教えていただければ幸いです 英語。 「ご検討いただければ幸いです」等を英語で!ビジネスメールの末文 [ビジネス英会話] All About

「ご参考までに」の意味とビジネスでの使い方、敬語、類語、英語表現も!

教えていただければ幸いです 英語

進捗状況を表す単語は"progress" ビジネスを行う上で、進捗管理は欠かせない業務のひとつです。 仕事の進み具合などを確認するメールを送る機会は少なくないので、フレーズを覚えて活用しましょう。 進捗状況を英語で表現すると"progress"です。 "progress"は経過や進行を意味するため、状況を表す"status"と組み合わせて、"progress status"「進捗状況」と表現することもあります。 また「現在の」という意味の"current"と合わせて、"current status"で「現在の状況」と表現したり、"status"と同じ意味を持つ"situation"を使った"current situation"といった表現もあります。 メールでのやり取りの場合、件名は見ただけで内容がわかるものが好ましいので、プロジェクト名などを入れて次のような件名にすると良いでしょう。 Progress Status of 〇〇 Project 〇〇プロジェクトの進捗状況 Inquiry about 〇〇 Project 〇〇プロジェクトについてのお問い合わせ 関連記事: 進捗状況を確認するフレーズを紹介 「~をお知らせください」 「~をお知らせください」を表すフレーズとして"Please tell me ~"、"Please let me know ~"があります。 この2つは命令形の"tell me"、"let me know"「私に知らせて」に"please"を付けて「~してください」と丁寧な表現にしたものです。 「お願いします」を意味する"please"が付いていますが、命令形の要素を含んでいるので「~していただけますか」とおうかがいをするのではなく、 「~してください」と強くお願いするニュアンスで伝わります。 Please tell me the current status. 現在の状況を教えてください。 Please let us know the current situation of construction. 工事の現在の状況を教えてください。 "tell me ~"は直接的でやや強い要求という印象です。 "let me know ~"は"tell me"よりもやわらかい印象で、ビジネスシーンではよく用いられます。 また、updateという動詞もよく使われます。 Please update me [us] on the current situation. 現在の状況について最新情報をお知らせください。 また "let us know ~ "、 "tell us ~ "とすると、会社やチームを代表して尋ねるニュアンスで伝わります。 "「〇〇の状況はいかがですか?」は日常会話にもよく使うフレーズです。 〇〇の部分に"things"を入れた、"How are things going? "「調子はどうですか?」といった意味があり、"Hi, how are things going? "は「やあ、最近どう?」とあいさつで使われています。 ビジネスシーンでは、〇〇にプロジェクトの名前、あるいは"task"などを入れて進捗状況を確認するフレーズとして使うことができます。 〇〇プロジェクトはどのくらい進んでいますか? How is the task going? お願いした仕事はどれだけ進んでいますか? "How is 〇〇 coming along? "のフレーズも同様に「どれだけ進んでいますか」と進捗状況を聞く表現です。 "come along"は「やって来る」「一緒に来る」という意味のほか、「進行する」「はかどる」という意味があります。 How is the preparation for the spring campaign coming along? スプリングキャンペーンの準備は進んでいますか? 「~について知りたい」 「~について知りたい」というときは、"I would like to know ~"のフレーズを使います。 I would like to know the progress of the regional revitalization project. 地域活性化プロジェクトの進捗をうかがいたいのですが。 I'd like to know further details about the project. プロジェクトについてもっと詳しく知りたいのですが。 難しい仕事をお願いして対応してもらっている場合、早いタイミングで進捗を聞きたい場合。 進捗確認をするにあたり「心苦しい」といったニュアンスを伝える場合は "appreciate"「感謝する」の意味を持つ単語を使ったフレーズ " I would appreciate ~ "「~していただけると幸いです」と使うと良いでしょう。 I would appreciate it if you would update me on this matter. この件についての最新情報を教えていただけると幸いです。 I would appreciate it if I could receive your reply by next Monday. 次の月曜までにお返事をいただければ幸いです。 「~していただけますか?」 "Could you ~"「~していただけますか?」も"I would appreciate ~"と同じように丁寧な印象で相手に伝えることができます。 Could you give us information on the current situation? 現状はどうなっているか情報をいただけますか? Could you inform us of the current status? 現在の状況についてうかがえますか? "inform"には「正確な情報をきちんと伝える」といったニュアンスがあり、ビジネスではよく使われていますので覚えておくと便利です。 関連記事: 「計画通り、予定通りに」 進捗状況の連絡がないと、一番気になるのは、当初の計画通りに進んでいるかどうかですね。 納期に間に合わないと、こちらのスケジュール調整も必要になります。 「計画通り、予定通りに進んでいますか?」と聞く場合は、"as planned"「計画通りに」、"on schedule"「予定通りに」といった意味を持つフレーズを使ってみましょう。 Is the project going as planned? プロジェクトは計画通り進んでいますか? Are we on schedule? 予定通り進んでいますか? 上記に"How much longer will it take to complete? "「完了までにあとどのくらいかかりますか?」といったフレーズを加えると、仕事相手から具体的な期日を聞き出すことができます。 関連記事: 相手に失礼のない表現でビジネスをスムーズに 仕事相手に進捗確認のメールを送る場合、「~についていかがでしょう?」と現在の状況を確認した上で、「どれくらいの期間で終わるのか」など、スケジュールを確認することが大切です。 返事を急ぐときは"Your early reply will be greatly appreciated. "「早めにお返事をいただければ幸いです」、"I would appreciate your immediate attention to this matter. "「この件について迅速にご対応いただければ幸いです」といったフレーズを使うことができます。 ビジネスメールでは、相手に失礼のない表現を使いながらも、こちらの意図をしっかり伝えることが基本です。 今回ご紹介したフレーズを活用して、ビジネスをスムーズに進めましょう。 関連記事: この記事をシェアする•

