電気代お得な会社。 ほくでんのアンペア変更は古い!基本料金0円のLooopでんきに切り替えると1万円以上お得!

2020年、東京で1番安い電気料金は?

電気代お得な会社

もくじ• 電気代が安い電力会社はどこ?わからないので検索 「安い電力会社はどこだ!?」 と思っても! ワタクシ・・・電力会社の種類がわかりません^^; 「安い 電力会社」で調べてみたら、なんとがありました。 ただ・・・ このサイトで出てきた【シミュレーション料金】は、申込み特典のギフトカード代やポイントも含まれていて、「本当に電気料金が安くなるか?」までは不鮮明。 「初年度はこれだけ安くなります!」って言われても、ギフト券込みじゃ・・・ねえ?? 結局、電力比較サイトを使っても、安い電力会社がわからなかったです・・・orz でも! 電力会社ごとに特徴があるのは、なんとな~くわかってきました。 違いは値段だけじゃないみたいですよ! 電力会社の違いはどこ?特徴と条件 電力会社はたくさんありますが、それぞれの特徴は違います。 たとえば・・・ 〇基本料金なしで、使った電気量分だけ払う会社(Looopでんき) 〇東京電力と料金変わらないけど、ガソリンが安くなる会社(ENEOS,シェル石油) 〇携帯の契約台数に応じて、電気料金を割り引く会社(ソフトバンク) 〇TカードやPONTAなどのポイント還元率が高い会社 など。 それに合わせて、 「使用量に応じて金額変動 OR 定額」 「時間帯割引あり OR 定額」 「契約期間の縛りあり OR なし」 「解約時の違約金あり OR なし」 といった条件も違いました。 知恵袋では、「ご自身のライフスタイルに合った電力会社を選びましょう!」といったアドバイスが書かれていましたが・・・ どれがいいのかサッパリわからん! 車をよく使うから、ガソリン代安いの嬉しいし。 Tカード貯まるのも嬉しいし。 基本料金ないのも魅力的だし。 でも電気代安いのが一番だし! 選択肢が多ければ多いほど、選べません・・・orz 頭がぼーっとしてきたので、 お得そうな3社に絞って料金比較してみました! 気になる電力会社の料金比較!オール電化住宅との相性は? 私が個人的に気になった電力会社は、以下の3社です。 昭和シェル石油• Looopでんき• 怪しい・・・ ガソリンが安くなっても電気代が高くなったらイヤなので、このプランは保留にしました。 基本料金がないから安い!?Looopでんき 「電気には基本料金が当たり前」な中、基本料金が一切かからないLooop電気。 使った電力だけを払えばいいので、一見安そうに見えました。 がっ!! 電力がちょっと高い設定なのかな・・・? 私の地域では、【1kwあたり26円】。 この電気単価で、今の家の使用量を計算してみると・・・ 東京電力の方が安いっ!! もちろん、「東京電力の基本料金込みで」です。 Looopでんきは、時間帯や使用量による割引がないからでしょうね^^; オール電化住宅だったら、もっと割高になることでしょう。 「エコキュートつけてるのに、深夜電力割引がない」なんてアホらしいですし(笑) とはいえ、 一人暮らしとかで使用電力が少ない人だったら「Looopでんき」の方が安くなると思います。 同じ条件で、使用電力が200W以下だと「Looopでんき」が安い結果になったので。 「電気料金が定額型」は、オール電化に向かないようです><; やっぱり東京電力が安い!?オール電化専用料金プラン「スマートライフ」 他の電力会社の料金を見ても、なかなか「コレだ!」ってものがなく・・・ 午前1時~6時(夜間)は、「1kwあたり17. 46円」。 午前6時~午前1時(昼間)は、「1kwあたり25. 33円」。 夜間の料金は、どの電力会社よりも、ダントツで安い。 昼間の電気料金は、通常の「3段階料金」が適用されないので、電気量が少ない家庭にとっては割高かもしれません。 でも、オール電化なら電気を使用量が多いはず。 昼間の電気単価は「3段階の2段目」と同じ料金なので、毎月2段目まで使ってる家庭であれば、深夜電力の安さでカバーできます。 なので! オール電化と、東京電力の「スマートライフ」の相性は抜群です。 結局のところ、 【東京電力が一番安い】という結論に至ってしまいました(笑) 今回の調査の感想!電力自由化と言うけれど・・・ 今回、電力会社を比較してみて思ったことと言えば・・・ 電力会社が選べるのも困るっ!! ということ。 今まで東京電力1択だったから悩まずに済んだけれど、選べたら選べたで大変。。。 会社によって特徴が違うし。 料金の見せ方も違うし。 ギフト券や初回割引のせいで、電気料金が高くてもお得に見えたりするし。 「本当に安いの!?」っていうのが、全然わからないんですよね><; 比較サイトに条件を入力したって、一番上に出てきた電力会社が安いとは限らなかったですしね。

