国保 監督。 大船渡・国保監督の経歴や指導方針を紹介!佐々木朗希投手を温存した理由や批判について調査!

大船渡・国保監督の葛藤…佐々木朗希のケガを心配

国保 監督

出身地:岩手県盛岡市• 生年月日:1987年3月4日• 身長:182cm• 体重:90kg• 投・打:右投・右打• ポジション:外野手• 出身高校:岩手県立盛岡第一高校• 出身大学:筑波大学 佐々木くんを指導するのは、国保陽平 こくぼ ようへい 監督です。 国保監督は、 地元岩手でトップの進学校「盛岡一」出身で、その後、筑波大に進学。 卒業後は、社会人野球を経験し 米独立リーグのティフアナ・シマロンズ(メキシコ)と契約し、外野手としてプレーした経験もある。 そして7年前から教師となり野球部の監督に。 公立高校の教師なのでもちろん移動があり、ちょうど移動した時に佐々木くんが大船渡高校に進学。 ちょっといいすぎかもしれませんが、佐々木くんと国保監督と運命的な出会いだったかも! そして、佐々木くんを投げすぎ内容に本当に大事に大事に育ててますね。 「最速163キロ右腕佐々木朗希投手擁する大船渡高校国保監督は、力を抑えた佐々木の投球の理由を明かした。 『4月中旬に骨密度を測定したら、まだ大人の骨ではなく、球速に耐えうる体ではないと分かった。 本人も理解してくれた』」との記事。 佐々木はいい指導者に巡り会えた。 — happiness aityaku スポンサーリンク 国保陽平 大船渡 の家族や結婚と妻も調査 国保監督です。 こちらをどうぞ。 今後わかりましたら追記していきますね。 年齢的にも結婚して妻やお子さんがいてもおかしくないですね。 でも教師と野球部の監督をやっているのでなかなか時間がなくてまだ独身の可能性もあるかもしれません。 <ネットの国保監督に対するコメント> 国保監督、キモがすわってるなぁ。 佐々木選手を投手どころか、野手としても使っていない。 本当に、選手ファーストで素晴らしい指導者だ。 国保監督は、全国制覇するだろうな。 それが今年でなくても、いつかは。 こういう指導者が日本中に増産されてほしい。 — MATCHA ZTSo9Gruzk4P9Bv 国保監督のことは詳しく知らないけど、ここまで大船渡の4試合見ていてチーム作りの一端が垣間見れる気がした。 こんな監督に出会えて良かったなと私が安心したよ、佐々木くん。 国保監督の出身高校は、岩手県立盛岡一校。 県内でトップの進学校。 大学も国立の筑波大学と頭脳も優秀ですね。 その後に海を渡ってプレーしているというちょっと異色の経歴を持ってます。 この経験が佐々木くんの指導にすごく生きてるんじゃないでしょうか!.