次の

「ご検討いただければ幸いです」等を英語で!ビジネスメールの末文 [ビジネス英会話] All About

教えていただければ幸いです 英語

「ご参考までに」の意味 「参考」の読み方は「さんこう」 「参考」は「 さんこう」と読みます。 「参考」の意味は「物事の手がかりとすること」 「参考」の意味は「 物事の手がかりにすること」です。 「参考」は、「ひきくらべる・調べる」という意味のある「参」と、「考える・思い巡らす」という意味のある「考」という漢字を組み合わせた言葉です。 例えば、何か物事を考えたり、決めたりする場面で、 資料や人の意見など手がかりとなるものを使用し、考えることを「参考」といいます。 「ご参考までに」は「よければ参考にしてください」 「ご参考までに」は、「よければ参考にしてください」というような意味合いで使用される言葉です。 「までに」は、福助詞の「まで」に格助詞の「に」をつけたものです。 この場合の「までに」には、「事態がそれに限られている」ということを表していて、「 考える材料程度に限られますが」という謙遜のニュアンスになります。 話題に直接関係しない場合や、結論を大きく左右することを目的としない場合に「ご参考までに」という言い回しを使用します。 「ご参考までに」の敬語 接頭語の「ご」は尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなりうる 「ご参考までに」の頭についている「ご」は接頭語です。 接頭語の「ご」は、尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなりえます。 簡単に説明すると、 相手の行動に「ご(お)」をつけて、「ご(お)〜する」の場合は「 尊敬語」 相手に敬意をしめすために自分の行為をへりくだった表現にしている場合は「ご(お)〜する」というようなかちの場合は「 謙譲語」 「ごゆっくり」「ごもっとも」というように丁寧な事言葉使いをすることで、話し相手に敬意をしめしている場合は「 丁寧語」となります。 「ご参考までに」の「ご」は丁寧語なので目上に使える 「ご参考までに」の場合の「接頭語」は、 「参考」という言葉事態を丁寧に言い表すためについている接頭語の「ご」であるため、丁寧語となります。 「ご参考までに」は丁寧語で、目上の人に使用することができる表現ですが、相手に敬意を示すという意味では丁寧さに欠るので、「ご参考までに資料をお持ちいたしました」というようにさらに丁寧な言い回しを後に続ける必要があります。 「ご参考までに」の使い方と例文 略語「ご参考までに」はビジネスシーンではさけるべき 「ご参考までに」という言葉の後ろには本来、「確認してください」「資料をお渡しいたします」といった言葉が続きます。 つまり、「ご参考までに」は後ろの言葉を省いた略語ということになります。 このような表現は、解釈を相手に委ねているため、親しい間柄など場面によっては使用しても問題ありませんが、ビジネスシーンでさけるべきとされています。 ビジネスシーンで略語を使用せずに、しっかりと相手に伝えることが基本です。 文末の「ご参考までに」 「ご参考までに」は、 ・以上、ご参考までに ・〜ということもございますのでご参考までに ・こちらの資料をご参考までに ・取り急ぎご参考までに というように、先に書いた文章や資料に文章の締めくくりとして文末に使用することがあります。 しかし、上述している通り後ろの言葉を省略している表現となる為、使用する場合は相手や場面によっては丁寧な表現に言い換える必要があります。 「ご参考までにご査収ください」は使用を避けるべき 「査収(さしゅう)」は「 よく調べた上で受け取ること」を意味します。 また、「同意する・納得する」という意味も含まれ、「ご査収」は「 物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」を意味します。 ビジネスシーンでよく使われる「ご査収ください」は簡単に言うと、「しっかり調べて受け取ってね」ということです。 「参考までに」が、「よかったら参考にしてください」というニュアンスであるのに対して、「ご査収ください」と続けてしまうのは、意味合い的におかしい表現になってしまいます。 