時候 の 挨拶 梅雨。 ビジネスメールにも使える!梅雨時期の挨拶文の書き方|世界イベント通信

【時候の挨拶】 6 月上旬の言葉と例文まとめ !! 梅雨入り季節にピッタリの挨拶まとめ

時候 の 挨拶 梅雨

手紙を書く上で大切な6月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 梅雨の季節である6月は、雨にまつわる時候の挨拶が多いですが、同じ6月でも上旬と下旬では微妙に変化します。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いことです。 6月上旬の季節感 6月の上旬は、 爽やかな初夏の気候と、 梅雨に入る湿度の高い気候が混在します。 行事的には、衣替えという会社や学校も多いかもしれませんね。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 梅雨の季節6月は雨にまつわる時候の挨拶が豊富です。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 紫陽花の花や蛍、田植え、衣替えなどが6月らしい事柄ですね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの6月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 6月上旬の時候の挨拶 6月の上旬は、初夏の爽やかな気候が過ぎ、 梅雨入り前のぐずついたお天気に入っていきます。 時候の挨拶も、初夏の爽やかさに触れるものから、梅雨入りをお見舞いするものへ軸足を移します。 南北に長い日本では、地域によっては6月上旬にすでに本格的な梅雨に入っているということもあります。 手紙のお相手のお住まいの地域に合わせて、梅雨入り前の挨拶か梅雨時の挨拶か、選んで使いましょう。 また、 衣替えのあった学生たちの白いシャツや、 田植えを終えた田んぼの青々しさに、 季節の変化を感じる時期ですね。 これらの6月上旬の気候を表す表現を手紙のTPOで書き分けると次のようになります。 改まった時候の挨拶• 桜桃の候、折、みぎり• 初夏の候、折、みぎり• 入梅の候、折、みぎり• 麦秋の候、折、みぎり• 薄暑の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 清々しい初夏を迎え• 梅雨の季節を迎え• 衣替えの季節となりましたが 親しい人への時候の挨拶• すがすがしい初夏の季節となりましたが• 梅雨入りも近いようですが• 田植えも終わり• 衣替えの季節 では、6月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月上旬の時候の挨拶の例文• 衣替えを迎え、道行く人の装いも半袖が目立つようになりましたが、皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降り注ぐ頃となりました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 清々しい初夏を迎え、木々の緑も日増しに深くなってまいりました。 ご一同様には、なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。 緑の香りが漂う初夏のころ、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 田になみなみと水が張られ、いよいよ田植えの季節となりました。 皆様にはますますご壮健のことと存じます。 入梅を控えて不安定な空模様が続いておりますが、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜びいたします。 梅雨の前触れでしょうか、昨日今日と湿っぽい風が吹いておりますが、• 梅雨前線が近づいてきましたが、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 6月中旬の時候の挨拶 6月の中旬は、 本格的な梅雨のシーズンというところが多くなります。 その年によって、梅雨入りしたのに雨が降らない空梅雨だったり、しとしとと長雨が続いたりとまちまちながら、ジメジメと蒸し暑くうっとうしい天気が続く時期ですね。 気分が滅入りそうな気候ではありますが、 雨に濡れた紫陽花や 梅雨の合間の晴れた空などの美しさを挨拶に用いて、清々しさが感じられる時候の挨拶がおすすめです。 6月中旬の代表的な時候の挨拶をTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 黄梅の候、折、みぎり• 梅雨寒の候、折、みぎり• 梅雨晴れの候、折、みぎり• 長雨の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 梅雨寒ながら• 長雨が続きますが• 梅雨の晴れ間の青空が 親しい人への時候の挨拶• うっとうしい梅雨の季節• 雨上がりに大きな虹• 梅雨寒の毎日ですが• 紫陽花の花も美しく では、6月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月中旬の時候の挨拶の例文• 雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。 皆さんお元気でいらっしゃいますか。 紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 今年は空梅雨なのか、雨が降らず暑い日が続いておりますね。 お元気でお過ごしでしょうか。 五月雨に近くに川の水も水分増えたような気がします。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 連日の雨で外出もままなりませんが、思いがけず家の中で楽しみを見つけました。 降り続く雨に木々の緑もいよいよ濃くなりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 うっとうしい梅雨の季節となりましたが、お変わりございませんか。 雨上がりの空にかかる虹を見て清々しい気持ちになりました。 お元気でいらっしゃいますか。 梅雨寒の毎日ですが、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 梅雨空が恨めしい今日この頃ですね。 お元気でいらっしゃいますか。 連日の雨もひと休み、今日は久しぶりの青空です。 皆様、お変わりございませんでしょうか。 梔子の香り漂う季節となりました。 皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 まだ六月の末だというのに、厳しい暑さに見舞われています。 お変わりございませんでしょうか。 雨上がり、新緑がひときわ濃くなった気がします。 お元気でしょうか。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日ざしが降り注いでいます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しい頃、むしむしとした日がつづきます。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。 今年ももう半分が過ぎますね。 時の流れの速さに少々あせりを感じます。 その後、いかがお過ごしですか。 清流に若鮎が躍る季節となりました。 いよいよ本格的な夏の訪れですね。

