ナワバリバトル マッチング。 【スプラトゥーン2】フェスで同じチームとマッチしたらどうなるの?|ゲームエイト

スプラトゥーン2のマッチングは勝率50%にこだわるあまり酷すぎる状態

ナワバリバトル マッチング

ときにはいつもと違った役割も。 いつもは倒すことに重点を置いていても、仲間のブキが塗りに弱ければ、いつもより塗るのを意識して立ち回るといい。 持つべきブキはどれがいいの? 基本的に得意なブキを持って戦うのがいちばん勝率が高くなる。 ただし、いろいろなブキが使えるなら、相手を倒すことも塗ることもできるオールマイティーなブキがオススメ。 柔軟に役割を変えられるほか、ひとりですべてを担当して勝つという選択肢も生まれる。 ポイント2:自陣は隙間なく塗るべし ナワバリバトルでは、ステージの中央で相手とぶつかりやすいため、中央付近は互いのインクで塗って塗られてをくり返す。 そのため、中央を互いに塗り合うよりも、相手に塗られにくい自陣をしっかり塗っておくほうが面積を稼ぎやすい。 自陣塗りの丁寧さが数パーセントの差を生んで、勝敗を分けることもある! 相手陣にある程度インクを残したら、無理せず戻れればベスト。 相手陣に進入しやすいブキの例• フデ系のブキ(パブロ、ホクサイなど)• マニューバー系のブキ(スプラマニューバー、スパッタリーなど)• サブウェポンがカーリングボムのブキ(ボールドマーカー、スプラマニューバーコラボなど)• スペシャルウェポンがイカスフィアのブキ(L3リールガン、スプラマニューバーベッチューなど) 相手陣を荒らしに行くタイミングは? やみくもに相手陣に入っても、待ち受ける相手に倒されてしまうだけ。 相手を倒して数的優位を作ってから、仲間全員で前線を上げるのが基本。 そのほか、相手に押し込まれたときに、裏へ抜けて逆に相手陣を荒らすという作戦も効果的。 戦況を見て判断しよう。 ボムピッチャーもこの時間帯に使うべし。 ただし、ボムを投げることに夢中になりすぎてやられないように! 塗ることと倒すこと、どっちを優先すべき? 最終盤では相手を倒すよりも塗ることのほうが重要視される。 もちろん、目の前に相手がいる状況や、明らかに相手から負けている場合は戦わざるを得ないが、脇をすり抜けて相手陣を塗るほうが結果として多くの面積を塗れることも多い。 週刊ファミ通6月11日号(5月28日発売)は、『』5周年特集。 5年間の足跡を振り返るとともに、ブキやステージ、音楽などの変化をたどります。 読者から寄せられた5周年お祝いメッセージ&イラストも掲載! ボリュームは5周年に合わせて(?)55ページ!! 詳しい内容は近日公開予定。 気になる方は、ぜひご予約を!(各種サイトで電子版もあります) 『スプラトゥーン』注目記事.

