女子アナ 性格。 宇垣美里アナの性格はキツイし悪そう?自虐エピソードがヤバ過ぎ

第16回 好きな女性アナウンサーランキング

女子アナ 性格

アンジャッシュ渡部も避ける脊山麻理子 業界人が口をそろえて 『性格最悪!』というアナウンサーの一人は、 フリー転身後、水着グラビアやプロレスデビューと、多方面の分野にも進出しているアナウンサー・脊山麻理子さん。 近頃では人脈を広げるためか、広告代理店や出版関係者など、異業種とも盛んに交流を持つようになっているといいます。 「しかし、一緒に会食をした人からは、 『脊山は二度と呼びたくない』という声が相次いでいます。 私が脊山と同席した時も、終始不機嫌そうな態度で、同席者に食事を取り分けてもらっても 『私、自分で選びたいんで勝手なことしないでもらえます?』とキッパリ。 その後、別の人が焼き鳥を串から外していたところ、 『だから余計なことしないで!』と声を荒げたんです。 アンジャッシュ渡部さんも共演NGを出しているそうです。 バラエティ番組の趣旨を理解していなく、空気が読めないと言われております。 また飲み会に、男性の参加条件を「社長もしくはイケメン」と指定してくるなど、評判は最悪。 これは相手側の男性も嫌がるでしょうね…何様のつもりなのでしょうかww お金が大好きだという噂の宮崎宣子 また、同じく業界人からバッシングにあっているのがフリーに転身したアナウンサー・宮崎宣子さん そうやら自己中心的な言動で、周囲から煙たがられているといいます。 番組の打ち上げなんかでも、出席者が若手スタッフや芸人中心だと、どれだけ誘っても絶対に来ない。 以前、番組で共演していた芸能人も『あの人、俺らとは絶対に飲みに行かないから』と、自虐的に話していました。 前夫はエイベックスの社員で、宮崎は旦那さんの収入を自慢していました。 もはや恋人も、ファッションの一部なのかもしれません」(関係者) 肩書とお金が大好きなんだなという印象を受けますね…。 いかがでしたでしょうか。 元はと言えばアナウンサーであるのに、スタジオの空気が読めなかったり、 男性を上から目線で見るなど、ひどい話ですね…。 関連記事.

次の

岩田絵里奈(女子アナ)の学歴や性格は?彼氏との結婚予定は?

女子アナ 性格

小島 私、1月26日に放送で喋ったのが私が降板したいって言った理由なんだけど、実はキラキラって番組が何で3月いっぱいで終わるかって理由はTBSの公式見解を番組で読んだけどね。 2月の頭に。 公式見解以外の本当の理由は知らないよ私は。 マツコ あっそう。 小島 そりゃTBSの人も私はもうタレントだから喋ってくれないでしょ私には マツコ じゃ、私が今テキトーに本当のこと話す? 小島 えっ!?なんなんだろ? マツコ フフフ(笑)なんだろうって? 小島 マツコの思う本当って マツコ なんだろー!?あんた嫌われてるんだと思うよ、私。 小島 アハハハハ(爆笑) マツコ 基本的にオヤジとかから嫌われるタイプじゃないあなた 小島 私ねぇ、15年局アナやってねぇ、本当に適正に限界を感じて辞めたのは正にそれなのよね。 男性優位社会の中で得をするのが女性アナウンサーだから・・ マツコ おっ始まったぞほら(笑) 小島 男性優位社会に馴染めない人間が女性アナウンサーをやっぱ続けられなかったね マツコ だって女子アナってやっぱりホステスだよ 小島 基本ね、うん マツコ うん、だからホステス業・・・でも私別にこれ本物のホステスさんを見下して言っているんじゃないよ 小島 うん、じゃなくて マツコ 本物のホステスさんは素晴らしいわよ。 ホステス紛いよ。 女子アナは 小島 しかも男性からそうあって欲しいという役割を負わされるっていう面があるしね マツコ あんたなんかさぁ、本当、たぶんどこ行ったってねぇ、こうなるよ。 小島 本当? マツコ しょうがないって、そういう女はどこ行ったってしょうがないのよ。 だって政治家だってなんだって皆ホステスじゃない。 小島 まぁねぇ。 マツコ そうでしょ、女が男権社会で生きていこうって思ったらホステス紛いのふりを出来る女じゃないと生き残っていけないのよ 「モー娘。 と女子アナっておんなじってことよ。 人によって違うと思うけど、あたし、今ちゃんとニュースを読みたいっていう高い志があるんだったら、普通に女子アナ試験受けて入ったって世の中はそうみないってことよ。 要はさあ、金の掛からない小綺麗なタレントの代わりなわけよ、今そうなっちゃってるじゃない、どんどん流れが。 だからさあ、むしろ記者あがりとか地方局あがりとかで、実力をつけた人で最後ご褒美としてニュースのアンカーがあるね、という形を日本もこれから確立していくべきだと思う。 ちゃんと下積みを積んで実力をつけた人でしかストレートニュースは読めないよっていうそれ以外はな〜に、お天気、お天気だって今資格がないと読めないけどさ、いわゆるバラエティ番組のお飾りみたいなアシスタントだったりとか、そういうお仕事をするのが女子アナだという認識にもう世の中がなってきてるじゃない。 東京MXはいいのよ、バラエティ番組のアシスタントなんてそういう華やかな仕事はないんだから。 MXのアナウンサーはイコールニュースを読むというこういう田辺ちゃんみたいな不本意な仕事をさせられるパターンも多々出てはきましたけど」.

