トランス ポーター キャスト。 トランスポーター 【字幕版】

【トランスポーター4】あらすじとキャスト、エド・スクレインの魅力

トランス ポーター キャスト

ストーリー [ ] 主人公の フランク・マーティンは、黒いを愛車とする運び屋(トランスポーター)である。 高額な報酬と引き換えに、どんな品物も時間厳守で目的地に運ぶことを生業としている。 そして彼は自分の仕事に対して 「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを課し、同時に運び屋としての信用を得ている。 また、彼は特殊部隊に5年いた経歴を持ち、その天才的な運転技術と共に各種格闘術にも長けている。 フランクはある組織から仕事を請け負い、品物の大きなバッグを受けとり目的地へ向かう。 しかし、輸送中に車がパンクをする。 修理のためにトランクをあけると品物が動いているのに気づく。 はじめは無視を決め込むが、自らに課したルールの1つ「依頼品は開けない」を破ってバッグの中身を開けると、中には手足を縛られ口をテープで封じられた中国人の女が入っていた。 フランクは女に飲み物を与え、トイレに行きたいという要求を聞いてやるが、そのために森の中に逃げられてしまう。 しかしすぐに捕まえ、目的地に届けて契約を遂行する。 そこで再び荷物を運ぶ依頼を ウォールから引き受けたフランクだが、立ち寄ったドライブインでジュースを買って車に戻ろうとしたところ車が爆発する。 殺されかけたフランクは怒り、依頼主のところに行き復讐を果たす。 しかしウォールは不在で、組織のアジトから車を奪い逃走するが、車の中には最初に届けた中国の女性、 ライ・クワイが乗っていた。 フランクはライを置き去りにするに偲びず、家につれて帰る。 フランクの車の爆発の事で タルコニ警部が事情聴取に来るが、ライの機転で上手にかわす。 その後、組織のボスが手下とともにフランクの家を急襲する。 危機一髪で二人はなんとか脱出するが、フランクはそもそも仕事のルールを破った事を後悔し、ライと別れようとする。 しかしライから組織が人身売買を行い、ライの家族も被害に遭ってる事を聞き、組織から人々を救い出す事を決心し再び組織に乗り込む。 ただライの話には半分嘘が含まれていて、実はライの父親も人身売買に関わる黒幕であることがわかる。 予想外の展開に戸惑うフランクは組織に捕らえられるが、タルコーニ警部が乗り込んで来たため、身柄は警察に移される。 人身売買の証拠はないものの、ライを信じるフランクは、タルコーニ警部の計らいで警察を脱出し、単身で人身売買のがあるという現場に向かう。 そこで大勢の敵を相手に次々と倒し、とうとうウォールからコンテナを運ぶトラックを奪うことに成功する。 しかし油断したときに、一度は退けたはずのライの父親が現れ再び窮地に陥るが、ライが父親を射殺し命を救われる。 売買されるはずだった400人の子供たちも無事に助けられた。 登場人物 [ ]• フランク・マーティン 運び屋。 運転技術に非常に優れ、武器の扱いや白兵戦にも長けているプロフェッショナル。 冷静沈着で殺人にも携わる冷酷な性格だが、これは仕事のプロとして形成されたものであり、本来は弱者を見捨てない優しい性格。 ライ・クワイ フランクが仕事の過程で拾った女性。 自分を助けてくれたフランクを慕っているが、自分の素性を悟られないあまりに頻繁に嘘をつく場面も少なくなかった。 ウォール・ストリート 犯罪組織の一員。 フランクに仕事を依頼したが荷物の中身を見られたことで因縁が発生する。 タルコニ警部 フランクの知人。 警察関係者としてフランクを探っているが、人柄は認めており、助力は惜しまず、彼の手助けなくしては突破できなかった事態も多かった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 旧版 テレビ朝日新版 フランク・マーティン ライ・クワイ ウォール・ストリート 西凜太朗 タルコニ警部 ミスター・クワイ リック・ヤン ボス ディディエ・サン・ムラン パイロット ヴァンサン・ネメス ニュースキャスター アドリアン・デアルネル• テレビ朝日旧版:初回放送2004年9月26日『』 21:00-22:54• テレビ朝日新版:初回放送2006年5月28日『日曜洋画劇場』 21:00-22:54 スタッフ [ ]• 製作:、スティーヴ・チャスマン• 監督:、• 脚本:、• 撮影:• 音楽 : その他 [ ]• 本作は3つのルールのうち「依頼品を開けない」を破り、そして「契約終了後の再契約はしない」というルールも破っている。 一部のシーンでリュック・ベッソンが監督している。 最初の銀行強盗を目的地まで運ぶときの話で主人公の乗るBMWの右ミラーが取れたり取れていなかったりするシーンがある。 主人公がBMWに乗るのは今作だけ(以降は、)。 リブート [ ] 今後にトランスポーターシリーズが されることが正式に決定した。 2014年6月より、新キャストによるシリーズ4作目の撮影が始まる が2015年10月にが運営するオンラインコミックサイト兼コミックアプリであるにて全世界に先駆けて前後編の読み切りとしてcomicoで大人気の『 怪盗ロットワイラー』とのコラボレーションでコミカライズ化が決定した。 日本公開初日にあたるにコミカライズ版を基に加筆・修正を追加収録したコミックスを先着でプレゼントすることが決定した。 参考文献 [ ].

