ドキュ サイン 株価。 ドキュサインが好決算で大幅高 アナリストからは目標株価引き上げも=米国株個別

会社員が成長株(Okta,ドキュサイン(Docu),ズーム(ZM)、アップル(AAPL)等)米国株でお金持ちを目指す

ドキュ サイン 株価

symbol DOCU 会社名 DocuSign Inc (ドキュサイン) 分野(sector) 産業(industry) 業種 概要 事業概要 ドクサイン DocuSign Inc. は文書化業務トランザクションのあらゆる側面を管理するためのオープンで独立した標準ベースのデジタルトランザクション管理(DTM)プラットフォームを使用し、手作業による紙ベースのプロセスを自動化する。 顧客は新しい口座を開設し、数分で融資を開始できる。 同社はがフォーム、契約書または貸出書類を完成させるためにどこでも、いつでもアクセスできる利便性を顧客に提供する。 同社はすべてのデバイスを含むあらゆるインターネット接続デバイスで簡単に動作する。 同社は試用版、シングルユーザー、マルチユーザー、ビジネスプロ、エンタープライズプロ、スタンダードベースの署名、ehanko、DocuSign不動産取引室、DocuSign、およびエンノタリーなどの多様な機能の組み合わせを持つ製品エディションを提供する。 試用版では、ユーザが、署名、日付、名前、テキスト、アプリ、基本ワークフロー、リアルタイム監査証跡、Dropbox、Googleドライブなどとの統合、複数言語などの署名、基本フィールドのドキュメントを送信できる。 ドキュサインは米国のIT・企業。 同社顧客は大企業、中小企業、個人事業主、専門家、個人など幅広い。 本社所在地は。 DocuSign, Inc. provides cloud-based electronic signature solutions. Its cloud based electronic signature platform helps companies and individuals securely collect information, automate data workflows and sign anything. The firm automates manual, paper-based processes allowing users to manage all aspects of documented business transactions include identity management, authentication, digital signature, forms and data collection, collaboration, workflow automation and storage. DocuSign was founded by Thomas H. Gonser and Court Lorenzini in 2003 and is headquartered in San Francisco, CA. 本社所在地 221 Main St. Suite 1000 San Francisco CA 94105 USA 代表者氏名 Keith J. 135 時価総額(marketcap) 6763938486. 515 時価総額 時価総額(百万ドル) 6509. 125 売上高 売上高(百万ドル) -- 企業価値 EV 企業価値 EV (百万ドル) 5690. 3M expense. DocuSign Inc. NASDAQ: DOCU has benefited significantly from the work-from-home trend that gained prominence during the COVID-19 pandemic. The company reported strong results for the first quarter of 2021 and expects the solid momentum to continue in the coming months. Banks had to reconfigure how they worked and contend with antiquated government tech. Larger customers often got hands-on treatment from bankers, while the smallest businesses had to go through online portals. A huge backlog has already built up for the next round of PPP, and banks are warning there won't be enough to go around. Click here for more BI Prime content. The floodgates opened on April 3, just before 9 a. on the East Coast, as applications for Bank of America's small business loans started pouring into its new online portal. Across the US, thousands of bank employees logged on remotely to field customers' anxious calls. Among the 3,000 Bank of America staffers redirected from their everyday roles to deal with the onslaught of requests, there were some 700 green financial advisers-in-training. SHENZHEN, China-- BUSINESS WIRE -- AdobeAcrobatAlternative--Wondershare PDFelement, the core office productivity software tool and PDF editor from Wondershare(SHE: 300624), was honored with a mention in the Capterra Top 20 Contract Management Software applications list alongside industry behemoths like Adobe Sign and DocuSign.

