中型 バイク。 中型だってこんなに速い!ゼロヨン最速トップテン

普通自動二輪車

中型 バイク

【小型】バイクのメリット・デメリット 「出典元:」 小型バイクとは 51cc~125cc以下の小型自動二輪車で、「原付二種」の区分になるので車両法では原付扱いになっています。 また、50cc以下は白ナンバーですが125cc以下になるとピンクナンバーになり、実は51cc~90cc以下は黄色ナンバーと細かく分けられています。 排気量は原付と比べて2. 5倍あるので、パワーの違いで加速力も全然違ってきますし、 維持費は原付とほとんど変わらないのでコスパも良いですね。 それに 車検も必要ないので年間コストも安く抑えることができます。 原付バイクの制限をなんとかしたいと考えていて、そこまで大きいバイクじゃなく街乗りで小回りが利くバイクを探しているなら、125cc以下の小型バイクが理想的です。 小型バイクのメリット• 原付のような速度制限や二段階右折の義務がない• 2人乗りができる• 車検がなく維持費が原付とほとんど変わらずに安い• 車体はそこまで大きくないので小回りが利いて駐車にも困らない 小型バイクのデメリット• 小型自動二輪免許が必要で普通免許では乗れない• 需要が少ないので中古車があまり出回っていない• 高速道路や自動車専用道路などは通行不可 【中型】バイクのメリット・デメリット 「出典元:」 中型バイクとは 126cc~250cc以下の普通自動二輪車で、このクラスになってくると車種の選択肢も豊富になり、ネイキッドやオフロードタイプやビッグスクーターなどがあります。 小型バイクと同様に車検がないので維持費が安く、250ccでは見た目もかなりバイクらしくなって、重量もそこそこあるので乗り心地も安定してきますね。 中型バイクからの大きなメリットとなるのは、 高速道路などの走行が可能になることです。 小型バイクと比べて排気量は2倍とパワーも十分あるので、長距離の移動でも比較的ラクになりますね。 ただ、車種によっては車体がまだ軽いので高速道路で走行した場合は、 風に煽られると安定性を損なう面もあります。 街乗りでは問題なく走行できますし、 ビッグスクーターなら収納スペースがかなり広いので、普段のお買い物時でも便利に利用できるのも特徴ですね。 250ccクラスは車検がありませんが、ある程度の整備を定期的に行わないとバイクへの負荷も大きくなってきます。 このクラスからは、自分で簡単な整備ができるくらいの知識を、身につけておいた方がいいかもしれません。 中型バイクのメリット• 小型バイクと同様に車検がないので維持費が安い• 高速道路の走行が可能• 選べる車種が豊富にある• 見た目がバイクらしくなって乗り心地も快適 中型バイクのデメリット• 簡単な整備を自分で行う必要がある• 車種によっては高速道路での走行が安定しない• 車体はそこそこなサイズなので駐車に困るときがある• 普通自動二輪免許がないと乗れない 251cc~400cc以下のバイク 「出典元:」 普通自動二輪免許があれば126cc~400cc以下まで乗れるので、このクラスでは街乗りだけでなく高速道路も問題なく走行できます。 基本的には251cc以上の排気量のあるバイクに乗っている人は、長距離のツーリングなどで利用されることが多いですが、オールラウンダーでなんでもこなせるバイクですね。 街乗りだけなら250cc以下で十分なので、実用性というよりは バイクそのものを楽しみたいという人に向いていると思います。 バイクの性能としては申し分ありませんが、デメリットとして 251cc以上のバイクから2年に1度の車検が必要になります。 その為、維持費は結構かかってくるので、車もお持ちのご家庭の場合はお財布と相談しながら、購入するかどうかを検討されるのがいいかと思います。 【大型】バイクのメリット・デメリット 「出典元:」 大型バイクとは 400cc以上の大型自動二輪車で、ここまでくると完全に趣味レベルの領域になりますね。 排気量もさることながら 圧倒的な加速性能があるので、町中で乗っているような人のバイクであれば、簡単に置き去りにするほどのパワーを持っています。 また、大型バイクならではの最新技術を搭載した装備で、見た目もかなり豪華になっていて個性の強いバイクも多数存在します。 大型バイクはほぼツーリング用であったり、バイク好きな人が趣味として楽しむレベルのクラスなので、 街乗り用としては不向きになりますね。 エンジン音も大型特有の音になっていますし、排気量は高いもので1,000ccを超えるクラスもあります。 「中型バイクに乗ってみたけど物足りない!」と感じた方は、大型を検討されてもいいかもしれません。 ただ、もちろん車検があることと、 車体は結構な重さなので取り回しが大変になってきます。 ツーリングを頻繁にするという人以外は、十分に性能を活かす機会も少ないので、250cc以下の中型にする方が使いやすいでしょう。 あんまり意識しない部分だよね。 排気量の違いによって、年間維持費はどれくらい変わってくるのかを比較してみたので、確認してみて下さい。 大型バイクや小型・中型の違いまとめ バイクは車種によって見た目だけでは、 小型なのか中型なのか大型なのかを見分けるのが少し難しいこともあります。 友人から借りたバイクが原付だと思っていたら実は90ccだったり、250ccだと想像していたバイクが400cc以上だったりする可能性もあります。 それを知らずに乗ってしまうと無免許や事故にも繋がることなので、 排気量ごとの違いを把握しておいた方がいいでしょう。 また、バイク選びの際にもそれぞれのメリット・デメリットなどを知っていた方が、 自分の理想的な愛車を見つけやすいと思います。 これからバイクの購入や乗り換えをする予定がある人は、ぜひこの記事の内容を参考にされてみて下さいね。