次の

春に語っていた決意

国保 監督

163キロにも「まだスピードに耐えられる体じゃない」。 佐々木に限らず、教え子のケガを何より心配する。 根底には「野球を嫌いになってほしくないから」という確固たる信念がある。 09年WBCでメキシコ代表の試合を観戦。 ラテンの野球に刺激を受け、米独立リーグに挑戦するなど、野球にスポーツ本来の「楽しさ」「尊重」を求めてきた。 大船渡ベンチを眺めると面白い。 特に練習試合は選手たちの表情が実に穏やかだ。 監督が不機嫌なシーンはまず見ない。 2ストライクと追い込まれた打者に、監督が「みのさん(見逃し三振)、空振り(三振)、何でもOK!」とベンチから声をかけ、相手応援団も爆笑。 その直後に打者がヒットを打った。 選手とともに楽しみながら、国保監督も陰では悩む。 「投手はいつ誰が突然マウンドでケガをするか分からない。 本当に心配です」。 3日の佐々木の先発起用も「朝まで迷った」という。 「いろいろなものを背負える運命なのかな」が決断理由だった。 佐々木は大人のそんな葛藤を感じ、応えられる高校生だ。 「国保監督は選手のプレーや考えを尊重してくれる。 だから積極的にプレーできるんです」。 質問に割と慎重に答える佐々木も、恩師への思いは即答だった。 【金子真仁】• photo• 野球 阪神ドラ2井上が実戦5発目、変則右腕に打席で工夫 []• プロ野球 [6月15日 5:00]• プロ野球 [6月15日 4:00]• プロ野球 [6月14日 23:23]• プロ野球 [6月14日 23:16]• プロ野球 [6月14日 22:57]• プロ野球 [6月14日 22:48]• プロ野球 [6月14日 22:35]• プロ野球 [6月14日 22:12]• プロ野球 [6月14日 21:43]• プロ野球 [6月14日 21:33]• プロ野球 阪神ドラ2井上が実戦5発目、変則右腕に打席で工夫 []• プロ野球 [6月15日 5:00]• プロ野球 [6月15日 4:00]• プロ野球 [6月14日 23:23]• プロ野球 [6月14日 23:16]• プロ野球 [6月14日 22:57]• プロ野球 [6月14日 22:48]• プロ野球 [6月14日 22:35]• プロ野球 [6月14日 22:12]• プロ野球 [6月14日 21:43]• プロ野球 [6月14日 21:33]• 高校野球 東海大山形・桑山義樹6失点「自分のせいで負けた」 []• 高校野球 [6月14日 20:17]• 高校野球 [6月14日 20:16]• 高校野球 [6月14日 19:56]• 高校野球 [6月14日 19:19]• 高校野球 [6月14日 19:11]• 高校野球 [6月14日 19:10]• 高校野球 [6月14日 18:34]• 高校野球 [6月14日 18:19]• 高校野球 [6月14日 17:24]• 高校野球 [6月14日 17:19]• 大学・社会人 クロマティ氏がオンライン講義 日本のベスト投手は []• アマ野球 [6月14日 21:12]• アマ野球 [6月14日 20:19]• アマ野球 [6月14日 19:10]• アマ野球 [6月14日 17:36]• アマ野球 [6月11日 19:10]• アマ野球 [6月10日 17:41]• アマ野球 [6月10日 12:04]• アマ野球 [6月9日 18:00]• アマ野球 [6月9日 14:15]• アマ野球 [6月9日 10:48]•