したがって、「ご参考までにご査収ください」という表現はビジネスシーンでよく耳にしますが好ましい表現ではないと言えるでしょう。 「ご参考までにお目通しください」は「参考までにさっと見てください」 「お目通し」は、 「目通し」に尊敬を表す接続語の「お」をつけた敬語です。 「目通し」に「お」をつけて尊敬を表すことで、目上の人や、ビジネスシーンで使えるようになります。 「目通し」の意味は「 はじめから終わりまで全体的に目を通すこと」であるため、「ご参考までにお目通しください」は、「 参考までにさっと見てみてください」というような意味になります。 間違えている表現ではありませんが、「お目通し」という言葉は謙譲語と使用すると丁寧な表現になる言葉なので、「ご参考までにお目通しいただければ幸いです」というような使い方をするほうが好ましいです。 例文 「前年度のデータを添付いたしましたのでご参考までにお目通しください」 「3日に行われる会議の資料を送付いたしました。 ご参考までにお目通し願います」 「使用量についての資料になりますのでご参考までにお目通しいただければと存じます」 「ご参考までにご一読ください」は「参考程度に一度読んでみてください」 「ご一読」の意味は「 一度読むこと・さっと読むこと」です。 「一読」には「さっと一度読んでください」というようなニュアンスがありますが、ビジネスシーンで使うような場合には「じっくり読んでほしい」という場面でも使用することができます。 つまり「ご参考までにご一読ください」は、「 参考程度に一度読んでみて下さい」というようなニュアンスになります。 直接的に「きちんと読んでください」と伝えるよりも、相手の負担を考えた柔らかいお願いの仕方をすることができる言葉です。 上述したように「参考までに」という表現は、主に目下の人間や、同僚に対して使用することができる表現です。 かなりカジュアルな表現になりますので、「参考までに教えていただきたいのですが」というようにできるだけ丁寧な言い回しをすることを心がけましょう。 例文 「来場者の年齢層を、参考までに教えてください」 「アンケートをとりますので、従業員のみなさんの意見を参考までに教えてください」 「ご参考までに転送いたします」 ビジネスメールなどで、 資料を転送する場合などには、「ご参考までに転送いたします」というような一言を添えます。 ビジネスシーンで何かを転送する場合は、転送した理由を述べるないと相手に意図が伝わらないという場合がありますので、「参考までに転送します」というように「参考になるものなのだな」ということがわかるように一言述べることが好ましいです。 「転送いたします」は、さらに「する」の謙譲語である「いたいします」を使用した丁寧な表現です。 例文 「昨年度のアンケート結果をご参考までに転送いたします」 「ご参考までに来月の会議資料をご転送いたします」 「旧モデルのカタログになりますが、料金設定は変わらないためご参考までに転送いたします」 「参考」のその他のビジネスでの使い方 「ご参考になれば幸いです」「ご参考になりましたら幸いです」 「幸い(さいわい)」の意味は、 ・その人にとって望ましく、ありがたいこと。 幸福・幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す で、「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味で使用されます。 つまり、「ご参考になれば幸いです」は、「ご参考になりましたら幸いです」は、「 参考になれば嬉しいです」という意味です。 例文 「昨年のイベントの時の見積書を添付いたします。 ご参考になれば幸いです」 「大した経験談ではありませんが、ご参考になりましたら幸いです」 「こちらの資料がご参上になれば幸いです」 「ご参考いただければ幸甚です」は「もし参考になれば非常に嬉しいです」 「幸甚です」は、「幸甚」に丁寧語の「です」をつけた言葉です。 「幸甚です」の意味は「 非常に嬉しいです」です。 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う というようなニュアンスが含まれている言葉です。 