次の

ドキュサインが好決算で大幅高 アナリストからは目標株価引き上げも=米国株個別

ドキュ サイン 株価

ペイコム・ソフトウェア• ドキュサイン• セールスフォース モトリーフール米国本社、2019年12月24日投稿記事より インターネットとクラウドコンピューティングの拡大により、サービス提供でクラウドインフラを使う企業が増えています。 そのようなSaaS(Software-as-a-Service、ソフトウェアの必要な機能を必要な分だけサービスとして利用出来る提供モデル)企業で、注目すべき3銘柄を紹介します。 ペイコム・ソフトウェア ペイコム・ソフトウェア(NYSE:PAYC)は、クラウドベースで人材管理(HCM, Human Capital Management)ソフトウェアを提供しています。 1つのデータベースとして機能するので、企業や従業員はHR関連の様々なサービスをストレスなく利用できます。 HCMは、人材の採用、人事管理、給与管理、退職に至る必要な機能とデータ分析を提供します。 ペイコムのソフトウェアはすぐに導入でき、使い勝手のよい作りになっています。 ペイコムは、売上高および純利益を急成長させてきました。 2014年の売上高は1億4820万ドル(約162億円)でしたが、2019年の売上高予想は7億3300万ドルで、5年で約5倍になっています。 売上高総利益率は過去3年は83~84%で推移し、2018年の純利益は1億3700万ドルで2016年から倍増しています。 2019年1~9月の増収率および増益率は、それぞれ31%、28%と堅調です。 ペイコムの2018年末時点の顧客企業数は23,500で、2年前から32%増加しています。 契約の継続率は92%で、高水準で推移しています。 好業績を反映し、株価は年初来で2倍以上になっていますが、今後もさらなる上昇余地があるとみられています。 なお、予想PER(株価収益率)は62倍です。 ドキュサイン 電子署名サービスのドキュサイン(NASDAQ:DOCU)は、紙ベースの署名管理の煩わしさを一掃しました。 ドキュサインのサービスを使えば、電子署名、契約プロセス、契約に伴う決済関連などをシームレスに行うことができます。 ドキュサインは、顧客企業数を急速に増やしています。 第3四半期(8~10月)の顧客企業数は、前年同期比24%増の45万4000社に拡大しています。 売上高は2016年度は2億5000万ドルでしたが、今年度は10億ドルに達する勢いです。 ドキュサインはまだ赤字状態ですが、2018年度からフリーキャッシュフローを創出しており、今年度の9カ月間のフリーキャッシュフローは2810万ドルとなっています。 2019年度のアニュアルレポートによれば、同社の顧客ベースは潜在市場規模の1%ほどで、大きな成長余地を示唆しています。 既存顧客の利用増、新規顧客開拓、そして新たなソリューションなどの成長ドライバーがあり、今後数年にわたりドキュサインの成長を牽引していくとみられています。 なお、予想PERは180倍、PSR(株価売上高倍率)は15倍です。 セールスフォース セールスフォース(NYSE:CRM)は、顧客関係管理(CRM)ソリューションをクラウドのサブスクリプションベースで提供しています。 同社の統合CRMプラットフォームを使うことで、企業の各部門が顧客管理を統一的かつ容易に行えます。 セールスフォースは、顧客のマーケティングおよび販売促進を改善するようなカスタマイズツールも提供しています。 売上高の約94%がサブスクリプションベースです。 2019年度の売上高は133億ドルで、2016年度から倍増しています。 売上高総利益率は近年さらに上昇しており、2017年度は73. 4%だったので、今年度は75. 4%で推移しています。 2016年度以降、フリーキャッシュフローを創出しています。 調査会社IDCによれば、セールスフォースはCRMソフトウェア市場のリーダーで、市場シェアは17. 3%(2019年10月時点)となっており、2位のオラクル(5. 5%)、3位のSAP(5. 3%)を大きく引き離しています。 これらの投資が同社の売上高と顧客基盤をさらに拡大すると見込まれます。 2020年度の増収率は前年比23%増と予想されており、セールスフォースは今後4年間で売上高を倍増させる可能性があります。 なお、株価はPSR10倍で取引されています。 転載元: 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