次の

トランスポーター ザ・シリーズ

トランス ポーター キャスト

「 トランスポーター ザ・シリーズ」という海外ドラマをご存知でしょうか? 映画の トランスポーターと違うの? そうです。 ジェイソン・ステイサム主演の映画「 トランスポーター」のTVドラマ化作品です。 もちろん、映画を見たことない人でも楽しめる一気にハマってしまうカーアクションドラマです。 プロの 運び屋の話ですが、彼の元に届く依頼は、血の匂い漂うワケありの仕事ばかり。 舞台はマルセイユ~ニース~ベルリン~フィラデルフィア~そしてトロント。 次々に舞い込んでくる危険に満ちたミッションと襲いかかる敵の数々に、フランクが立ち向かう姿が描かれています。 トランスポーター ザ・シリーズ あらすじ 高額な報酬と引き換えにどんな依頼品も正確に目的地まで届ける、超凄腕のプロの 運び屋。 常に冷静沈着で任務は100%遂行する彼は、 自らに 3つのルールを課している。 ルールは絶対! どんな状況下においてもそれを破る事は自分が許さない。 3つのルールとは? 皆さんは自分に課している独自のルールってあったりしますか?プライベートでも仕事でも。 会社や学校などのルールはあったりしますが、自分にルールを課している人はそんなに多くないのかなと。 ビジネスマンの方でルールを作っているという方は良く聞きますが、 自分のルールの徹底って難しいですよね? 今作の主人公である フランク・マーティンが課しているの 3つのルールと、このルールの徹底ぶりは半端ないです。 え、簡単じゃん!って思われるかもしれませんが、このルールは意外と難しく本編中に何度もルールを曲げなければならない場面が出てきます。 それでも主人公である フランク・マーティンはルールを徹底してミッションを遂行していきます。 トランスポーター ザ・シリーズ 登場人物 キャスト フランク・マーティン - 主人公。 フリーランスの 運び屋。 SAS(イギリスの特殊部隊)に所属していた経験を持つ。 仕事のルールを厳格に守ろうとし、特殊部隊仕込みの武術で任務遂行を邪魔する犯罪者たちを撃退する。 秘密主義で信用するのは一握りの人間だけ。 彼のエージェントであるカーラと、メカニックのディーター、フランス警察のタルコニ警部のみ。 フランクが任務に出かけている時はフランクの家の世話をしている。 警察官としての立場は守りつつフランクを信頼し、協力もする。 コンピューターの達人の美しい女性。 フランクの仕事の依頼人と交渉を行い、彼に必要な情報を与える。 ヨーロッパに広がる運び屋のネットワークを捜査中。 フランクの隣人として近づくが、彼に惹かれていくので仕事への義務感との葛藤に悩む。 プライベートではおっちょこちょいのお調子者だが、仕事の腕は抜群。 フランクからの信頼も厚い。 フランクの愛車で特別な仕掛けが数多くほどかさせれている Audiのメンテナンスを一手に請け負う。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第1話 "父の秘密" 依頼品はデリアという娘。 滞在先のベルリンから元軍人である父が待つ屋敷まで送り届けて欲しいという簡単なものだ。 デリアの父は経営する会社の違法ビジネスを発見し、インターポールへの告発を決意していた。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第2話 "敵からの贈りもの" ベルリンの組織から仕事の依頼を受けたフランク。 その組織には、かつての同僚・ジミーの姿があった。 その昔イギリス軍特殊部隊に所属していた2人は互いを信頼し合い強い友情で結ばれていた。 しかし、ある任務で起きたミスがきっかけでジミーは捕らわれてしまい、それ以来自分を見捨てたフランクをずっと恨んでいた。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第3話 "未来のエンジン" 自動車の燃費効率を大きく向上することの出来る画期的なシステムが発明された。 開発者の娘・トリーナから、その試作品をパリで開催されるモーターショーまで届けてほしいと依頼されたフランク。 しかし、燃料の売上に響くことを恐れた石油会社の社長・ユルゲンは、装置の完成を喜ばしく思っていなかった。 彼らの妨害を無事逃げ切り、果たしてフランクはパリまで依頼品を届けることができるのか!? トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第4話 "盗まれた心臓" 瀕死の息子のために臓器ドナーの提供を待ち続けるふたつの家族。 