次の

時候の挨拶 6月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

時候 の 挨拶 梅雨

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 時候の挨拶とは? c Shutterstock. com 時候(ジコウ)の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉で、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しを指します。 四季の豊かな日本ならではの美しい手紙の習慣ですが、使い方がよくわからず、敬遠している方も多いのでは? このページでは、梅雨の時期にビジネスで使える、時候の挨拶をご紹介していきます。 「梅雨の時期」と一口に言っても、梅雨入り前から梅雨明けまで、季節は細やかに表情を変えますよね。 それに合わせて、時候の挨拶も選ぶ言葉が変わります。 その時々の季語を入れれば、季節感が割と簡単に出せます。 ですから、時候の挨拶は考えているよりも難しくありません。 一緒に学んでいきましょう。 梅雨の時候の挨拶・例文をチェック c Shutterstock. com 梅雨といえば、雨の日が続き、鬱陶しい季節ですよね。 天気が悪いと、気も滅入ります。 そんな気持ちを和らげるのが、時候の挨拶。 特に、ビジネスシーンで手紙を書く場合には、固い話から入ると相手との心の距離が縮まりません。 雨が続く季節だからこそ、受け取り手の気持ちをすがすがしくさせるような文章を届けたいですね。 ここでは、梅雨の時期に使える例文をそれぞれご紹介していきます。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「漢語調」の慣用句 c Shutterstock. com 時候の挨拶には、「漢語調」のものと「口語調」のものの2通りがあります。 漢語調は、例えば「梅雨の候」というように、季節を表す言葉の後に「の候」とつけます。 「候」が表しているのは、季節や気候。 漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書や格調高い文書にしたいときに用いられていますよ。 一方、口語調は、「雨のうっとうしい季節が続いておりますが」というように、話し言葉のような柔らかい表現で季節感を表します。 気心の知れた友人や長年の付き合いのある相手など、親しい人に手紙を送る際に、使われることが多いですね。 ビジネスでも、親しみやすい文書にしたいときは、使うことがあります。 まずは、漢語調の時候の挨拶からご紹介していきましょう。 「初夏の候」は5月下旬~6月上旬まで 暦の上では、立夏から立秋の前日までを夏と言います。 暦には、初夏という区分はありませんが、夏の初めという意味合いを込めて、5月下旬から6月上旬を指すことが多いですね。 したがって、「初夏の候」(しょかのこう)は、梅雨入り前の6月上旬に用いるとよいでしょう。 ビジネス文書では、「初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、5月下旬〜6月上旬には、「万緑の候」(ばんりょくのこう)、「薄暑の候」(はくしょのこう)という時候の挨拶も使います。 「入梅の候」は6月上旬~中旬まで 「入梅の候」(にゅうばいのこう)は、「梅雨の季節に入りました」ということを表しています。 実際の梅雨入りの時期にあわせて用いるといいですよ。 ビジネス文書では、「入梅の候、貴殿ますますご清祥の由、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月上旬〜中旬は、「紫陽花の候」(あじさいのこう)、「芒種の候」(ぼうしゅのこう)という時候の挨拶も使います。 c Shutterstock. com 「梅雨の候」は6月中旬~下旬まで 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は、梅雨の期間中に用います。 一般的には6月中旬から下旬頃に用いることが多いですね。 ビジネス文書では、「梅雨の候、貴殿におかれましてはいよいよご健勝の趣、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月中旬〜下旬は、「長雨の候」(ながあめのこう)という時候の挨拶も使います。 「夏至の候」は6月下旬 「夏至の候」(げしのこう)は、「夏至」の期間にあわせて使います。 2020年の夏至は、6月21日 日。 夏至の期間は、2020年7月7日 火 「小暑」の前日までとなります。 したがって、「夏至の候」は、6月下旬の挨拶に使うのがいいですね。 ビジネス文書では、「夏至の候、貴社にはますますご隆盛の段、お慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、6月下旬は、「梅雨晴れの候」(つゆばれのこう)、「短夜の候」(たんやのこう)という時候の挨拶も使います。 