次の

バイク好き必見!おすすめ中型バイク15選!!

中型 バイク

バイク好き必見!おすすめ中型バイク15選!! 2019. 高校生になり、まず やってみたい!と思うことってたくさんありますよね。 ww 僕が最初にとてつもなく一目惚れしたのが、 カワサキ(KAWASAKI) バルカン400ドリフターです。 前後のタイヤを深々と覆う ディープフェンダー、ミドルクラスとは思えない 堂々たるスタイリングなど、大胆なビンテージルックが独自の世界を 醸し出していてほんとに衝撃を覚えました。 数あるかっこいいアメリカンの中でも一際僕の心に輝きを与え、 「これに乗りたい!!」「これが欲しい!!」と 思わせてくれたバイクでした。 このドラッグスタークラシック400も当時から絶大な人気がありました。 ドラッグスター400の派生モデルとして、1998年2月に登場しました。 加えられた 《クラシック》の言葉どおり、懐古的なアメリカンクルーザーのテイストを トッピングした仕様でした。 トッピングの内容としては、フロントフェンダーがディープタイプになったことが 目につきますが、そもそものホイールサイズがドラッグスターよりも大きくなっていました。 他にも、リアフェンダー・フロントフォークのカバー・タンデムシートの大型化など 外観はほとんど異なっていましたね。 今はもう生産されていなく2017年9月からの規制に対応することなく生産が終了しました。 少し寂しい気がしますね。 こんな感じで10代の青春時代を僕は アメリカンとともに歩んできたのですが、 これから青春時代をバイクとともに歩んで行きたいという方のために 今、おすすめの中型バイクをご紹介していきたいと思います。 今回は400cc限定となっています。 メリットとしては 高速に乗ってツーリングができることです。 高速道路の走行条件は125cc超からとなっています。 日帰りツーリングの平均距離は往復で200kmと言われています。 200km走るのに下道だと6~7時間かかるのに対し、 高速を使うとなんと2時間半しかかかりません。 次に 十分なパワーが魅力です。 250ccと400ccではパワーの差は歴然。 中型免許を最大限に生かした快適なバイクライフを送ることができます。 250ccの平均馬力:19~24馬力 400ccの平均馬力:25~55馬力 桁違いに パワーが違いますよね。 そして加速力・馬力・取り回しなど、どれをとってもバランスが良く 安定した走行性能が魅力となっています。 初心者の方にもおすすめできる車種がたくさんあり、 400ccでバイクデビューする人も多いですよ。 次に400ccのデメリットについてお話します。 400cc乗りの1番の悩みが 車検があることです。 251cc以上のバイクは 2年に1回車検をすることが義務づけられています。 その費用は50,000円から60,000円にも… 学生にとってはつらい出費になります。 あと400ccは 標準的すぎるとよく言われます。 250ccみたいに車検がないわけでもなく、大型ほどのパワーもない。 良く言えばスタンダードなのですが、中途半端だと感じる人も 少なくはないようです。 400ccおすすめバイクのご紹介 それでは次は おすすめのバイクを種類別でご紹介していきたいと思います。 教習所で一般的に使われているCB400SFもこのタイプで、 バイクの中では 最も一般的なタイプです。 HONDAが誇る、まさに傑作と言っても過言ではないでしょう。 画像は2019年に発売された新色のアトモスフィアブルーメタリックです。 ハーフカウルの装着によりフロントデザインが魅力的なのと、 風圧も防いでくれます。 左右カウルの内側に収納スペースがあるのも ツーリングの時には大いに役立ち助かりますね。 昔は教習車として使われていたということもあり、 抜群の安定感があります。 また自分好みにカスタムできるところも人気の秘訣です。 フルカウル ネイキッドにカウルをつけたのが 《フルカウル》です。 最近のフルカウルには流線型のデザインが採用されており、 その 近代的な見た目に惹かれる人も多数。 さらには楽な体勢をキープできるため、最初の1台にはおすすめのバイクだと思います。 扱いきれないリッターバイクのようなストレスもなく、神経質な挙動をすることも ないので 初心者からベテランまで幅広く支持されています。 初心者や女性でも乗りやすくおすすめのバイクです。 《ニンジャ》という斬新なネームで幅広く愛されています。 フロントデザインが一層されてからよりかっこよくなりましたね。 アメリカン 車体が大きく圧倒的な存在感を放っているのが 特徴的なのが 《アメリカン》です。 広く長い道路を走ることが得意な反面、コーナリング時には 車体が擦れてしまうこともあります。 またハンドルを変えたり、車高を低くしたりと 自分好みにカスタム できるのも 魅力的な一つです。 幅広い世代から愛されているジャンルのバイクでもあります。 野暮ったいラジエターが付いていないので デザインがとてもすっきりしています。 エンジンにはギミックな冷却フィンでは出せない美しさがありますね。 ライバル他社より車体が軽量ですので 非力な女性にもおすすめです。 インジェクションが搭載されてエンジンのばたつきがなくなりました。 ジェントルで重厚なエンジンフィーリングはセクシーそのもの。 車両重量はありますが、足つき性のよさに 女性のファンも多いバイクです。 ロングツーリングで活躍する車格もいいですね。 こっそりと設けられたデジタル表示が便利です。 クラシック ネイキッドの中でも、懐かしさを感じるデザイン性を 持っているバイクを 《クラシック》と言います。 走行性能やスピードを求めるのではなく、 街中をオシャレに走るバイクとして人気があります。 速さを競うバイクではなく、ずっと乗っていられる相棒のようなバイク。 バイク本来の見た目の美しさを保ちつつ、 新しい性能が加わっているという まさに王様のようなバイク。 2008年に規制の対応をせずに生産終了となったが、 中古市場では 今も絶大な人気で値下がりがしない。 オシャレな見た目は今も昔も変わらず、 老若男女問わず愛されている。 ドロドロになるまで走っても磨く楽しみが待っています。 販売台数が少ないので 中古市場では品薄です。 見つけたら即契約しましょうね!! ビッグスクーター ビッグスクーターは合理的でありながら スタイリッシュなデザインが魅力です。 タンデム走行にも向いてますし、積載性が非常に高く キャンプツーリング などにも向いています。 ホイールも小さく 街乗り性も優秀です。 シート高が低く低重心ですので車重以上に軽く感じます。 乗りやすいので 小柄な女性にもおすすめです。 250ccスクーターほどではないものの、 街乗りでの機動性が優秀です。 ヨーロッパ市場を意識したために足回りや車体剛性が高いので 日本の道路事情にも合っています。 極低速での扱いやすさも秀逸です。 大型ウインドシールドは疲労の蓄積を軽減するだけでなく、 排気ガスでウェアが真っ黒になることも防いでくれます。 まとめ いかがでしたか? 今回は400ccに限定して おすすめの中型バイクをご紹介していきました。 メンズアクセサリー専門店 Red Dice [レッドダイス] メンズアクセサリー専門店のRed Diceでは、オシャレでかっこいい魅力的なアクセサリーを厳選して取り揃えております。 シンプルなものをはじめ、スタイリッシュでデザイン性の高いもの、片耳用、両耳用など、幅広いアイテムをリーズナブルな価格でお届けいたします。 ぜひ「お気に入りのメンズアクセサリー」を見つけてください。 com.