そんな彼らの一方に適合ドナーが現れたと知らせが入る。 選ばれなかったもう一方の少年の父親は、南フランス最大の犯罪組織のボス・ドラゴだった。 その頃、ある病院で依頼品のトランクを受け取ったフランク。 中身は少年に移植されるはずの心臓だった。 ドラゴはトランスポーターであるフランクを利用して病院から心臓を盗もうとしていたのだ。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第5話 "盲目の友人" 依頼を受け、米フィラデルフィアへと飛んだフランク。 受け渡し場所に現れたのは古くからの盲目の友人、ジャック・パーキンスだった。 CIAエージェントである彼はスパイ容疑をかけられ、追われる身となっていた。 彼が助かる方法はただ1つ、全機密情報の入ったハードディスクを探し出し無実を証明すること。 CIAを相手に、フランクとジャックはハードディスクを奪取し、本当のスパイを探し出せるのか? トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第6話 "ブラッド・ダイヤモンド" トロントにある世界的に有名な警備会社。 そこにある厳重警備された金庫から荷物を運び出してほしいと依頼が舞い込む。 受け取った品は一見ただの金属の塊にしかみえないが、実は内部に資産家オサリヴァンに関する特大スクープが隠されていた。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第7話 "冷たい手" トロントの建設業界の大物から依頼が舞い込んだ。 しかし荷物の受け渡し場所が突然変更されたり、約束の時間を越えても誰も現われなかったりと、スムーズに仕事が進まない。 それどころかフランクは突然濡れ衣を着せられ逮捕、刑務所送りとなってしまう。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第8話 "プロの誇り" 指定された時間までに100万ユーロをマルセイユに運んでくれと依頼が入る。 だが、フランクの他に同じ依頼を受けた人物が2人いた。 彼らの職業も運び屋だ。 目的地に一番先に到着した者には、更なる報酬と今後の仕事の契約を保証するという。 最速最強の運び屋は一体だれなのか?トランスポーター同士の戦いの幕がいま切って落とされた! トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第9話 "復讐の炎" フランクはデリバリー先であるパリへと向かうが、テロへの警戒強化のため街の至る所で検問が行われていた。 荷物を怪しまれたため、やむなく検問を強行突破したフランク。 依頼品を無事に届けたものの、テロリストの容疑をかけられてしまう。 一方、届いた品を前に決意の表情を浮かべる男・ガッサムの姿があった。 彼は、ある事件がきっかけで死んでしまった弟の仇をうつため、爆弾テロを起こそうと画策していた。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第10話 "すり替えられた名画" ベルリンのとあるギャラリーで依頼品を受け取ったフランク。 その中身は、カミーユ・ピサロという芸術家による絵画だった。 四季をテーマに描かれた4枚が存在し、1枚2000万ユーロ以上する代物だ。 しかも4枚全てが揃えばその価値は5倍以上に膨れ上がるといわれており、依頼人のカイバーは血眼になって絵画を探し回っていた。 時を同じくして、その絵画を狙う女の姿があった。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第11話 "消えた試作品" 画期的な次世代ナノテクノロジーが間もなく完成しようとしている。 しかし莫大な開発費用を援助してきたカン産業は、技術を軍事利用して新兵器を開発し、巨万の富を得ようとしていた。 開発者のカーソンは、たったひとつの試作品を守るためにある方法を思いつく。 それは、試作品であるマイクロチップ入りのカプセルをフランク自身に撃ち込み、安全な場所まで運ばせる、というとんでもない方法だった。 トランスポーター ザ・シリーズ シーズン1 第12話 "真実を知った女" 今回の依頼品はジェットという女。 しかし、彼女を指定の場所まで送り届けた矢先、ギャングの襲撃に遭い依頼人は殺されてしまう。 ジェットは天才ハッカーで、フランス国内情報中央局の機密システム内に侵入した際に、ある極秘情報を知ってしまったという。 その頃、何者かがカーラを人質にとり、フランクにジェットとの身柄交換を迫る。