「向暑の候」は6月全般に使える 「向暑の候」(こうしょのこう)は、「初夏の訪れを感じる季節」、「暑さに向かう時候」を表します。 したがって、梅雨の無い地方や梅雨らしさを感じない年などの6月全般に使えますよ。 ビジネス文書では、「向暑の候、貴社にはますますご隆盛の由、慶賀の至りに存じます」などというように使います。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「口語調」の慣用句 c Shutterstock. com 続いて、口語調の慣用句をご紹介します。 慣用句とは言っても、そのままの言葉で使わなければならないという厳格なものではありません。 したがって、あなたの感性に合わせて言葉をアレンジして使うことも可能ですよ。 また、先ほどもお伝えした通り、口語調の時候の挨拶は主に親しい人への手紙に使われるもの。 ビジネスで口語調を使う際は、親しみやすい演出をしたいとき、漢語調だと固すぎると感じるときに使ってみてください。 5月下旬~6月上旬の例文 梅雨入り前の5月下旬から6月上旬は、先にも述べた通り、初夏に当たります。 ですから、この時期は、「初夏」や梅雨入り前の天候等に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「さわやかな初夏となりました」 ・「清々しい初夏を迎え」 ・「梅雨がもうそこまでやってきておりますが」 6月上旬~中旬の例文 梅雨入りの時期に入る、6月上旬~中旬。 この時期は、「梅雨入り」や「紫陽花」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「入梅とともに雨が続きますが」 ・「雨に紫陽花の花が映える季節となりました」 ・「梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる日差しとなりました」 6月中旬~下旬の例文 梅雨の期間中である6月中旬から下旬頃は、「梅雨」や「長雨」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃」 ・「鬱陶しい梅雨空の毎日ですが」 ・「長雨の続く毎日ですが」 c Shutterstock. com 6月全般に使える例文 6月全般に使うとしたら、暑さに向かっている様を表すといいでしょう。 梅雨のない地方の方にも使えますね。 例文は下記になります。 ・「暑さ日増しに厳しく」 ・「吹く風も次第に夏めいてまいりましたが」 梅雨の時候の挨拶・お礼状で使える例文は? プライベートな手紙では時候の挨拶から始めることもありますが、ビジネス上での手紙は、「拝啓」から始めて、「時候の挨拶」を書いたら、「繁栄を慶ぶ言葉」、「感謝の言葉」を入れます。 「繁栄を慶ぶ言葉」というのは、「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 その後に「主文」を入れ、「結びの言葉」、「敬具」の構成が一般的です。 c Shutterstock. com お礼状で使える例文をご紹介しましょう。 「拝啓 吹く風も夏めいてまいりましたが、〇〇様にはその後もお変わりなくご精勤なさっていることと拝察いたします。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、〜にしていただき、ありがとうございました。 今後も〜(重ねてお礼のひと言)これからも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 敬具」 「梅雨の時候の挨拶+安否の挨拶」の形で手紙を書く c Shutterstock. com 梅雨の時候の挨拶は、これまで幾つかご紹介してきました。 時候の挨拶だけで終わらせずに、安否を尋ねる挨拶を加えることで、よりスマートな文章になります。 以下に例文をご紹介しましょう。 ・「さわやかな初夏となりました。 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」 ・「入梅とともに雨が続きますが、貴殿におかれましてはなお一層ご隆盛の由拝察いたしております。 」 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃、皆様お変わりはございませんでしょうか。 」 最後に c Shutterstock. com ここまで、「梅雨の時候の挨拶」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 6月は梅雨の影響を受け、天気と同様に気分が晴れないことも多い月です。 そんな季節こそ、時候の挨拶を使って、相手へのねぎらいの気持ちを伝えたいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