例文 「一応、これでも経験がございますので、私の意見をご参考になれば幸甚です」 「会議に向けて資料を作成いたしました。 ご参考になれば幸甚です」 「弊社に関する資料をまとめて送付いたしました。 ご参考になれば光進です」 「よろしければご参考ください」は「もしよかったら参考にしてください」 「よろしい」は「よい」を丁寧にした語で、 ・許可する ・差し支えない、認められる ・どうでもよい、不要だ といった意味があります。 「よろしければ」は「よろしい」の仮定形「よろしけれ」+「もし〜ならば」という意味の接続助詞「ば」で成り立ち、「 もしよかったら」という意味で相手にお伺いをたてるときに使う表現となります。 「よろしければ」には断定の意味合いよりも、判断は相手にまかせるという意味合いが強く、依頼や頼みごとが柔らかく聞こえるというメリットがあります。 つまり、「よろしければご参考ください」は「もしよかったら参考にしてください」という謙虚さがある表現です。 例文 「他社の製品について資料を集めましたので、よろしければ参考にしてください」 「実際に使用してみた感想をまとめました。 よろしければ参考にしてください」 「こちらが先月までのデータになります。 よろしければ参考にしてください」 「参考にさせていただきます」は「参考にさせてもらいます」 「させていただきます」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」と丁寧語の「ます」で成り立っています。 「させていただきます」は、「 相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味する謙譲語です。 つまり、 相手に何か参考になるような助言をもらったり、資料をもらったというような場面で相手に敬意を示して「参考にさせていただきます」と使用します。 例文 「ご丁寧に資料を送付していただきありがとうございました。 参考にさせていただきます」 「これから社内に持ち帰り、検討しますので参考にさせていただきます」 「貴重なご意見ありがとうございます。 しっかりと参考にさせていただきます」 「ご参考」と「ご参照」の違い 「ご参考」・・・「人からのはなしや資料を手がかりとすること」 「ご参照」・・・「書籍やネットなど文章や図と照らし合せて見ること」 「ご参照」の意味は「書籍やネットなど文章や図と照らし合せて見ること」 「参照」は「 照らし合わせて見ること」「 引き比べて参考にすること」を意味します。 目上の人に、「見てもらいたい」「参考にしてもらいたい」とお願いしたいときに、「ご参照ください」を使います。 「ご参照ください」は尊敬を表す接頭語「ご」+「参照」+丁寧語「ください」で正しい表現となります。 「ご参照ください」は、主に 既に配布されている資料や、自分の知識に基づいて情報を照らし合わせつつ確認してほしい場合に用います。 「ご参照」の例文 例文 「詳細については、説明書をご参照ください」 「詳しくは、添付資料をご参照ください」 「前回の議事録をご参照ください」 「明日の会議の内容を企画書のまとめましたので、ご参照ください」 「最後のページの付図をご参照ください」 「何か分からないことがあったら、マニュアルをご参照ください」 「詳細につきましては、以下をご参照ください」 「詳しいデータについてはお手元の資料をご参照ください」 「契約内容に関しましては、こちらの資料をご参照ください」 最後に・・・「ご参考までに」を使うときの注意点 「ご参考までに」はビジネスシーンや目上の人にも使用することができる言葉ですが、注意点があります。 1つは、上述している通り、「ご参考までに」は略語であるため後ろにきちんと「ご一読ください」など 後ろに丁寧な言葉を添えるべきであるということです。 ビジネスシーンでは略語は印象が悪いということを頭に入れておきましょう。 二つ目は、「参考までに」という言葉には 「もしよかったら」というようなニュアンスがあるので、「必ず見てほしい」という場合に使用しても、 見てもらえないという可能性があるということです。 従って、必ず見てほしいという場合には「お目通しください」といった言葉でハッキリと伝えましょう。 逆に、ビジネスシーンで「ご参考までに」と言われた場合には失礼のないようにきちんと目を通しておくべきだと言えます。