次の

大船渡高校

国保 監督

大船渡高校が延長戦を制して4強入り。 県内1の盛岡第一高校から筑波大学へ進学していることから、とても優秀なことがわかります。 まさに文武両道ですね! 筑波大学には 体育専門学群があり、体育教員の免許も取得できます。 筑波大学の体育専門学群ではプレイの技術や指導者としての勉強・トレーニング・チームマネジメントなどはもちろんのこと、スポーツ科学についても勉強されています。 まさに 国保陽平監督はプロフェッショナルな内容を理論的に学んできたということですね。 幅広い分野から総合的に考えることによって,コンディションを整え怪我を防いだり、結果につなげることができます。 そんな国保陽平監督だからこそ、佐々木朗希投手のような才能の塊を最大限にのばすことができたのも頷けます。 日本には未だに自分の経験だけを元に指導者になり 「指導者としての経験や知識が不足している」監督やコーチもたくさんいますが、国保陽平監督は 実力・知識・理論共に揃った貴重な人材 監督 ですね。 なお国保陽平監督は大学卒業後には社会人リーグでプレイし、 アメリカの独立リーグでの経験もあります。 指導方針 国保陽平監督の指導スタイルについて調べてみました。 国保陽平監督は、選手たちに特に高校生のうちから何かを決めつけたり頭ごなしに指導をするような監督ではないようです。 選手たちへ 必要な知識を提供し、対話をしながら選手たち自身が納得できる決断を心がけているとのこと。 さらに野球にだけにとどまらずに、 「その後の人生にもつながるように」と指導している監督でした。 ベンチでの国保陽平監督と選手たちの仲は良さそうに見えましたし、ハイタッチなどコミュニケーションも欠かせません。 知識・経験ともに持ち合わせながら選手の話を聞く耳ももっている国保陽平監督への選手たちの信頼も厚いことがわかります。 野球がすべてではないですけれど、その後の人生につながるようにやっていけたら良い」と導くつもりだ。 自身は盛岡一から筑波大に進学。 卒業後は米独立リーグのティフアナ・シマロンズ(メキシコ)と契約し、外野手としてプレーした経験もある。 7年前に教師となり、前任の花巻農時代から 投手、野手問わず数多くの選手をマウンドに上げるスタイルを貫く。 成長痛などを抱えていた佐々木にも、昨年は過度な負荷をかけず、連投なども回避。 「私が大学や専門家の方々に教えていただいたことを選手に伝え、選手たちが取捨選択して納得の上で決断するようにやっているつもり」と自主性も重視する。 (日刊スポーツ) 佐々木朗希投手の温存判断に賛否両論? 2019年7月24日に甲子園出場をかけた大船渡高校ー花巻東高校の決勝戦が行われました。 ですがその大事な試合で国保陽平監督が 佐々木朗希投手を一度も登板させなかったことに対して 議論が過熱しています。 国保陽平監督は登板させなかった 理由を「故障をさせないため」と話していました。 なお佐々木朗希投手は「監督の判断だから仕方ない。 大船渡に入ってよかったです」とコメント。 元々、国保陽平監督は「(佐々木の)ワンマンチームになりそうなんですが、誰が出ても、勝つことができるようにしたいんです」と語っていました。 実際に甲子園出場をかける岩手県大会の第3戦は佐々木朗希投手は一度も登板せず、勝利しています。 「甲子園を目指して3年間やってきた最後の最後で出さないなんてどうかしてる!」 という声も聞こえますが、 佐々木朗希投手がいてもいなくても勝てるチームにしたいと思っていたのは監督だけではなく、チームメイトたちの思いも一緒でした。 筋肉の張りとかそういう程度かと思うが、特に痛いとかそういうのはなかった。 甲子園という素晴らしい大会、舞台が決勝戦を勝ったら待っているのはわかっていたが、この3年間のなかで一番壊れる可能性が高いのかなと思った。 私には(起用を)決断できませんでした。 練習試合でも連投の練習はしていたが、大会の疲労というのは、練習試合で想像していたよりも大きいものだった。 本人は、私が投げなさいと言えば投げたと思うが、私はその決断はできなかった。 (朝日新聞) 知識も経験もある国保陽平監督だからこそ迷いもあったようですが、 チームの方針と佐々木朗希投手や他の選手のコンディションの兼ね合い、そして選手たちの納得があって出した決断ということのようです。 誰も悔いはないのではないでしょうか? 国保陽平監督へのネット上の反応 国保監督、キモがすわってるなぁ。 佐々木選手を投手どころか、野手としても使っていない。 本当に、選手ファーストで素晴らしい指導者だ。 国保監督は、全国制覇するだろうな。 それが今年でなくても、いつかは。 こういう指導者が日本中に増産されてほしい。 — MATCHA ZTSo9Gruzk4P9Bv 監督って、筑波でスポーツ科学学んだ人なんだな。 普段から骨密度調べたり理学療法士と相談したりして決断したことだから、批判ナシでそうなのだろうと思うわ — Miwa aretehime 国保陽平監督の経歴。 投手のけがの多さを見てきた。。 本当だよ。 「投げたい」言うて投げさせとったらアカンのや。 子供の将来を守るのが大人の役目じゃ!大人たちよ!目を覚ませ!自分らの「いっときの感動」のために有望な子供を犠牲にすな! — うーたん1号 UTAN1GOU 大船渡の国保陽平監督さんは素晴らしいと思いますよ 佐々木くんを酷使せずとも決勝まで勝ち上がれた手腕は素晴らしいじゃないですか — こねここねこね 21phbltd すごい監督が出たっ!!! 佐々木君、準決勝時点で肘に違和感があったらしいですね。 これが正しい高校生の部活動だと思います。 壊れるまでやらせる方がおかしいはず。 — Take Koba TakeRb3 大船渡高校野球部の国保陽平監督、盛岡一高-筑波大からアメリカ独立リーグでプレーした後、高校教諭という凄い経歴の方だった。 こういう道を歩んで来た人だからこそ、出来た決断だったんだな。 — ITO Ryutaro higeito まとめ 以上、大船渡高校の国保陽平監督の経歴・出身校や指導方針についてまとめました。 経歴・知識・経験を持ち合わせている有能な若き指導者であることがわかりましたね。 なお、甲子園予選決勝の起用・采配については賛否両論がありました。 どうしても甲子園という誰もが目指す舞台に行きたいがために、故障を引き起こして将来に響かせてしまう監督がいる中で、国保陽平監督の判断はとても勇気・愛のある判断だったのではないでしょうか? 今年の甲子園への夢は終わってしまいましたが、国保陽平監督は佐々木朗希投手への窓口という役割も果たしているため、秋のドラフトまで気が気ではない日々が続くことでしょう。 佐々木朗希投手はもちろんですが、今後の大船渡高校と国保陽平監督の動向にも注目したいと思います。

次の