次の

単に電気料金比較をするだけでは、自分に合ったお得な電気料金プランは選べない!?

電気代お得な会社

対応エリア 東京電力 中部電力 関西電力 ソフトバンクでんきは、大手通信会社ソフトバンクが系列会社のSBパワーと東京電力の電気をお得なプラン で提供します。 サービス対象地域は、東京電力、中部電力、関西電力の3つのエリアが対象となっています。 現在の電気料金が8000円から16000円程度の家庭は、毎月の電気代の値下げが期待できます。 また、電気、スマホ、ネットをまとめた「おうち割」に加入すれば、3人家族で2年間最大148,800円もお得になります。 他にも再生可能エネルギーに関心がある方を対象に、太陽光発電により電力供給を行うSBパワーの 電気が利用できる「FITでんきプラン」などが用意されており、様々なニーズに対応しています。 電力自由化始まる ここ最近、「電力自由化」というキーワードをテレビや新聞で目にする機会が増えています。 2016年から本格スタートした電力自由化ですが、従来は地域の電力会社によって寡占されていた電力市場が開放され、多数の新規参入が認められたことを指します。 それまで電気は、水道と並んで重要インフラであることから国による保護の下、競争ではなくインフラを守ることが優先されてきました。 しかし、高止まりする電気料金やサービス品質の低下などがあり、競争環境を導入した方が一般消費者にとってもプラスであるため段階的な自由化が推進されてきました。 また、2011年に発生した震災以降、電気に対する国民の目も厳しいものとなっており、こうした理由から2016年の電力自由化が実現しました。 電力自由化によって、さまざまな企業が電力市場に参入し自由な競争が行われることで、インフラを守りながら国民にとって嬉しい価格引き下げやサービス向上が期待されています。 電気料金見直しの重要性 通信企業やガス会社、商社や資源エネルギー企業など多岐に渡る新規参入が促進されており、今契約している内容を見直すことで毎月支払っている電気料金を大幅に安くすることも可能となっています。 各社は、魅力ある料金プランを提供しており、契約を変更するだけでも電気代を安くすることができますが、例えば携帯電話との契約やガス契約やとのセットによってさらなる割引を実現出来ます。 「おまとめ」という言葉も耳にする機会が増えていますが、電気料金と他サービスをセットにまとめることで、電気料金のみならず他サービスも割引を受けることができ、また、支払い料金を明確化するメリットも受けることが出来ます。 電気料金は、家族構成や生活リズムによっても最適なプランが存在しており、一人暮らしで夜しか電気を使わない家庭から、奥さんが専業主婦で日中もある程度電気を使用する家庭など、家庭ごとで最適なプランを選択することが賢い選択と言えます。 電気料金を見直して、自分の家庭に最適な契約会社・料金プランを選びましょう。 個人向け電力会社見直しのメリット・デメリット 電力自由化によって私たち個人の家庭でも自由に電力会社を選択することが可能となりました。 従来の電力会社から電力契約を切り替える際に、大きなメリットとなるのが料金の安さになります。 自由化によって多数の新規事業者が参入するため、競争の原理が働くことで電気料金の値下げが期待されます。 現時点では、電気使用量の多い家庭ほどオトクになるプランが多いようですが、今後は幅広い家庭が見直しによって電気代節約を実現できるプランの拡充が期待されています。 また、携帯電話料金や固定インターネット通信料、ガス代やガソリン代といった他のサービスと組み合わせることによってさらなる料金の値下げが期待されます。 その反面、デメリットとしては特定の企業や企業グループに囲い込まれてしまうため、契約期間の縛りなど将来プランを見直す際に自由度が狭まってしまう恐れがあります。 携帯電話の乗り換えを行うと電気代が実質値上げされてしまうなど、サービスごとの変更によってデメリットになるケースが増えてしまう可能性があります。 法人向け電力会社見直しのメリット・デメリット 大規模商業施設を中心に法人向けの電力自由化は以前より実施されており、高圧や特別高圧向けの電力販売は解禁されております。 2000年には大規模な工場やショッピングモールが開放されており、2004年は中小規模の工場施設向けに高圧分野も開放されました。 個人向けの電力自由化と同様、メリットとしては毎月支払わなければならない電気料金を安く抑えることが可能な点にあります。 契約単価が高いうえに、企業ごとに独自の交渉を行う余地があるため、法人で新電力と契約する際は綿密な打ち合わせ・ミーティングを行ってから決めると良いでしょう。 デメリットとしては、新規参入の事業者の場合、原料の市場価値が変動すると毎月の電気料金の動きも連動するところが多いため、安定的な価格での供給が難しい点にあります。 新電力と契約することによって必ずしも料金の値下げが実現するとは限らないケースもあるため、複数の電力会社で見積を依頼することが重要です。 