次の

『性格が悪すぎる女子アナ』を業界人が暴露!!共演したくないと語る芸能人も多数…

女子アナ 性格

20位まで発表されていた「好きな女子アナ」ランキングにはランクインしていなかったので、本気で業界人には嫌われてるんでしょうね。 どうやら局アナ時代からタレント志向が強く芸能人が大好きな上、フリー転身してからはより一層野心家になったんだとか。 さらに詳しいコメントが。 [以下引用] 「 "ああ見えて、実はいい人"ではまったくないですね(笑)。 テレビの印象そのままの、腹黒い野心家。 芸能人大好きなミーハー心ビンビンで、週刊誌にオリエンタルラジオ藤森慎吾との熱愛が報じられたときも、通常なら会社内を回って謝罪行脚するのに、"あんなふうに書かれちゃった! キャハ"と反省の色なしで笑っていたそう。 彼女がタレントなら文句はありませんが、一応、女子アナでしたからね」(スポーツ紙記者) [日刊大衆] これまでのマイナス報道は本当だったんでしょうかねえ。。 アイドルになりたかったけどなれなかった女の子がなんとか芸能界に入るべく選んだのが「女子アナ」だったのかもしれませんね。 女子アナは望んだからと必ずなれるものではないので、田中さんにはそれなりの資質があったのでしょうけど。 個人的に意外だったのが2位の水卜麻美さんです。 『こなれ感が時折鼻につく』(番組関係者)『いろんな番組に出すぎて新鮮味がない』(芸能プロ関係者)など」とのこと。 「こなれ感」、なんだかわかるような。 いろんな番組に出過ぎというのは、日テレの戦略ミスでしょうか。 ただ「好きな女子アナ」ランキングでは6位にランクインしていたので、田中みな実さんと比べると救いがありますね。 [以下引用] 「その効果か、西武の金子侑司選手を見事ゲットし、熱愛中です。 それは別にいいんですが、以前野球選手との結婚について問われたとき"職場結婚みたいですね"と言っていたのには、その場にいた誰もが耳を疑いました。 どこが職場だ? だったらADと結婚してみろよ、と。 俺らのことなんか冷たい目でしか見ないで、虫けら扱いのくせに!」(制作会社ディレクター) [日刊大衆] こういう態度の違いってイヤでしょうね。 の紺野あさ美アナです。 [以下引用] 「入社直後からしばらくはスポーツアナとして球場取材に来ていましたが、遊びに来ているのかと思うほどのはしゃぎっぷり。 通常、選手取材は1社ずつ行い、その間、他社は待ちます。 それに配慮し、記者は取材をなるべく短時間で終わらせようとするんですが、紺野アナは合コン中かと思うほど選手と延々とおしゃべりしているんです。 アナウンサーの仕事を、まるで分かっていませんでした」(スポーツ紙カメラマン) 局内からも同様のタレコミが……。 「アイドル出身だけに、女子アナになってからもタレント意識が強く、雑用もやりたがらなかったですね」(テレ東関係者) [日刊大衆] はーこれは腹が立つでしょうね。 入社当時は「イジメられている」なんて話もありましたが、もしこういう態度が本当にあるならば、難しかったかも。 また、嫌われ7位の大江麻理子さんは、「『ワールドビジネスサテライト』のメインキャスター抜擢で、局内の期待を背負うが、社長に気に入られようと、権力者に擦り寄る」(放送作家)など裏の顔を持つとも。 「好き」にも入っていませんし、なんだかやばそう。 ちなみに15位には新人アナである笹崎里菜さんがランクイン。 嫌いな理由は「ホステス経験から内定を取り消されるも、裁判で和解し、逆転入社。 『笑ってこらえて』に出演して図太さを見せつけたが、『女性向け番組では難しい』との声多数。 」とのこと。 男性向け番組ならいけますかね?田中みな実さんみたいな感じで。

次の