次の

【DOCU】ドキュサインの株価と決算

ドキュ サイン 株価

電子著名最大手の「DocuSign」 今回は先日2019年度の1Q決算を発表し、翌日の株価の大きな変動で話題となったDocuSign(ドキュサイン)について検証してみました。 ドキュサインと言えば「電子署名」のプラットフォーム企業です。 そもそも、電子著名って何?という方も多いと思いますので まずは電子著名とは何なのかについて簡単に書いておきます。 ドキュサインの「電子著名」 契約書などへの署名を電子化するクラウドサービスです。 あらゆるデバイスに対応しており、文書の提供側はクラウド上に文書をアップし、契約者側は同じくクラウド上にログインして著名をするだけで成立します。 「紙の契約書を郵送してもらい、著名して、再度郵送で送り返す。 」 こんな面倒くさい「紙」媒体でのやりとりをなくそう、という事で広まってきました。 電子著名であれば、その場で契約書等の文書に署名したり交換したりという事が簡単にできます。 膨大な数の中から該当の契約書を探す際も、紙であれば1枚1枚確認して探しだすしかありませんが、ドキュサインを利用すればクラウド上の安全な場所に保管されており、いつでも好きな時に素早く書類の確認ができるようになります。 実は、皆さんも恐らく使った事があると思います。 例えばスマホを契約する時に店頭の受付でタブレットにタブレット用ペンでサインをした事があるはずです。 あれが「電子著名」です。 そう考えたら結構色々な場面で既に利用されているサービスだと思いませんか? これがいずれ、紙媒体の契約書が基本的には全て電子著名に切り替わるだろうという将来性から広まってきています。 (だいぶ昔からではありますが…) Docu Signについて そして次は、本題であるDocu Sign(ドキュサイン)という会社についてです。 同社は2003年設立、2018年4月26日にIPOを果たした米国企業。 同社は上記で簡単に説明した電子著名ビジネスの世界最大手の企業で 世界中で約50万を超える近くの顧客をもっており、実際にサービスを利用した人は7億人にものぼるそうです。 そして電子著名の技術を用いた 潜在的な市場規模は250億ドルもあると言われており、 昔に比べ広く普及してきたと言ってもまだまだ知らない人が多い=まだまだ拡大する可能性がある、という見方ができます。 また下の方に説明をしていますが、2018年7月31日には契約書のライフサイクルをクラウド上で管理する「スプリングCM」を2. 2億ドルで買収しました。 競合としては、日本ではクラウドサイン 国内シェア8割 、世界ではAdobe Signも強いですが米国国内の比率が80%を占める同社の世界展開が本格的になった時の勢いが凄まじいになるはずです。 中には下に説明している同社の拡大の方向について疑問を唱えている方もいるようで大幅下落の要因があるとすれば今から説明するところしかないように思います。 私は下の内容も企業規模の拡大のためにはポジティブな内容に思いますが人によって感じ方はやはり違うみたいです。 DocuSign Agreement Cloudを発表 2019年3月21日ドキュサインは DocuSign Agreement Cloud という新サービスを発表しました。 合意・契約に関するプロセスにおける「自動化・連携化」を支援するサービスとして上記製品を発表しました。 本サービスの内容は既存製品である「電子著名」「契約ライフサイクル管理」に加え、契約・同意を簡略化した「新製品3つ」が含まれます。 既存の「電子著名サービス」から 「クラウドによる契約締結サービス」 という契約業務全般を管理するサービスに範囲を拡大しました。 Seal Softwareへの資金提供 ドキュサインは2019年3月28日に上記サービス内におけるAIの採用を加速するため「Seal Software」に対して昨年の業務提携に続き$1,500万の投資を行いました。 【Seal Softwareとは】 AIを利用して契約書から文字情報を検索し、自動更新条項の管理等の企業が見落し、忘れてしてしまうというリスクを見つけ出しユーザーに知らせるというような機能・サービスを提供している企業 ドキュサインにとっては上記に書いた契約締結サービスを進める上で欠かせない技術になると思われます。 決算発表後、なぜか大幅安 上記の1Q決算を発表後、同社の株価は大幅安となり翌日の株価は-12%で引けました。 そこまで悪くはないどころか、個人的にはもっと上がってもいいのではないかと思いましたがここ最近のチャートの形もそこまで良くなかったため、一旦の材料出尽くしとして投資家が利益確定に動いたのではないかと思います。 以降まだ回復してませんが、 恐らく今が絶好の買い場なのではないかとも感じています。 時価総額$83億ぐらいであれば伸び盛りの企業の中ではそこまで割高ではないはずです。 米国には赤字でも$100億超えてる企業もあるので日本の割高割安基準はあまり参考になりませんね。 長期的に見れば将来的に時価総額は少なくとも5倍以上にはなるとは思っています。 個人的な希望的観測ですが…)•

次の