時候の挨拶6月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

時候 の 挨拶 梅雨

六月の時候の挨拶 シンプルに• 入梅の候(折・みぎり)• 梅雨の候(折・みぎり)• 梅雨寒の候(折・みぎり)• 小夏の候(折・みぎり)• 麦秋の候(折・みぎり)• 向暑の候(折・みぎり)• 短夜の候(折・みぎり)• 薄暑の候(折・みぎり)• 初夏の候(折・みぎり)• 首夏の候(折・みぎり)(首夏、しゅか…夏の初め、初夏) 新緑、初夏のさわやかさ• 風薫る初夏の候• 若葉青葉のさわやかな季節• 青葉の色が目にしみるようで• すがすがしい初夏の季節を迎えました• すがすがしい初夏の風• 青田をわたる風がさわやかです 衣替えの季節• 衣替えの季節を迎え• 衣替えとなり、学生たちの夏服姿がさわやかに映ります 梅雨の季節• そろそろ梅雨入りも近いようです• うっとうしい梅雨に入り• 憂鬱な空模様が続き• 五月雨にけむる野山• 梅雨空がうっとうしい季節• 霖雨(りんう…何日も降りつづく雨、長雨のこと)が悩ましい季節• 青空が恋しい今日この頃• 長雨に気分も沈みがちで• 明けても暮れても雨• 梅雨明けが待たれる今日この頃• 梅雨寒のせいかセーターがほしくなるような陽気で• いよいよ梅雨明け宣言が出されました 梅雨の晴れ間には• 久しぶりに梅雨の中休みのようで• 久々に今日はからりと晴れて• 五月晴れ(さつきばれ…梅雨の晴れ間のこと)の空の色も夏めいて• 今年はどうやら空梅雨のようですが• 梅雨空もからりと晴れ上がり• 梅雨間の陽光のまぶしさに• 梅雨の合間に真夏のような暑い日が続き 紫陽花、植物など• 雨にぬれる紫陽花に風情を覚え• 雨に濡れた紫陽花がうれしそうです• 夜来の雨に洗われて紫陽花の花の色が鮮やかになり• 雨の中、くちなしの甘い香りが漂ってきます• 連日の雨で木々の緑が濃くなり 夏の到来• ほたるが出始め• プール開きの便りにいよいよ夏の到来を感じます• 夏至を過ぎたころから吹く風がすっかり夏らしくなり 結び例文• 天候不順の折、どうぞご自愛ください。 じめじめうっとうしい毎日ですが、お元気でお過ごしください。 梅雨明けまでもう少しです、どうぞお体大切になさってください。 手紙の構成について 手紙文の構成についてはをご覧ください。

次の