツモホウ)」とは違います。 門前自摸和はその名のとおり、自分で持ってきた牌=ツモ牌であがりになることに加え、他の人から牌を鳴いていない=メンゼンであることが条件です。 通常はメンゼンなら、どんな形でも門前自摸和のみであがれます。 門前自摸和のみでのあがりを認めていないルールはほとんどありません。 下段への回答 一般的なルールではピンフと門前自摸和は重複します。 しかし関西ではこれを認めないルールも多く、その場合はピンフはなくなります(ピンフが認められるのはロンあがりの時だけということですね)。 その際に点数がどう違うかは、No. 3の方が回答されているとおりです。

次の