電力会社の切替方法 「電力会社を切り替えるのたいへん」「時間がかかりそう」「費用がかかるのでは?」といった不安を持っている方もいるかもしれません。 でも、費用は無料ですし、ちょっとした手続きを行うだけですので、非常に簡単です。 これで電気代を抑えることができ、新たなサービスを受けられる可能性が広がります。 以下に電力会社の切替方法について、一般的な例をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。 切り替える電力会社へ申し込む まず、今まで利用していた電力会社の検針票を手元に用意しておくととてもスームズですので準備しましょう。 そして、切り替える電力会社を決めたら、さっそく電話かホームページから申し込むことになるのですが、その前に確認しておきたいことがあります。 それは各社キャッシュバックやキャンペーンのについてです。 実は、特定の申込方法でなければ、キャンペーンの対象にならないことがあるのです。 特定のホームページからの申し込みのみキャンペーン対象だったり、代理店からの申し込みのみ対象としていたりといった具合です。 そのため、申し込むときには焦らずに、どこから申し込むとキャンペーンとなるのかよく調べましょう。 電力メーターの交換工事 電力会社に申込後数日程度で、使用開始日のお知らせメール(もしくは電話)があります。 使用開始日には、スマートメーターへの交換交換が行われます(スマートメータをまだ設置していない場合)。 スマートメーターへの切り替え工事は原則無料ですが、15分程度停電する場合があるようですのでご注意ください。 工事の立ち会いについては、各社まちまちですので申込の際に確認するようにしましょう。 切り替え先電力会社からの電力供給を開始 「使用開始日」から切り替えた電力会社からの電力供給が開始されますが、スマートメーターの交換工事を行なった日からではない場合がありますのでご注意ください。 電力会社を切り替えたとはいっても今までとまったく変わらず電気を使用できますので、何も変化していないように感じるかもしれません。 でも、実際にはあたらしい電力会社から電力が供給されています。 電力会社の切り替えをご検討の皆様へ 電力自由化に伴い、様々な分野から多くの参入企業が名乗り出ました。 それぞれがメリットを持っており、数が多すぎて「逆にどの会社を選んでいいのかわからない」という人もいるのではないでしょうか。 しかし、そもそも2016年4月に電力自由化が始まり、実際にどれくらいの家庭が電力会社を切り替えたのか気になりますよね。 では、なぜ大多数の人が電力会社の切り替えに慎重になっているのでしょう。 その原因は主に、大きく分けて二つに分けられると思います。 一つ目の原因は、冒頭にも前述した通り、「選択肢が多すぎて選びきれない」ということが挙げられると思います。 新規参入する各電力会社が様々なメリットを持っています。 例えば、電気料金が従来よりもお得になるということはもちろん、携帯会社やガス会社とセット割で安くなったり、太陽光発電や風力発電で生み出した再生可能エネルギーを扱うことで環境保全の一役を担ったり、地産地消の電気会社を選ぶことで地元に貢献したり、高齢者見守りサービスなど便利な付帯サービスが付いたりと、様々なメリットを得ることが可能です。 他にも、電車通勤の方にお得なビューカードでのお支払いをされるとポイントが二倍になる会社や、車通勤には嬉しいガソリンが割安価格で購入できる会社、そして、Tポイントカードなどポイントが貯たまる会社から、ウォーキングにより一日の活動量に応じて電気料金が安くなるユニークなサービスを提供する会社に至るまで、各社で契約者を囲い込むための様々なサービスが提供されています。 新電気を利用することで得られるメリットが多様化しているからこそ、電気会社の切り替えをご検討される際には、まずご自身のライフスタイルをしっかり分析して、どの会社と契約することが自分や家族にとって一番お得なのかを考えていきましょう。 次に、新電力がなかなか普及しない二つ目の原因として、新電力と呼ばれる新規参入企業は電力小売業に関しては実績がなく、「価格が安いが故にあまり信用できない、あるいは停電するんじゃないの?」というような不安を抱いていることが考えられます。 しかし、結論から言うと新電力へ切り替える事で停電が増えることはあり得ませんし、新規参入だから信用できないと思うことも間違いです。 なかには一足先に法人向けの電力自由化で豊富な実績あげている企業や、ガスや総合商社など大企業が参入しているケースも多いからです。 さらに、電気というのは国民にとって最も重要なインフラの一つです。 国民生活に必要不可欠なものである以上、会社の事情で供給が滞ってしまうようなことがあってはならないため、長期的に安定した供給を絶やさないための施策やルール作りなど国を挙げて強化しています。 過去にアメリカでは電力自由化が始まったことで様々な企業の電力が一般世帯で使われていたものの、需要と供給が釣り合わず企業の経営が難しくなって大規模な停電が起きてしまいました。 