次の

【バイク記】中型二輪教習の時間数(期間)と免許取得の流れを実際のスケジュールで紹介!

中型 バイク

バイクはその軽さから加速力にとても優れた乗り物です。 その加速力は、スポーツタイプならば250ccでもスーパーカーと遜色ないゼロヨンタイムを叩き出します。 当然、排気量が大きければパワーが出るため中型にくらべ大型バイクが速いのですが、今回は中型免許で乗れる「中型バイク」に絞ったゼロヨンタイムのランキングをご紹介させて頂きます。 用語紹介:【ゼロヨン】 停車状態から一定の距離をいかに速く走り切る事が出来るかを競い合うレースを「ドラッグレース」と言います。 その中でも400mの距離を競うレースを日本では「ゼロヨン」と呼称することが多いです。 参考までに、ミニバンなどの普通乗用車なら16秒でもそこそこ速いタイムであり、12秒ともなればいわゆる「スーパーカー」と呼ばれる車のタイムです。 おすすめの記事はこちら! あとがき いかがでしたでしょうか。 最初に述べたとおり、中型バイクであっても直線に限ってはスーパーカーのようなレコードを叩き出します。 10位ですら12秒台であることから、意外と沢山の速い中型バイクがあることがお分かりいただけたかと思います。 中型は大型バイクに比べて取り回しの良さや、大型より低パワーであるためアクセルワークも過敏になることなく「バイクを操っている感」をとても強く感じられます。 古いバイクが多いため程度の良いものを見つけるのも中々大変ですが、「速いバイクが良いけど大型免許が無い」「中型が一番楽しいけど速さも欲しい」という方は、探し出して愛車としてみるのはいかがでしょうか。 おすすめの記事はこちら!.

次の