足の指の付け根が痛い。 足の親指の付け根が痛い、これは痛風か外反母趾か、見分け方と対処方法

中足骨骨頭痛 足指の付け根が痛い

足の指の付け根が痛い

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

足の中指や薬指のしびれ!人差し指や付け根が痛い場合は?

足の指の付け根が痛い

痛風 痛風の痛みは足の指から出てくると言われています。 したがって、痛風の初期症状として 「足の指の痛み」はとても重要になってきます。 痛風になると、体のあちこちに激痛がはしるというとてもつらい症状になってしまいます。 よって、できるだけ早い段階で治療を開始することが、痛みを和らげる最善策となるのです。 痛風が発症してしまう原因は体内の尿酸という成分が多くなってしまうことです。 尿酸というのは、食べ物が消化されてできる成分なのですが、腎臓を通して体外に排出されるようになっています。 健常な方だと、尿酸値は一定なのですが、ある原因で尿酸値が上昇してしまうと痛風となってしまうのです。 それでは、この尿酸値を上げる原因とはいったいなんなのでしょうか? 以下のようなことが考えられます。 ストレス• 過度な運動• 遺伝 特に現代では、ストレスによる影響に注意する必要があります。 ストレスを受けると、体の臓器が正常に機能するのを保持する自律神経が乱れてしまいます。 これにより腎臓が正常に機能せず、尿酸の排泄が十分に行われず、体内に尿酸がたまって痛風となってしまうのです。 上記のような原因に心当たりがあり、足の指に痛みを感じる場合は痛風の可能性がありますので、病院で診察を受けてみることをおすすめします。 モートン病 最近TV番組でも紹介されて有名になったモートン病という病気をご存じでしょうか? モートン病が発症すると、足の人差し指と中指の間、あるいは中指と薬指の間に痛みを感じます。 また、指の付け根部分に痛みを感じることも多いです。 さらに症状は痛みだけでなく、しびれや腫れを引き起こすことも多いです。 特に女性にあらわれることが多く、発症する明らかな原因は未だに分かっていません。 女性に多いことから、ヒールの高い靴などを頻繁に履いていることにより足に負荷がかかっていることが理由なのではないかと考えられています。 よって、男女問わず歩きやすく、自分の足の形に合った靴を履くことが大切です。 特に打撲などをした覚えがないのに、足の指が痛い場合はモートン病を疑ってみてはどうでしょうか。 糖尿病 意外にも糖尿病によって、足の指に痛みを感じることがあります。 糖尿病の初期症状で足の指に痛みを感じるということがあるのです。 体内の血糖値が上昇することによって発症する糖尿病ですが、どうして足の指の痛みと関係してくるのでしょうか。 血糖値が高いということは、血液中に含まれる糖分の成分が高いということなので、全身の血管がダメージを受けていきます。 これにより、手足の先などの末端の神経もダメージを受けてしまうのです。 こうして末端神経の異常が足の指の痛みを引き起こします。 同時に 「しびれ」の症状も引き起こすことが多いです。 糖尿病は日々の生活習慣が原因となります。 バランスのとれた食事をしっかりとることが予防となりますので、意識的に気をつけるようにしましょう。 まとめ 足の指が痛い場合に考えられる病気について紹介しました。 他にもただ、運動しすぎで指の関節や骨を痛めている場合もあります。 このような場合は、赤く腫れあがることが見られると思うので、患部を冷やすなどの応急処置をしておくことが重要です。 また、足の指の痛みと足裏の痛みは関係していることも多いです。 よって、こちらの記事も参考にしておくと、より理解が深まるはずです。

次の

足の親指の付け根が痛い原因は何?