しかし、日本が今回実施された電力自由化では、新電力が担うのは「発電」または「小売」だけです。 電力を確定に供給するための「送電」はこれまで通り既存の電力会社が行うため、例え新電力の供給不足や倒産が生じても、既存の電力会社が電気を届けてくれます。 欧米では、「発送電分離」と呼ばれる発電事業と送電事業を完全に分離させ、送電事業の中立化を図る方法が採用されていますが、日本では導入されていないのでアメリカのような大規模停電が起こるリスクは現在のところ低いと言えます。 また、新電力は電力小売業に新規参入する際に、国が国民にとって重要なライフラインである電力を長期的に安定した供給を義務付けるためにライセンス制を導入し、厳正なる審査を経て参入を許可しているため、供給出来ない事態に陥ることは少ないでしょう。 よく「賃貸住宅でも新電力に切り替えれるの?」と言う疑問をお持ちの方がいますが、マンションやアパートなどの賃貸に居住している方でも、ほとんどの世帯が新電力を導入することができます。 しかし、大規模分譲マンションなどではマンション丸ごと新電力と契約しているケースもあるので、その場合は自分の家だけ違う電力を受電することはできないので注意が必要です。 賃貸の方は、大家さんや管理人に問い合わせてみることをお勧めします。 このようなポイントを踏まえて、電力会社の切り替えをご検討の方はご検討ください。 その際重要となってくることは、各電力会社をしっかり比較し、自分にとってベストな選択を導き出すことです。 不明点や気になる点がある場合は、当サイトのコンシェルジュサービスを利用してプロに相談してみることをおすすめします。 要注意!電力自由化に便乗した詐欺 2016年4月に電力自由化が始まり、私たち消費者は自由に電力会社を選択し、電力を購入することができるようになりました。 しかし、電力自由化が始まった事に便乗して悪質な詐欺の被害に遭う人が出てきており、国民生活センターにも多くの電力自由化詐欺相談が寄せられています。 だからこそ、まずは電力自由化についてしっかりとした知識を身につけておかないと、お得に電気を使えないだけでなく、詐欺に巻き込まれてしまう可能性が出てきます。 電力自由化詐欺の手口は、主に3つあります。 1つ目は「スマートメーター交換詐欺」です。 みなさん、そもそもスマートメーターという言葉をご存知でしょうか。 スマートメーターとは、従来のアナログ式の電力量計と違いデジタルで電力を自動で検針し、通信機器を通じてリアルタイムで電力の使用料を確認することができる新世代の電力量計です。 確かに、新電力と契約する際にはこのスマートメーターを取り付けなければいけないのですが、これに便乗してスマートメーターの取り付けに来たと言って、メーターの代金と工賃を請求してくる業者がいたら、それは詐欺なので注意が必要です。 スマートメーターの取り付けは、基本的に電力会社が負担してくれるため、消費者がお金を払う必要はありません。 2つ目の詐欺の手口は「太陽光発電詐欺」です。 これはどのような手口かというと、電力自由化に便乗して「今なら太陽光発電を無料もしくは安価で設置できます」というような勧誘をすることです。 しかし、そもそも電力自由化と太陽光発電はなんの関係もありませんし、現時点でこのようなサービスを行っている電力会社はありません。 ですから、このように電力自由化と太陽光発電を繋げて売ろうとしてくる業者には、注意が必要です。 3つ目の詐欺の手口は「節電シール詐欺」です。 これは「ブレーカーにこのシールを貼るだけで、マイナスイオン効果で電気料金が安くなる」という口実でシールを買わせる詐欺のことです。 もちろん、ブレーカーにシールを貼るだけで電気料金が安くなるはずがありません。 一見、バカバカしい話ですが、詐欺業者は言葉巧みに勧誘してくるので、このような業者にも注意が必要です。 また「電気料金が4割ほど安くなります」と勧誘してくる業者も実際事例としてあったようですが、このように半額近くの価格で安さを強調してくる業者にも注意が必要です。 いくら電力自由化が始まったとは言えども、電気料金が安くなるのは限度があります。 このような詐欺の被害に遭わないためにも、まずは冒頭でも前述した通り、電力自由化についてしっかりとした知識を身につけることが大切です。 加えて、訪問販売などで実際に会ってお話を聞く際も、その場でお金を払わないことや、名刺や契約書をもらうなどして相手がちゃんとした登録小売電気事業者かどうかをしっかり確かめることで詐欺の被害に遭うことを防ぎましょう。 また、万が一そのような業者と訪問販売や電話勧誘で契約してしまった場合は、電力会社との契約でもクーリングオフは適応されるためご安心ください。 しかし、クーリングオフはあくまで最終手段なので、まずはそのような業者に引っかからないようにすることが大切です。 最後になりますが、このような詐欺は特に高齢者が狙われやすいので、ご両親が高齢で同居されていない場合は、そのような詐欺があることをしっかり伝え、契約する際には一度ご相談いただくように言っておく必要があります。