次の

【スプラトゥーン2】フェスで同じチームとマッチしたらどうなるの?|ゲームエイト

ナワバリバトル マッチング

先日、Splatoon2(以下スプラトゥーンといいます)がどのようなゲームかを、お伝えしました(参考:)。 筆者にも「子供がやってるので一緒にやってみようと思います!」という声をいただきました。 では、実際にゲームを始めると、チュートリアルが終わった直後に 「ナワバリバトル」に参加することになります。 このナワバリバトル、誰でも参加できるので、超上級者からこれから始める初心者までが同じ条件で参加することに。 さて、超初心者は何をすれば良いのでしょうか? このページでは超初心者は何をすべきか?を、実際に筆者がプレイした画像と一緒にご紹介したいと思います。 ナワバリバトルの遊び方 まず、ナワバリバトルの遊び方について再度確認しましょう。 ナワバリバトルをするためには、ゲームの中の「ロビー」に入る必要があります。 ロビーに入るためには、ホーム画面の真ん中奥の高い建物の中に入るか、xボタンを押してロビーを選択して入ります。 8 どんどん塗っていきましょう! 敵が塗ったところは上から塗り替えていくことが可能なので、敵を倒してその上に自分のチームのインクを塗ってマップ上のインクの塗り割合を上げていきましょう。 ゲーム開始!超初心者は何をする? さて、ゲーム開始直後は「超初心者」は何をすべきでしょうか。 実際に筆者のプレイを見ながら解説します。 ゲーム慣れしている人は敵の居る方向に向かう! このゲームになれている人たちが、どんな立ち回りをしているかをまず知りましょう。 なんといっても、スプラトゥーンの楽しみは、ブキを使って相手を倒すことにあります。 ゲーム慣れしている人は、マップで敵と遭遇しそうな前線に一直線に向かっていきます。 ただ、マップをよくみると、 敵がなかなか来ないようなエリアもあります。 10 味方全員が有利に戦うことができます 前線で戦い始めた仲間からすると目の前の敵よりも有利に立てるありがたい後方支援です。 そのまま味方が敵を倒してくれれば、どんどん敵方向に進んで行ってくれるでしょう。 超初心者も十分戦力になることができるのです。 インクアーマーを発動すべきタイミングは、不利な状況を打開するときなどもっと適切なタイミングがあるのですが、初心者のうちからこれを見極めるのは至難の業です。 最初のうちは、後方で塗り、インクアーマーを発動し、別の塗られていないエリアに移動してまた塗り、インクアーマーを発動する…という事を繰り返すことを序盤では心がけましょう。 状況が拮抗してきた!前線に向かってスプラッシュボムを投げよう ある程度後方が塗り固められてくると、超初心者も 前線に出ていきましょう。 といっても、最初は操作すらおぼつかず、安易に前に出てやられてしまう…ということを繰り返すかもしれません。 ここで、少し意識してほしいのが、ブキには メインと サブがあります。 わかばシューターのサブは、スプラッシュボムといって、投げて着地してから少し経つと爆発します。 この射程がかなりあるので、積極的にこれを投げてみましょう。 11 前方の敵を威嚇しつつ爆発した範囲は塗った判定になります 敵としても、目の前の敵を倒したいけど、後ろからボムを投げてくるのがいて、なかなか前に踏み出せない…という嫌な展開になる可能性があります。 そして、このボムがうまくあたれば一発で敵を倒すことができます。 インクの消費量も多いので、イカ状態になってインクを回復し、回復したらボムを投げる、を繰り返してみましょう。 相手が近くによってくる場合にはメインで応戦、あまり動きのない状態であればボムを投げる、というような立ち回りで戦線を膠着させることができれば、初心者でも立派な戦力です。 倒されないことが最大の貢献といえるのがナワバリバトル ナワバリバトルの勝敗は、塗った面積の多い・少ないで決めます。 意識として重要なのは、「頑張って相手をキルすること」よりも 「倒されないこと」のほうが重要であると筆者は考えています。 もちろん、最善なのは相手をキルして、相手のインクの上をどんどん塗っていくのが理想です。 しかし、逆にいうと、やられてしまうと、いままで頑張って塗ってきたところを、その相手に塗られてしまうのです。 操作になれるまでは、無理にキルを取りに行くくらいだったら、 逃げてもいいので倒されないという意識を持っていると勝ちやすくなるでしょう。 逃げ回っているうちに、操作に慣れてきたら、インクアーマーを使って防御を固めて前に出てみましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? もちろん、マップやメンバー構成次第では、また違った立ち回りも必要となってくるでしょう。 しかし、まずは参加して楽しみたいものです。 あくまで筆者の主観ですが、立ち回りの参考にしていただければ幸いです。

次の

スプラトゥーン2のナワバリバトルのマッチングするウデマエと勝敗を50試合やってみた結果

ナワバリバトル マッチング

ときにはいつもと違った役割も。 いつもは倒すことに重点を置いていても、仲間のブキが塗りに弱ければ、いつもより塗るのを意識して立ち回るといい。 持つべきブキはどれがいいの? 基本的に得意なブキを持って戦うのがいちばん勝率が高くなる。 ただし、いろいろなブキが使えるなら、相手を倒すことも塗ることもできるオールマイティーなブキがオススメ。 柔軟に役割を変えられるほか、ひとりですべてを担当して勝つという選択肢も生まれる。 ポイント2:自陣は隙間なく塗るべし ナワバリバトルでは、ステージの中央で相手とぶつかりやすいため、中央付近は互いのインクで塗って塗られてをくり返す。 そのため、中央を互いに塗り合うよりも、相手に塗られにくい自陣をしっかり塗っておくほうが面積を稼ぎやすい。 自陣塗りの丁寧さが数パーセントの差を生んで、勝敗を分けることもある! 相手陣にある程度インクを残したら、無理せず戻れればベスト。 相手陣に進入しやすいブキの例• フデ系のブキ(パブロ、ホクサイなど)• マニューバー系のブキ(スプラマニューバー、スパッタリーなど)• サブウェポンがカーリングボムのブキ(ボールドマーカー、スプラマニューバーコラボなど)• スペシャルウェポンがイカスフィアのブキ(L3リールガン、スプラマニューバーベッチューなど) 相手陣を荒らしに行くタイミングは? やみくもに相手陣に入っても、待ち受ける相手に倒されてしまうだけ。 相手を倒して数的優位を作ってから、仲間全員で前線を上げるのが基本。 そのほか、相手に押し込まれたときに、裏へ抜けて逆に相手陣を荒らすという作戦も効果的。 戦況を見て判断しよう。 ボムピッチャーもこの時間帯に使うべし。 ただし、ボムを投げることに夢中になりすぎてやられないように! 塗ることと倒すこと、どっちを優先すべき? 最終盤では相手を倒すよりも塗ることのほうが重要視される。 もちろん、目の前に相手がいる状況や、明らかに相手から負けている場合は戦わざるを得ないが、脇をすり抜けて相手陣を塗るほうが結果として多くの面積を塗れることも多い。 週刊ファミ通6月11日号(5月28日発売)は、『』5周年特集。 5年間の足跡を振り返るとともに、ブキやステージ、音楽などの変化をたどります。 読者から寄せられた5周年お祝いメッセージ&イラストも掲載! ボリュームは5周年に合わせて(?)55ページ!! 詳しい内容は近日公開予定。 気になる方は、ぜひご予約を!(各種サイトで電子版もあります) 『スプラトゥーン』注目記事.

次の