足の指の付け根が痛い

Sponsored Link 足の裏で親指の下が痛い場合は? 足の裏の痛みの中でも、全体でなく親指の下が痛い場合は、 どのような原因が考えられるでしょうか。 親指は走るときやバランスを取るときに踏み込んだり力を 入れるだけあって、考えられる病気は多岐にわたります。 原因の中でポピュラーなものは、「外反母趾」ではないでしょうか。 外反母趾は親指の付け根の骨が変形し、親指全体が人差し指に 寄りかかるようになってしまう病気です。 高いハイヒールやサイズの合わない靴を履くことによって、 足の裏にかかる体重や負荷が狂って骨が変形してしまうのです。 親指の骨自体が変形しますので、変形して出っ張った親指の 付け根だけでなく、力を入れやすい親指の下は特に痛みます。 もうひとつ考えられる原因として、「種子骨炎」があります。 あまり馴染みのない種子骨ですが、この骨は親指の付け根の出っ張っているところに 二つ並んでいる軟骨で、ハイヒールを履いたときに一番体重が かかるところといえば実感できるのではないでしょうか。 どんなに動かない人でも、食事をしたりやトイレに行くためには何回も 足の裏を使っていますので、痛みや違和感を感じたら足の裏の状態を良く観察してみましょう。 Sponsored Link 小指の下が痛い場合は? 親指ではなく、足の小指の下が痛いときに考えられる病気は何があるでしょうか。 小指は足の指の中でももっとも小さい指なので存在感が薄いですが、 歩行するときにまっすぐ歩けるようにバランスを取る大切な役割を持っています。 そんな小指の下が痛むとなると、多い原因としては「内反小趾 ないはんしょうし 」が考えられます。 内反小趾はあまり聞きなれない病名ですが、簡単に言うと外反母趾の小指版で、 小指の骨が変形して小指が薬指の寄りかかるように曲がる病気です。 原因も外反母趾と同じく靴や歩き方が挙げられますが、ほかにも偏平足で土踏まずが 十分に持ち上がっていない足の形であったり、O脚でまっすぐ立ったときにひざ頭が つま先よりも内側に入り込んでいる脚の形であると内反小趾になりやすいようです。 また、病気ではなくもっと単純に「小指の骨折」の可能性もありますね。 小指は指に見合っただけの小さな骨で構成されており、 ちょっとしたことでひびが入ったり骨折してしまうのです。 サッカーやキックボクシングといった足を使うスポーツをしている人はもちろん、 家具に足をぶつけたり物をつま先に落としてしまったときには、 当たり所が悪ければ簡単にひびや骨折を引き起こしてしまいます。 すねや足首といった大きな骨のひびや骨折は常に強い痛みがありますが、 小さな骨のひびや骨折では時に歩いているときやつま先立ちをしたタイミングでしか 痛みを感じないといったことがしばしば起こるようです。 親指の付け根が痛いのは何なの? 足の裏で、親指の裏が痛いのではなく親指の付け根が痛いときは、 外反母趾や種子骨炎以外に原因となるような病気はあるのでしょうか。 足の親指の付け根が痛むというと、 「痛風」を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。 痛風は尿酸が血液中に過剰に混ざることによって起こる病気の一つで、 主な症状は関節の痛みや腫れ・しびれなのですが、多くの患者さんが 左右どちらかの足の親指の付け根に痛みを感じると言います。 一説によると、痛風にかかった80%の人が足の親指の付け根が 痛んだというくらいですから、親指が痛んだときは痛風を疑ってもいいでしょう。 ほかには、メインの症状ではないものの 「足底筋膜炎」もまれに親指の付け根が痛むことがあります。 足底筋膜炎はその名の通りに、かかとから指の付け根まで足の裏全体に 張り巡らされている筋肉と膜が炎症を起こしてしまっている病気です。 足底筋膜炎は炎症ではあるのですが、筋肉が固まっていることが主な原因ですので、 治療をするときは冷湿布で冷やしすぎてしまうと症状の悪化を招いてしまいますので、 症状が少し落ち着いているときは温めてあげるのが効果的です。 まとめ 足の裏の親指の下が痛いときは、外反母趾や種子骨炎が疑われます。 親指ではなく小指の下が痛むのは 内反小趾や小指の骨折の可能性がありますね。 親指の付け根が痛い原因には、痛風や足底筋膜炎の症状が出ているのかもしれません。 Sponsored Link•

次の