次の

【おすすめ】電力会社ランキング厳選98社【安い電気料金比較】

電気代お得な会社

使用量によって選ぶべき電力会社は違うということを覚えておいてください。 同じ会社でも地域によって違う また、同じ使用量でも地域によって選ぶべき電力会社は変わってきます。 実は、乗り換え前の大手電力会社の電気料金は、地域によって大きな差があります。 例えば最安の北陸電力と、最高値の北海道電力では、全く同じ量を使っても月に2189円もに差になります(標準使用量で計算) 更に、乗り換え先の新電力についても全国一律の料金プランを提示している会社は存在しません。 同じ会社・プランであっても、地域のよって価格差が設けられています。 例えばLooopでんきの場合、北陸エリアでは21. シミュレーションでチェックするのが確実 諸々の「使用状況」の違いによって、お得になる電力会社は全く異なります。 それらの違いを無視して一概に「ここが安いです!」と言うのは無責任な話です。 では、お得な電力会社を探すにはどうすればいいのか。 一番簡単かつ確実なのは、当サイトで出来るような 「料金シミュレーション」を行うことです。 現在の料金と比較して、安い料金プランの会社を一気に見比べることが出来ます。 当サイトでも料金シミュレーションを提供しています(メディア掲載多数)• 関連記事• 全国的に安い電力会社は? シミュレーションとか面倒だし・・ という人のために、参考程度に「電気代が安い」新電力を紹介しておきます。 ファミリー世帯にはピタでん 「ピタでん」は離島・沖縄県を除く全国の家庭で契約できる新電力です。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 最大の特徴は「基本料金ゼロ円」、使った分に応じて料金が発生するという分かりやすい料金体系です。 基本料金が無いため、請求金額に占める基本料金の割合が高い契約(=アンペア数が大きい)で特にお得になります。 関連記事• 一人暮らしにはENEOSでんき 一人暮らし世帯では多くの地域でENEOSでんきが最安値クラスです。 大手電力と比較して、使用量が少ない世帯ではお得にならないか、あるいは逆に割高になる料金設定の新電力が多い中、ENEOSでんきは使用量が少ない一人暮らし世帯でもお得に使えます。 給油の割引特典もありますが、電気代だけで最安値クラスです。 対応エリアは2020年にかけて順次拡大する予定ですが、まだ未対応の地域も多いです。 関連記事• 関連記事•

次の