次の

トランスポーター2

トランス ポーター キャスト

主人公のフランク・マーティンは、高額な報酬と引き替えにワケありの品を運ぶプロの運び屋。 抜群の運転技術と格闘スキルを持つ彼が、仕事の間にさまざまな事件に巻き込まれていく様子を描くのが、映画「トランスポーター」シリーズです。 『レオン』 1994 や『フィフス・エレメント』 1997 などのリュック・ベッソン監督による本シリーズは、2003年に1作目『トランスポーター』が公開され、世界中で大ヒットを記録。 その後2006年に『トランスポーター2』、2009年に『トランスポーター3 アンリミテッド』と2作の続編が公開されました。 そして2015年には、新キャストによるリブート版『トランスポーター イグニション』が話題に。 今回はそんな「トランスポーター」シリーズの魅力や観るべき順を紹介しましょう。 あわせて各作品のあらすじ、キャストもチェック!また、2012年から放送されたテレビシリーズ版についても紹介します。 まず、「運び屋」が主人公の本シリーズの魅力といえばやはり車です。 主人公フランクが駆るのは、ピカピカに磨き上げられた高級車ばかり。 車好きにはたまらない映画シリーズといえるでしょう。 1作目『トランスポーター』では、フランクの愛車としてBMW735iが登場しています。 この車は、BMVの最高級モデルである7シリーズの第3世代と呼ばれるもの。 1996年から2001年にかけて販売されました。 2作目と3作目、およびテレビ版にフランクの愛車として登場するのは、アウディA8。 こちらもブランドが誇る最高の技術を投入した最高級モデルです。 リブート版でフランクが乗っているのは、やはりアウディのS8でした。 これらの高級車による迫力のカーアクションはもちろん、本シリーズでアクション俳優としての地位を確立したジェイソン・ステイサムの骨太のアクションシーンも魅力です。 「契約厳守」「 依頼者の 名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを自らに課し、プロの運び屋として日々仕事をこなすフランク・マーティン。 彼の物語は、基本的に公開順に観ることをおすすめします。 本シリーズは1作完結で、どの作品から観ても問題ありませんが、やはりフランクの3つのルールや仕事の流儀、オリジナル3作を通して登場するタルコーニ警部とのやりとりなどは、公開順に観たほうが楽しめるのではないでしょうか。 リブート版はそれまでの3作品とは完全に独立していますが、「あのフランクの若いころ」と思って観るとまた味わい深いでしょう。 最後に、テレビ版の『トランスポーター ザ・シリーズ』を。 本作は映画版との繋がりはありませんので、気楽に観ることができるでしょう。 2シーズン計24話ありますので、「トランスポーター」の世界にどっぷりと浸りたい方は是非。 黒いスーツに身を包み、黒いBMW735iを駆るプロの運び屋、フランク・マーティンは、自分の仕事に対して「契約厳守」「 依頼者の 名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを課し、どんな品でも時間通りに運び届けるプロの運び屋。 抜群の運転技術や格闘スキルとともに、運び屋としての「信用」も売りのひとつです。 今回フランクが運ぶ依頼品は、黒い大きなバッグ。 しかし彼は途中でバッグの中身が動いていることに気がつきます。 始めはルールに従って無視していましたが、どうにも気になってルールを破り鞄を開けてしまったフランク。 すると中にはなんと、手足を縛られた中国人女性が入っていました。 「契約厳守」「名前は聞かない」「依頼品は開けない」の3つのルールを自らに課す凄腕の運び屋=トランスポーター、フランク・マーティン。 高額な報酬と引き換えに、どんなものでも正確に目的地まで運ぶプロ中のプロである彼のもとに舞い込んでくるのは、死ととなり合わせの危険なものばかりでした。 そんな彼をサポートするのは、情報収集のエキスパート・カーラと車のメカニックであるディーターたち。 彼らの協力を得ながらフランクが日々任務をまっとうする姿を描いた本シリーズは、シーズンが進むに連れ、彼を追う謎の女の存在や亡き父の最期に隠された秘密など、ミステリー要素が強くなっていきます。 シリーズの人気キャラクターであるタルコーニ警部も登場。 映画版と同じくフランソワ・ベルレアンが演じています。

次の