次の

「教えてください」は失礼?ビジネスメールでの敬語や英語表現も解説

教えていただければ幸いです 英語

日ごろ「教えてはいただけないでしょうか」という敬語を使う場面はたくさん存在します。 ではどのような表現があるのか見ていきましょう。 敬語の種類 ここでそもそもの敬語の種類についておさらいしておきます。 そもそも敬語の種類は大きく分けて三種類あります。 相手に直接敬意を表す尊敬語、自分を下げることで相手に敬意を表す謙譲語、「です」「ます」といった語尾を使い聞き手に対し丁寧に表す丁寧語です。 そしてこの他にも美化語といったものも存在します。 「教えていただけないでしょうか」の主な使い方 「教えていただけないでしょうか」という言葉は目上の人に使う表現です。 先生、会社の上司、会社の取引先といった自分よりも目上の立場に存在する相手に対して使うのがいいでしょう。 メールでの使い方 何かを知りたいとき、人に尋ねなければならないとき、「教えていただけないでしょうか」という敬語はこのような場面で使うことが可能です。 では実際にどのように使うのか具体的な例文を用いて紹介していきます。 」 この表現はどのような状況でも使用することが便利な表現であることがこの例文からも見てとれます。 ちなみにこの「教えていただけないでしょうか」の言い換えとして「お教えいただけないでしょうか。 」というものも存在しています。 上司への使い方 会社で何か分からない時、誰に教えてもらうのか、それは会社の先輩でもある上司の存在です。 この項目ではビジネスシーンでの「教えていただけないでしょうか」という表現の使い方について具体的な例文を用いながら紹介していきます。 「お教えいただけないでしょうか」 先ほどにも登場した「教えていただけないでしょうか」の言い換えとなるこの「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現ですが、この表現は「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現よりもやや丁寧な表現です。 そしてこの表現は先ほどのメールではなく主に会話で使うときにふさわしい表現のひとつです。 」 このように上司に対して使います。 そしてこの表現はもちろん上司だけでなく、自分の身近にいる目上の人に使うことも可能です。 「ご指導いただけないでしょうか」 この「ご指導いただけないでしょうか」という表現も「教えていただけないでしょうか」という表現の言い換えとしては非常によく使われる表現です。 ですが、先ほどの「お教えいただけないでしょうか」という表現よりは自分よりもかなり目上の人に使うのが好ましい表現であり、会社の上司はもちろん、会社の社長、学校の先生といった相手に使うことが可能です。 」 この「ご指導いただけないでしょうか」という敬語表現は「お教えいただけないでしょうか」という表現よりも丁寧な表現で、あまり使われる場面が見られませんが、この「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現を使うか、「ご指導いただけないでしょうか」という表現を使うかは個人の判断で決めましょう。 「教えていただけないでしょうか」を敬語表現するときの例文 この「教えていただけないでしょうか」という類似敬語表現は先ほども紹介した「お教えいただけないでしょうか」と「ご指導いただけないでしょうか」という表現にも存在しており、先ほど紹介したこの二つの「教えていただけないでしょうか」の類似敬語はメールや上司といった場合に限らず日常生活のいかなる場面での使用が可能です。 この項目では先ほど紹介した「お教えいただけないでしょうか」や「ご指導いただけないでしょうか」の他の表現について紹介していきます。 「ご教授いただけますでしょうか」 この敬語の原型は「ご教授ください」です。 この「ご教授ください」の意味は「学問といったものを人から教わること」に対して使われます。 そしてこの「ご教授ください」に似た表現として後々登場する「ご教示ください」というものもありますが、こちらは後々紹介いたします。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使うのは主に自分自身が学問といった専門分野を教えてもらいたい場合や、学問といった専門分野に従事している人に対して使う表現です。 そしてこの表現は「長期的」「継続的」にものごとに従事する場合に使うことが可能な表現です。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使った例文はこのようになります。 「ご教示いただけますでしょうか」との区別がややこしいので気を付けましょう。 「教えていただけないでしょうか」の別の敬語表現例 お教え願います 「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現であるこの表現もよく使われる表現のひとつで、「ご教授いただけますでしょうか」や「ご教示いただけますでしょうか」という表現と同じ意味で使われます。 ちなみに、この「お教え願います」という「お~になる」と尊敬の意味が含まれるもので、「ご教授ください」などといったものはやや謙譲語の意味が含まれるというのがこの二つの表現の違いです。 教えていただけると幸いです この「教えていただけると幸いです」という表現も「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現です。 ですが、この表現があまり使われません。 実際、目上の人に対しては「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」という表現を使うことが多いからです。 ですが、覚えておくといい豆知識なので頭の片隅に入れておくといいでしょう。 これからの使い方は? いかがでしたか。 今回は「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文について紹介してきました。 この「教えていただけないでしょうか」という表現には「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」というようにさまざまな言い換えが存在します。 もちろん、この「教えていただけないでしょうか」という表現以外にも数多くの敬語が存在します。 ひとつひとつの意味を理解し、状況に応じて使い分けることが大切です。 これから新社会人となる方もそれ以外の方も例外なく敬語という存在いつも側に存在しています。 敬語とは自分の常識を問われる知識のひとつです。 「教えていただけないでしょうか」という表現に限らず、正しい敬語使えるということこそ常識ある社会人に近づくための第一歩といえるでしょう。

次の